<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Back Pack

フィールドよりもショップにばかり行ってるような・・・
最近やたらと買物が多い。

e0009009_9213262.jpg手に入れたのは、アルパインパック50。モンベルの数あるバックパックシリーズのベーシックモデル。仕事帰りにモンベルショップへ向かい、店員さんに1泊のトレッキング&キャンプで使いやすいザックのオススメモデルを教えてもらい、キレイなオレンジ色のザックをチョイスした。(使い勝手や性能も重要だけど、やっぱ見た目もね*笑)
商品知識の豊富な店員さんによると、ザックを背負うのにも適切な手順があるようで、ピップベルトの位置を腰骨の中心に合わせ、バックルを留める。その後、ショルダーハーネス→チェストサポートベルトの順に留めるコトで、大きなザックを体の中心にフィットさせ安定させる。不快なブレや体にかかる負担を減らし、歩きやすくさせるようだ。また、背面にフレームが入るこのモデルは、使用者の背中の形状に合わせた調整が可能とのコトで、ボクの背中にフィットさせるように調整もしてくれた。調整後は、窮屈な感じもなくリラックスして背負うコトができる。
1泊程度のトレッキング&キャンプなら、大きなザックじゃなくても行けると個人的に思っていたけど、友人たちからの助言で、40Lではトレッキングにフィッシングも含めるとちょっと小さいとの指摘を受けたから、店員さんにも用途の相談をして、今回は50Lのモデルを入手してみた。60Lクラスでも良いかもと言われたけど、さすがに大き過ぎるような気がした。持ち歩く荷物を厳選しても、実際にザックの中に入れてみると、たしかに40Lでは小さかったかもしれない。
でも、テント・シュラフ・マット、コッヘル・ランタン・ストーブ・ガスカートリッジなどのキャンプ道具一式はすんなりと入ったから、あとは一泊分の食飲料と着替え、そして釣り道具を入れるだけだ。シュラフをコンプレッションさせ、マットの入れ方などを工夫すれば、もっとスマートに荷物を入れるコトができそうだから、出発前に荷物の出し入れの練習もしておいたほうが良さそうだ。
このバックパックは、トップリッドが取り外し可能で、さらにバックルのついたベルトが内蔵、簡易防水ファスナー付のウェストポーチとしても使える。本体にキャンプ道具、トップリッドには厳選したドライフライのボックスとティペットなどの消耗品とラニヤードなどを入れておけば、すぐにでも釣りが楽しめそうだ。

今年の夏休みは、このザックを担いで軽快に夏のトレイルを歩こうと思う。ただ心配なのは、炎天下にこの重たいザックを背負って上り坂を数時間も歩くコトが出来るかどうかだ。
でもこうやって釣り人の理想や夢をザックにいっぱい詰め込んでいくのは本当に楽しい・・・夏休みがとても待ち遠しいな。はじめてのトレッキング&キャンプはとても楽しみだ。


あ、日焼け止めや虫除けスプレーも入れておかなくちゃ。
熊鈴も付けておいたほうが良さそうだ・・・カメラと予備のバッテリーも・・・ん〜、さすがに三脚はムリだな・・・他にも・・・
ある意味、40Lくらいのザックのほうが良かったかもしれない。
by tokyo_terry | 2010-07-25 09:26 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(26)

COUNT 30

ダークトーンの毛鉤を量産した休日。
合計30本ほどかな。

e0009009_21411647.jpgピーコックパラシュート、アント、カディスのパラシュートスタイルなど、昨日と今日で合計30本ほどを巻き上げた。コレで秋までは毛鉤の補充はしなくても大丈夫だと思う・・・。
今シーズンのコレまでの釣行数からいけば・・・のハナシだけど。
by tokyo_terry | 2010-07-19 21:42 | ♧ Tying Talk | Trackback

Heart Break

この一週間、ハートブレイクな一週間でした。
でもキレイになったから、まいっか!

e0009009_11533960.jpg実はこの一週間、相棒はとあるラボへ入院していました。原因は写真を見ての通り。近所のオバちゃんが自転車でガリッと・・・大したコトないですよ、大丈夫ですって言ったものの、後から良く見たら・・・塗膜が完全に剥がれて下地が出るほどの深い傷を負っていた。もちろん相棒もボクも、ハートブレイク。

タッチペンでの修理は綺麗にできないし、自分で直すには北の友人のような技術もない。かといってディーラーにお願いすると、スズメの涙しかない夏の賞与がすべて飛びそうだし・・・と、どうやって修理をしようかと傷ついた相棒を眺めながら悩んでいると、やっぱり傷ついてるんでしょう?というオバちゃんの声。ボクが大見栄を切って大丈夫って言ってたものの、顔が引きつっていたから心配になって見に来てくれたのだ。私の不注意だったから、私が直させてもらいます!と言うコトで、一週間の入院劇となった。


e0009009_1154652.jpgその間、代車を用意していただいたものの、やはり気持ちはハートブレイク。相棒が帰ってくるまでの一週間は、いつもよりとても長く感じる一週間だった。でも、不思議と修理をしてキレイになって帰って来た相棒を見たら、梅雨空のようなハートブレイクな気分も何処かへ吹き飛んでしまった。

さて、来週末はお化粧直しをした相棒と何処へ行こうか。せっかくキレイになったのだから、狭い林道の渓は避けて、広々とした高原の渓へと繰り出そうか。傷心を癒すには、やはりお気に入りの渓で釣りを楽しむのがイチバンの処方箋だから。
by tokyo_terry | 2010-07-19 12:00 | © Car | Trackback | Comments(16)

2010 episode #7 slow fishing

ひと月振りの釣行だったからか、太ももの筋肉痛が妙に嬉しく感じる。
スローでマイペースなソロ釣行。

e0009009_1522588.jpg日付変更線を越えてから部屋に帰る日々が続くと、心も身体もヘトヘトに疲れてしまう。身体の疲れは休日に静養するコトで治まるのだけど、やはり渓へ出掛けて新鮮な空気を胸一杯に吸い込み、冷たく清冽な流れとそこに棲む美しい渓魚に出会わなければ、疲れて淀んだ心までは浄化されない。ここのトコロ週末に雨降りが続いていたから、渓へ出掛けるのは実に一ヵ月振りだ。


e0009009_15233552.jpgだからといって、今日は早朝から出掛けて日暮れまでを渓で過ごすコトはしない。一日をたっぷりと渓で過ごすのも良いものだけど、イワナたちが活発にエサを漁りはじめる時間に渓へ入れればいい。贅沢に時間を使うのも悪くない・・・というか・・・寝過ごしたのだけれど(笑)
のんびり、じっくりとマイペースの釣りを楽しめれば良い。巻き貯めた毛鉤でイワナを騙せられれば良い。新調したベストを着て友人に誂えてもらったバンブーロッドを振れれば良いのだ。


e0009009_15242742.jpg久し振りの渓は、増水していて遡行するのに難儀をした。川面に張り出した木立がキャストの邪魔をして、増水による急流で毛鉤を流すコトの出来る水面スペースを減らしている。さらに蜘蛛の巣が行く手を阻む。そんなときは、やや短めにしたリーダーを操り、低い姿勢でのサイドキャスト。毛鉤は#10前後の大きめのサイズにして、ティペットも4X。繊細さは感じられない釣りだけど、小渓流での増水に蜘蛛の巣対策だからコレで良いのだ。

渓でオニギリを頬張り、写真を撮りながら良さそうな流れだけをチョイスして釣りをする。暑くなって汗をかいたら渓の冷たい水でジャブジャブと顔を洗えば気持ちが良い。

ひと月振りのフライフィッシングは、太ももの筋肉痛が妙に嬉しく感じる釣行になった。
大して釣れなかったけど、スローでマイペースなソロ釣行も良いものだ。

コチラもご覧ください→Life with FORESTER
by tokyo_terry | 2010-07-11 15:29 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(16)

BRAIDED STRAP< terry'sFFB model >

ランディングネットとベストを繋ぐストラップを自作してみた。
人生で初めての編み物は、なかなかの出来・・・になったと思う。

e0009009_1751684.jpg少し前までは、キーバックチェーンにランディングネットを吊り下げていた釣り人も多かったようだけど、今はグリップが下向きで素早くランディングの出来るマグネットリリーサーとスパイラルコードを組み合わせている釣り人が多いのだろうか。ボクもキーバックチェーンやマグネットリリーサーを使ってみたコトはあるのだけど・・・洗濯ハサミのようなクリッパーがボクにはイチバン良い。ランディングネットを差し出すまでに手間取ったりするコトもあるのだけど、背中に余分なものがなければ、ティペットやラインが絡んだりするトラブルがなくなるからだ。

しかし、先日新しく手に入れたベストの場合、デジイチをショルダー部のD管に繋げるコトができるのだけど、カメラを背中側へ回すとクリッパー式のリリーサーではランディングネットが外せなくなるというコトが判明した。となるとキーバックチェーンを使うかマグネットリリーサーを使うことになる。手元には以前使ってみたマグネットリリーサーがあるから、そいつを装着してみたのだけど、そのままでは落下や紛失の危険性が高くなる・・・そこで、雨と増水で釣りにも行けずヒマを持て余しているから、ランディングネットとベストを繋ぐストラップを自作してみた。
100均のお店で見つけた髪留め用のゴムを三つ編みにして作ったストラップ。小さなカラビナは手元にあったものを使ったから、材料費はたったの100円。なかなかのコストパフォーマンスだと思う。市販のスパイラルコードに比べれば、伸縮性は少なく少々重いかもしれないけど、様々な色や柄が選べるところが楽しい。三つ編みにしたコトで多少の強度は増したと思うけど、耐久性はどれほどの物だろう。
ま、材消費たったの100円だから、細かいコトは気にしない気にしない。来週こそは釣りに出掛けられれば良いのだ。
by tokyo_terry | 2010-07-04 17:53 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(10)

BLACKRAPID

釣りを楽しみながら重いカメラを携行するのは大変だ。
その問題を解消するために、フィッシングベストを手に入れたのだけど・・・

e0009009_14144893.jpg今週末も・・・また雨。新しいベストの着心地と実際の使い勝手を試すために今週末こそは・・・と、意気込んで出掛けてみたものの、あいにくの雨。防水仕様のカメラだけを持ち込めば、釣りだけでも楽しめるかなぁと思ってクルマを走らせてみたものの、今日の目的の川はかなりの増水だった。夜明け前にかなりの雨が振った様子だ。無理して釣りをしても気分が乗らなきゃココロから楽しめないから、そのままUターンしよう。

新しいベストやバンブーロッドを手に入れたものの、週末限定のフライフィッシャーは天候にその予定を左右されてしまうから、今度はウィークデーに休みを取って釣行計画を立ててみよう。でも、貯まっている代休を消化したいのだけど、仕事のスケジュールを調整するのも天候以上に難しい問題なんだよな。





話は変わるのだけど、こんなカメラストラップを見つけた。コレ、なかなかイイかも。
釣りに出掛けられない釣り人は、物欲で欲求不満を解消してしまいそうだ。

by tokyo_terry | 2010-07-03 14:17 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(8)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31