<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

The sight fishing

流れに泳ぐ渓魚を見つけて釣る、サイトフィッシング。
通常のブラインドフィッシングとはひと味違った面白さがある。
e0009009_4131945.jpg


渓魚はそんなに容易く見つけられないコトの方が多い。
水の色だったり、川底の色などに同化するように
渓魚は周りの環境に合わせて身体の色を替えカモフラージュしている。
特に川底の色が濃い色合い、暗い色をした川では
泳いでいる渓魚を探すのはなかなか難しい。

反対に川底の色が明るく白っぽい川は
流れに泳ぐ渓魚を見つけるコトは前述の川よりも容易い。
しかし、暗い川底でも太陽の光線量や角度など
光の反射などにより、川の中が見やすい時間帯もあり
そんな時はサイトフィッシングがしやすくなる。

そして、流れに泳ぐ魚を見つけるためには
釣りをする目線より高い場所のほうが、断然見つけやすくなる。
でも、川に降りると高い位置とのギャップで距離感に違いが生じて
投げた毛鉤が渓魚の目の前を流れる前にラインやリーダーが
魚の頭上を通過して逃げられてしまうから要注意だ。
というか、これはボクが良くやらかしてしまうコトなんだけど。

このイワナは、サイトフィッシングで釣り上げたイワナだ。
渓魚が定位しそうな場所を高い位置から覗き込むと
開きの部分に上流を向いて泳いでいた。
流れてくるエサを今か、今かと待っているかのように。

e0009009_48846.jpg

こう言った状況のイワナの場合は、割とカンタンに結果が出せるのだけど
アマゴとなると、難易度が上がるのは・・・ボクだけかな。
イワナが好むような緩い流れに泳ぐアマゴは、とにかく毛鉤をよく見る。
毛鉤に触れるか触れないかのギリギリの位置で
毛鉤と一緒に流れを下り、毛鉤を良く見るのだ。
何か違和感を感じれば、元の位置に戻り何事も無かったかのように泳ぎ出す。

アマゴの動きが丸見えのこの状況は、悶絶もの。
その後、毛鉤を取っ替え引っ替えするも、
上手く騙せず、毛鉤を食べさせられなかった。

ものすごく悔しい反面、それがまた楽しかったりするのだけど。


by tokyo_terry | 2013-06-20 04:16 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

Handmade jam

スッキリとした酸味とほどよい甘さのジャム。
これは先日の釣行時にお土産として友人からいただいた「ゆすらうめ」のジャム。

e0009009_23392920.jpg

写真のようにトーストに塗って食べても美味しいし
プレーンヨーグルトに「ちょい足し」するのも美味しかった。
バニラ味のアイスクリームと合わせたり
チーズケーキとの相性も良さそうだ。

このジャムは、友人の奥様のお手製。
明るいルビーのような色がとってもキレイなんだけど

・・・ゆすらうめ・・・???

このジャムをいただいて、はじめて知った(笑)
ご馳走さまでした!


by tokyo_terry | 2013-06-18 23:45 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(4)

I traded in it for a new product.

まだ二年も使ってないのに
Macを買い替えするハメになるとは・・・

e0009009_23775.jpg

でもまあイイか。
最新モデルの動作スピードは速くなってる感じだし
ディスプレイのコーティングも進化して反射が少なく以前よりもずいぶん見やすい。
本体のデザインは洗練され、ものすごく薄くなって軽量化もされた。
両サイドはiPhoneよりも薄いのだから、ビックリしてしまう。

ただ、今回のiMacはDVDドライブが付いてないのが気になってたけど
店員さんがオマケで外付けDVDドライブを付けてくれたから、これはうれしい誤算。

でも、撮り貯めた写真や動画データ、音楽データの完全消失は痛いなぁ。
と言うかイチバン痛いのは、やはり予定外のこの出費か。
by tokyo_terry | 2013-06-17 23:14 | ☆ My Life | Trackback | Comments(4)

The question is still pending.

課題の提出をしようと昨年も出かけた谿へ向かったのだけど
もう一度、しっかりと勉強してから出直しておいでと・・・

e0009009_22325189.jpg

昨年の初秋、友人と一緒に出かけた谿へ向かった。
目標は、キレイなアマゴと大きなイワナを釣るコトなんだけど
今回はもうひとつの課題があった。

それは、とある堰堤の下を泳ぐ二つの黒い影。
アマゴとおぼしき、二尾の魚影はなかなかのサイズだった。
友人と二人でハイフロートな毛鉤から小さな毛鉤、はたまた大きな毛鉤。
半沈みする毛鉤やシルエットの違う様々な毛鉤に取っ替え引っ替えし
最後にはニンフまでティペットの先に結んでチャレンジしたのだけど
とうとう釣り上げられなかったあの二尾の魚影。

今回はその二尾の魚影を友人と釣り上げるコトが最大の課題だった。

e0009009_22411589.jpg

しかしながら、なかなか上手くいかないのがこの釣りの面白さ。
結果を言ってしまえば、堰堤下を泳ぐ二尾の黒い影は今年も健在だったけど
もう一度、しっかりと勉強してから出直しておいでと言うコトだった。

メインの課題はまたもや再提出となってしまったけど
久しぶりに使ったOrvisのグラファイトロッドを
バットまでグイグイと曲げるような逞しいイワナには出会えたから
良しとしよう。

渇水を気にしながら向かった流れは、予想外に水量があり
流れを泳ぐアマゴやイワナを見つけ、ドキドキしながら毛鉤を投じ
釣ったりバラしたり、逃げらてしまったりと失敗も多かったけど
気の置けない友人と交互に釣り上がるのは、楽しかった。

あ・・・でも、ボクは友人と違い、キレイなアマゴを釣ってないから
目標は1/3しか達成してないや。

次回こそ、しっかりと課題を提出してやるぞ。
待ってろよ、堰堤下のアマゴたち。

terry's Photo Loungeもどうぞ。
by tokyo_terry | 2013-06-17 22:37 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(4)

sudden death

昨夜からMacが動かなくなってしまった。
落雷の影響か・・・
e0009009_12333037.jpg

アルミ製ボディの裏側に配されたパワーボタンで
起動・・・しない???
あれぇ・・・

昨日の午後、自宅近くで落雷があったようで
そのときに逝ってしまったようだ。

・・・修理できるのかな。

データのバックアップもしてないし
メーカー保証期間も過ぎてるし
雷による故障は完全にアウトだろうなぁ。

by tokyo_terry | 2013-06-14 12:41 | Trackback | Comments(4)

I have a hangover

あぁ、バレたッ!あ、切れてもうたッ!うぉ、引っかかったッ・・・
今回は二人でこんな感じの釣りだったなぁ・・・しかも二日目は・・・

e0009009_21272043.jpg

今回の釣行は、友人とお昼過ぎからのスタート。
土日の二日間を釣るため、最初はのんびりムードで
各ポイントを交代しながら釣り上がった。

しかし、渓の水量はかなり少なく、渓魚の反応は薄い。
毛鉤を食べようと水面に出てくるのは小さなサイズばかりだった。
梅雨入りしたというニュースや、二日前に降った雨の影響が全く見られず
ハッチしている虫は多くても、渓魚たちはナーバスになっている様子だった。

そんな中、岩の下にできたエグレに友人が投じた毛鉤は
グッドサイズのイワナのライズと共に水中に消えた。

よっしゃ!と言う声を発しながら
右手に持つバンブーロッドを操作しながら
左手でラインを手繰るのだが・・・あぁ、バレてもうた。
あぁ、ちゃうちゃう、ティペットが切れてもうた。

惜しかった・・・その後、魚止めの滝が出てくる区間まで
二人で交互に釣り上がるも、渓魚の反応がないまま夕方を迎えた。

イブニングのポイントは、二人で相談し実績のある区間に移動した。
しかし、この日はライズがなかなか始まらず
暗くなり始めた空を見ながら、二人で釣り上がった。
そして、ボクも夕方になってイワナを仕留めるコトができた。

初日は、夕方になって二尾のイワナをヒットさせるコトができたものの
やはり昼間の明るい時間帯にその姿を見たかった。
でもまぁ、あぁ、バレたッ!あ、切れてもうたッ!うぉ、引っかかったッ・・・
などとアクシデントというか、ミスをしながら釣りを楽しめたから
明日に期待しよう。



と思ったのだけど
by tokyo_terry | 2013-06-02 21:34 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(16)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30