masking paint

今日は天気も良く、風が吹き、乾燥しているから

釣り日和・・・ルアーの塗装日和(笑)

e0009009_21130489.jpg

先日、shojiさんにハンドメイド・ルアーを渡したのだが

まだ製作途中のブランクがあったため

今日は塗装を。


失敗を繰り返しながらも

少しづつエアブラシ塗装の感覚がつかめてきた。

と言っても、それなりに難しいのだけど。


特にパーマークを入れるためのマスキングが難しい。


これまでは

王道のマスキングテープを使ってみたり

剥がしやすい弱粘着の養生テープを使ってみたり。


今回は思うトコロがあって、セロハンを使ってみた。

e0009009_21134939.jpg

養生テープやマスキングテープは

粘着面が邪魔をしてパーマークを切り出しにくいのだけど

セロハンほどの薄手だと

パーマークの切り出しがとてもしやすい。


さらに透明なため、マスキングの位置合わせが容易だ。


キレイに吹けたパーマークの次は

クリアイエローとオリープバックを吹き付け

その上に黒点を描いたら、クリアを全体に吹き付け。


トップコートを数回繰り返し、リップを付けたら完成♪




トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/27131721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きん at 2018-03-12 21:35 x
水性塗料も、透明感あって発色も良いですね!
臭いもきつくないし・・・!!

水性でも色止めは必要なんですよね??
僕は、今は一液ウレタン+油性(溶剤系)ですが、砂吹きを知らない頃は
失敗続きで苦労しました・・・(笑)。


Commented by tokyo_terry at 2018-03-13 08:10
きんさん♪おはようございます!!
水性塗料だと、体への負担が少ないし
エアブラシの洗浄液が水道からいくらでも出てきますしね(笑)
水性でも色止めはやっぱり必要ですよ。
前回は色がボケてしまったり
流れてしまったコトもあったので
塗装完了後に、しっかり乾燥させたら
同じ塗料のクリアを吹いて
その後セルロースをしっかりと吹いてから
トップコートしてます。
エアブラシは難しいですねぇ(^^;
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2018-03-11 21:15 | ☆ Hand Made Lure | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31