<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Exhibition REPORT #1

GWがスタート!!
三人のフライフィッシング展も好評(?)開催中〜♪

e0009009_21361322.jpg午前中に用事を済ませて、お昼頃に会場へ到着。タイイングセットを持ち込んで、スカスカのフライボックスを埋めるべく、タイイングしようと思っていたけど、アダムスパラシュートを三本だけ巻いて今日はおしまい・・・会場へ遊びに来てくれたお客さんとオシャベリしすぎちゃった。
たんくろーりーさん、ご家族で会場へ来てくれてありがとうございます♪今度は釣り場でお会いしましょう!!
他にも、地元滋賀県、岐阜県や愛知県からお越しのお客さんとも交流ができて、楽しいひと時になりました。5月30日まで開催中ですので、ぜひぜひお出掛けください。

e0009009_2137303.jpgというコトで、今日のランチは山菜うどんの大盛りッ(ミニおむすび、漬物付き)600円(普通盛りは500円)です。関西風のおダシに鶏肉と山菜が美味しかったです。ゆずの風味も効いてます。

そうそう、今回のイベントが滋賀県の中日新聞(4月27日号)で紹介されました Y(^ ^)Y
↓↓↓
コチラです。


5月1日は、開店時間から終日会場に居ますので、ご家族、恋人、お友達を誘って遊びに来てください!!
by tokyo_terry | 2010-04-29 21:51 | @ Art | Trackback | Comments(0)

2009 Episode #2

一尾だけだけど、アマゴに出会えて良かった。
それにしても今日の陽射しは強かったなぁ。

e0009009_222893.jpg太陽の陽射しで暖まった岩の上に腰掛けて、八重桜を見ながらのんびりとランチを済ませた後、やっとライズを発見。岸際の緩流帯に出来たスカムラインでのライズ。アップストリームのプレゼンテーションでティペットに弛みを作りゆっくりと毛鉤を流すと、底石から毛鉤に向かってアマゴが出てくるのが見えた。思わず川の中でよしッ!と声が出る。

その後、とあるプールで数尾のアマゴが水面下で何かを捕食している様子を見つけた。見えると言っても姿が見えるワケではなく、順光のために動作をする度に、水中からシルバーメタリックの反射が起こるのだ。魚体の反射のお陰でフィーディングレーンはバッチリ。上流に瀬があるプールだ。しかし、チョイスした毛鉤が悪いのか、ドリフトがマズかったのか・・・一時間半もの時間を要して、小さなヘアズイヤーでようやく一尾をフッキングさせるも手元でバラしてジ・エンド。久し振りに熱くなりワンポイントで杭になっていたから、水面の照り返しで日焼けをしたようでヒリヒリとする。

帰り道、ステアリングを握る手は日焼けをして真っ赤っか。きっと明日は、会社で後輩たちに釣りに出掛けたんでしょ。と言われるのだろう。


アマゴの写真はこの一枚。
八重桜の写真のほうが多かった1日(笑)
by tokyo_terry | 2010-04-25 22:03 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)

Exhibition START!!!

e0009009_2374537.jpg

遂に今日からスタートです!!
三人のフライフィッシング展!!

e0009009_22364784.jpg開場時間は10時。でもその前に・・・今日はそれぞれの作品を搬入して展示をする作業があるから、8時半に現地入り。一時間半の作業で何とか間に合うと思っていたけど・・・三人でしゃべり過ぎてしまい、完全に作業が終了したのは、お昼過ぎ(笑)来場者もポツリポツリだったので、まぁイイかな(笑)でも、地元の新聞社や中日新聞(彦根支社)の取材などもあったので、作業が遅れたというコトにしておこう。
それにしてもこのオッさんは、やはりタダ者じゃない。下書きなしでもサラサラと立て看板にイラストを描いたりして、その非凡な才能を発揮していた・・・さすが画伯!!


e0009009_22373357.jpg午後からは、コムさんが来場して近隣の渓流で釣りを楽しみ、gonzaさんも釣りの帰り道に寄り道して来場してくださった。感謝感謝!!お二人ともお久しぶりでしたが、今度は渓でもご一緒しましょう!!

今日からスタートした三人のフライフィッシング展。遠方で来られない方のために、ちょっとだけ開場の様子をお見せしたいと思いますので、気になる方はコチラをどうぞ→terry's Photo Lounge
by tokyo_terry | 2010-04-24 23:12 | @ Art | Trackback | Comments(0)

Fly fishing exhibition

いよいよ今週末からはじまります!
三人のフライフィッシング展

e0009009_064337.jpg

彫る、削る、撮るを主題にして、甲津原交流センターにて
フライフィッシングの楽しみ方を作品として展示します。

彫る・・・Fishcraft 釣り上げた渓魚を原寸大の木彫魚として展示
削る・・・Fishing Tackle 手作りの竹竿やユニークな釣り道具の展示
撮る・・・Photo&Design 釣り場や風景での写真とデザインを展示

期  間*4月24日(土)〜5月30日(日)AM10:00〜PM16:00 <会期中の月曜は休み>
場  所*甲津原交流センター(アクセスはこちら)

4月の在廊日程*24日(土)は終日、29日(祝)は午後から。
5月の在廊日程* 1日(土)と30日(日)は終日。
上記日程以外にも在廊可能な日程がわかり次第追記します。会場でお待ちしております!!
by tokyo_terry | 2010-04-21 00:10 | @ Art | Trackback | Comments(0)
日曜の朝、アマゴ釣りのためのロッドが届いた。
花見釣行のために作られた7ft6inch #3の真竹製バンブーロッド。

e0009009_23554848.jpgボクはこれまでに、国内外を問わず既製品のフライロッドを何本も愛用してきた。#1〜8までのシングルハンド、スイッチロッド、ツーハンドを合わせて20数本のフライロッドを使っていて、グラファイトロッド以外にもグラスロッドなどブランクを買い求めて自作したロッドも7本を数える。ただ、バンブーロッドに関しては、友人のロッドを試し振りしたくらいで、自作をしたコトもないし、所有したコトなど一度も無かったのだけど・・・

先日の日曜日、手元に届いたばかりのバンブーロッドで釣りを楽しんできた。このロッドは“桜のトンネルの下を流れる渓流で、友人(ボクのコトだ)とアマゴを狙う”をコンセプトに友人が作ったロッドだ。

軽量な真竹製のブランクのテーパーはPayneのmodel100。オイルフィニッシュのストローカラーでアマゴの朱点をイメージさせるラッピングカラー。ストリッピングガイドは、ほんのり淡い桜色。桜の木を使ったリールシートフィラー。ロッドクロスにもこだわった桜柄(友人の奥様が作ってくれたもの)という、まさに桜の花咲く里川でアマゴを釣るためのロッドだ。


実際に桜が満開の里川でアマゴを釣り上げるコトもでき、とても楽しい釣行になった。でもこのロッド、今週末から始まる三人のフライフィッシング展に展示をするから、しばらく使うコトができなくなる・・・釣り味がとても楽しいロッドだったからまた早く使ってみたいなぁと思うのだけど“桜のトンネルの下を流れる渓流で、友人とアマゴを狙う”をコンセプトに作ったロッドだから、来年の春までオアズケになるのかなぁ。

でも今シーズンは、バンブーロッドを使ってフライフィッシングを楽しもうと思っている・・・今度は6月、関東の友人にお願いしているイワナ釣りのバンブーロッドだ。コチラはトンキン竹を削ったブランクに焼き入れしたブラウントーンのロッド、グリップもコルクではなく木製のグリップ。とても楽しみなロッドである。

そういえば、先日届いたリメイクバッグや愛用のランディングネットも友人の手仕事から生み出されたもの。この他に、少し前に手に入れた熊除けの鈴も友人の手仕事の逸品だし、今お気に入りのキャップも友人のデザインしたものだ。最近の愛用品は、作り手の顔が見えている物が徐々に増えている。釣果ばかりにこだわったフライフィッシングよりも、こういった道具にこだわったりするフライフィッシングってのもとても楽しいと思う。

今回のロッドを作ってくれた友人に感謝。また、多くの友人にも感謝。
by tokyo_terry | 2010-04-21 00:00 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(0)

2009 Episode #1

e0009009_2148756.jpg今シーズン初めての釣行は、春の里川。平野部の桜はすでに散ってしまったけれど、里川の桜は満開だった。友人から手渡された真竹製のブランクで組み上げられたバンブーロッドを片手に、久し振りフライロッドを振り、小振りだけどとても美しいアマゴとの出会いのあった釣行はとても楽しかった。
そんなエピソードをコチラで紹介しようと思う。→ Episode #1
by tokyo_terry | 2010-04-18 21:56 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)
今日の夕暮れドライブも先週に引き続き
桜のお花見ドライヴだ。

e0009009_0102192.jpg大きな桜の木の下にクルマを停めて一服・・・

来週こそは、アマゴ釣りだ。

その前に、消耗品のチェックやラインの巻き替え・・・それに毛鉤も少しだけ巻かなくては。
by tokyo_terry | 2010-04-11 00:13 | © Car | Trackback | Comments(0)

【ReMAKE】

もったいないなぁ・・・という思いと、友人の確かな技術から生み出された
釣り道具を再生・再利用したサカナ釣りのためのエコバッグ。

e0009009_12133830.jpg高機能な透湿防水生地を使ったウェーダーをこれまでに何本履き潰して来ただろう。ピンホールが空いたり生地が破れたり、ネオプレーン製ソックスの浸水などを修理しながら履いたりするのだけど、ボクの場合は概ね3年ほどのペースで買い換えするコトが多い。その度に、ゴアテックスなどの高価な透湿防水生地を利用して何か出来ないだろうかと考えるようになっていた。小さなバッグやポーチ、ウォレットなどの小物が作れれば良いなぁと。でも、ボク自身はミシンの技術や縫製のノウハウを全く持っていないため、構想を立てるだけで古ウェーダーの再利用が出来ずにいた・・・。
しかし、ひょんなコトから、古ウェーダーが写真のように防水バッグとして生れ変わった。

それは今年の一月。裁縫が得意で、帽子やバッグなどを作ったり、リメイクしたりするコトを楽しむ友人に古ウェーダーの再利用の相談を持ちかけてみると・・・イイよ♪やってみましょうと二つ返事。さっそくデザインサンプルを作って友人に見てもらい、製作をしてもらったのがこの古ウェーダーを使った防水バッグだ。

防水バッグは様々な物が出回っているけど、透湿防水生地のバッグってのは見かけるコトが少ない。しかも古いウェーダーを再利用するコトが出来たのだから、相当満足度は高い・・・。
そうだなぁ満足度300%ってトコロだ。

もったいないなぁ・・・という思いと、友人の確かな技術から生み出された再生・再利用の防水バッグが手元に届いたコトで、愛用のランディングネットに続きボクの釣り道具のひとつに友人の手仕事から生み出されたものがまたひとつ加わった。また、関東の友人にイワナを釣るための竹竿を依頼しているし、もうすぐ関西の友人が作るアマゴを釣るための竹竿も手元にやって来るから、そろそろ重い腰を上げて友人たちの素敵な手仕事から生まれた道具を使うためにフィールドに出掛けようと思う。

世界にひとつしかない友人とのコラボモデル【リメイク・ゴア・ロールトップバッグ】の詳細
by tokyo_terry | 2010-04-10 12:45 | ☆Digital Camera | Trackback | Comments(0)

Sunset drive

夕方になってしまったけど、そろそろ動き始めようか。
アクセルを踏んで、川沿いの道を。

e0009009_22494231.jpgSunset drive
and Cherry Blossom viewing

terry's Photo Lounge
Life with FORESTER
by tokyo_terry | 2010-04-04 22:55 | © Car | Trackback | Comments(0)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31