<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

today's sunset 

仕事帰りの車窓。
西の空が焼けていた。

e0009009_22375390.jpg


橋の上での信号待ちで
バッグからEOS M2を取り出してパシャリ。

思いがけない夕焼けに心奪われた。

明日は晴れるかな。




by tokyo_terry | 2016-06-30 22:40 | © Car | Trackback | Comments(2)

estimate

突然発生した唸る音。

なんだ?モーター音のようだけど。

e0009009_17584381.jpg

フォレスターのエンジンをスタートさせた。


と、同時に助手席側から異音が聞こえた。

ヴィ~~~~ンとモーターが唸るような音だ。


パワーウィンドウのモーターか?

試しにサイドウインドウを作動させると

上下にちゃんと作動している・・・


助手席側のガラスが降りると

唸るモーター音のボリュームが大きくなったから

発生は車外のようだ。


一旦フォレスターから降りて助手席側へ回ると

その異音はドアミラーが発生していた。

どうやら、電動格納用の内部ギアが外れたのか

破損をしたようだ。


エンジンを停止して、車載のマニュアルブックを確認して

電動格納ドアミラーのヒューズの場所を確認。

インパネ下部にあるヒューズボックスから

ドアミラー用のヒューズを抜いて異音の発生を食い止めた。



そして、スバルディーラーへ向かい

修理の見積もりを・・・


助手席側ドアミラーをユニット交換するようで

予想していた金額を大きく上回る見積もりにビックリした。


・・・明日から節約生活を始めようと誓った日曜の午後(笑)






by tokyo_terry | 2016-06-26 18:01 | © Car | Trackback | Comments(4)

#1610 Highland Creek

フォレスターのエンジンを点火して・・・

仕事場ではなく、川へと向かった。

e0009009_22253240.jpg

思うように消化できない休日出勤分の代休。


仕事のスケジュールと天気予報とをにらめっこして決定。

ハンドルを職場方向へと切らず、久しぶりの木曽へと向けた。

もちろん、会社への届け出はしてある(笑)

e0009009_22254601.jpg

雨の恵みを受けて、水量は良い感じで増えているはず。

サカナたちのプレッシャーも雨による増水でリセットしているはず。

と、ポジティブな予想だったのだけど・・・


思いの外、平水よりも少なめ・・・。

e0009009_22260184.jpg

これでは、週末に叩かれた後だけに

サカナたちのプレッシャーも残っているかなぁ。


でも、川縁には陸生昆虫もいるし

メイフライも飛んでいる。


とりあえず、難しいコトを考えず

久しぶりの木曽の渓を楽しもう。

e0009009_22260585.jpg

しばらくは水辺や水面の様子を観察しながら

ライズを探しつつ、サカナが付いていそうなポイントがあったら

ブラインドフィッシング。

e0009009_22262532.jpg

ただ、時折顔を見せてくれるのは

手の平に乗るようなサイズのイワナばかり。


大物の期待が膨らむような、釣りにくいポイント・・・

例えば、川縁からせり出した木の下からも

おチビちゃん(笑)

e0009009_22263044.jpg

ん!?コレはイワナじゃなく

ブラウントラウトの幼魚じゃないか!


何年か前にも何度が釣っているけど

たまにココで見かけるんだけど・・・しっかりしてください、漁協さん(笑)

e0009009_22264720.jpg

その後もしばらく釣り歩くものの

サイズが上がらず、小さなイワナばかり。

大きなイワナたちは一体どこへ隠れているんだろう。


岸際にベッタリと張り付いて

ハッチが始まる夕方までは流れに出てこないのかな。

e0009009_22265745.jpg

木陰でお茶を飲みながらおにぎりを頬張り

ちょっと休憩したら、川を変えよう。

e0009009_22271555.jpg

しかし、向かった川も水量は少なく

見た目はさっきの湧き水の川よりも厳しそう。


慎重にゆっくりとした動作で、なるべく波を立てないように

プールに立ち込むと・・・流れ込みから続くバブルラインでライズを発見。


よしよし、これはイタダキ。

大きめのメイフライが飛んでいるのは確認済みだから

とりあえず、ボクのフェイバリットフライで様子をみよう。


ライズ方向から少し外したフォルスキャストをして

最後にライズしたポイントに向けてシュート。


毛鉤が着水すると、流れる間もなくすぐに水飛沫が上がった。

20センチ程度ながらも、良い感じにロッドが曲がる。

綺麗なヤマトイワナだった。

e0009009_22272986.jpg

その後も同程度のサイズのイワナたちが面白いように飛び出してきた。

ただ、残念ながらサイズは上がらない。

e0009009_22274013.jpg

でも午前中はこれよりも小さな

手の平サイズのイワナ(とブラウン)ばかりだったから

まぁいいか。


今度は木曽のタナビラにも会いたいな。





by tokyo_terry | 2016-06-21 22:28 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)

Two days straight

この土日は、二日続けてモーニングライドに出撃。

平坦、ヒルクラ、紫陽花ライド。

e0009009_11335222.jpg

土曜日は晴れの天気予報。

涼しい時間帯に走りに行こうと思っていたけど

目覚まし時計のスヌーズを無意識で何度も消してしまい

随分と太陽も高くなってからの出撃。


夜明け前後の早朝とは違い

天気の良さもあり、サイクリストが多い・・・っていうか

これが普通なのかなぁ(笑)

e0009009_11340774.jpg

それにしても、久しぶりに日差しが強い朝だ。


たまらず、木陰にバイクを停め

ドリンクを飲みながらちょっと休憩。


でも、長居は禁物のようだ。

レーパンから肌が露出しているふくらはぎ付近

数カ所をヤブ蚊に刺されて・・・痒い~~。

e0009009_11341950.jpg

木曽川沿いのCRをベースにした平坦なルートだから

ケイデンスを意識してなるべく巡行スピードを維持して走る。


といっても、所々に点在する

個人的定番休憩地点に立ち寄りながらの

木曽川ライド。

e0009009_11344397.jpg

日当たりの良い場所は暑いのだけど

森の中、木陰のルートは冷んやりした空気が心地いい。

e0009009_11345857.jpg

何をして遊ぶにも

やはり晴れた日の青空の下だと

朝の清々しい空気の影響もあり

とても気持ちが良い。


でも、公園内の森を抜けて堤防上のCRに出ると

気温の上昇が予想以上に早く、アスファルトの照り返しもあり

長時間のライドは厳しいなぁ。


途中でアイスクリームでも食べて帰ろう。

自宅に戻り、シャワーで汗を流したら

昼寝でも決め込むかなぁ。

e0009009_11351184.jpg

そして日曜の朝。

しっかりと睡眠時間を確保できたから、夜明けに出走。

雨が降り出す前に走りに向かった。


前日は木曽川沿いの平坦路だったから

プチヒルクライムコースだ。


水田地帯にさしかかると、綺麗な朝焼けに遭遇。

水面反射のおかげで、朝焼けも二倍の美しさ(笑)

e0009009_11352564.jpg

でもアッと言う間に

太陽は雲の向こう側へ姿を隠してしまった。


その分、気温の上昇は緩やかだから

昨日のように汗だくにはならないか・・・

いや、そんなコトはなかった。


距離は短いとはいえ、急勾配の坂を何度も登るため

ラストの登りを終えた頃にはやっぱり汗だく。

e0009009_11354270.jpg

でも、ここからは緩やかな斜度のダウンヒル。

数キロを快適に走れるからイチバン楽しいステージだ。

e0009009_11355505.jpg

しかも、森の中のダウンヒルのため

冷んやりとした空気がとても気持ちが良い。


頑張って走ってきたご褒美的なダウンヒルを楽しんだら

今日はのんびりと帰ろう。

e0009009_11360403.jpg

所々に様々な紫陽花が咲いていたけど

e0009009_11361786.jpg

登りの途中ではなるべく足を着かないようにしてきたから

e0009009_11362970.jpg

今朝はあんまりシャッターを切っていなかった。

e0009009_11364180.jpg

こうやってバイクに乗りながら

e0009009_11365315.jpg

写真を撮るのも楽しいなぁ。

・・・写真の良し悪しは別として(笑)
e0009009_11374809.jpg

クルマと違い、気になったらすぐに

バイクを停めてシャッターを切る。

気軽に写真を撮れるのも、バイクのいいトコロだ。

e0009009_11390706.jpg

それにしても、さすがに腹が減ったな。

めずらしく今日は何も食べずに出てきちゃったもんなぁ。


こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge



by tokyo_terry | 2016-06-19 11:56 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(4)

Hydrangea Ride

今朝はリハビリ&紫陽花ライド。

首の痛みはどうかなぁ。

e0009009_20574556.jpg

目を覚ますと、随分と首の痛みが少なくなっていた。

昨日1日を安静に過ごしていたからか

ようやく首の痛みが治まってきたようだ。


バイクでちょっと出かけてみるとするか。

e0009009_20575605.jpg

バイクに乗っていても痛みがあるようなら

すぐに引き返せば良い。


いつものように川沿いを走ったり

林道を走ったりせず、のんびりと。


と思いながら久しぶりに宿場町へ。

e0009009_20580727.jpg

でも、段差などを通過する際に起こる衝撃が首へ伝わると

少し痛むから、やはり無理は禁物のようだ。

いくら衝撃吸収性が良いと言われるドマーネでも。

e0009009_20582858.jpg

それにしても、これから徐々に蒸し暑くなる時期は

特に早朝の冷んやりとした空気が気持ち良い。

バイクを走らせていれば、走行風もあるからとても気持ちが良い。

e0009009_20583321.jpg

でも、こうやって写真を撮るためにバイクを降りると

途端に汗が噴き出して・・・凄く暑い(笑)

e0009009_20585210.jpg

たまらず、日の当たる場所を避けるようにして

日陰を探し、ちょっと休憩。

e0009009_20590815.jpg

キレイに咲く紫陽花の写真を撮って

ドリンクを飲んだら、今日はもう戻ろうかな。


距離的にはちょっとモノ足らない感じのライドだけど。



こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge




by tokyo_terry | 2016-06-12 21:00 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(4)

Bontrager Microfiber Foam Tape

朝目覚めたら・・・外は良い天気。

でも今日は・・・

e0009009_22253761.jpg
この数日、首から肩にかけての痛みがひどい。


木曜の朝、寝違えたようで

この日は右に首を振るコトができなかった。

でも、午後から夜になると、今度は左向きになるコトも出来ない。

そればかりか、クルマの運転にも支障が・・・


ゆっくりとアクセルを踏んでも

スタート時にかかる縦Gで首に激しい痛みが走り

交差点の右左折の横Gにも耐えられないほどの痛みが。


今日は良い天気だったけど

フライフィッシングもバイクも諦めて、自宅療養の休日。

e0009009_22253742.jpg

でも不貞寝するだけではストレスだけが溜まるので

フライフィッシングを楽しむ際に必要な毛鉤を巻いたり

ロードバイクのハンドルにバーテープを巻いたりして過ごした。


これまでは、デフォルトのBontrager Gel Cork Tapeという

厚みのあるコルク生地のバーテープを使い続けていたけど

以前から変えてみたいと思っていた

Bontrager Microfiber Foam Tapeに変更してみた。


パンチングされた穴から色付けされた衝撃吸収素材が覗き

ハンドルを水玉模様に彩るバーテープだ。

e0009009_22253744.jpg

グリップ感の評判も高いこのバーテープを

今回はショップでお願いせず、自分で巻いてみようと思い

ハンドルバーに巻いてみた。


しっかりと引っ張りながらある程度のテンションを掛けて

先に巻いた部分を巻き込みながら巻き進める。


焦らずじっくりとやれば・・・

バーテープを巻くのが二回目にしてはキレイに巻けたかな。

でも、まだ首に痛みが残るから、明日もバイクには乗れないのかなぁ。







by tokyo_terry | 2016-06-11 22:27 | ☆Bike item | Trackback | Comments(0)

#1609 Morning Rise

今日は日の出とともに出走♪

ドマーネではなく、フォレスターで。

e0009009_11343772.jpg

午後から下り坂の天気予報だったため

今日は雨が降る前にアマゴを狙いに出かけた。


釣り自体はピーカンよりも曇ってたほうが良かったり

アマゴと言う名前からも

雨後のほうが良かったりするコトもあるのだけど

こちら側の都合からすると

やっぱり雨降り<曇り<晴れのほうが良い。

e0009009_11345177.jpg

雨中の釣りはレインジャケットを着るのも億劫だし

ドライフライもなかなか乾かず沈みやすくなるし

色鮮やかな写真も撮れないし

防水性能のないカメラしか持っていないから

写真も撮れない。


それに、今季は雨後の増水している状況での釣りが多いから

もうちょっと楽に釣りが楽しみたいと思ったから。

e0009009_11350323.jpg

川へと到着すると、渇水とまではいかないまでも少々水が少ない。

重い流れと格闘しなくても良いのだけど

やはりアマゴを狙うには少々難しそうな感じだ。


川縁でフライラインをガイドに通し

リーダー&ティペットを結束していると

視界の隅で水飛沫が上がったように見えた。

e0009009_11351715.jpg

しばらく様子を見ていると

対岸のヒラキでライズするアマゴと

流心脇の緩流帯に魚影を確認できた。


ボディハックルを省略した#16のカディスパターンを

ティペットに結び、対岸のヒラキは後回しにして

手前のポイントとなる流心脇の緩流帯へと毛鉤を投じてみると

サイズは小さいけどキレイなアマゴが毛鉤を咥えた。

e0009009_11353030.jpg

朝イチでキレイなアマゴに出会えるのは嬉しい。

ササッと写真を撮らせてもらい、優しくリリースして

次は対岸のヒラキ・・・


距離を測るために、一度手前に着水させた毛鉤にライズ!

でも今釣ったアマゴよりも明らかに小さい新子サイズ。

対岸のライズもどうやら小さなアマゴのようだ。

e0009009_11354343.jpg

浅く緩い流れはおチビさんが入っているようなので

水深があり、しっかりとした流れにポイントを絞って釣り上ると

ぷりっぷりのアマゴに出会えた。


これくらいのサイズになると

水面でパシャパシャと水飛沫を上げて踊るようなファイトではなく

水中で激しくローリングファイトするから

スリルがあってとても楽しい。

e0009009_11355654.jpg

その後も、美しい魚体のアマゴに出会えた。

優しい顔つきの割に、激しいファイトで

竹竿を絞り込むパワーに少々圧倒されたものの

ロッドを右へ左へと倒したりしてやり取りができるのがとても楽しい。

e0009009_11412243.jpg

体高があり、パワフルな抵抗で

ネットインするまで、何度もヒヤヒヤさせられたアマゴ。

e0009009_11413346.jpg

どのアマゴも写真を数枚撮らせてもらったら

優しくリリースして、岩の上に腰掛けてちょっと休憩を。

お腹が空いたから、パックポケットからあんパンを取り出し

良い手応えだったなぁ・・・

なんて先ほど釣ったアマゴを思い出しながら、頬張った。

e0009009_11414094.jpg

木陰の岩の上に腰を下ろして休憩してると

寝不足もあってか、ちょっとした疲労感が。

考えてみれば、今日は早起きして早朝から釣りしてるからなぁ。

脱渓ポイントもすぐそこだから

今日はもう良いかな。

e0009009_11420156.jpg

あんまり欲張っても

そんなに釣果は変わらないだろうし。


晴れ間の広がっている時間帯に

良い釣りができたのだから。




by tokyo_terry | 2016-06-05 11:45 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30