Restore & New works

この週末はハンドメイド。

修理と新作を。

e0009009_22442101.jpg

先日shojiさんとの釣行で

接着不良でリップ抜けしてしまったルアーを補修。

新たにリップを再製作してエポキシで接着。


接着作業はそれほど時間はかからないので

乾燥時間の間に並行して、新規作成も。

e0009009_22443481.jpg

0.8mm径のステンレスの構造線を

0.6mmへと細くして48mmサイズのルアーを作る。

0.2mm細くなっただけで随分と曲げ加工が楽になった。

ちなみにスレッドが巻いてあるものが従来の0.8mmだ。


細くした理由の一つは、インスタのフォロアーさんからの情報で

50mmクラスだと動きにキレが出るとのコト。


まだまだ完成品にバラツキがあるから

その効果が解るのか・・・

e0009009_22444551.jpg

というワケで

早速0.6mmのステンレス線で構造線を作り

バルサを切り出し、タングステンのウェイトを仕込み

クランプで圧着。



そうそう、先日作った48mm

3.5gを目標にして作っているのだけど

そのライトウエイトバージョンも最終仕上げができた。


e0009009_22450981.jpg

仕込んだウェイトを0.5g軽くしたモデル。

少し軽くして着水音を小さくしたかったコトと

浅瀬での使用を考えて、沈み過ぎないように

と思って作ったのだ。

e0009009_22452984.jpg

カラーリングは

背中のカラーとちょい悪アイを色合わせしてみた。

e0009009_22454336.jpg

これまで作った3.5gと見分けができるようにと

ヘッド部分を塗り分けておいた。

ライトウエイトバージョンはブラウンヘッド。

e0009009_22455640.jpg

従来のモデルはブラックヘッド。


さて、来週は釣りに行きたいなぁ。


ハンドメイドルアーでは、アマゴを釣っていないし。





トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/27285843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きん at 2018-05-20 23:56 x
φ0.8なら中型シーバスでもいけるので、渓流ならφ0.6で丁度良さそうですね。
0.2gくらい軽くなりますし、曲げるのも楽ですね!
(ペンチって折れるものなのですね!?)
ちなみに僕はφ1.4~1.8です。φ1.8を曲げるのは一苦労!(汗”)

市販のウッドルアーはさすが上手く作ってるなと思います。
素材のばらつきもあるし、シビアに作ると歩留まりも悪そうです。
Commented by tokyo_terry at 2018-05-21 08:21
> きんさん♪おはようございます!
0.8→0.6で随分と曲げやすくなりますね。
0.8はなかなかキレイに曲がらず苦労してたけど
1.8となると・・・ボクには無理だなぁ。
遊びで作るルアーと市販品を比べちゃうと・・・
でも遊びだからこそこだわって作り込むのもアリかなぁ。
やり過ぎると釣りに行けなくなりそうですが(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2018-05-20 22:48 | ☆ Hand Made Lure | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31