<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

weariness from the heat

・・・暑い、あまりに暑くて、何もしたくないのだけど
クルマのメンテナンスくらいはしておかねば。

e0009009_1222424.jpgエンジンオイルは、潤滑・防錆作用の他に燃焼室内の洗浄や冷却を高める効果もある。長い付き合いをする愛車のメンテナンスは怠らず、エンジンオイルの交換くらいはキチンとしておいたほうがイイ。エンジンオイルの交換時期の目安は、メーカーでは10,000kmまたは6ヶ月程度を推奨してるけど、Stop & Goを繰り返す市街地走行のほか、ハイウェイでの高速走行、高回転域を使う山道などの登坂走行などは、エンジンへの負担はかなり多くなるだろう。とくに暑いこの時期は、エアコンの使用でエンジンへの負担はさらに増しているから、エンジンオイルの劣化も早くなると思われる。ボクの場合は、5,000kmを一定の基準として交換している。

夜になり幾分涼しさを感じられるけど、今日の昼間もとても暑かった。・・・暑い、あまりに暑くて、何もしたくないのだけどクルマのメンテナンスくらいはしておかねば・・・と思い、エンジンオイルの交換とウォッシャー液の補充をして、ちょっとだけ近所をドライヴ。エンジンオイルの交換後は、ちょっとだけ吹け上がりも良くなったような感じでドライヴも楽しい。

クルマもちょっと夏バテ気味だったのかもしれないな。
by tokyo_terry | 2010-08-29 01:35 | © Car | Trackback | Comments(10)

Information

友人たちが行なう作品展の告知が、雑誌フライフィッシャーに掲載されています。
ボクが作ったDMのデザインもv(^ ^ 

e0009009_959012.jpg何度もエントリーをしていますが、水と渓魚をテーマにした書道と釣行写真、フィッシュクラフトの作品展が開催されます。三人による異色のコラボレーションがモンベル諏訪店で楽しめそうです。
作品の搬入〜搬出があるため、初日と最終日なら三人にも会場で会うコトができるかもしれません。ボクも手伝い・・・というよりも邪魔をしに会場へ行こうと思ってます。

詳細については、モンベル諏訪店のサイトもあわせてご覧ください。

そして、パラパラッとページをめくっていくと、“奥日光鱒通信”という知来要さんの連載もスタートしていました。美しい写真と楽しい文章が楽しみですね。ぜひ、ご覧ください・・・フライショップやブックストアにてお買い求めください(笑)

そういえば、今年はベストシーズンの日光へ行けなかったなぁ。来年はなんとか時間を捻出して行きたいなぁ。
by tokyo_terry | 2010-08-28 10:04 | @ Art | Trackback | Comments(2)

rule

まずはライスを右側にして、福神漬けを少しのせる。
真っ白なライスとカレールーの境目にスプーンを入れて・・・

e0009009_1253100.jpgボクのカレーライスの食べ方。
まずはライスを右側にして、福神漬けを少しのせる。香りの強いラッキョウはボクの好みではない。真っ赤っかに染まった福神漬けもダメだ。沢庵漬けも遠慮したいけど、桜漬け大根ならオッケーだ。薄ピンクが可愛らしい。
テーブルの上のカレーライスを食べる準備が整ったら、真っ白なライスとカレールーの境目にスプーンを入れて、ひとくち目を頂く。トンカツやハンバーグなどが乗っている場合も、スタート位置はライスとルーの境目からだ。

徐々に食べ進み、少しだけカレールーで汚れた白いライスと一緒に福神漬けを口に運ぶ。福神漬けがパリパリッと少しだけ音を立ててくれるとちょっと嬉しい。ライスをひと粒も残さないよう、気をつけながら丁寧にスプーンを操り、カレーライスを食べ尽くす。

カレーライスを食べている最中には、水は一切口に運ばない。カレーライスの辛さに負けて
はいけないのだ。カレーライスを食べた後に水を飲むのがボクだけのルールなのだ。
by tokyo_terry | 2010-08-25 01:03 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(10)

15,000km

8ヶ月と10日で15,000km。
そう言えば、そろそろオイル交換にも行かなくては。

e0009009_2345287.jpg仕事を終えパーキングに停めてあった相棒に乗り込みイグニッションキーを回す。フラット4に火を入れると、同時にドゥルルルンッと排気音が上がる。すると、モワァ〜っと生温い風がエアコンのルーバーから吹き出しはじめた。少しだけ換気をしようとサイドウィンドウを開ける。
さて、走り出そうかと思い、メーターを確認すると、オドメーターがピッタリ15,000kmを表示していた。

こういうのって、なんだかウレシイ。でも、そろそろオイル交換にも行かなくちゃ。
by tokyo_terry | 2010-08-23 23:46 | © Car | Trackback | Comments(10)

MINT CONDITION

久々のCKBのNew Albumを手に入れた♪
チケットも手に入ったから、来月のライブも楽しみだ。

e0009009_19593513.jpgCKBのNew Album イイネ!
来月は、久し振りにライブにも行こうと思っているのだけど、初回盤にはオマケのDVDが付いていて、ライブツアーMINT CONDITION 2010の大阪公演のライブ映像も入っていたから、早くも気分がどんどんと盛り上がる。
一ヵ月後のライブまでは、このアルバムをヘビーローテーション♪

ちょっと、聴いてみる?
by tokyo_terry | 2010-08-22 20:07 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(6)

2010 episode #9

のんびりとマイペースで好きなコトをしよう。
釣りをしたり、食事をしてみたり、ちょっとだけ読書をしてみたり。

e0009009_19574178.jpg木立の中の小径を進む・・・本当にこの先にあるのか?と少々不安に駆られながらも思い切って進むと、その目的地がある。
途中には“タビタもうすぐ、頑張って”という看板が設置されている。
タビタ・・・

e0009009_19582825.jpg自家製酵母の石釜田舎パン「タビタのパン」である。手作り看板がとても可愛らしい開田高原にあるパン屋さんである。

e0009009_1959654.jpgまずは、ヤギがお出迎えをしてくれるこのお店。随分前からはその存在は知っていたけど、いつもは釣りに忙しくてなかなか立ち寄れなかった。今回の夏の旅は、本来なら仲間たちとバックパックを背負って渓泊まりする予定だったのだけど、急遽変更。単独ソロの旅となったから、のんびりマイペースで釣りをしたり、美味しいものを楽しんだりする計画に変更したのだ。そこで、今回イチバン行ってみたかったお店へ向かったのだ。

e0009009_2034773.jpg山小屋風のそのお店や周りの景色、ヤギが居たりするその様子は、アルプスの少女ハイジを連想してしまう。お店の奥様もちょっとそんな雰囲気。店内には小さなテーブルがふたつほどならび、カフェスペースも用意されていた。

さっそく目についたちょっと大きめのあんぱんとホットミルクビスケットをオーダー。明日の朝の朝食で自分で入れたコーヒーと一緒に美味しくいただこう。
それにしても、店内にはとても良い香りが漂っていた。お腹が空いていたら、もっといろいろなパンを買ってただろうな。

e0009009_2065813.jpg二日目の昼食は、今春オープンしたばかりのお店でパスタを美味しく頂いた。フライアングラーの各ブログでも紹介されているから、ご存知の方も多いと思う。フライフィッシングを楽しむオーナー夫妻がきりもりする花猿亭である。

e0009009_206299.jpgお昼時のイチバン忙しい時間帯に行ってしまったから、オーナーとは、少ししかお話ができなかったけど、木曽・開田高原へ訪れるフライアングラーの味方になるのは間違いなし。食事が美味しいのはもちろん、リーダーやティペット、フロータントなどの消耗品を用意してくれているので、いざという時にも安心だ。

e0009009_20102147.jpgそして、釣りをひとしきり楽しんだ後は、ひとッ風呂浴びてリラックスをしよう。日帰り入浴の出来る温泉施設“やまゆり荘”だ。この日はあいにくの天候だったけど、晴れた日には、霊峰・御嶽山がドドーンとそびえ、施設内の露天風呂からもその姿を見るコトができる。休憩施設や食事・お土産店も併設されている。午後9時まで営業しているから、イブニングの後でもゆっくりと温泉に浸かれるのはありがたい。

e0009009_2011831.jpg話は前後するけど、仲間たちが森の中でフリーズドライの食事をしている最中、ボクはこのお店で夕食を楽しんだ。この日の昼間はムシムシと暑く、日中に大量羽化した羽アリでお店が囲まれちゃうほどだったから、御嶽山を望むオープンテラスでは食事が出来なかったけど、また今度行くときは、開田の美味しい空気と一緒に食事を楽しんでみよう。

e0009009_2045541.jpg気さくてノリの良い関西出身のオーナー夫妻が営むcafe Kaze。毎月第一土曜は魚の日として、魚津港直送の海鮮メニューが用意される。また、毎月最終土曜日は、アマチュアミュージシャンが生演奏をするライブデー。ボクも先月ライブデーにお邪魔をしたけど、とても楽しい夜が過ごせる。そして何より素晴らしいサービスがこのお店にはある。最寄りの宿等への送迎サービスもあるから、クルマの運転を気にせず、お酒が楽しめるのがとても良いと思う。まぁ、ボクは呑めないのだけれど(笑)

e0009009_20125234.jpg今回の旅は、車中泊。Adirondackのスリーピングマットをシートに引いて、シュラフに包まり眠る。ベッド代わりのシートはデコボコだから、こうすれば寝心地も良いはずだけど、夜半から降り出した雨のお陰で、ルーフを叩く雨音が気になり、あまりしっかりと眠れなかった。
目が覚めて晴れていれば、すぐさまお湯を沸かして朝食を胃袋に詰め込むようにするのだけど、雨が降っているから仕方がない。
こういうときこそ、持ち込んでおいた小説でも読みながら時間を潰そう。本を読みはじめると雨音が心地よく感じるのも不思議な感覚だけど、こういう風に過ごすのも悪くない。

e0009009_20182636.jpg雨が上がったら、さっそくコーヒーを作って朝食を。タビタのあんぱんはとっても美味しかった。外はパリッとしていて、中はふんわり。よく噛んで食べれば味わい深くて・・・もう一個買っとけば良かったと思うほど。


e0009009_2019937.jpg胡桃が真ん中に入り、小豆も甘過ぎない。あわせて買ったホットミルクビスケットも素朴な味だけど、コチラも噛めば噛むほど美味しい逸品。メイプルシロップやハチミツと一緒に食べたら、さらに美味しさが倍増しそうだ。

それにしても、よく食べたなぁ。木曽へ向かう前に作って来たオニギリを食べたり、やまゆり荘で食べたカツカレーもサクッと上がったトンカツが美味しかった。高原食堂のカツ丼もしっかりと出汁が効いてて美味しいし、開田高原アイスクリームも中西屋の蕎麦も美味しい。まだボクは立ち寄っていないのだけど、和和ぱんって言うログハウスのパン屋もなかなかの評判らしいから、次回の釣行時には立ち寄ってみよう。

あ、そうそう忘れてた。釣りのコトも書いておかなくちゃ・・・
初日にエクボのある木曽イワナが釣れたんだ。


by tokyo_terry | 2010-08-15 20:26 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(34)

2nd Plan

台風一過の夕方に、西の空を見ながら思う。
ふたつ目の計画を実行しよう。

e0009009_20474485.jpg西の空が明るさを取り戻して、蝉たちの鳴き声が夕方になってから響きはじめた。湧き水の川では、これからライズが始まるんだろうなぁ。
明日は、台風一過で夏の青空が山の上には広がり、バックパックを背負い林道を汗しながら歩けば、きっとそこはパラダイス。
前日の雨による増水で、岩の下に隠れていた色白美人のイワナたちが、腹を空かせて泳ぐ姿を思い浮かべたり、満点の夜空を見ながら流星を探したり・・・
でも、台風がもたらした雨のせいで貴重な夏休みの日程に狂いが生じ、明日の朝友人たちと出発するパラダイス行きのトロッコ列車にボクは同乗できなくなってしまった。

仕方ない、ふたつ目の計画を実行しよう。
by tokyo_terry | 2010-08-12 20:48 | ∇ Fishing Talk

Art information

水と渓魚をメインテーマにした作品展が開催されます!!
撮る、彫る、書すが今回の作品キーワード。

e0009009_651716.jpg今回は水と渓魚をテーマにした書道と釣行写真、フィッシュクラフトの作品展が開催されます。異色のコラボレーションが、楽しそうです。
今回の会場は中央道諏訪インターを折りてすぐのモンベル諏訪店での開催です。会期がシーズン終盤で釣りに忙しいかもしれませんが、ぜひ足を運んでご覧になってください。なかなか楽しい作品展になると思います。

詳しくはモンベル諏訪店のサイトをご覧ください。
by tokyo_terry | 2010-08-10 06:06 | @ Art

Afternoon tea

日曜のお昼はBBQで汗をかき、午後は冷え冷えのスカッシュでクールダウン。
次の休日は、渓泊まりでのんびり遊ぼう。

e0009009_2150256.jpg渓では、スカッシュに氷を入れてを飲むのは難しいけど、渓で湧かしたお茶を清冽な流れに浸しておけば、冷え冷えにするコトはできるだろうから、渓泊まりの午後はお茶でも作って飲んでみよう。

釣れていれば美味しくいただけるだろうし、釣れなければ気持ちをリセットできるだろう。いつもと違った場所へ出掛けるのだから、いつもと違った楽しみ方もアリだと思う。そう言いながら、渓では片時もロッド置かず、釣りに没頭してしまうかもしれないけど、天候次第では、山登りも中止になってしまうかもしれないなぁ。

今度の休日には雨男が集まるから、とりあえず毛鉤を巻く前に、てるてる坊主でも作っておこう。
by tokyo_terry | 2010-08-09 20:38 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(12)

Safety 1st

先日、木曽の渓で友人たちと釣りをしていたときのひとコマ。
よく見てみれば、渓流には危険がいっぱいなんだな。

e0009009_053835.jpg友人が釣りを楽しんでいる写真を撮ろうと、カメラを向けてシャッターを切る。この時はコンデジをつかっていたから、各種操作は完全にカメラ任せで構図だけを考えてシャッターを切った。レンズ直前に生えていた苔をボカしてファインダー内に入れて、友人との距離感を出してミニチュア風の写真のように撮ろうと考えたのだ。しかし、後日改めてこの写真を見ていると、友人の奥には根こそぎ流された大きな流木が岩の上に流れ着いている。流木の様子からも、増水で流され手からは随分と年月が経過しているようだけど、よく考えてみるとコレってスゴいことだと思う。
岩に付いた苔の様子から、水量は安定しているようにも思えるのだけど、この木が流されたときには、現在の位置よりも水面が相当高くなる増水があったというコト。考えてみれば、コレはとても恐ろしいコトだ。集中豪雨による増水なのか、雪解け水と相まって水かさを増した増水で流されたのかは定かではないけど、渓流には危険がいっぱいだ。

危険は増水だけではない。落石や地滑りなども起こりうるし、釣り人自らの不注意で転倒したり、滑落したりするコトもある。山や森に棲む野生動物との遭遇による危険だってある。
しかし、渓流などの自然には、四季折々の美しさがあり、そこに水が流れ渓流魚が泳いでいるのだから、釣り人としては黙って見ているだけではすまないのである。

釣りに没頭するあまり、危険が迫っているコトに気が付かないようではいけない。楽しく遊ぶには、危険回避・安全第一でなくてはならない。日頃の鍛錬や準備を怠らないようにして、釣るコトだけに一生懸命にならず、少し心に余裕を作るコトも大切なコトだと思う。

こういったコト常に考えながら、ルールやマナーも守るコトで、コレからもずっとフライフィッシングを楽しんでいけたらイイなぁと思う。

そして、夏のレジャーシーズン真っ只中。みなさんも安全第一で楽しくお過ごしください。
by tokyo_terry | 2010-08-08 00:06 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31