<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Motor & Cycle Show

大好きなクルマとジテンシャのイベントへ。

もちろん、キレイなおねえさんも。


e0009009_23294795.jpg

同じスバリストであり、ジテンシャ遊びの仲間でもあり

ガキの頃からの友人と

毎年恒例のドレスアップ&チューニングカーを集めたモーターショー

NAGOYAオートトレンド 2015NAGOYAサイクルトレンドへと向かった。


e0009009_23295111.jpg

まずは、昨年から開催されている名古屋サイクルトレンドへ。


国内外のバイクメーカーやパーツメーカーが出店しており

試乗体験やバイク教室なども開催されているのだけど、

地元の複数のショップが出店していて

ウエアやバイクアクセサリーなどをアウトレット価格で

販売しているため、掘り出し物を探しに物販コーナーへ直行。

e0009009_21452272.jpg

個人的には、消耗品となるタイヤが

格安で手に入れば良いなぁと思っていたのだけど

有名メーカーのサイクルジャージが型落ち(もちろん、新品)のため

超格安で販売されているのを見つけて、こりゃぁ買わなきゃ!

と、大混雑する売り場で人波に揉まれながら

なんとか1着だけだが購入するコトができた。


友人は頑張って、3着ものジャージを購入していたが

それでも1着分の半値以下だったのだから

ボクも頑張って、もう1着買ってこればよかったかな。

e0009009_23300667.jpg

先に買い物を済ませてしまえば、あとはゆっくりと見学だ。

SHIMANOの高級なカーボン製ホイールにウットリしたり

1200ルーメンの光量を誇るLEDライトにビックリしながら

各出展ブースを回った。


その中で、一際ビックリッ!というか、思わず笑ってしまったのは

ボク自身も乗っているTREKの最新ロードバイクEMONDAだった。


SLR10という最軽量グレードのバイクが展示されていたので

噂の重量を確かめてみようと思い、展示車両を持ち上げてみたら

あまりの軽さに・・・思わず笑ってしまったのだ。


驚異の4.65kgは、異次元の世界だと思っていたけど・・・

e0009009_23303052.jpg

サイクルトレンドの会場をひと通り見て回ったら

次はオートトレンドの会場へ移動。



トーキョーモーターショーに比べれば

規模も小さく開催日程も短いけど

大好きなクルマっていう乗り物が集まっていると

なぜかワクワクしてしまう。


最新のクルマからレース車輌

チューニングカーやカスタムカー

ノスタルジックなスーパーカーなども集まっていて

見ているだけでも楽しくなる。


もちろん、キレイなおねえさん達もいるからね(笑)


というワケで毎回好評(?)のきれいなおねえさんの写真はこちらでご紹介!

↓↓↓

terry's Photo Lounge



by tokyo_terry | 2015-02-28 23:36 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(14)

Luxurious lunch

ひつまぶし。

先日のランチで。

e0009009_23201779.jpg


おひつから茶碗に盛って・・・


一杯目は、そのままで。

二杯目は、薬味を乗せて。

三杯目は、出汁を注いで海苔を乗せて


美味しゅうございました。


美味いものを食ってる時って、とても幸せを感じます。




by tokyo_terry | 2015-02-23 23:23 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(4)

Tying Movie

今季、初めてタイイングデスクの前に座って毛鉤を巻いた。

手始めに巻く毛鉤は、やはりアダムスだ。

e0009009_10341513.jpg

ついでに、一眼レフでタイイングの様子を

動画にして撮ってみようと思ってセッティングしてみたら・・・

非常に毛鉤が巻きにくい。


本流でショートロッドを使って流心の向こう側へ

毛鉤を流すような感じでした(笑)






by tokyo_terry | 2015-02-22 10:41 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(8)

久しぶりに新しくフライロッドを手に入れた。

といっても、今となってはビンテージなロッドだけど。

e0009009_16021040.jpg

近頃は、グラスファイバー製ロッドがブームなのかな???

実際のトコロはよく分からないが

今シーズンはFenwick(は、すでにアメリカンロッドメーカーじゃない?)からも

イエローグラスが復活するようだし

Orvisからもグラスファイバーロッドが発売されているコトを最近知った。

その名は“Superfine” Glass ・・・ん!?


個人的には、ウグイス色のブランクは結構イイ感じ。

Orvisらしくグリップの先端にはチェックを使わず巻き上げだ。

素振りをしてみると、今どきのグラスファイバーロッドらしく

シャキッとしたアクションでクセが無く、好印象だった。




そして、このロッドの動画もなかなかカッコイイ



e0009009_16052858.jpg

でも、Orvis“Superfine”と言えば

グラスファイバーではなく、グラファイトロッドのイメージが強い。

アンサンドフィニッシュのブランクにえび茶色のスレッド。

スレッドの糸目がわかるほどの薄めでエッジの効いた繊細なコーティング。

グリップの先端はもちろん巻き上げで・・・昔の“Superfine”も良いなぁ・・・


なんてコトを考えていたら、

ビンテージだけど非常にキレイなロッドに巡り合えた。

Orvis Superfine "One Ounce" 6ft6inch #2


e0009009_16040606.jpg

ブランクに手描きされた数字を見ると95年製のようだ。

ちょうど20年前に作られたロッドだけど、これまで一度も魚を釣ることなく

ロッドケースの中で今日まで過ごしてきたようだ。


95年といえば、ボクがフライフィッシングを始めた頃。

70年代から80年代のロッドとは少し違うようだけど

ボクがOrvisに憧れていた90年代のロッドだ。


Superfineシリーズには、銘竿と呼ばれる#4ロッド、セブンイレブンや

6’9”のヤマメスペシャル、ヤマメ843などのジャパンモデルも存在していて

その存在がさらに憧れを強いものにしていた。

e0009009_16041317.jpg

そして後年、Superfineよりも新しいカーボンを使用していたHLSシリーズから

7’11” #3(セブンイレブン・スリー)というロッドが発売された時に

初めてのOrvisのロッドを手にして、アマゴやイワナを追い求め

シーズン中、ほぼ毎週のように里川や谿を歩いていた。


今では、ティップ・バットともに折ってしまい修理をしているため

HLSシリーズなのにSuperfineシリーズのパーツでアッセンブルされた

ある意味希少なロッドで、お気に入りの一竿だ。


e0009009_16043789.jpg

20年も前のOrvis Superfineとの出会い。

近年ボクの渓流釣りのスタイルは、7ft前後のロッドをメインにした釣りが多く

最短は6ft4inchのグラスファイバーロッド、7ftそして7ft6inchのバンブーロッド。

今回手に入れたOrvis Superfine "One Ounce" 6ft6inch

これだけ短いグラファイトロッドは初めてだから

キャスティングやサカナとのやりとりはどんな感触なのか

今からとても楽しみだ。


e0009009_16041087.jpg

組み合わせるリールはCFOにしたいトコロだけど

生憎Orvisのリールは持っていない。

このロッドの小さなグリップには今時のラージアーバーよりも

小径のクラシックリールが似合いそうだから

PEERLESS 1Aを組み合わせてみようかと思う。


もう少し季節が進み、暖かくなったら一魚一会を大切にした

フライフィッシングを楽しもうと思う。


それにしても、新しい道具を手に入れると

とても気持ちが高ぶるのは今も昔も変わらない。


まぁ新しいと言っても、今となってはビンテージなロッドだけど。




by tokyo_terry | 2015-02-15 16:09 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(4)

Battery Pack LP-E12

キヤノンから新しいEOSシリーズが発表されたみたい。

新しくなったM3・・・良いなぁ。


e0009009_20510992.jpg

EOSの新しいシリーズが3月、4月、6月に発売されるようだ。


圧倒的な画素数を誇る、5,060万画素のCMOSセンサーを搭載した

EOS 5Dシリーズの派生機、EOS 5DsEOS 5Ds R


2,420万画素CMOSセンサーを搭載して

これまでの二桁Dモデルを食ってしまうような新シリーズ、EOS 8000D


Kissシリーズも2,420万画素CMOSセンサーを搭載して

EOS Kiss X8iへと正統進化。


ミラーレス機もデザインを一新。

3代目となり待望のEVFも用意されたEOS M3

かなりいい線いってる感じ。


と言っても、先立つモノがないボクは

この週末にX7の予備バッテリーをポチッとしただけだ。


光学ファインダーでの撮影だけなら

予備を持つ必要もないと思うけど

ライブヴュー撮影や動画(まだテストもしてないけど)を撮ると

バッテリーの消耗も気になるし

季節が進めば、泊りがけでの釣行やキャンプなど

バッテリーチャージができない場合も想定して。








by tokyo_terry | 2015-02-08 20:57 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(6)

Waiting Time

ライズ待ちの時ってどう過ごします?
ボクの場合・・・

e0009009_22133990.jpg

すぐにキャスティングが行える体制を整えて、水面を観察する?
水面を注視しながら、ティペットや毛鉤のチェックする?

ん〜、ボクの場合は・・・水面を注視しながら
パンやオニギリで腹ごしらえするかな(笑)

e0009009_22132953.jpg

あれれ?スマホを弄って水面見てない釣り人がいるなぁ(笑)
よそ見してライズを見逃すと、隣のフライフィッシャーに捕られちゃうよ。

でも、インターネットが発達した現代ならSNSなどを使って
他の釣り場のライブな情報を得るコトもあるかもしれないから
こういうライズの待ち方もアリなのかなぁ(笑)




by tokyo_terry | 2015-02-02 22:17 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

Open the FlyFishing Games

全国でいち早く解禁を迎えた長良川へ。
と言っても、ロッドは持たずカメラを片手にして。

e0009009_17312432.jpg

ボクには寒過ぎて、釣りをするにはまだ早い時期なのだけど
ちょっと気分を上げるために、解禁を迎えたばかりの長良川水系へ
カメラを片手に散歩してきた。

居た、居た。

氷点下の冷たい空気の中で
白い息を吐きながら、夜明けを待つ太公望たちが。
これから起こるライズを上手く捉えるだろうか。

そしてボクは、そのシャッターチャンスを
上手く捉えるコトができるだろうか。

続きはコチラで→terry's Photo Lounge
by tokyo_terry | 2015-02-01 17:33 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28