AVEX< Pecos AUTOSPOUT™ Insulated Water Bottle >

最初っからこういうボトルの存在を知っていれば
・・・散財しなかったのに(笑)
e0009009_2214012.jpg

少し前にキャメルバックのウォーターボトルを
購入したばかりなんだけど
実際に使ってみると、ちょっと気になる点が・・・
それは飲み口。

キャメルバック ポディウムチルジャケットボトル・・・名前が長い(笑)には
飲み口を覆うカバーやキャップは付いていないため
ボトルをダウンチューブに装着した状態でしばらく走行すると
砂やホコリなどが飲み口に付いてしまうのである。

そんなもの拭き取れば済むんじゃないかと思われるかもしれないが
シリコン製の飲み口に付いたホコリなどは、意外とキレイに取るのは難しい。
カメラやスマホカバーで、シリコン製カバーを使ってみたコトがあれば
お判りいただけると思う。
硬質なプラスチック製の飲み口なら簡単なのだけど。

キャメルバックのボトルのボディは適度に柔らかく
バルブ付きの飲み口は、逆さにしても中身がこぼれたりせず
ロック機構も付いていて、デザインも気に入ったのだけど・・・。

キャップ付きのボトルにすれば済むコトだが
キャップが付くことで片手での給水はムリだし、動作が増えるのも・・・
と思っていたら、アメリカにはいるんですね。
同じコトを考え、無ければ作っちゃえ!
と言った具合にこういったボトルを開発してくれる人が。

お店で見つけて、即座に入手したのは
エイベックス ペコスオートスパウトインサレートボトル。
キャメルバック ポディウムチルジャケットボトルに負けず劣らず
名前が長く覚えにくい(笑)

e0009009_2214544.gif

ワンプッシュでキャップが開くと同時に
内蔵された飲み口が飛び出し、すぐに給水が可能となる。
飲み口はキャメルバックと同じように
逆流を防止させるバルブ付きで中身がこぼれる心配はない。
こういった機構なら、飲み口がホコリや砂などで汚れずに済む。
また、マウンテンバイクで走るシングルトラックや林道での泥ハネも
心配も要らなくなるだろう。

ボディはダブルウォール(二重壁構造)で
断熱性を高めてあるようだが、
シングルウォール構造のボトルに比べて
ちょっとだけ保冷・保温力には期待が持てそうだ。


)
このボトルの詳細はコチラの動画で(笑)

トラックバックURL : https://terryffb.exblog.jp/tb/21777068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flyfishingcafe at 2014-03-13 07:38
なるほどね、私は当面、キャメルバックでいいです。飲み口が汚れるという発想がありませんでした。
Commented by tokyo_terry at 2014-03-14 08:16
flyfishingcafeさん♪おはようございます!!
飲み口はこちらに軍配が上がりますが
本体が少々硬いので、走行中の使い勝手は
キャメルバックのほうが良さげです。
でも、キャップが同サイズだったので
ニコイチにして使おうと思います(笑)
Commented by iwanao65 at 2014-03-14 11:08
terryさん、こんにちは!
コイツは山でも川でも良さそうですねェ?!
ジテンシャ屋さんに売ってるんですか?
amazon山にあれば、ポチって見よう!!
Commented by tokyo_terry at 2014-03-14 18:55
iwanao65さん♪こんばんは!!
山だと軽量で汎用性のあるナルゲンが使い勝手も良いけど
ドリンクボトルとして使うなら、バルブも付いてて中身がこぼれないから
このボトルも良いかもしれませんね。
もちろん、Amazonなら明日には入手可能ですよ(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2014-03-12 22:18 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30