Micro Flies

見えないんだけど、ドリフトも上手くできないけど
それを楽しんでみよう。

e0009009_23392354.jpg
ミッヂング。

先日、出掛けた釣り場で楽しんだのは
#20〜#24のドライフライを使った釣りだった。
その日、サカナたちの反応をもっとも得るコトができたのが
マイクロフライを使った釣り、ミッヂングだった。

e0009009_23405660.jpg
ポカポカ陽気の午後。
水辺には蚊柱が立ち、時折小さなコカゲロウの姿も見えた。
ブユのようなモノも、小さなストーンフライも飛んでいた。
それらに惹かれたサカナたちが積極的にライズを繰り返し
釣り人を魅惑させるようなライズリングを水面に作っていた。

釣り人側にとって、マイクロフライは視覚的に不利。
フッキングもなかなか難しく、せっかくフッキングまで持ち込んでも
しっかりとテンションを保っていないと、
マイクロフライはゲイブも狭く、“フトコロ”も浅いから
呆気なくバレてしまうコトがなんとも多くなる。

最初は#20くらいからティペットの先に結ぶんだけど
見切られたり、シカトされたり、釣れなくなると
毛鉤のサイズを下げたり、逆に大きくしたり。
それに合わせてティペットを細くしたり、長くしたり。
気を付けないと、毛鉤が水面や水面直下にある時間よりも
システムチェンジにしている時間のほうが長くなったり
してしまうのがこの釣りだ。

そしてボクがマイクロフライの釣りで
何よりも難しく感じるは、ナチュラルドリフトだ。

管理釣り場のような止水で、クルージングをする相手の場合なら
プレゼンテーション時に左手に持つラインを引っ張ったりして
強制的に毛鉤をターンオーバーさせたり
着水した毛鉤を一度沈めて、ティペットの存在を隠したりして
水面に漂わせるコトができるけど
スローな流れにフィーディングレーンを持った相手となると
それが一気にメチャメチャ難しくなる。

ゆっくりと流れる水面には
目には見えないような流れの筋やヨレが複雑に発生していて
レーンでライズを繰り返すサカナに
マイクロフライを届けるのが相当に難しいのだ。

さらに毛鉤の着水姿勢やティペットとのバランス
フェーディングレーンとデプスコントロール。
マイクロフライは、自分が思うような理想的ドリフトを
達成させるのが難しいのだ。
風の吹くような中での、中下流域での釣りは特に。

でも、毛鉤のセレクトとそのシステム
ドリフトとサカナの気分がマッチしたとき
フライフィッシャーマンは、なんとも言えぬ
幸せを感じるコトができるのだ。

e0009009_23412648.jpg
普段なかなか巻かないようなマイクロフライ。
早春の渓に想いを馳せながら、今夜はこういった毛鉤を
数種類巻いてからベッドに入ろう。

遠くに投げると見えなくなるし、ドリフトも上手くできないけど
来シーズンの早春は、それらを含めて、丸ごと楽しんでみようと思う。
トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/6972702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by inax at 2007-12-21 11:07 x
terryさん

おはようございます。
こういう“微に入り細を穿つ”釣りって、実は日本人がとっても好きで得意とするジャンルでもあるんですよね…本来は。
 対象魚自体が小さい「タナゴ釣り」なんかとは、またちょっと(いや…全然)事情は違うかも知れませんけど(笑)

ドリフトは一番大事ですね。
特に「ナチュラルドリフトしている…つもり」が一番ヤバい(笑)
Commented by dadlife at 2007-12-21 13:30 x
terryさん、こんにちわ。^^
やっぱ見えないですよねー。
コレでどうやって釣ればいいんだか・・、不思議でしょうがないです。^^;
まっ、釣れる前提での話しなので、自分にゃ「無理」っすけど・・(自爆)。
Commented by ita-gon at 2007-12-21 22:45
terryさん、こんばんは~!!

早春だけでなく、1年を通して安定してハッチするミッヂ。
この釣りをマスターするととっても強力な武器となりますね。
タイイングも困難で、フライ交換も億劫。ドラッグも掛かりやすいし
サカナを掛けてからのファイトにも気を使う、そんなMッ気たっぷりの
釣かもしれませんが、老眼がはじまるまでの残されたあと僅かな間
ボクもミッヂングに精を出します(笑)。
Commented by tokyo_terry at 2007-12-22 00:07
inaxさん♪こんばんわ!!
毛鉤がしっかりと見えると、ドリフトの精度も上がるんですが、そうでないと、いわゆる“つもり”になってしまうコトが多くなりますね。でも、見えないようなサイズにばかり高反応だったり、“直下”にスゴぶる反応が良かったり・・・場合によってはドラッグが掛かったほうが良かったり(笑)
難しいですね、来年はinaxさんマイクロフライを使った釣りも見てみたいなぁ〜と思ってます。その時はヨロシクご指導ねがいます!!
Commented by tokyo_terry at 2007-12-22 00:10
dadlifeさん♪こんばんわ!!あ、日付が変わっちゃった!!(汗)
お互いに、お誕生日、おめでとうございます!!(笑)
dadさん、こういった釣りって決して“無理”じゃないと思います。結果というか、釣果が全てではありませんから。フィールドに出掛けて、思い思いの毛鉤を結んで、楽しい時間を過ごすコトが大切だと思います!!
釣果は後から付いてきます!!きっと(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-22 00:14
ita-gonさん♪こんばんわ!!
そうなんですね、Mッ気たっぷりの釣りですね(笑)それが楽しくて仕方がないのは・・・(自爆)ボクも老眼にはまだなっていないので、そうなる前に、たくさんの毛鉤を巻いておこうと思います。年明けまでの目標マイクロフライ100本です!!(無理かな*笑)
Commented by Rolly at 2007-12-22 00:50 x
Terryさん、みゃ~~~どです!!

おおっ!しっかりリブまで巻いてますねぇ!
ボクの中でミッジングというと、やっぱり湯原かなぁ・・・。あ、でも一年通して結構お世話になってます。
とはいえ、おっしゃるとおりドリフトの精度はとてもシビアですね。同じサイズの同じパターンでもそこに結ぶティペットの太さ一つで流れ方がすご~~~く変わる。このすご~~~くってのがミッジングの一番難しいところかな・・・と(^^;
だからこそ、フックの形状とか、フックの軸の太さなどに至るまでの進化が目覚しいのでは?と最近思うんです。ドリフト精度を上げるためのバランスシステムの構築という面で。
Commented by MM/MD at 2007-12-22 04:16 x
こんばんはterryさん。美しいハッチの光景ですねー!と思いきや某所の菖蒲池ではないですか!イヤー写真お上手ですねースペクトラまで入ってますねー。確か市内某所でお聞きしたときは一般的なカメラ使っているっておっしゃってたのにー!やっぱりフライもカメラも道具より腕なんでしょうか?40オーバー相手のミッジング楽しいそうですねー。年末年始にかけてのterryさんとの遭遇に備えて巻き貯めしときますよー#24のロイヤルコーチマン(爆)
Commented at 2007-12-22 11:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 山猿 at 2007-12-22 17:18 x
terryさん、みゃ~~どっ!!

この繊細な釣こそ、一年で一番マッチングの釣だな~と感じることが出来るのですよね。 実は老眼が始まってからこのミッジングにのめり込んだ私で、一番辛いのは薄暗い時のアイ通しなんですわ。 魚を釣って、それを取り込むまでのスリリングな・・  なんてほとんど経験してないですから、苦労が別のとこにあるって感じですよ。

来年は長良川に一番近い我々ですから、2月早々からご一緒に出陣しましょうぜ!!
Commented by まっす~ at 2007-12-22 21:13 x
terryさん、こんばんわです!!
相変わらずきれいな写真達ですね~本当、毎回毎回、どうやって撮ってどういうレタッチをしているのかな~と想像しながら拝見しています!
ミッジの釣りっていまだ未体験ゾーンですが、来春は試してみます!撃沈すると思いますが・・・(泣)
Commented by B-R-Bros at 2007-12-22 22:34
terryさん、こんばんは、ミッジング、面白いですね~てこずるほど面白いです。
最近は老眼がひどくて#20なんてフライを巻くには老眼鏡の上にさらに拡大鏡が必要です。
釣り場では小さなフライのアイにティペットを通すのに一苦労、イブニングはそんなことを繰り返して、マッチフライを探しているうちに終わってしまったりします(笑)。
そんなわけで近年はサーモンフィッシングになっってしまったのです(苦笑)・・・
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:39
Rollyさん♪みゃ〜〜〜〜どッ!!
難しいですね、ドリフト。特にミッヂサイズの毛鉤のナチュラルドリフトは。仰る通り、ティペットのサイズで随分と違いが出ますよね。ボクは細いティペットをあまり使わないので、さらに難しいです。でも、何事も勉強。一度9Xより細いティペットも使ってみようかなぁ。まだ老眼ではないけど、アイにティペットを通せるのか、ちょっと心配です(笑)
このリブは、ボディだけ沈めたいのとキラメキの効果を狙ってみました〜(笑)
フックに関しては、自分なりに使用するモデルを制限をしているので、最近のフックの進化には、付いて行けません(汗)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:43
MM/MDさん♪こんばんわ!!
おっと、正解です。某所の菖蒲池です(笑)
カメラ、多くの方が使っているPENTAXのOptio W10です。高級機やデジイチにはない携帯性や素早い撮影ができるトコロと、防水ってのがボクにはピッタリです。なにぶん、水辺でよく転んだりするので(笑)
#24のコーチマン頑張って巻気貯めておいてくださいッ!!年末年始に遭遇したら、ボクにぜひ一本ください(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:45
鍵コメさん♪こんばんわ!!
了解ですッ!!
Happy・・・Merry・・・terry Christmas !!(爆)
明日は昼まで爆睡です(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:50
山猿さん♪みゃ〜〜〜〜〜〜〜どッ!!
ミッヂング、ハマるとメチャメチャ楽しい釣りですね。でもさすがに一年間ず〜っとこの釣りばかりはムリですが、ミッヂボックスは年間を通していつも携帯してます。老眼になる前に巻き貯めようと、今夜はケース一箱分を頑張って巻いております(笑)
二月の長良、寒いんですよね〜(笑)でも、一緒に行っちゃいましょう!!
例の知り合い川にも(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:55
まっす〜さん♪こんばんわ!!
写真の撮影は、基本をしっかりと押さえておくコトがポイントです。構図はもちろんですが、見せたいトコロや写したい部分にしっかりとピントを会わせるコト。あとは、液晶モニターでしっかりと陰影が出ているかを確認するコトです。後はとにかくたくさんシャッターを切るコトがポイントです。
ミッヂの釣りと一緒で、何度も毛鉤をチェンジしながらしつこく粘ると、結構つれちゃったりします(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-12-23 00:59
Ryoさん♪こんばんわ!!
手こずるほど面白い・・・RyoさんMですね(笑)というのは冗談ですが、このフライフィッシングって釣りは、他の釣りに比べて、多分に手こずるコトがありますね。キャストも難しいし、タイイングも、釣りをする前のシステムもややこしいモノが多い気がします。ソコがまた楽しみだったりするんですけどね(笑)
ボクもイブニングでは、いつも四苦八苦してます。小さな毛鉤にライズしているコトを判っているのに、見えないからと大きな毛鉤ばかり使うから・・・(汗)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-12-20 23:44 | ☆ Tying Talk | Trackback | Comments(18)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31