The other side of door

その扉には、縦長の硝子窓がはめ込まれていて
硝子窓から覗く一本の樹木とその風景が楽しめる。

e0009009_23451269.jpg
春の柔らかい光や夏のハイコントラスト、秋の落ち葉色に冬のモノトーン。
季節の移ろいに合わせた絵画のように。

そんな硝子窓を眺める事ができる特等席は、カウンター席にある。
そこは、軽井沢のとあるカフェだ。

フライフィッシングを楽しむオーナーのおかげで
一人で訪ねても全く退屈しないし、美味しい珈琲も出してくれる。
もちろん気心知れた友人と訪ねれば、さらに楽しさも増すだろう。

もう少し暖かくなって、水温む季節がやってきたら
今年もまた訪れてみようと思う。
そのときは、苦味の強い珈琲をオーダーしよう。

フィールドでライズに対峙すると、
大体は苦い思いをしているから、苦味に強いのかどうかは別として
酸味が押さえられたスモーキーテイストなフレンチローストか
さらに力強い苦味がしっかりと出るイタリアンローストが僕の好み。

酸味の強いフレーバーよりも、苦味の強いほうが良い。
それに自慢のスイーツも一緒にオーダーしたいから。

扉の向こうに見える一本の植樹。
その風景を見ながら、珈琲を一杯楽しもう。
そして近くを流れる水辺で
その日はフライフィッシングを目一杯楽しもう。

by terry_ffb2 | 2008-02-22 00:35
by tokyo_terry | 2008-09-22 23:46 | ☆ Foods & Drink

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30