Form

何にしても大事だと思うフォーム。
ちょっとした意識を持つだけでも、イイのだ。

e0009009_23595117.jpg
会社での雑談中、ゴルフを始めたばかりのビギナープレイヤーが
ベテランゴルファーに質問をしていた。
「ゴルフの練習を終えると、ポロシャツの襟で擦れるのか、
顎の辺りがヒリヒリとするんですよ、フォームがおかしいのでしょうか」

その質問にベテランゴルファーの先輩が答える。
「顎を引いて、しっかりと身体が回転をしている証拠だよ」

また、こんなコトも話していた。

「ベルトを通常とは逆に、右から左へと巻いた状態でスイングを続けると、余ったベルトの先端が回転する腕に当たり、バックルが外れそうになるんだ。これは、身体の近くで腕を振っている証拠なんだよ。身体の近くで腕を振るのはとても重要だ。ゴルフクラブがブレないようにスイングするには、身体の近くが良い。また、インパクト時に体重を乗せて打つコトにも繋がるから、よりパワフルに、より正確なショットに繋がる。身体の近くで腕をスイングさせるには、脇を閉める。このフォームはとても窮屈に感じる。人間は少しでもラクなほうへといきたがるけど、楽だからといって、腕だけのスイングではダメだよ。
そういえば、オレ、最近フォームが悪いかもしれないな・・・ベルトをいつも反対に巻いているけど、外れそうにならないから。ちょっと意識しなきゃ・・・」

という会話を聴いていたら、ちょっと耳が痛くなった。

そういえば、フライキャスティングも同じコトが言える。
以前、何度かキャスティングスクールへと参加したときに有名キャスターの指導で、もっと脇を閉めろ、窮屈と感じるくらいに脇を閉めて、肩・肘を上手く使ってキャストするように意識しろと言われたっけ。

基本的なキャスティング・フォームをしっかりと身に付けると
ロングキャストだけじゃなく、さまざまな状況にも対応が利く。
キャスティングフォームの検証のためのフォルスキャストや
少ないフォルスキャストでのシュートの練習。
バックハンドキャストやダブルホールのタイミングの確認など。

水辺ならロールキャストやピックアップシュート。
今年からはスペイキャストの練習もしなきゃ。

キャスティングの練習と聞くと、全くしない人も多数いる。
実践を重要視する分、練習はフィールドでというコトだろう。

毎日のように釣りに出掛けるコトが出来るのならば
フィールドで練習を兼ねた実践もイイと思うけど、
実際にフィールドに立つとサカナを追い求め過ぎて
さて練習を・・・なんてコトにはならないから
ボクはオフシーズンに、ちょっとだけキャストの練習と
キャスティング・フォームのチェックをするのだ。

日曜にでも天気が良ければ、ちょっと練習してこようかな。
ちょっとした意識を持つだけでも、イイのだ。
トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/6765824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flymagic at 2007-11-10 00:47
terryさん、まいどっ!
久々の1番ノリ~!
キャスティングフォームがバッチリ決まってますね!
ホールのタイミングも遅れ気味で、急加速しないラインが目に浮かびます。ロッドティップも直線的に動いてる様が、右手の押し出しで分かります!僕もterryさんの画像を目に焼き付けて練習しなきゃ!
Commented by NaO at 2007-11-10 02:15 x
キャスティング・・
上手くなりたいです・・・
ちゃんと先生について教えてもらわないとダメですね~(^^;

かっこいいーーですね!!
Commented by dadlife at 2007-11-10 07:02
terryさん、おはようございます。(^^)
キャスティングは難しいですよねー、公園で練習してる時は肘が体側にくっついてるんですけど、ベストを着るとボックスとかの出っ張りが邪魔なのか、自然とクオーター気味になっちゃってるんですよねー。
ソレが悪いわけではないんでしょうけど、遠投する時なんかは、タイミングが崩れちゃって、訳が解らないキャストになっちゃいます。
まあ、ビギナーなもんで・・(爆)。
脇を閉めると毛鉤が自分に向かって来そうで怖いってのが最初はありました。今も怖いですけど、理論的にはロッドティップに追従するものなので、自分より前で上に上がるんですけど・・、解っちゃいるけど、やっぱ怖い(自爆)。
練習せねば・・って、今日は雨です。^^;
Commented by para-miyuki at 2007-11-10 09:05 x
ぐるぐるにもフォームはありまっせ!笑

でも、この練習をすると笑われますので、新体操のリボンに持ち替えて練習すれば・・・
もっと怪しまれますが!爆!
Commented by tokyo_terry at 2007-11-10 21:30
akaさん♪まいどッ!!
↑の写真。実は、とある情報誌の取材でモデルとして抜擢されたものなんですよ!!といっても、ウチの会社で企画・制作している情報誌なんですけどね(笑)この日は、随分と風の強い日だったのに、#3ロッドしか持っていなくて、キャスティングに四苦八苦しておりました。この写真・・・奇跡の一枚です(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-11-10 21:35
NaOさん♪こんばんわ!!
キャスティング・・・上手くなりたいですよね。ボクもですぅ〜!!スクールで教えてもらっても、日々意識しないと、奇麗なフォームはすぐに忘れてしまいます。毎回ロッドを握ったら、ちょっとした意識を持つことが大切ですね。明日の朝、天気が良ければちょっとキャスレして来ようかと思ってます!!・・・あ、雨音が外から聞こえる(涙)
Commented by tokyo_terry at 2007-11-10 21:51
dadlifeさん♪こんばんわ!!
芝生の上と、水辺ではキャストが違う。なんて声をよく耳にします。たしかに、水辺でのライン処理など違うコトも多いけど、キャスティングの練習をしっかりしていると、ラインの“乗り”とか、ロッドの感触などがしっかりと体に記憶されます。頭で考えちゃうと、ワケ判んなくなるコトも体に憶えさせるコトができますね。
しっかりとロッドを振って、しっかりと停める(ココがミソ)。この動作さえできれば、少ないチカラと少ないフォルスキャストで遠投もできます。もちろん、dadさんの言う通り、ロッドティップにラインが追従するので、真っすぐに振れれば、より良いキャストになりますね。
ちなみにフローティングラインと違って、シンキングラインはロッドよりも上に空中保持させるのが難しいので、毛鉤で自分の後頭部を釣ってしまうコトがあります。だから余計に練習しておかないと・・・マジで危ないっす(恐〜ッ)
難しいからこそ、面白いッ。ココにフライフィッシングの楽しみが凝縮して詰まっているような気がします。
Commented by tokyo_terry at 2007-11-10 21:55
miyukiさん♪こんばんわ!!
グルグルキャスト・・・実は、禁漁前の岐阜でご一緒した二日目。ボクもグルグルキャストしてみたんですが・・・あれは難しいです(笑)
ボクのスペイキャスト・・・新体操のリボン競技を失敗したようなキャストです・・・コレはかなり笑われそうなキャストです(汗)
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-11-10 22:59 x
”ちょっとした意識を持つだけ”
解っているんですよ。でもね~。
魚を前にすると、全部忘れる。

”オフシーズンに、ちょっとだけキャストの練習”
解っているんですよ。でもね~。
魚を前にしないと、キャストする気がしない。
Commented by tokyo_terry at 2007-11-10 23:43
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
わははは、そうなんですよ、サカナを前にするとね、すっかり忘れちゃいますよね。ボクもそうなんですよ。だから練習をするんです(笑)
キャスティングって、ただ遠くに投げるためじゃなく、サカナを釣るためのキャスティングをすれば楽しくできます。管理釣り場なら、目の前を沢山のサカナが泳いでるので、渓流と違ってチャンスが多いから、気楽に練習できますよ。止水と言われるポンドタイプでも、場所によっては流れもあるし、結構楽しめますよ!!
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-11-09 23:59 | ☆ Fishing Talk | Trackback | Comments(10)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30