<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Flower Viewing < Early Winter >

展望台に上がってみると、思いもよらぬ出会い。
冬にも花を咲かせる桜だ。

e0009009_22383233.jpg

公園内をカメラ片手に散策していると
小高い丘の上に屋根が見えた。

展望台かな?

登ってみよう。

e0009009_22383496.jpg

でも、あまりいい景色ではない。

展望台の周りは、すでに葉を落とした木々たちばかり

・・・

いや、枝にちいさな薄ピンクの花。

e0009009_22383039.jpg

初冬の季節はずれに花を咲かせる冬桜。
もちろん、春にも。

なんだか良いものを見つけた気分。



by tokyo_terry | 2014-11-30 22:40 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

take a turn in the park

アップグレードしたカメラ片手に
色付いた落ち葉を踏みしめながら、公園をひと廻り。

e0009009_14282043.jpg

今日はジテンシャ日和だなぁ・・・何てコトを考えながら
朝日の眩しいハイウェイをフォレスターで走った。

せっかく早起きした日曜は自転車に乗りたい・・・

でも、日曜日の自動車運転免許の更新は
早朝から凄ぶる混雑をするため
少しでも早く向かったほうが良い。

・・・朝早く家を出て、受付開始時刻の40分前に到着しても
すでに激しい混雑をしていた。

まるでトーキョーの有名テーマパーク
人気アトラクション待ちのような感じで。

でも良いのだ。
少しくらいの混雑を我慢して30分の講習を終えれば
新しいゴールドの免許証を手にするコトができるのだから。
5年振りのアップグレードだ。

e0009009_14282762.jpg

無事、ゴールドに輝く免許証を受け取り
帰りはのんびりと下道をドライヴ。

天気が良いので、途中でちょっと寄り道して
最近アップグレードしたばかりのカメラ片手に
公園をひと廻り。

e0009009_14282985.jpg

昨日の雨と風の影響だろうか、園内は随分と落葉が進んでいた。
空気の匂いというか、感触も秋のそれとは違い
もう冬の気配がしている。

e0009009_14283342.jpg

それでも日の当たる場所はあたたかく
園内で飼育されているポニーや山羊たちも
活発に動き回っていた。

e0009009_14283786.jpg

踏みしめる度に
カサカサと音を立てる落ち葉の音を聞くと
秋というよりも、やはり冬を感じる。

さて、お腹も空いたし、そろそろ帰ろう。

e0009009_14284048.jpg

運転免許にデジイチと
アップグレードをしたのはいいけど
そろそろボク自身もアップグレードしなくては。

こんなお腹にならないように。





by tokyo_terry | 2014-11-30 14:31 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(4)

Winter illumination

雨上がりの夕方にちょいと出かけて
今日はイルミネーションを。

e0009009_2345936.jpg

昨年は29er MTBに跨り
イルミネーションを見に来た
けど
今日は撮影機材もあったのでフォレスターで。

雨上がりの夕方のトワイライトタイムに到着。


e0009009_23452224.jpg

大きな規模のイルミネーションではないけど
なかなかキレイだった。

でも、慣れてないから、なかなか上手く撮れない。
光の景色を上手く切り撮れない。


e0009009_23452493.jpg

夕日が落ちると北風が吹き始めて少々肌寒い。
そんな中、近くの屋台から届く美味しそうな匂いにも負けず
ベストポジションでじっと待つコト2時間半。


本日のメインイベントがやっと開催!

ヒュルルル〜〜ドーンッ!ドーンッ!

と大きな音が響き夜空が彩られた。

その続きはコチラで→Winter illumination & Fireworks


by tokyo_terry | 2014-11-29 23:47 | ☆Night View | Trackback | Comments(2)

Night View

山へ星景写真を撮りに行きたいなと思っていたけど
雲行きが怪しかったから、港へと。

e0009009_12291498.jpg

週末の天気予報は雨降りらしい。
ならば、雨が降る前に・・・と思ったけど
これだけ曇ってりゃ、山へ向かっても星なんか見えないか。

じゃあ気分転換も兼ねて、ドライヴがてら港へ行ってみよう。
X7での撮影の練習もしたいし。

e0009009_12291780.jpg

予めロケハンしてあれば、迷わず目的地に直行できるけど
工場夜景の見られるような場所って
適当にクルマを走らせてもなかなか見つからない。

グルグルと港付近を徘徊しながら
やっと水辺に近づける公園に入った。

三脚にX7をセットして
レリーズを使ってスローシャッターで何枚か撮影する。

最初はファインダーを覗きながらシャッターを切ったけど・・・
こういう場合は液晶モニターを見ながらのライブビュー撮影が良い!
タッチパネルでピント合わせとシャッター機能も使えるから
レリーズがなくても撮影ができる。

しかし
ライブビュー撮影と長時間露光は
バッテリーの消耗が予想以上に早い。

先週使った状態のバッテリーをそのまま使っていたから
アっという間にバッテリー切れを起こしてしまった。
予備バッテリーも必要だなぁ。



by tokyo_terry | 2014-11-29 12:31 | ☆Night View | Trackback | Comments(0)

Slow Hike

軽量なデジイチを持って
午後からのんびり低山ハイキング。

e0009009_20553776.jpg

新しいアソビ道具を手に入れると
使ってみたくなるのは、いつものコトだ。

早起きして、久しぶりにジテンシャに乗りながら
写真を撮ろう・・・なんて考えていたけど
久しぶりに惰眠を貪り・・・目が覚めたら
長針と短針が合わさりそうな時間だった。

この週末、今日だけが唯一のお休みだったから
慌てて家を飛び出した。

e0009009_2056939.jpg

日常のストレスを発散するには
やっぱりソトアソビをしたり
軽く運動して汗をかいたりするのがイチバンだ。

でも、ロードバイクで走るのは
交通量の多くなる昼間よりも、早朝の方がいい。
比較的安全に走れるし、疲れが翌日まで残りにくいから。

よし、今日はハイキングに行こう!

e0009009_2057744.jpg

低山のハイキングコースなら
日が短くなった今のような季節でも
午後から十分楽しめるし
何より新しいカメラで撮影しながら
のんびり歩くのも楽しいかも。

e0009009_20573044.jpg

案内板には60分と書いてあったけど
所々で立ち止まり、写真を撮りながら
60分のハイキングコースを2時間かけて歩いた
・・・本当は膝が痛かったのだけど(笑)

コースの途中にあったメタセコイヤの森は
とてもキレイに色付いていた。

e0009009_20575895.jpg

展望台に出ると眼下には木曽川が見えた。
低山とはいえ、高い場所からだと見晴らしが良い。
遥か遠くには伊吹山かな。

e0009009_20585322.jpg

あんまりゆっくりしてると、日が暮れるから
そろそろ帰ろう。


やっぱり、休日こそ早起きしなくては!


X7のシェイクダウン→terry's Photo Lounge




by tokyo_terry | 2014-11-24 21:00 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

SanDisk Ultra PLUS 8GB

SDカードにもグレードや種類が存在するんですね。
これまで全然気にしてなかったから、知らなかった。

e0009009_2146772.jpg

これまでコンデジに使用しているSDカードは
カメラを買ったときに“オマケ”してもらったモノだったりして
容量くらいしか気にしていなかった。

新たに手に入れたKiss X7はSDカードを使用するため
運用するためには新たにSDカードを購入する必要があった。

これまでのKiss DNに使っているのはCFカード。
とりあえず、SunDisk製のメモリーカードなら
間違いないだろうからって感じでチョイスしていたCFカードだ。

800万画素のKiss DNはRAWデータでの撮影でも1ファイル7MBくらいで
2GBのカードでも十分な容量だったけど
新たに手に入れたKiss X7は、約1800万画素とこれまでの2倍以上。
RAWデータだと1ファイル20MBを超える・・・

16GBくらいのSDカードが必要かと思い、価格を調べると
同じSunDisk製の16GBのカードでも
Extreme PROというSDカードは軽く一万オーバー・・・えぇ!?
Extreme PLUSでもPROの2/3と、結構いい値段。

ユーズドで手に入れたカメラなのに、そんなにも出せん!
とりあえず、貯まっているポイントで入手できる
Ultra PLUSの8GBをチョイス。

読み込み・書き出しスピードなど
性能差があるなんて・・・知らなかった(汗)

でもそれってホント?
同じ容量でもこんなにも価格差があるのだから
本当なんだろう。

これまでが無頓着すぎたのかな。


by tokyo_terry | 2014-11-23 21:48 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(2)
意外に早く見つかった
お古だけど、ボクには新しいカメラ。

e0009009_22272695.jpg

G12に代わる新たなコンデジ探しの旅。
実機を触ってみた結果、コンデジに魅力を感じられず
本命ミラーレス機のEOS M2、次候補にKiss X7と決めた。

M2はミラーレス用のレンズなど持っていないため
レンズキットを購入しなくてはならない。
X7に関しては、手持ちのレンズを活かせるため
ボディのみの購入をしたい。
といっても、中古カメラのおハナシだ。

M2とX7の2機種に絞り込み
条件と予算に見合う中古カメラを探してみると
意外に早く見つかり、アッという間に手元に届いた。

しかもなかなかの上玉で。

でもこの三連休は休日返上・・・



by tokyo_terry | 2014-11-22 22:31 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(6)

Test Drive < SUBARU New OUTBACK >

相棒フォレスターの車検が終わったので、ディーラーへ迎えに行った。
ついでに、新型アウトバックのテストドライヴも。

e0009009_22174139.jpg

短い期間だったけど
元気よく走ってくれたディアスワゴンに別れを告げ
六日ぶりに相棒のフォレスターと対面した。

ターボエンジンのディアスワゴンも楽しかったけど
やっぱり、自分のクルマを見るとなんだかホッとする。
取り回しの良い軽自動車とはいえ
他人様のクルマよりも、自分のクルマがイチバンだ。

受付と清算を済ませて、荷物を入れ替えていると
担当セールススタッフが
“時間があれば、アレ乗ってみてくださいよ!”
とニコニコしながら近づいてきた。

“アレ”とは・・・新型アウトバックだ。

次期レガシィは欧米のみの販売で
日本ではレヴォーグがその代わりを担うと聞いていたから
大掛かりなマイナーチェンジをしたものだと思っていたら
実はフルモデルチェンジをしているとのコト。

なんだ、そうだったんだ〜と言いながら
ちゃっかりとドライヴァーズシートに滑り込み
プッシュボタンを押して水平対向エンジンを始動させた。

テストドライヴしたのは
2.5ℓ DOHCの自然吸気エンジンを積んでいる
LEGACY OUTBACK Limited

本革製のシートに座って、目に飛び込んでくるのは
カラー液晶ディスプレイを内蔵した立体的な二眼メーターと
しっとりと手に馴染む上質な本革ステアリング。
とても高級感に溢れている。

アクセルを開けても、それは同じだった。
エンジンのレスポンスはなかなか鋭いが
静粛性の高いキャビンのため、吸気音や排気音など全く気にならず
車内での会話も落ち着いてできる。

走り始めてみても、やはりそれは同様だった。
最低地上高200mmというロードクリアランスだが
不要なロールはしっかりと押さえ込まれていて
安定感のあるしなやかな乗り心地。
もちろん、前後左右の重量バランスに優れた
シンメトリカルAWDだから、市街地はもちろん
悪路走行でも安心してドライヴができそうだ。

もちろん、EyeSightもver.3へと進化しているから
安全面においても抜かりはなさそう。

個人的には全車速追従機能付きのクルーズコントロールが
とても羨ましい。


それにしても、こんな良いクルマを乗った直後に
5年落ちのフォレスターに乗ると・・・

アウトバックのテストドライヴ・・・するんじゃなかった(笑)





by tokyo_terry | 2014-11-21 22:20 | © Car | Trackback | Comments(2)

leading candidate

カメラ屋さんで実際にカメラを見てきた。
その印象でもっとも良かったのは・・・

e0009009_2105496.jpg

先日のエントリーでコンデジの次候補に挙げていた
G7X、G1X、G16、M2、X7、70D・・・後半はデジイチだけど。
ホームページの情報やユーザーの評判だけでなく
実際のトコロ、どうなんだろうと思って現物を見てきたら・・・

・・・余計に迷ってしまった・・・

消去法で考えていくと
70Dに関しては、大きく重いためNG。
たぶん、持ち歩かないカメラ機材となりそう。

G7X、G1X、G16の三機種も
コンパクトで良いカメラなんだろうけど
なんだろう・・・何かモノ足らない感じ。

結果、ミラーレス機のM2のコンパクトさはやはり魅力的。
そして、デジイチだけどX7のコンパクトさと
タッチパネル液晶になった背面モニターに心奪われた。

さらに、最近新発売となったばかりのパンケーキレンズ
EF-S 24mm F2.8 STMをX7に装着すると
レンズ部の飛び出しが少なくて
デジイチなのに手のひらサイズ・・・しかも軽い!

次期コンデジ候補を捜しているつもりだったけど
いつもの間にかレンズ交換式のミラーレス機と
小型一眼レフ機が最終候補になってしまった。

コンデジを見てからデジイチを見ると
いくら優秀な各種機能や明るいレンズが付いていようとも
写真を撮ってる感じはファインダーがある方が断然良い。

コンデジの導入は一旦中止して
以前から気になってたミラーレス機のM2か
世界最小・最軽量のKiss X7にしてしまおうかな。

Kiss X7はもちろん、M2もアダプターを噛ませば
今持ってるレンズたちもそのまま使えるし。

次期カメラはコンデジではなく、M2かX7の・・・出物待ちって感じ。


それにしても、M2の表紙の新垣結衣さん、キレイですね(笑)


by tokyo_terry | 2014-11-17 21:02 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(6)
ブルーの代車かぁ、いいセンスしてるじゃん。
と言っても、Kカーだけど。

e0009009_16543836.jpg

今朝、二回目の車検を受けるために
愛車フォレスターをSUBARUディーラーへ入庫してきた。

オイルの他、スパークプラグやベルト類
その他部品交換と一部修理もあるため
仕上がり予定は金曜日になるとのコト。

それまでの代車として用意してくれたのは
さすがにWRXや新型レガシーのようなクルマではないけど
ブルーのボディーカラーを纏ったコンパクトワンボックスだった。

e0009009_16544427.jpg

水平対向エンジンではないようだけど
DOHCターボエンジンを積んでいるため
軽自動車では重めのボディーとなる1BOXでも
なかなか力強い走りをしてくれる。
と言っても、それなりにエンジンノイズは激しくなるけど。

アルミホイールを履き
ルーフとサイドシルスポイラーなども
深みのあるブルーマイカメタリックに塗装されており
コンパクトワンボックスだが
意外とキリっと引き締まった印象だ。

ヘッドライトもHIDヘッドランプにフォグランプまで装備しており
サイドドアミラーも電動格納式を採用していて
意外と装備が充実している。

ドライヴァーズシートに座るってみると
視界は広く四角いボディーのため見切りが良い。
ノーズがないのは少々違和感があるけど。

装備された3連メーターには
タコメーターがちゃんと装備されているのも良い。
スピードメーターだけだと
見た目は軽トラと同じだからね(笑)

カーゴルームは奥行きはもちろん、室内高もあるから
ジテンシャなんかも、立てたままでカンタンに積み込めそうだ。
フォレスターの場合は、前輪を外しても高さがない分
ギリギリでの積み込みとなるから、この点は素晴らしい!

ちょっと驚いたのは、パワースライドドアは装備していないものの
スライドドアイージークローザーを装備している点。
力強くドアを締めなくて良いから
こういう装備は日常での使い勝手が上がるのだろう。

日常で使うには、こういうタイプのクルマも良いかもしれない。

とりあえず、金曜日にフォレスターが帰ってくるまで
僕の愛車はジテンシャ同様、ブルーのボディーカラー
SUBARU Dias Wagonだ。

安全運転で乗ろう。


by tokyo_terry | 2014-11-16 16:56 | © Car | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30