micro Ants

渓流のドライフライフィッシングを楽しんでいる釣り人なら
アントという毛鉤はきっとフライボックスに入っているだろう、けど・・・

e0009009_22241316.jpg
先日、関東の友人が巻き上げた毛鉤を拝見する機会があった。
フライボックスの各コマには、マイクロフライが
ギッチリと詰め込まれていて、そのボリュームには圧倒された。

e0009009_22244016.jpg
そのほとんどは、#28とか#30といったマイクロフライ。
ミッヂピューパやブユ・ブヨの類いのパターンだった。
ボディには透過性素材を巧みに配し、しっかりとリブまで入っている。
ただ、細いだけじゃない。
しっかりとボディにもテーパーが付けられている。

それはもう“凄い”のひと言に尽きる、渾身のマイクロフライだ。

じっくりとそのマイクロフライを眺めていると
一つだけほかのコマとは違うパターンが。

e0009009_22251071.jpg
極小のアントだ。
しっかりとボディのクビレも表現されていて
どこからどう見たって、アントにしか見えない。

渓流のドライフライフィッシングを楽しんでいる釣り人なら
アントという毛鉤はきっとフライボックスに入っているだろう、けど・・・

ボクもアントパターンは通年持ち歩いている。
でも、こんな小さなアントはフライボックスには入っていない。
#30のフックに巻かれたアント。
こんなサイズを巻いて、ボックスに忍ばしているとは・・・

ただでさえ小さなサイズの毛鉤にビックリしたのに
こんな極小フックに巻かれたアントに二度ビックリ。

きっと週末にショップに行ったら
#30のフックに手が伸びてるんだろうな。
分かり易い性格のボクのコトだから・・・。

それにしても、大きな身体の友人が
こんな小さな毛鉤を巻いている姿の想像すると・・・ちょっと面白い。
トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/7305864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rolly at 2008-02-19 23:58 x
Terryさん、みゃ~~~どです!!!

マイクロアントといえば、昨年の木曽で午後から入った渓で真夏の真昼間にライズするイワナとの対峙を思い出します。もちろん、10年ぐらい前の話なんですけどね(^^;

でも、#30とは・・・・やっぱりあのお方もタダモノではないですね(^^;
Commented by inax at 2008-02-20 08:50 x
terryさん

おはようございます。

どうでしょう?
密かにterryさんに見てもらいたかったブツの数々。
今回、偶然にもその機会に恵まれた訳ですが…。

でも…ですね。
こんなアントの存在は自分も聞いてないですからね。
今度釣りに来た時には「持ち物検査」で没収しておきます。

ホームグランドにこーゆーの持ち込まれると
困りますんで…(笑)。


Commented by k-nakadi at 2008-02-20 12:46
terryさん、みゃ~~~ど!!
日曜日はお疲れ様でした。

ボク、そのお方から頂いた小さいアントもってるのですが、それでも{どうやって巻くの??}なんて代物なんですが、、、#30だなんて、、。
またクオリティが高いからこまったもんだ!やばい人だよね(笑)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2008-02-20 19:24 x
terryさん みゃあ~~~どぉ~~~!!!

お疲れ様ッス!
何か・・・こうやってエントリーしてもらうと・・・格好いいですねぇ~
正直、恥ずかしいのと嬉しいのと・・・ありがとうございます!

このマイクロアントは、故・古川雪浩の受売りですが、
ユスリカのマスキングハッチで効果を発揮する・・・と言われ、
通年ユスリカ系ボックスの中に忍ばせてるフライです。
お守りフライって、ところです。

しかし・・・、上の3名の方々ったら
タダモノ・・・、没収・・・、やばい人・・・だとか、本当に失礼です!
っう~か、terryさんまでも、

>それにしても、大きな身体の友人が
こんな小さな毛鉤を巻いている姿の想像すると・・・ちょっと面白い。

ですもんねぇ~フン  ありがとうございます。
Commented by 山猿 at 2008-02-20 20:33 x
terryさん、みゃ~~どっ!!

まずはterryさんと同感、 このでかい身体でこのチちゃな繊細な毛鉤、どうやって巻くのかと・・ 化け物ですぜ!!

しかしこのお方のフライは今年の長良川には凄く効いていますよ。
私が出してお魚達は、このお方のフライを参考にしたものばかりでしてね。 ですから、神様みたいな猿ですよ。
なにやらは紙一重と言いますが、神様にも化け物にもなるお方達ばかりでしたわ。
Commented by tokyo_terry at 2008-02-20 21:00
Rollyさん♪みゃ〜〜〜〜〜〜〜どッ!!
ボクも昨年、西野で雨後の猛烈なアントへのライズに遭遇しました・・・ライズの主はそのほとんどがアマゴではなく、ウグイ様でございましたが(汗)
持っていて損はしない毛鉤といえば、アントは最右翼ですね。ただ、やっぱりこんなサイズのアントは、スタメンには入っていないので、今週は少しだけ巻いておこうかと思ってます。でもなぁ〜#30ってのは凄いですよね☆
Commented by tokyo_terry at 2008-02-20 21:05
inaxさん♪こんばんわ!!
これはヤバいっすね、早めの“持ち物検査”で没収してください。その後はコチラへ発送の手配もヨロシクお願いします(笑)
こんな小さな毛鉤を巻くのって相当な努力が必要ですね。でも、それをティペットに結んで、ナチュラルドリフトさせるほうがボクには遥かに難しいので、#28くらいまでが限界かなぁ・・・#30も#28も大差ないか(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-02-20 21:11
nakadiさん♪みゃ〜〜〜〜〜〜〜どッ!!
先日はお疲れさまでした!!
イイ笑顔でのランディングシーンやロッドがしっかりと曲がってる素敵な写真が皆さんのブログで公開されてましたね!!憧れの人とのツーショット写真なんかもふんだんに(笑)
それにしても、#30クラスの毛鉤をコレだけしっかりと巻いているんだから、ゴリさんは見かけによらず・・・凄いっす(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-02-20 21:15
江戸のゴリ松さん♪みゃあ~~~どぉ~~~ッ!!!
いやいや、ゴリさん。なかなかキマってましたよ!!パーカーのフードをキャップの上に被りながらの釣りもバッチリ!!(笑)
>ユスリカのマスキングハッチで効果を発揮する・・・と言われ、
>通年ユスリカ系ボックスの中に忍ばせてるフライです。
こんなのを見せられちゃね〜。ボクもフライボックスに忍ばせておかなきゃ!!と思って、今週末には#30のフックを手に入れて集中タイイングするつもりです。
でもね、ほんとにゴリさんが巻かれた毛鉤には、久し振りに衝撃を受けました。隣人のフライボックスの中身って、なかなか見れませんからね(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-02-20 21:18
山猿さん♪みゃ〜〜〜〜〜〜〜どッ!!
ね、こんな繊細な毛鉤には度肝を抜かれますね。しかもゴリさんが(笑)
それに、長良川での効果があるとなれば、こりゃ来季のためにも巻き貯めておかなきゃいけませんね。長良川用のフライボックスは、ボクも例のバナナケースに毛鉤を入れて持ち歩こうかな〜、ゴリさんに敬意を表して(笑)
山猿さんもいかが?(爆)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2008-02-19 22:30 | ☆ Tying Talk | Trackback | Comments(10)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31