<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Repairing

先週末はたくさんの毛鉤を巻いたから
釣りに出かけようと思っていたけど

e0009009_22205536.jpg

都合が付かず、朝はロードバイクでトレーニング。
午後はまったりと昼寝したり
お気に入りの道具を愛でながら、お手入れを。

ラインをクリーニングしたり、リールにグリースを差したり。
ロッドブランクは乾拭きして、金具部分を磨いたり・・・
ん?キャップが緩くなってるようだな。

と思いながら磨いていたら
ニッケルシルバーのキャップが外れてしまった。

・・・まぁ、エポキシ接着剤ですぐに直せるから・・・

でも最近はロッド作りをしていないから
エポキシ接着剤の在庫ってどこに仕舞ったっけ?(汗)

探し物って探し始めるとなかなか出てこないんだよなぁ。


by tokyo_terry | 2014-06-29 22:28 | ⌘ Rod Building | Trackback | Comments(8)

Water Closet

実に四週間ぶりのロードバイク。
“変な汗”と“良い汗”かいた〜。

e0009009_11313019.jpg

暑さを避けるため
夜明けとともに走り始めようと思っていたけど
目が覚めたら、ずいぶんと陽が高かった。

路肩には所々に水溜まりが出来ていた。
深夜に雨の音が聞こえていたっけ。

住宅街を抜けるまでは少々蒸し暑かったけど
いつもの木曽川沿いに出てCRに入り
森の中を走るコースに入れば
生まれたての空気のせいか、木陰が多いためか
気温が1〜2度は下がっているようで
少しだけ空気がひんやりとしていて気持ちが良い。

でも、気持ちよく走れていたのはほんの束の間。
なんだかお腹の具合が悪い・・・あぁヤバイかも・・・
昨夜のラーメンかなぁ・・・もう少し先に“アレ”があったはずだ。
変な汗が出て来た。

!!!
あ、あった!良かった〜。
バイクを厠の脇に停めて、急いで中に入り座り込んだ(笑)

ほっと一安心。

その後、木陰で少々休憩をして再出発。
軽量化が成功したようで、巡航スピードも上がり
帰り道は気持ち良い汗をかきながらのモーニングライドになった。




by tokyo_terry | 2014-06-29 11:33 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(0)

On the way home from work

仕事帰りの一杯は
至福のひととき

e0009009_23105614.jpg

仕事帰りは疲れているからか
こってりとしたものが食べたくなる。

でも、あまりに暑い日は
さっぱりした味わいのほうが良い。

最近は塩にハマっている(笑)


by tokyo_terry | 2014-06-28 23:12 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(0)

My Favorite Flies

白いカーフテールを使って巻いたアダムス・パラシュート。
これがイチバン好きな毛鉤だ。

e0009009_22294166.jpg

釣りに出かけない休日は、ロードバイクに乗って過ごそうと思っていた。

でも、土曜の深夜から日曜の朝に掛けて雨が降っていたから
週末はのんびりとフライタイイングをしながら過ごした。

二つの違ったシルエット
ダウンウィングスタイルのカディスパターンと
パラシュートスタイルの毛鉤を増産。

白いカーフテールをウィングに使って巻いた
アダムス・パラシュートがイチバン好きな毛鉤だ。
化繊のウィングに比べれば少々手間が掛かるけど
視認性は引けを取らないし(というか、状況によっては良い場合もある)
素材の張りがあり、水切れの良さも良い
そして巻き上げた際の雰囲気が何よりも好きだ。

日曜は#14のTMC200Rにカディスを10本
#12のTMC100BLに20本ほどのアダムス・パラシュートを。

同じパターンを巻き続けるには少々の忍耐力が必要だけど
一本あたりの巻き上げスピードが高くなり
精度の高い毛鉤を巻き上げるコトが出来る。

また、ウィングのカーフテールの量を増減したり
ハックルの巻き量をコントロールするコトで
同じ毛鉤にバリエーションを増やすコトも容易になる。
意図的に巻き上げたものと“なっちゃった”毛鉤は
同じようでも、違うのだ。

久しぶりに白いカーフテールを使って巻いたアダムス・パラシュート。
この毛鉤で、納得のできるイワナ釣りがしたいなぁ。


by tokyo_terry | 2014-06-23 22:31 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(12)

Unusual Occurrence

水面から毛鉤が消えたのを確認してロッドを立てると
魚信ではなく、奇妙な声が聞こえた・・・

e0009009_0203836.jpg

チュ〜〜ッ!!

???イワナが鳴くワケがない・・・まさかの川ネズミだ。

そういえば、以前も一度
川ネズミに毛鉤を咥えられたコトがあったけど
今回は、毛鉤が消えたのを確認してアワセを入れた刹那、
チュ〜〜ッ!! と鳴かれた。
フッキングにまでは至らなかったから
川ネズミもビックリして、すぐに姿を消してしまったけど。

そして午後、川を変えたはずなのに
今度は川ネズミのライズに遭遇した。

石裏の巻き返し、水流が緩くイワナが好みそうな場所だった。

最初はイワナのライズだと思ったけど
水面に出た口が流れに対して横スライドするような動きに???
思わず、shojiさんと今のって???と確かめあったのだけど
しばらくすると、そのポイントから
川ネズミが水面上に浮上して泳ぎ去っていった。

なんだか思わず笑ってしまった。

一日に二度も川ネズミに翻弄されるとは
そんな日はなかなか無いと思う。

あ、写真は全く無関係です(笑)



by tokyo_terry | 2014-06-20 00:22 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(4)

Duble Hit ! & Lost !!

この週末は、shojiさんとフィッシング・トリップ。
土日の二日間、木曽の谿を釣り歩いた。

e0009009_22495353.jpg

大きなイワナを獲り逃した・・・まぁ、いつものコトなんだけど。
でも、今回のケースは非常に稀なケースだ。

左岸から大きなプールを俯瞰していたshojiさんが
興奮した様子で声を上げた。
“terryさん! あの岩の前でライズしたよ。かなりでかいッ”
手を広げてイワナのサイズも教えてくれた。

え!? そんなに、大きいの?

その大きなイワナがライズしたと思われるレーンには
ハッチしたばかりのメイフライが流れている。
かなり大量のハッチのようだ。
ポイントを横目で見ながらティペットを新しくし
毛鉤にフロータントを施し、深く深呼吸をして
慎重にキャスト&シュート。

ドバッと水飛沫が上がったが
水面上の毛鉤はレーンをそのまま通過した。
毛鉤がマッチしていないのだろうか。
ワンサイズ小さくして、もう一度キャスト&シュート。

e0009009_22501371.jpg

レーンからちょっと左へ外れた毛鉤を引ったるようにして
水面上をジャンプするようにイワナが飛び出した。
イワナが水中へ沈むと同時にロッドを上げると
ゴンゴンゴンと水中で頭を振っている様子がロッドから伝わる。
よしッ乗った!

弓なりに曲がるロッドを立てて、ラインを手繰ろうとすると
いきなりラインのテンションが消えてしまった。
どうやら、水中での首降りで毛鉤が外れてしまったようだ。

あぁ、せっかくの大物・・・この日最初で最後のライズ。
しかも、このイワナを見つけたshojiさんに
ポイントを譲ってもらったのに。

うわぁ~~~・・・ショック。

と思っていると、同じレーンでライズが起こった・・・マジッ!?
一度フッキングしたイワナだけど、警戒心よりも食い気が勝っているようだ。
そこで、ボクとは釣法が違うルアーフィッシングのshojiさんにバトンタッチ。

この日の道具立ては、4ft11inchという
薮沢スペシャル的なレングスのルアーロッド。
ミノー全盛の今、懐かしさを感じさせるスピナーをチョイス。

そして数投後、また同じレーンでライズが起こった。
すぐさまshojiさんがルアーをキャスト!
そのレーンを通すようにスピナーをコントロールし着水させた。
リーリングすると、キラキラと光を反射させながら水中を泳ぐスピナー

・・・そして・・・

e0009009_22503279.jpg

喰った!ヒット、ヒットォ~!

え!?マジで!、スゲェー!!

数分前にボクがファイトをしたイワナと
今度ははshojiさんがリベンジマッチ。
立てたロッドがイワナの力強いパワーとトルクで激しく曲がる。
笑顔でファイト中のshojiさんを見ながら
やったー!と叫び声を上げるボク。
毛鉤で一度フッキングして、ファイトまでしたイワナが
今度はルアーの誘惑に負けて再度フッキングしてのファイトだ。
見ていて、興奮しないワケが無い。

shojiさんが、短いロッドでイワナをコントロールし
足元近くまで寄せ、ランディングの体勢に入る。

いよいよ、クライマックス。
足元を泳ぐイワナは尺を優に超えた胴回りの太いネイティブ・ヤマト。
オレンジの主点が鮮やかだなぁと思っていると
外れた~ッ!!shojiさんが叫び声を上げた。

え!?まさか・・・バラしちゃったの?

さすがに二度もフッキングさせてくれた優しいイワナでも
フックが外れた瞬間、慌てて岩の下へ泳ぎ去っていった。
うわぁ~~~~~~~ッ!!
二人で思わず、叫んでしまった。
近くにいる熊も逃げ出すくらいの声で(笑)

e0009009_22504824.jpg

この日は二人して大した釣果に恵まれず
釣行二日目というコトもあり、疲れもピークを迎えていた。
足元フラフラの状態、意気消沈で退渓する直前の出来事だった。
これが週末の二日間のラストシーン。

釣法は違えど、同じイワナを二回も掛けながら
二人で二度も失敗したのには、参ったし、ホントに驚いた。

そして、めちゃくちゃ疲れたけど、すごく楽しかった~♪

・・・時間を遡って土曜日は・・・

e0009009_22511196.jpg

午前中にタナビラとイワナの谿をshojiさんと釣り上がった。

e0009009_22512984.jpg

しかし、残念ながらボクには小振りなサイズのイワナばかりだった。

e0009009_22514554.jpg

午後からはヤマトイワナの谿へ。

e0009009_22521086.jpg

こちらではまあまあサイズのイワナたちと夕方まで遊んだ。
これはニッコウとのハイブリッドだなぁ。

e0009009_22522591.jpg

快晴の日曜。
でも、予想外にイワナたちは低活性で
こちらの活性もなかなか上がらず、釣れない時間が非常に長かった。

e0009009_22523812.jpg

でも、ちょっと珍しいヤマトイワナに出会えた。
斑点が全くない無斑ヤマトだ。

e0009009_225306.jpg

午後になり、ようやくイワナの活性が上がった。

倒木の下に定位していたイワナをスピナーの誘惑で。

e0009009_22531661.jpg

土曜日は俊敏なタナビラ(アマゴ)も釣りたかったため
軽量なグラファイトロッドを使っていたけど
日曜ははイワナ釣りのためのスプリットケーンで。

e0009009_22531882.jpg

前述のダブルヒット&ロストの後
谿を降りて、タビタの自家製のジンジャーエールと
美味しいあんパンやシナモンロールで栄養補給。

やはり疲れた時には甘いモノが欲しくなる。
このジンジャーエールは辛みと甘さが絶妙だった。
次回も立ち寄ろう。

今回のshojiさんとのフィッシング・トリップは
お会いするのは久しぶりだったけど
そんなコトを感じるコトがないほど楽しいものだった。

それにしても、あのイワナ大きなったなぁ。
尺は軽く超えていた・・・ボクの予想では35いや
きっと36.5センチだ(笑)




by tokyo_terry | 2014-06-17 20:54 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(8)

Make Ready to Go

ボクは現場でよく後悔をする。
自分の不備なのだから、仕方ないのだけど。

e0009009_2153370.jpg

あ、5Xリーダーが残り一本だ(汗)
うわぁ、6Xのティペットも残りわずか(焦)
スプレー式のフロータントが・・・無くなった(涙)
大きめの毛鉤、毛鉤・・・
あぁ、さっき枝に捕られたのが最後の毛鉤だった(悲)

と言うのは、よくあるハナシで
先日の友人と出かけた今季初釣行のときも
実はこんな調子だったのである。

今週末は谿を歩こうと思い
先日の現場で何が足らなかったかを思い出し
必要なモノを買い足しておいた。

と言っても、大きめの毛鉤だけは自分で巻かねばならないから
今夜のうちに、5本ばかりは巻いておこう。

現場で後悔しないために。

by tokyo_terry | 2014-06-12 21:54 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

Lunch Ride

最近はロードバイクばかり乗っているので
今日は久しぶりに29er MTBでランチ・ライド。

e0009009_18335031.jpg

軽くてスイスイと走れるロードバイク。

その楽しさを知ってからは、ドマーネにばかり乗っていて
最近はすっかりご無沙汰気味の29er MTB。

e0009009_18334898.jpg


近所へちょっとした買い物をするときなどには乗っているけど
長時間のライドはあまりしていないから
今日はランチ・ライドだ。

といっても、行き先は近所のココイチ。
そのまま向かうとあまりにも近いので
いつもの木曽川沿いのCRを走り、30kmほど遠回りしてのランチ・ライド。

食前のタマゴサラダはノンオイルドレッシングで。

e0009009_18334319.jpg

メインのカレーライスは
期間限定の手仕込みササミカツカレー。

サクサクの衣がとても美味しゅうございました。
30km程度のライドではカロリーオーバーだなぁ(笑)



by tokyo_terry | 2014-06-07 18:35 | ☆ 29er MTB | Trackback | Comments(2)

I'm a SUBARIST !

六連星(むつらぼし)とI'm a SUBARIST !のロゴ。
これがとっても気に入った。

e0009009_22452880.jpg

ロードバイクに乗るときは、サイクルジャージを着用。
これはある意味、ロードバイクに乗るためのドレスコード(笑)

他にもヘルメットやグローブ、レーパンなども
ロードバイクに乗る際には、着用しておきたい。
もちろん、安全面を考えてのコトだけど
専用にデザインされたウェアの機能性はかなり高いからだ。

ジテンシャ遊びをはじめる前は
“あの格好”をするのは無理だ・・・なんて思っていたけど
やはり専用のウェアは動きやすく、乗車時の着心地がよいものだ。

というワケで、
新たに夏用のジャージを入手した。
サイクルウェアメーカーであるパールイズミが
スバルとコラボレーションしたジャージだ。

両肩と右胸には六連星
左胸に力強い心臓をイメージさせる、BOXERエンジンがプリントされ
両脇、腰の位置には、新型LEVORGのロゴが入る。
そして、背中にはI'm a SUBARIST !の文字。

これがスバルジャージ購入の決め手となった。

フォレスターに乗りはじめて5年目。
もちろん、ボクも・・・ I'm a SUBARIST !




by tokyo_terry | 2014-06-01 22:49 | ☆Bike item | Trackback | Comments(8)

Morning Ride

空気がひんやりとしていて、サイコーに心地いい。
でもそれは、早朝のほんのひととき。

e0009009_13424086.jpg

連日、30度を超える暑い日が続いているから
今日は早起きして、涼しい時間帯のモーニングライド。
夏至に向かって、日に日に夜が明けるのが早くなっている。

e0009009_13425399.jpg

木曽川沿いのCRを走ると
朝6時台とは言え、トレーニングに励むローディーが多い。
みんな考えるコトは同じようだ。

子供たちの声でいつも賑やかな
河川敷の野球グラウンドやサッカーコートは静かだ。
この時間帯、さすがに誰も来ていない。

e0009009_1343144.jpg

早朝の静寂の中、CRを走るのは気持ちが良い。
BGMは鳥のさえずりとドマーネのラチェット音
そして、木曽川の水のせせらぎ。

e0009009_13431610.jpg

森の中を走るコースは
空気がひんやりとしていて、サイコーに心地いい。
でもそれは、早朝のほんのひととき。
徐々に気温が上がっている。

ここを抜けると、日陰が無くなり
自宅までは日向のコースだ。

木陰で休憩しながら
汗で落ちた日焼け止めを再度塗り直したら再出発。
さすがにお腹が空いてきた。

自宅に戻ったら、モーニングコーヒーと
大好きなマーマレードのトーストだ。

こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge

by tokyo_terry | 2014-06-01 13:46 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30