<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Water Shrew

この目で何度も見たコトはあったけど、実際に釣ってしまうとは・・・
途中でバラしたのだけど。

e0009009_23333852.jpg

※写真は記事とは全く無関係なイワナの写真です。

釣りはじめたばかりというのに、頭から、額から汗が流れ落ちてくる。
汗を拭い#2ロッドに通した#3ラインを水面から引きはがしフォルスキャストをする。
ポイントをひとつ釣り終えて、次に狙うポイントを見定めながら。

あぁ、あそこならイワナが飛び出してきそうな流れだ。
右岸側の岩に沿ってゆっくりと水が流れるポイントは
膝下ほどの深みがあり、水中の岩に沿って上流を向いているイワナが
毛鉤を落とした瞬間に水面に鼻先を出して
毛鉤を押さえ込むようにしてライズしそうなポイントだ。

イメージを膨らませながら、フォルスキャストの間に
リールから必要な量のフライラインを引き出した。
長めのティペットを考慮して、ロッドティップを効かせたシュートをすると
狙い定めたポイントに、珍しく一発で毛鉤が落ちた。
すかさず手前のラインが流れに巻き込まれないようにメンディングを入れた瞬間・・・

毛鉤が水面から消えた。

比較的ゆっくりと水面を割った相手の動きは、まさにイメージ通り。
毛鉤を押さえ込むようにしてライズをした相手の太い胴が水中に消えたのを見計らい
大物の期待を込めてロッドを立てると
先ほど見えた太い胴とは思えないほど軽い手応え。

あれ!?

ロッドを立てたまま右手で止めたラインを左手で手繰りながら
ソイツを寄せようすると、流芯の強い流れに入りボクの目の前を通過しながら
一つ下のポイントに流れ落ちて行く。

鈍い銀色の空気を含んだ膜で体中を覆いながら。


その姿を見て、毛鉤にライズをした相手がイワナではないコトが判った。





by tokyo_terry | 2012-08-28 23:42 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(14)

Hunt the Forest


初日は一人のんびりとフライフィッシングを楽しみ
翌日は友人たちと森の中での釣りを楽しんだ夏の休日。
e0009009_02374.jpg


倒木の下に毛鉤を入れると、深みからイワナが浮上し
何の疑いもなく、ボクの巻いた毛鉤を咥えた。

e0009009_024074.jpg

この日イチバンの9寸イワナは
#2ロッドをしっかりと曲げてくれる好ファイターだった。

そして、翌日・・・映画予告風にまとめてみました(笑)



複数での釣りは今年初めてだったコトと前日は単独での釣りだったコトもあり
とても楽しい夏の休日となった。

今シーズンもあと僅か。
何とかして、今年釣っていないアマゴを釣らねば。



by tokyo_terry | 2012-08-28 00:06 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(14)

Humpy 2012

ほとんど・・・というか、まったく進化が無い。
いや、早く巻けるようになっているから、少しは進化しているだろう。
e0009009_22121324.jpg

随分と前・・・ブログを遡ってみると
2006年の7月にハンピーを題材にしてブログ記事を書いた。
当然、毛鉤を巻いて、写真を撮って、そのとき感じたコトを綴っている。

そして6年が経過したのだけど
同じように毛鉤を巻いて、写真を撮って・・・出来を見てみれば
未だにハックルを密にみっしりと巻くコトができていない。
当時からほとんど・・・というか、全く進化していない。

でもまぁ、タイイングの手順を工夫するコトで
以前よりは早く巻けるようになっているから、少しは進化しているだろう。

エルクヘア(ディアヘアが正解だったっけ?)とフロス、ハックルと
シンプルなマテリアルだけど、高い浮力とボリューム感を得られるこの毛鉤を持って
イワナ釣りに出かけよう。

その前に、もうちょっと毛鉤を巻いてフライボックスを埋めなくては・・・
でも、久しぶりに毛鉤を10本も巻くと、疲れるものだな。
6年前なら、もうちょっと頑張れた気がする(汗)



by tokyo_terry | 2012-08-21 22:20 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(6)

Private Hideaway

御嶽山を望む静かな雰囲気の中、高原鉄道の機関車たちがゆったりと走る。
良い場所だったから、また行こう。

e0009009_9255999.jpg

いつもなら、釣り道具をクルマに積んで
いつも遊びに向かう開田高原で川に入ったり、森の中へ入ったりして過ごすのだけど
今年の夏の休暇は短くて、あまり時間がない。

だからと言って、自宅の暑い中で過ごすのはちょっと辛い。
新鮮な森の空気を吸って、心地よい風を感じられたら良いなぁと思い
トンボ帰りとなるのだけど、午後から大好きな開田高原へとドライヴに向かった。

開田に到着すると、ひと雨降った後のようで、空気がひんやりと涼しく気持ちが良い。
開田のとても甘~いトウモロコシを露店で買い求めて
久しぶりに高原のアイスクリームを味わいながらのんびりドライヴ。

そして、今日イチバンの目的・・・以前から立ち寄ってみたいと思っていたカフェでコーヒーと
ピザ(もっちりとした生地とソースの代わりに使っている自家製の味噌が絶品!)をオーダーして
休憩をしていると、カフェの駅長さん(オーナー)が
敷地内を走らせる高原鉄道(自慢のGゲージ)を走らせてくれるパフォーマンスをしてくれた。

このカフェは、雄大な御嶽山を望むコトが出来る場所にあるのだけど
あいにくこの日は、雲がその姿を覆い隠し見るコトができなかった。
でも、お店の場所や雰囲気はとても良かったから
また高原に遊びに行く時には、立ち寄ろうと思う。

大好きな開田高原にまた一つ、お気に入りの場所を見つけたのは大収穫だ。
ロッドを持って行かなかったから、釣りはしなかったのだけど
涼しい高原でゆったりとしたドライヴを楽しんだ、夏の日の一日。


ピザとGゲージの写真はこちら→terry's Photo Lounge



by tokyo_terry | 2012-08-13 09:27 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30