<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Direct Mail from SUBARU

ダイレクトメールがやって来た。
New SUBARU Qualityとな。

e0009009_2375974.jpg

少し顔つきを変えたLEGACY。
そしてOUTBACK。

マイナーチェンジのようだけど
同封された小冊子を見ると
少し大人っぽくなっていて良い感じだ。

冊子やスペシャルサイトで動画を見ていたら
ボクもフォレスターで山へ行きたくなった。





by tokyo_terry | 2014-10-30 23:09 | © Car | Trackback | Comments(2)

Astrophotograph

今年の夏に入手した単焦点レンズ SIGMA 30mm F1.4 DC HSMで
軌道撮影にチャレンジしてみた。

e0009009_22485852.jpg

夕暮れの空に雲がかかっていなかったから
平地でもキレイに星が見えるのかな・・・
渋滞中のクルマの中で、ハンドルを握りながら
ぼんやりと考えた。

新しく手に入れた単焦点レンズは
明るいから、どんな感じで撮れるのだろうと。

というワケで、軌道撮影にチャレンジ!

でも、寒くって一時間ほどで・・・撤収(笑)


by tokyo_terry | 2014-10-29 22:50 | @ Art | Trackback | Comments(6)

My personal effects

最近、ボクがロードバイクに乗っている際の
バックパックに入れているコーヒーセットのご紹介を。

e0009009_17223365.jpg

いつも背負っているバックパックの内容量は10L
SHIMANOのバックパック ACCU3D U-10
スマホと財布、パンク修理キットと
交換用チューブに携帯ポンプ&ツールと鍵
そして、30mm単焦点レンズを装着したEOS Kissを入れて
走っている。

最近はさらにコーヒーセットも。

コーヒーセットの詳細は・・・

e0009009_17225074.jpg

まずは、お湯を沸かすための小型ハイパワーストープ
Snow Peakのギガパワーマイクロマックス(106g)
ギガパワーガス 110イソ(110g)

オートイグナイタ(圧電点火装置)を装備しない
ギガパワーマイクロマックスウルトラライトなら
重量はたったの56gと超軽量。
軽さにトコトンこだわるなら、グッドチョイスだと思う。

e0009009_17232847.jpg

直火でお湯を沸かし、そのままカップとして使える
Montbellのチタンカップ450(70g)

ステンレス製のカップで、同じコトをすると
カップの持ち手まで熱くなり、火傷必死だ。

チタンは熱伝導率が低いから
お湯を沸かすコトだけを考えれば
アルミやステンレス製が良いが
そのまま飲むコトまで考えると、チタンがベストチョイスだ。

e0009009_17225494.jpg

そして、インスタントコーヒー。
日常ではブラックで頂くのだけど
ジテンシャの場合、甘いもののほうが良い。

あと、忘れてはならないのがペーパータオル。
飲み終えたカップを洗ったり、拭いたりできるから。
この青いペーパータオルは、通常のキッチンペーパーよりも
分厚くて、濡れてもカンタンに破れたりしないから
ジテンシャのメンテナンスにもバッチリだ。
コレはカインズホームで入手したモノ

e0009009_17235210.jpg

また、カップの中に折り畳んだストープを入れる際の
緩衝剤としても使えるので、コレは必ず入れておきたい。
コンビニでもらえるお手拭きでも良いかもしれないけど。

ちなみに・・・このモンベルのチタンカップ一杯分で
カップヌードルBIGがちょうど良い感じで作れるコトも
紹介しておきたい(笑)





by tokyo_terry | 2014-10-26 17:36 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

Ride & Coffee

先週に引き続き、今朝もライド&コーヒー。
川縁でのあたたかいコーヒーは格別だ。

e0009009_1215274.jpg

けたたましく鳴るアラームを消し
すぐさま顔を洗い、バイクウェアに着替えた。

ヘッドライトとテールライトを点灯させて
ドマーネに跨がり、日の出前のスタートだ。

e0009009_1221280.jpg

早朝はフルフィンガーのグローブのほうが良かったかな
自宅に戻ったら、次回のサンライズ・ライドのために用意しておこう。
なんてコトを考えながら、小鳥たちの鳴き声をBGMに
人気の無い街を抜けて、先週と同じコースを走った。

e0009009_1224787.jpg

今朝の川縁の公園には
朝の景色を撮ろうとするアマチュアカメラマンが多かった。
先週と同じ場所にバイクを停め、ベンチでしばし休憩。

e0009009_1232196.jpg

これまた先週と同じように
バックパックからコーヒーセットを取り出して、お湯を沸かす。
川縁の公園で、立ちのぼる朝靄を見ながらの朝食は
無印良品のバウムとコーヒーで。

このシリーズ、バナナバウムがイチバン好きだけど
今朝は秋らしく、スイートポテトバウムをチョイスした。
バナナバウム同様しっとり感があって
スイートポテトの風味もなかなか美味しかった。

e0009009_1233835.jpg

さて、あたたかいコーヒーを飲んだら
体が冷えないうちに再スタートだ。

まだまだ足がしっかりと回んないけど
先週よりも少しだけ距離を伸ばして
朝の気持ちの良い時間帯にしっかりと走り込もう。


こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge


by tokyo_terry | 2014-10-25 12:14 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(2)

Morning Coffee Ride

久しぶりにドマーネでモーニング・ライド。
いや、モーニングコーヒー・ライドか。

e0009009_15171252.jpg

今朝、久しぶりにロードバイクに跨がった。

バックパックにデジイチを入れて
日が昇る前に家を出た。

早朝の人気の無い街を抜けて
いつもの木曽川沿いのCRを走った。

川沿いは予想よりも寒いと思って
冬用のジャージに身を包んだけど
10分も走るとそれは間違いだったコトに気がついた。
ボクは暑がりだった・・・気がつけば汗だく(笑)

e0009009_15173074.jpg

木曽川分流に架かる橋に差し掛かると
川面を覆っていた朝靄が朝日に照らされ
幻想的とまでは言えなくとも
早朝ならではのキレイな風景だった。

e0009009_15173259.jpg

今度は木曽川本流を渡り
お気に入りの岐阜県側の右岸のCRへ向かったが
工事中の区間が現れ、通り抜けるコトができず、Uターン。

一度CRを離脱してコンビニに立ち寄った。

いつもなら
ワンコインの淹れたてホットコーヒーを買い求めるのだけど
今日はアンパンをひとつ買い、すぐに木曽川沿いに。

実はデジイチの他にバックパックに
今朝はコーヒーセットも忍ばせてきたのだ。

川沿いの公園でモーニングコーヒーを楽しもうと思って。

e0009009_15173558.jpg

水はドリンクボトルに入れれば
バイクのホルダーに入れて持ち運べるし
小型のガスバーナーと軽量なチタンカップなら
気になる程の重量ではない。

ただ、水を入れたチタンカップを
直接火にかけるため
お湯で溶かすインスタントコーヒーしか飲めないけど。

香りを楽しむようなコーヒーでもないし
ベーカリーショップの高級なパンでもないけど
それでも充分美味しかった。

それにしても、ロードバイクにはしばらく乗れなかったので
久しぶりに乗ったら、足が思うように回らなかった。

こりゃ、しばらくの間はトレーニングというか
リハビリライドになりそうだ。





by tokyo_terry | 2014-10-19 15:18 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(4)

Autumn Scenery

秋色の景色って、とてもキレイだ。
スマホでもこんな風に撮れちゃう。

e0009009_22105255.jpg

秋の光。

e0009009_22111738.jpg

秋の色。

e0009009_22112299.jpg

秋の風音。


この三つを意識して写真を撮った。

光を見せるため、影を撮ってみる。
色を強調させるため、逆光を利用する。
風に揺られている木の葉に焦点を当てる。

デジイチを持ち歩きつつ
スマホでこんな風に撮れちゃうとは・・・

撮影はiPhoneでHDR撮影して
色補正はAdobe Photoshopにて彩度をグイグイッと(笑)



by tokyo_terry | 2014-10-15 22:13 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

Helinox Chair

自然の中でのんびりと寛ぐのにはピッタリだ。
小さく華奢だけど、座ってみるとすごく良いのだ。

e0009009_1942388.jpg

奥からHelinox Chair ONE ブラック、Comfort Chair シトラスイエロー・ブラック

アルミ合金製のフレームが適度にしなり
コレまで使ってきたアウトドア用のチェアの中では
かつてない異次元の座り心地。

今回初めてフィールドで使用して感じたのは
座面が少々低めのため、ロースタイルのキャンプ
特に焚火を囲む時には高さがちょうど良い。

重量も約930gととんでもなく軽く
仕舞い寸法が小さいのも良いトコロだ。
オートキャンプとは言え、小さく軽いのは悪くない。

その小さなスタッフバックから本体とフレームを取り出せば
誰でもカンタンに組み立てられるのも良い。
そのヒミツは・・・スタッフバッグの裏側に図解されているから(笑)

ても、そんな図解など見なくても良いほどカンタンだ。
アルミ合金製の脚は、テントポールと同じくコードで繋がっており
本体四隅の接合部にポール先端を差し込むだけだから。

ただ、難しい点がひとつ。
このチェアを導入しようとすると難しい問題に直面する。

設定されている価格がスタンダードなものよりも少々高いから
お小遣い制のパパには、ちょっとツライ。
家族分を揃えようとすると、とんでもないコトになる。
きっと奥様の首は縦には振られず、横振りされるから(笑)

まぁ、ボクのような独り者には、あまり関係のない問題だけども。



by tokyo_terry | 2014-10-14 19:59 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(6)

Autumn Food Camp !

久しぶりのキャンプは、秋のフードキャンプッ!
友人たちにも久しぶりに会えて、楽しかったぁ。

e0009009_1353363.jpg

久しぶりに会う友人たちとのキャンプだからだろうか
大人げなく妙にワクワクして
前夜は1時間ほどしか眠れなかった。

まだ夜も開けきらぬうちに家を飛び出し
ハイウェイをひた走り
待ち合わせ場所に一番乗り。

友人たちと合流し、ビーナスラインを走って
蓼科高原のとあるキャンプ場へ向かった。

e0009009_13531771.jpg

標高1,200mに位置するキャンプ場は
朝の早い時間帯はガスっていたけど
それは好天を予感させていて
時間が経つにつれ徐々に青空が広がり
新鮮な空気と温かな日差しがとても気持ちが良かった。

森の中を歩いてキノコを探したり
細流を見つけてイワナが泳いでいないかと探してみたりと
ここしばらくソト遊びをしていなかったから
ちょっとしたコトだけど、とても楽しい時間だ。

e0009009_13531962.jpg

キャンプ場でテントやタープを設営したら
昼食はカンタンなカップラーメンとコンビニオニギリ。
そんなメニューも、気の置けない仲間たちと一緒だと
楽しい会話が良いスパイスとなり
とても美味しく感じる。

昼食後はタープの下で久しぶりに会った友人と
ボクはお茶を飲みながらまったりとした時間を過ごした。

椅子に腰掛けながら秋風を感じながら昼寝をする者。
木陰の中、クルマのシートで昼寝を決め込む者。
初めて手に入れたテントが嬉しくて
日差しの降り注ぐテントの中で汗だくになりながら昼寝をする者もいた。

e0009009_13532393.jpg

夕食の前には、八ヶ岳の眺望が出来る場所を散策した。

午前中同様にキノコを探すグループと
渓谷ルートをウォーキングするグループに別れ
ボクは三人で5kmほどのウォーキングで
キャンプ場周辺の散策を楽しんだ。

e0009009_13532477.jpg

さて、キャンプのメインイベントと言えば
やはり夕食とお酒だろう。

今回はキャンプの達人夫妻が居るから、食事の心配はないけど
最近、ミニダッチを手に入れてから
少しだけ料理の楽しさを感じているから
ボクもキャンプ料理を作ろうと思っていた。

本当はミニダッチでチリビーンズを作るつもりだったけど
今回は事前に買い出しに行く時間がなかったため、予定変更。

でも標高が高く、寒い場所だから熱々の食事が良いかなとおもい
蒸篭を使った蒸し料理にチャレンジ。

一段目は、中華の鉄人 陳建一 国産豚の四川焼売(冷凍食品*笑)
ふっくらと蒸し上がって美味しかった。

e0009009_13534492.jpg

二段目の蒸篭には
豚バラ肉と白菜のミルフィーユ蒸し。
鶏ガラスープを振り掛けて、蒸し上げた。
たれはゆずぽんでさっぱりと。
余分な油分が落ちるからとってもヘルシー。

自分で作っておいて言うのもなんだけど
とってもカンタンで美味しかった。

e0009009_13534519.jpg

他にも現地調達したキノコを使った料理やきりたんぽ鍋
手羽先やラム肉の焼き肉、ステーキなど・・・

食べるのに夢中で写真を取り忘れてしまったけど
やっぱり達人夫婦がいると、豪華な食事になるなぁ。
まぁ、秋と言えば基本的に食欲の秋だから良いのだけど。

食後は焚火を囲んでまったりと。
隣のやたらと元気なグループが深夜まで少々うるさかったけど
テントに入りシュラフに潜り込めば、すぐに夢の中。


楽しい楽しい時間はアッという間に過ぎて行く。
だからまた行きたくなるんだろうな。


こちらもどうぞ→蓼科高原 秋季キャンプ。



by tokyo_terry | 2014-10-13 14:21 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(8)

Outdoor Lunch

本日もミニダッチを使ってアウトドアランチ。
大人のママゴト、いや、おっさんのママゴトか(笑)

e0009009_234033100.jpg

腰の具合も徐々に良くなってきたから
この週末は久しぶりに山へ向かい、夜は寒い寒いと言いながら
焚火キャンプをする予定だったけど
大きな台風が来ているとのコトだったので、予定を変更。

というワケで、三週連続のアウトドアランチ。

チャチャッと炭を熾して、下ごしらえ。
先日あらかじめ練習しておいたローストチキンを友人に振る舞った。
やっぱり外で食べるメシはウマイ!なんて言いながら
柔らかく焼けたアツアツの鶏肉や
ホクホクのジャガイモを頬張り、くだらない話で盛り上がった。

先日作った時よりもキレイに焼けたけど
腹ペコだったので、写真を取り忘れた(笑)

e0009009_23404236.jpg

二品目はパンケーキを。

ケーキミックスに牛乳を入れて生地を作って焼くだけだから
カンタンに焼けると思ってたけど、一枚目は大失敗。
ダッチに塗った油の量が少なく、火力が強すぎた・・・

二枚目からは、しっかりと油を塗って
火加減を見ながら焼いたら、良い具合に焼けた。
ただ、バターやシロップを用意していなかったから
ちょっと味気なかったかな。

火加減さえ気をつければ
ミニダッチでもパンケーキが焼けるコトが判ったから
ペーコンやソーセージなどを付け合わせにすれば
キャンプの朝食にもピッタリだ。

あ、ダッチオーブンを使っていてもパンケーキと呼ぶのだろうか?



by tokyo_terry | 2014-10-04 23:43 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31