<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Raincall

今シーズン最後のフライフィッシングの旅。
少々寂しい気もするけど、来年も楽しみだ。

e0009009_2224812.jpg
とにかく代休を月曜にしておいて正解だった。予定では日曜に木曽入りして現地で友人たちに合流し、そのまま車中泊をして、月曜に一人で良い思いをしよう・・・と企てていたのだけど、土曜の夜から急な用事が入ってしまい、ボクの企ては失敗に終わった。



こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge


e0009009_22254622.jpgでも、月曜に代休を入れておいたのは、何はともあれ正解だった。
なんとか今シーズン最後のフライフィッシングを楽しむコトができたから。


e0009009_22263010.jpgといっても、大きなイワナに出会えたワケじゃなく、ギュンギュンとロッドを絞るようなアマゴに出会えたワケでもない。#3ロッドでもオーバーパワーな感じで、少々小振りなアマゴたちにしか出会えていないのだけど、のんびりとロッドを振ってマイペースで釣りを楽しむコトが出来たのだから。


e0009009_2227075.jpg渓流シーズンが終わる秋のラストシーンには、ドラマチックな出来事を期待しちゃったりするのだけど、コレと言ってビックリするコトもなく、ただただ何事もなく、渓を歩きロッドを振り、毛鉤を流し渓魚を釣った。
ときにはグッドサイズを掛けてはバラし、その場でガックリを肩を落とすコトもあったけど、来春出会う頃にはナイスファイトをしてくれるだろうアマゴたちが沢山いたのだから、来シーズンのこの川が今から楽しみだ。


e0009009_22284654.jpg今日は時々小雨がパラついたりしていて、アマゴたちの活性も良かったけど、さすがに先日釣り歩いた区間のアマゴたちはスレちゃったのかちょっと厳しかったなぁ。でも賢くなってくれれば、釣り人から逃れるコトができるし、ボクもアマゴたちから勉強させられるコトもあるから、それはお互いに良いコトかな。

さぁ、そろそろあたりが薄暗くなって来た。雨も降っているコトだし、今日がシーズンラストの釣行だけど、早めに上がろう。

あ、アマガエルだ。
雨が降ったのは、コイツが雨乞いでもしたのかな。

Last trip mater 149.7km
total 6040.2km 6130.2km
by tokyo_terry | 2009-09-28 23:07 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(40)

match the ant

イブニングは不発・・・というか撃沈。
しかし、そのまま終わるワケには。

e0009009_2254210.jpg単独釣行は、いつ以来だろう。随分久し振りだ・・・ステアリングを握りながら考えていた。
昨日はどんよりと曇っていて、すぐにでも雨が降りそうな天気だった。こんな日の里川のアマゴは、ボクの毛鉤に無邪気に飛び出して来るはず・・・と、川に到着するまでは、ポジティプシンキングだった。

それにしても、寒いのかなと思って里川へやって来たけど、風も無くどんよりとしていて、意外に蒸し暑い・・・

こちらもどうぞ→terry's Photo Lounge


そう、意外に里川は蒸し暑かった。
by tokyo_terry | 2009-09-23 22:20 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(24)

perplexity

お墓参り、買物にバーベキュー。合間に街の中を散歩したり、お茶したり。
せっかくの連休だけど、釣り人らしからぬ休日の過ごし方ばかり。

e0009009_953345.jpg
さて、今日くらいは釣りにでも出掛けようかな・・・と思っていたけど
半袖じゃ肌寒いくらいの曇った天気・・・雨も降りそうな気配。
何だか腰が重い。

でも、この雨がチャンスになるかもしれないと思うと・・・
どうしようかな。
by tokyo_terry | 2009-09-22 09:53 | ☆ My Life | Trackback | Comments(10)

Early Christmas

ひと足、いや季節的には
ふた足も早いクリスマスツリーが・・・

e0009009_22561861.jpg夜の繁華街を歩くコトって、ボクの暮らしの中には滅多にない。人ゴミの多さにウンザリするコトもあってあまり好きじゃないのだけど・・・でもトーキョーの夜の雰囲気は、ナゴヤの夜よりもちょっとだけ好きだったりもするから自分のキモチは良く判らない。
ま、そんなコトはどうでもイイ。

久し振りにナゴヤの街を歩いていたら、ひと足もふた足も早くクリスマスツリーが飾り付けてあって、ちょっとビックリした。
このツリーは、11月14日(土)に公開される「Disney’s クリスマス・キャロル」というディズニー最新映画のイベントPR用のクリスマスツリーのようだ。

e0009009_2258480.jpgこの日は、会社の同僚・後輩たちと食事をしたばかりだったから、季節外れの大きなクリスマスツリーを観覧しながら、近くのコーヒーショップでちょっと一服。こういうときは、仕事の話が大半を占めるのだけど、仕事がオフタイムになると途端にボクの頭の中は休日の過ごし方や大好きなフライフィッシングのコトでイッパイになるから、仕事の話は上の空だったりする。

さて、自宅で作っているカレンダーも今日でそのほとんどが出来たトコロなので、明日は釣りにでも出掛けようか・・・あ、別の予定が入っていたんだっけ・・・釣りは明後日までオアズケだ。

渓流シーズン終了まで、あと数日・・・季節が巡るのはアッという間だ。
by tokyo_terry | 2009-09-20 22:59 | ☆ My Life | Trackback | Comments(6)
今年も作ります、ヘボヘボカレンダー!!
2010年のカレンダーのデザインはこんな感じ。

e0009009_2215023.jpgHEBOHEBO
FISHERMAN'S CALENDAR 2010

Nature & Fishing Photograph
= Yo Thirai and Friends =


森のフィッシュ魚ッチングの知来要さんが会長を務める“ヘボヘボ会”の2010年度版オリジナルカレンダーを今年も製作します。昨年同様にボクがデザインを担当。写真は皆さんのからの応募写真を要さんがセレクトして、使用させていただきます!!
というワケで、デザインはひとまずこんな感じ。表紙の写真は、ダミーの写真が入ってますので、写真決定後、再デザインをするコトになるので、出来上がりとはイメージが随分と異なる場合がありますので、そのあたりはご了承ください。もちろん、最終デザインが決まり次第、当ブログでもう一度告知させていただきますよ。

e0009009_222374.jpg各月のデザインはオーソドックスな感じで色合いも抑えてあります。写真も昨年より大きめのスペースを使っていますから、2009年のカレンダーよりも見栄えがすると思います。もちろん、写真の下には、写真のタイトルと撮影者のブログのアドレスや名前を入れるスペースもあります。カレンダーの下部には、翌月分も入れてあるので釣行スケジュールを決める時にも使いやすいと思います!!

という感じでデザインして、本日要さんからオッケーもいただきました!!

サイズはA3ノビ寸、12ページ+表紙の13ページ、フルカラー。使用する写真は、今年度撮影された写真で、皆さんからの応募写真を要さんがセレクトします。ご自身で釣りあげた自慢の大ヤマメ、釣り風景などなど水辺の写真でどしどしご応募ください。

今年は表紙を全面写真にして、上質なカレンダーにしてみようと思います。見ての通り、表紙写真はタテ位置で大きく扱いますので、表紙への応募の際は画像も高解像度データが必要になってきます。また、各月の写真はヨコ位置写真でご応募ください。
応募先は、要さんのブログで近々にご案内しますので、要チェックです(笑)

また価格や購入方法など、詳細も近々に要さんのブログで発表があると思います。


さて、今シーズンも残すトコロあと僅か。サンデーアングラーはあと二回くらいかな。少なくなったチャンスを活かして、素敵な写真を撮ってきて是非ご応募ください。写真が採用された方には、このオリジナルカレンダーが一部プレゼントされますよ!!
今年はどんな写真が集まるでしょうね、楽しみです!!
by tokyo_terry | 2009-09-14 22:32 | @ Art | Trackback | Comments(20)

I'm getting ready today

秋は空が高くなり、足元に伸びる影がスーッと伸びていく。
今日は来年の準備でもしながら、のんびりと。

e0009009_1713167.jpgもうすぐ大好きな渓流シーズンが終わりを迎える。
毎年毎年、アッという間に過ぎていくように感じるのだけど、年々そのスピードは早くなっているように感じるから不思議だ。
あと何回も出掛けられないのだから、いつもの木曽へと出掛けようかと思っていたけど、土曜までの仕事の疲れと、やっておきたいコトがあったら、今日は自宅で先日手に入れたばかりのアルバムを聞きながら、のんびりと過ごそう。

昼間にも良いイワナの写真が添付されたメールが友人から届いていたし、今日もいい天気だったから、各地の渓流では色んなドラマが繰り広げられているんだろうなぁ。

ボクはのんびりと、一足早く来年の準備でも・・・
by tokyo_terry | 2009-09-13 17:02 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(10)

reward

ちょいと大きな仕事が片付いた。
そんなときは、やっぱりコレだ・・・自分へのご褒美。

e0009009_011428.jpg仕事が片付いた。
ボクにとって、ちょっとだけ大きな仕事。

今夜、ナゴヤドームで開催されてるイベントにも、ちょっとだけ携わったりしてて、少しだけ仕事にも余裕が生まれそうだ。

そんなときやっぱり仕事帰りのイッパイが欲しい。

ボクの場合はやっぱりコレだ。
新しく入ってみたお店のコレは
醤油味の透明スープに歯ごたえのあるシナチク。
平打の縮れ麺。
煮玉子はトッピングだ。

自分へのご褒美は大好きなものが良い。
大きめの海苔が入っていれば、最高に美味しかったかなぁ。
by tokyo_terry | 2009-09-10 00:12 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(14)

Foul Hooking

ヒットさせたイワナをバラすコトは良くあるけど
一日に4回も岩の下に潜られてバラしたコトなんて・・・

e0009009_04816100.jpgこの日は朝から調子が良い・・・と思っていた。入渓してすぐにイワナをヒット&ランディング。その後も、アマゴ、イワナと順調に釣り上げていたのだけど、良型のイワナをヒットさせた直後、岩の下に潜られてしまった。
“イワナの岩潜り”だ。

あぁ、ヤバイ、ヤバイッ!!
流れの中でフライラインを左手で手繰り寄せ、潜り込まれた岩に一気に近づき、ティペットが擦り切られないように注意しながらロッドの角度を変えて、潜った岩の下からイワナを引きずり出そうと試みる。ロッドのセンターからバット部分に荷重をのせて強引に引き抜こうをするが、なかなか出てこない。こうなりゃ、岩の下へ手を突っ込んでイワナを掴んでやろう。
と思った瞬間、水中の岩の影でイワナが反転して下流へと逃げていく姿が・・・

その後、友人と何度か先攻と後攻を入れ替わりながら釣り上がると、二度目の“イワナの岩潜り”・・・まただ。今日は良型のイワナに嫌われてる感じだ。

木陰で昼食を楽しんだ後、川を変えて一尾目のイワナでも“イワナの岩潜り”。
渓の規模の割に比較的大きなプールの開きで毛鉤を吸い込むようにして出たイワナにまたしても“イワナの岩潜り”を食らう。こんなふうにして岩の下へばかり潜られるコトが続くと、とたんに集中力が切れてしまう。
そんなときは新しいティペットに交換したり、それに合わせて毛鉤のパターンを変えたり、ドリンクでも飲んで気分転換をして釣り上がろう。二股に枝分かれした流れの左岸側を友人が釣り上がり、右岸側をボクが釣り上がる。

その直後、いかにもヤマトイワナが着きそうな水の流れが止まったようなエグレに毛鉤を浮かべると“モコッ”と水面が盛り上がり、毛鉤が水中へと消えた。小さく鋭くロッドでアワセを入れると、グングンッとロッドを通してイワナの生命感が伝わってきた。この日イチバンのイワナだ!と思った刹那、まさかの4度目の“イワナの岩潜り”。

もうダメだ。今日は何をしても上手くいかない日のようだ。
どうしてこんなにイワナに岩の下へ潜り込まれるのだろう。

脱渓直前、巻き返しの岩の下から出てきたイワナを釣ってその答えが何となく判った・・・原因はどうやら“スレ掛かり”。最後に釣り上げたイワナにも“岩潜り”をされたのだけど、5Xのティペットの強度を信じて強引に引っぱり出すと、毛鉤が口には掛かっておらず、背中に掛かっていたのだ。
考えみると、口に掛かっていない分だけ泳ぎに自由度があり、イワナも簡単に岩の下に潜れる。ティペットが岩に擦れないようにするためにロッドの角度を変えると、バーブレスフックを使っているために簡単にフックが外れるのだ。

答えは簡単だった。しっかりと口に掛かっていないだけだったのだ。
どおりでよく引くワケだ。

それにしても、一日に4回も岩の下に潜られてバラしたコトなんて・・・初めての経験だ。
by tokyo_terry | 2009-09-09 01:02 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(18)
遠方の釣友二人が木曽へとやってきた。
木曽のタナビラとヤマトイワナとの出会いを求めて。

e0009009_014448.jpg

木曽に行ってみたいと思ったのだけど・・・
という下野(しもつけ)の友人からのメールが今回の旅のはじまり。

下野の二人には、奥日光・湯川ではしっかりとガイドしてもらったりして
スゴくお世話になっていたから、今回はそのときの恩返しのつもりで
しっかりとガイドするつもりの木曽釣行だ。

e0009009_0152954.jpg

▲フライフィッシングへの情熱と人柄の良さが笑顔にも表れるkomさん。

e0009009_016075.jpg

▲細かな流れにも丁寧に毛鉤を打ち込んで、しっかり釣り歩くくろやん。


こんなふうにそれぞれのホームリバーを訪ね合うのってすごく楽しい。

terry's Photo Lounge もどうぞ。

Guide Fishing <05-06. September>
by tokyo_terry | 2009-09-08 00:34 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(20)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30