A lot of spaces

オフシーズンの週末は、少しずつ毛鉤を巻き貯めようか。
隙間の空いた部分を埋めるように。

e0009009_2235538.jpg
毎朝、通勤途中のクルマの中から
稲作をしていない水を張っただけの水田に
エサを求めて集まる水鳥たちを観察するのが
9月も中旬を過ぎる頃からのボクの日課だった。

細い足と長いクチバシ、白い羽毛に覆われたシロサギ。
地味な色合いだけど、フライフィッシャーマンにはなじみ深いカモ。
他にも水辺をエサ場とする名前の知らない2種類ほどの鳥たちがいた。

きっとその水を張ってあるだけの水田には
水辺で暮らす鳥たちの胃袋を満たす植物や昆虫
小魚や貝などが豊富だったに違いない。
きっと住み心地が良かったのだろう。

10月に入り、少し肌寒い朝だけど
鳥たちはいるのかなぁ。とクルマのサイドウィンドゥを開け
横目で水田を見ながら水田脇の道を走りオフィスへと向かった。

しかし昨日は、その姿をみることが無かった。
真っ白な羽毛のシロサギ数羽がいつもの様にエサを摂っていただけ。

自然の中で暮らす鳥たちは、季節の移り変わりを敏感に感じて
何処か、越冬のしやすい場所へと飛んでいってしまったのだろうか。

e0009009_2242496.jpg
さぁ、今月からは渓流シーズンも終わり
週末の楽しみが半減してしまうが
こんなときだからこそ、シーズン中に使い込んで
隙間の空いたフライボックスを埋めておこう。

水鳥の前置きだったから、CDCパターンでも巻こうかと思ったけど
当面の目標は、ニンフを詰め込んでいたボックスに
ギッチリと隙間無く毛鉤を埋めることにする。
ちょっとだけバリエーションを増やしながらニンフを巻こう。

しかし、こうやって改めてニンフボックスを見てみると
結構使ってるもんなんだな。

隙間だらけだ。
トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/6581245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dadlife at 2007-10-06 22:48 x
terryさん、こんばんみ。(^^)
奇遇ですねー、自分も今までニンフを巻いてました。名前が出てきません、黒いゴミ袋を使うヤツです(笑)。
2本巻いて疲れました。ついでにかき出しをしてたら指を刺しました(自爆)。
で、鳥は捕まりましたか?(核爆)。
Commented by ヒゲおやじ at 2007-10-07 00:01 x
こんばんわ!
ニンフ巻いてますね。実は私も巻いてました。
シーズン中はほとんどニンフには手が伸びないのでいつもこの時期になると巻きはじめますね。
管釣りや来シーズンの春用にあれこれパターン考えながらね。
でも、結局ワンパターンになっちゃたリしてます。
頭が固くなってるかね、もっと柔らかくせんとアカンネ。
明日、楽しみにしてます!
Commented by kom2002 at 2007-10-07 06:37
おはようさん♪
自分は殆どニンフを使わないので今年も減らなかったなぁ〜 ニンフの大切さは去年の荒雄でterryさんと宇都宮大使の爆見てて感じたんだけど、自分では上手く使いこなせないんですよねぇ〜 なので今季のoffの管釣りではその辺の克服って事で楽しんでみようかな♪
Commented by かぶと虫 at 2007-10-07 11:22 x
terryさん、おはようございます!!
私はシーズン中はニンフ全然使いません。これから管理釣り場に通うようになれば多少はつかいますが・・・。シーズン早期からバンバン釣りに行ったり、釣行日数の多くないとニンフは減らないみたいです。
私もこのシーズンオフには沢山フライを巻くつもりです。沢山巻かないとタイイングが上手くなりませんからね!!
Commented by shoji at 2007-10-07 21:35 x
僭越ながら、ちょっと鳥見ニストの血が騒いだので(笑)マメ知識。
写真に写っているのは、カルガモです。クチバシの先が黄色いのが
特徴です。渡りはしないので、1年中見られます。
サギですが、白いサギにも、大サギ、中サギ、小サギの三種類が
あります。大は見た目にホントに大きいです。
コサギは、足の先が黄色いのが特徴です。
そんな目で一度鳥たちを眺めるのも、おもしろいですよ。
(長々と講釈すいません・・・)
Commented by tokyo_terry at 2007-10-07 23:08
dadlifeさん♪こんばんわ!!
ニンフ、巻いてましたか!実はボク、このエントリーの為に写真を撮って、記事を書いてたら、眠くなってしまい結局一本も巻けずに寝てしまいました(滝汗)しかも今日は、管釣りへ出掛けてしまったので、毛鉤を巻くどころか、数本ロスト(笑)明日は巻くぞーッ!!
で、鳥は捕まりませんでした。
Commented by tokyo_terry at 2007-10-07 23:16
ヒゲおやじさん♪こんばんわ!!
本日はお疲れさまでした!!予想以上に楽しい一日になりましたね!!
例のライトラインスペイロッド、イイ感じでしたね〜。欲しくなったでしょ?ボクもラインを通して振ってみたら、欲しくなってしまいました(爆)でも、まだ入魂していないロッドもあるしなぁ〜。しばらく考えないようにしないとヤバいっす(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-10-07 23:20
komさん♪こんばんわ!!
ニンフの釣りも面白いですよ!!ボクの釣りは、春先だと結構ニンフの出番が多いです。夏場でもたまにサイトフィッシングで狙ったりね。是非、管釣りで練習して、来季はフィールドでも試してみてください。きっと世界が広がりますよ!!
そうそう。昨年の荒雄、楽しかったですよね〜。ひとつのポイントで全員がニンフで釣り上げましたね。あのときkomさんが掛けたレインボーはジャンプを何度も繰り出すナイスファイターでしたね!!行きて〜〜〜ッ(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-10-07 23:25
かぶと虫さん♪こんばんわ!!
あららら、かぶと虫さんもシーズン中は使わないんですか。結構面白いんですけどね。以前、ボクもニンフの釣りは苦手だったので、とあるシーズンに渓流タイプの管釣りで練習して、苦手意識を克服しました。というか“ドライフライとは違う面白さ”を実感したのがキッカケでしょうか。
ニンフもドライフライも沢山巻いて、沢山釣りに出掛けてみてください!!
きっと他にも面白い釣りの世界があるかもしれませんよ!!
Commented by tokyo_terry at 2007-10-07 23:35
shojiさん♪こんばんわ!!
あ、コレ、カルガモなんですね。さすが、トリ乗り。こっちの“トリ”にも詳しいんですね(笑)星座にも明るいし、shojiさんは博学だなぁ〜。
白いサギの写真を今、確認してみました。足は全体が黒いけど、足先は黄色かったです。というコトはコサギってコトでしょうね。
こういうコト、ドコで調べてんの?ボクみたいに釣りばかりしてない証拠ですね(笑)
Commented by shoji at 2007-10-08 21:22 x
僕は釣りよりトリの方が歴史が古いんですよ(笑)
実は、10年ほど野鳥の会会員だったんです!!
なので、調べているのではなくて、覚えているんです(^_^;
もし、鳥の名前が知りたいと思ったら
新・水辺の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)発行 日本野鳥の会
アマゾンでも売ってます。山野の鳥もあります。
2冊揃えても1000円ちょっとです。
この手の図鑑のいいところ、フィールドで見分けるのに便利なように、
その鳥の特徴的な部分に矢印が入っています。
カルガモのクチバシとか、コサギの足先とか。
度々長々とごめんなさい。
Commented by tokyo_terry at 2007-10-08 22:30
shojiさん♪こんばんわ!!
>度々長々とごめんなさい。
とんでもないっすよ!!むしろ大歓迎(笑)

とそういえば、野鳥の会にいたって言ってましたね。
でも、覚えてるだけでもスゴいっすよ!!
ハンディ図鑑かぁ。ポケットサイズのヤツですね。
フライベストの内側にでも入れとこうかな・・・
と思ったけどやっぱりダメだ、年に何度か“沈”しちゃうから(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-10-06 22:07 | ☆ Tying Talk | Trackback | Comments(12)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30