<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

SUBARU SWEETS

この週末、名古屋スバルでお客様感謝ディが行われていたから
スバルディーラーに行くと、美味しいスイーツが出てきた。
e0009009_1723664.jpg

そういえば、スバルディーラーから、お客様感謝ディのDMが来てたっけ。
三年を過ぎているから、そろそろバッテリー交換をしたいし予約しておこうかな。

予約なら電話でもいいけど・・・時間もあるし・・・
カーディーラーだけど、ジテンシャで行ってみよう。
駐車場はあるけど、駐輪場は・・・無いよな(笑)

というワケで、ジテンシャでスバルディーラーに向かうと
とっても美味しいシュークリームで“おもてなし”された。

たかが往復15Kmではカロリー消費出来ないだろうな(笑)



by tokyo_terry | 2013-04-29 17:03 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(2)

6Wheel Camp

高気圧に覆われた暖かな休日。
クルマにマウンテンバイクとキャンプ道具を積んで山へと向かった。
e0009009_13552369.jpg

芽吹いたばかりの萌黄色の山と雲一つない青い空、透き通る水の流れ。
藤の花や所々に山桜が咲く景色を見ながら
クルマのハンドルを握って楽しくワインディングロードを走った。

ベースキャンプは川沿いのキャンプ場。
マイナーなキャンプ場のようで、テントサイトは貸し切りのようだった。

木陰に入ると、ちょっと肌寒いのだけど
マウンテンバイクに跨がり、川沿いの道を“プチ”ヒルクライムすれば
身体は温まり、これも良いロケーションを見ながらだから
とても楽しい。

初めて訪れた場所、しかもとても綺麗な水の流れる渓流が見えるから
ペダルを漕ぎながらもついつい視線は水面に。
ライズを探したり、魚影を探したり。
こういうサイクリングもなかなか楽しい。

キャンプ地に戻ったら、寝床の準備と夕食の支度をして夜の宴。
夜はダウンジャケットに身を包み、焚き火で暖を取った。

キャンプの様子はterry's Photo Loungeにて。

by tokyo_terry | 2013-04-29 14:07 | ☆ 29er MTB | Trackback | Comments(2)

Fly Tying

バイスの前に座ると、頭の中に川が流れる。
あの川、あのポイント、ハッチとライズ・・・。

e0009009_1818812.jpg

今日は久しぶりにバイスの前に座って、20本ほどの毛鉤を巻き上げた。
10本ほど巻き進めると調子が上がり、リズムよく毛鉤を巻くコトが出来た。

フライボックスの隙間を確認し、必要なパターンを確認しながら。

CDCダンの#18を6本ほど巻いたら、今日のタイイングはおしまいにしよう。
そう思いながら、バイスのジョーにTMC100BLの#18を挟んだ。
スレッドを掛けて下巻きし、テイルのブルーダンのファイバーを巻き留めて
ナチュラルカラーのCDCを・・・CDC・・・CDC・・・
あれ?ダイドブラックのCDCしかない・・・

まぁいいか。
CDCの代わりにラムズウールをウィングにして巻き上げておこう。


バイスの前に座ると、頭の中に川が流れる。
あの川、あのポイント、ハッチとライズ・・・。

明日は月曜なのに、釣りに出かけたくなってきた。
by tokyo_terry | 2013-04-21 18:19 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

Letter to the master

拝啓 sisyou殿
山桜も咲きはじめ、春たけなわの季節になりました。

e0009009_20235141.jpg
先日、ご親類様の引っ越し作業のコトや
50歳をとうに越しての旋盤工週などのお話をしておりましたね。
色々とお忙しい様子でしたが、腰など痛めたりしていないでしょうか。

ところで、先日
春うららかな桜のトンネルの下の渓流とへ向かい
sisyouに誂えていただいた真竹製のフライロッドで
アマゴ釣りに興じておりますと
ティップ側をまたしても折ってしまいました。
二度目の失態をしでかしてしまいました。

これはきっと、sisyouと一緒に桜のトンネルの下の渓流で
アマゴを楽しまねばならないところ
自分一人が抜け駆けするように楽しんだ罰かもしれません。

アマゴのライズを見付け、桜の木の下ひとりほくそ笑んだり
ライズを狙い数尾のアマゴを釣り上げ、桜の木の下で写真を撮ったりと
きっとこっそりと楽しんでしまった罰です。

でも、機会があればsisyouと一緒に
桜の花を愛でながら、釣りを楽しみたいと思う気持ちは変わりありません。

ぜひ、お暇を見つけていただき
折れてしまったロッドティップを再生していただけませんか。
sisyouと一緒にこのロッドを使って
アマゴ釣りをまた楽しみたいと思っていますので
どうぞよろしくお願いいたします。

徐々に暖かさも増し過ごしやすい季節になりましたが、お身体にはご自愛ください。

最後に、文中にはアマゴ釣りを一緒にと書かせていただきましたが
アマゴだけに限らず、イワナ釣りにも出かけましょう。


                                  敬具
by tokyo_terry | 2013-04-14 20:26 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(4)

DAISO Mark II

昨日の日差しの強い中では、光の反射が気になった。
フィールドテストの結果、改良型フライパッチ DAISO Mark IIが誕生した。

e0009009_17183526.jpg

先日、名刺ケースを流用してオリジナルフライパッチを作った。
それを実際に日差しの強い中で使ってみると、ステンレス製のケースの外観が
ヘアライン仕上げとは言えシルバーで、光を反射しやすい状態だったのが
とても気になった。

そこで、改良型のプライパッチを作ってみた。
その名も“DAISO Mark II”(笑)
といっても、前面のフタの部分に貼ったステッカーを剥がし
全体にカーボン調のカッティングシートを貼ってみただけなんだけど。

カーボン調の表面加工は
光の加減や角度で編み込み模様が変わって見えるし
わずかな光沢で強い光を反射しない。

これなら、濃色のフライベストにも合うかな。

次回のフィールドテストはいつ行こうか、楽しみだ。




by tokyo_terry | 2013-04-14 17:19 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(0)
今季初ッ!!お花見をしながら、川歩き。
花より団子・・・もとい、花よりライズ。

e0009009_21515081.jpg

お気に入りの川に到着した時間は、ちょっと早かった。
クルマの外気温度計は、1℃と表示されていたくらいだから。

マクドナルドでドライブスルーの朝食などせずに
ゆったりとコーヒーを飲みながら出かければ良かったかも。

でも、今季初めてのフライフィッシングだから
気が急いてしまうのは仕方が無いのだ。
日差しはあるから徐々に気温は上がるだろう。

川沿いに咲くサクラを愛でながら、ウェーダーに着替え
この日のために誂えてもらったバンブーロッドにお気に入りのリールをセットして
キレイなアマゴに出会えると良いなぁと考えながら
意気揚々と入渓点へと向かった。

日差しを浴びていると暖かいのだけど、
水辺に立つと、下流から吹く風のせいで予想外に寒い。
水温も予想外に冷たいから、ドライフライでは釣れる気がしない。

かといって、ライズを見つけるまで
じっとその場で待っていられない性分だから
ティペットの先にヘアズイヤーニンフを結び、水温が上がる昼頃までは
ルースニングで釣り上がりながら、アマゴを探そう。

しかし、これが不味かった。

二つ目のプールで、蛍光オレンジのマーカーが水面から消えたのを確認して
来たッ!と思わず、ロッドを煽ったら、誂えてもらったバンブーロッドのティップが
“メシャッ!”と嫌な音を立ててお辞儀をしてしまったのだ。

たぶん長めに取ったタナのせいで、ニンフが水底に引っかかったのだけど
アタリと勘違いをして、強いアワセを入れてしまったのが不味かった。

初釣行の初アワセでロッドが折れるなんて・・・また修理をお願いしなくては・・・

e0009009_2152629.jpg

とりあえずクルマに戻り、タックルを変えて再チャレンジしよう。
ロッドは折れてしまったけど、アマゴに会うための心は折れていない。

でも、さすがにルースニングをする気分にはならないからドライフライを結び
サクラのトンネルの下を流れる川をゆっくりと釣り上がった。

そして、水温が上がったお昼頃に待望のライズを発見。
ヘアズイヤーとマーカーを外して、#18のコンパラダンに結び直して
・・・・ムフフフ。

大きくはないけど、ランディングネットと同じ山吹色の胸ビレと
小判型のパーマークがキレイに揃ったべっぴんさんのアマゴに
今年も出会うコトが出来た。

サクラの花も良いけど、川に入れば花よりライズ。
by tokyo_terry | 2013-04-13 21:55 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(8)

Original Fly Patch

日曜日に今季初めての釣りに出かけようと思っていたのだけど
大荒れの週末との予報だったので・・・毛鉤を巻きながら、フライパッチも自作してみた。

e0009009_17134058.jpg

ボクが現在使用中のフライパッチは
今ではもう手に入らないウォーターワークスのフライ・トラップ。
ケース型のフライパッチは、シンプルながら機能性の高いデザインで
廃盤後の今でも非常に人気が高く、多くの人が大事に使用している。

他メーカーからも様々なタイプのフライパッチが発売されているのだけど
フライ・トラップの使い勝手とデザインを上回るモノが出てこないのがとても残念だ。

ちなみに、ケース型のフライパッチの利点は
毛鉤がむき出しの状態ではないため、毛鉤の落下や紛失が非常に少ないコトである。
また、クルマにベストを放り込んだりしても、他の荷物に押されて潰れたりしないし
他人に不格好な毛鉤を見られる心配が無いのが最大の利点だ(笑)

雨と風で釣りに行けず、ジテンシャにも乗れず・・・と言う日曜日。
スカスカのフライボックスを少しでも埋めようと
毛鉤を一生懸命に巻いていても、以前のような集中力もなく
何時間も同じ作業を繰り返すのは、さすがに苦痛になってくる。

そこで、何か他のコトでもして気を紛らそうと思い
フライ・トラップに代わる、ケース型のフライパッチを自作してみた。

Recipe
by tokyo_terry | 2013-04-07 17:19 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(6)

Six point five

先日、フィッシングベストをクリーニングした際に
ポケット内の細々としたモノの整理と消耗品のチェックをしてみた。

e0009009_14311397.jpg

フライボックスやフロータント、各種サイズのリーダーやティペットなど
消費して足りないものや、古くなり劣化しているものをチェックしてみると
一昨年・去年は釣行数が少なかったコトもあり
リーダーやティペットなど、いつから使っていたのか判らない物が入っていた。

特にポケットに入っていた9・10Xのティペットなどは4・5年前、いやそれ以上。
Ginkの紙ラベルは剥がれ落ちて、液状フロータントも無くなっている。
フライパッチの毛鉤などはグシャグシャで、フィールドで使うには躊躇ってしまうほど。

とりあえず、不要なものはベストに入れず
4月以降から常用するであろう消耗品だけでも補充しようと
各サイズのティペットとリーダーは全て新しいものに取り替えておいた。

今まで、リーダーとティペットに関しては
AKRONとMaximaしか使っていなかったのだけど
昨年からktyのリーダーとティペットを導入中。

理由はこの6.5Xというサイズのティペット。
他メーカーにも用意されているのだけど、常用している毛鉤のサイズなどから
もう少し細くしたい・・・と感じた時に絶妙な設定。
そして、UVカット&ウォータープルーフのスプールバンドが
不意の水の浸入を防いでくれるからだ。


雨は上がったけど、外は時折吹く風の音がスゴい。
来週はよい天気だといいな。


by tokyo_terry | 2013-04-07 14:32 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(2)

Preparations for river walk

足回りの準備として、ウェーディングシューズは準備を先日しておいたから
今度は細々としたモノの準備をしておこう。

e0009009_1054112.jpg

フロータントの汚れが滲み、埃まみれになったまま。
小さなポケットには糸くずやティペットの空スプール。
ボロボロになった毛鉤が詰め込まれたままのフライパッチ。

多少の汚れならそれほど気にならなかったのだけど
このまま袖を通すには躊躇してしまう感じだったから
メインで使うRIVERSONG VESTと
二軍落ちのベストを三着クリーニングした。

久しぶりにフィッシングベストの中身を取り出して見ると
無くなりかけたフロータントやリーダー、古いティペット。
隙間だらけのフライボックスが入っていた。

このまま川歩きをするには、準備不足になりそうな感じだから
消耗品の買い足しをしなくては。

そして、久しぶりにタイングバイスの前にも座らなくてはならないと感じた。


by tokyo_terry | 2013-04-03 10:55 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30