<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Calf Tail

ADWも良いのだけど、カーフテールの良さも捨てがたい。
あぁ、白いカーフテールが欲しいなぁ。

e0009009_735597.jpg

先日、在庫フックの補充時にヘアマテリアルを買い忘れてしまった
カーフテールを買わなくちゃ・・・と思っていたら、いろんな問題があって
今じゃなかなか手に入れにくいものになってしまったようだ。

ショップを回っても、ネットショップでも
ホワイトカラーのカーフテールがないのだ。

パラシュートスタイルなら
百歩譲って化学繊維のウィング材でも良いけど
ハンピーやウルフ系のウェスタンパターンには
やはり獣毛マテリアルが良い。

カーフテールじゃなきゃ釣れないワケじゃないのだけど
化学繊維のウィング材よりもタイイングは面倒だけど
やはり獣毛マテリアルが良い。

現在、手元にあるのはダイドイエローのカーフテール。
この色合いだと、テレストリアルを意識したパターンには使えるけど
やっぱり、白いカーフテールが欲しいなぁ。


by tokyo_terry | 2013-07-28 07:37 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(10)

TMC 100BL

ボクが使用するドライフライの定番フックを仕入れたので
今週末もフライタイイング。

e0009009_8494438.jpg

先週までに、夏に向けた毛鉤を様々なパターンで巻いていたので
今週末は仕入れた定番フックに、定番のパターンを巻こうと思う。

現在のフライボックスの中身は飽和状態。
怪我のため現場に向かえないから、今シーズンは使い切れないけど
定番のパターンなら、ストック用のボックスに入れておけば
来シーズンは毛鉤に困らないはずだ。

・・・しまった、カーフテールをまた買い忘れた。


by tokyo_terry | 2013-07-21 08:51 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

Grass Hopper

グリーンのフォームが引き出しの奥から出て来たので
バッタを意識したスタイルで。

e0009009_10463785.jpg

キュッとスレッドで引き締めて巻き留めたフォームボディの
グラスホッパーを巻いたら、なんだかレインボートラウトが釣りたくなって来た。
こういった毛鉤はアマゴやイワナよりも
レインボートラウトの口元によく似合う気がするから。

膝の痛みを考えると、フリーストーンを歩くのは危ないかもしれないけど
高原の管理釣り場なら安心して釣りを楽しめるかもしれないなぁ。

それにしても、こうやって写真を見ていると、色とその形から
なんだか枝豆の様にも見えてきた。

季節は夏。
キャンプ場で右手にフライロッド、左手にはビール・・・
なんてのもアリかな。

あぁ、釣りに行きたいなぁ。


by tokyo_terry | 2013-07-15 10:47 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

Floating Indicator Flies

沈まない毛鉤、浮き続ける毛鉤をテーマに・・・
ちょっと馬鹿馬鹿しい感じの毛鉤を巻いてみた。

e0009009_875030.jpg

ルースニングなどでボクが常用しているプルスルーマーカーを用いて
水に沈まない毛鉤を巻いてみた。

プルスルーマーカーとは、発泡スチロール系のインジケーターで
とても軽く、感度の良いインジケーターだ。
これなら水に沈まず、浮き続ける毛鉤となるに違いない。
しかし、蛍光オレンジのボディーがちょいといただけないから着色しよう。
あと、水面上での姿勢を安定させるためにスタビライザーも必要かな。

ボディに巻いたリブがボンレスハムのようなこの毛鉤で
大きなイワナを釣ってみたいな。
その前に・・・空気抵抗が大きくて
上手くポイントへ投げられないかもしれないなぁ。


by tokyo_terry | 2013-07-15 08:09 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

Muddler Head Flies

先週に引き続き、今週末もフライタイイング。
フライボックスは満杯で、気持ちは渓流へと向いているのだけど・・・

e0009009_7252960.jpg

膝が痛くて仕方がないのだ・・・二週間前から。

以前、故障した左膝の具合はそれほど悪くはないのだけど
今度は右の膝を故障させてしまったようで、激しく痛むのだ。

せっかくの休日、フライロッドを握って渓を歩きたいのだけど
コンディションの悪い状態で渓を歩くのは
危険な場面に対処しきれなくなったときに不安だから
もう少し痛みが引くまでは仕方がない。

というワケで、今週末もフライタイイング。
朝早くからタイイングデスクの前に座り、傍らには冷えた麦茶を置いて。

時間はたっぷりあるから、ちょっと手間のかかる毛鉤を巻こうと思い
マドラーヘッドの毛鉤を巻いたみたけど
ヘッドの刈り込みがなかなか上手くいかない。
でもまぁ、使用上それほど問題とはならないと思うから
細かいトコロは気にせず、楽しく毛鉤を巻ければイイ。

それにしても、毎週毛鉤を巻いていたら、フックの在庫が少なくなってきたぞ。
一日中、タイイングをするのも辛いから、午後からは買い出しに行くかなぁ。


by tokyo_terry | 2013-07-14 07:26 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

2013 Summer Fly Tying

外気温は・・・35度・・・あぁ、数字を見ただけでうんざり。
のんびりと毛鉤でも巻いて、今日は昼寝でもしよう。

e0009009_192016.jpg

ベストの中を確認し、ティペットやフロータントなどの消耗品をチェック。
必要な物はメモしておかないと、買い物するときに
ボクは色々と目移りしてしまい、すっかり忘れちゃうから。

その後はフライボックスの中を確認して、毛鉤の補充。
ここ1~2シーズンは、釣行数が少ないため毛鉤の消耗もそれほどでもなかった。
いや、今シーズンは割とタイイングをしているからかな。

そこで、久しぶりにフォームフライを巻いた。

真夏の高原のキャンプ場に併設された釣り場では
こういったフォームを使ったフライにも
元気いっぱいのニジマスたちはガンガンとアタックしてくるのだけど
イワナやアマゴを釣る際にはまだ使ったコトはないから
#10程度のサイズで真夏のイワナ釣りを楽しむ際に使ってみよう。

e0009009_19193826.jpg

そして、先日アマゴを仕留めた際に使っていた毛鉤もちょっとだけ補充。

この毛鉤は、ストレートシャンクのフックに
ピーコックアイのフェザーを巻き、ヴァーチカルスタイルにしたものだ。
カーブドシャンクのフックでパラシュートスタイルに巻き上げた毛鉤よりも
ポイントへの投射性が良いような気がするのと
タイイングが非常に早くできるので、現在のお気に入りだ。

あぁ、それにしても暑い。

エアコンの効いた部屋で昼寝をしてた時は気持ちが良かったけど
夕立の後少しは涼しくなったかなぁ、と窓を開けてみたけど
モワっと肌にまとわりつくような湿気と高い気温のせいで
今夜はエアコンなしでは眠れないかもしれないなぁ。

いや、毛鉤をあれこれと巻きながら
気持ちの良い涼風そよぐ渓流のフライフィッシングを妄想してたから
次の休日のコトを考えるとワクワクして
なかなか寝付けないかもしれない。


by tokyo_terry | 2013-07-07 19:23 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(12)

Support each other

ピーッピーッピーッ!!とホイッスルを鳴らして林道を歩き
ピーッピーッピーッ!!とまたホイッスルを鳴らながら薮をかき分けた。

e0009009_18202687.jpg


お気に入りの渓をガイドしてくれる友人が、林道を歩いていると
“以前この辺りで熊が出てきてビックリしちまってよぉ”なんて言うから
ベストの内ポケットに入れてあるホイッスルを取り出し、ピーッピーッピーッ!!
とホイッスルを鳴らしながら目的の流れに入渓した。

“エエのがおるで〜”というポイントで先頭打者に任命されたのはボク。
でも、釣りを始めるには少々早い時間帯かな
・・・なんて心配は、数投目のキャストで消え去った。

e0009009_1821638.jpg


静かに水面から消えた毛鉤を確認しロッドを立てると
ドスンッと良い手応えがロッドを通して右手に伝わってきた。

その手応えと、毛鉤の食べ方から一瞬イワナかと感じたのだけど
グリングリンと体を捻りながらローリングファイトをするから
相手がアマゴだというコトはすぐに解った。
水中でローリングファイトをする相手は、太陽の光を反射してとても大きく見えた。

そして無事にネットインし
“エエのがおるで〜”とガイドをしてくれた友人たちと思わず握手。

e0009009_18212326.jpg


その後、交代した獣の存在にやたらとビビる友人がこの日初めてのライズを見事にキャッチ。
胴回りが太く、キレイな山吹色の胸ビレをもつタナビラだった。

友人のおかげで朝イチバンから楽しい釣りをさせてもらった。

午後からは広大な流れでライズを探しながら彷徨いつつ
友人たちとキャスティングをしたり、見るからに小さなアマゴだったけど
ライズハンティングをしたりと楽しんだ。

夕方には雷が鳴り、土砂降りの雨に降られたけど
近くにあった東屋で雨宿りしてやり過ごした。

その後、“エエのがおるで~”とガイドをしてくれた友人と
その釣友の大阪の方にも良い釣りをしてもらおうと
今朝のお礼を兼ねてボクがイブニングのポイントをガイドした。

夕暮れまでの僅かな時間だったけど、イワナを数尾キャッチしてもらえて一安心。

帰り道は、ピーッピーッピーッ!!
とまたホイッスルを鳴らながら、薮をかき分けた。

久しぶりに朝から晩まで、みっちりとフライフィッシングを楽しんだ一日。
ご一緒してくれた友人たちに感謝。


by tokyo_terry | 2013-07-01 09:06 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(10)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31