<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

**Information **

パソコンか?
いや、MACは正常に動作しているから
モデムの故障だろうか?

突然、インターネット接続ができなくなってしまった・・・

どうしよう。

とりあえず、モデムの修理か
交換を依頼しなくては。


モデム復旧までの間、terry's FlyFishing Barは開店休業となってしまいます。
コメントを書き込んでくださっている皆様へ
大変申し訳ありませんが、復旧までお返事が遅くなりそうです。
よろしくお願いいたします。
by tokyo_terry | 2009-04-29 23:09 | Trackback | Comments(0)

LEAF&BOTANICS

友人から頂いた
とっても、とってもイイ香りの石けんは、ココロとカラダにも良さそうだ。

e0009009_1414238.jpg
小包みが届いていた。
中にはふたつの石けんとメッセージカードが入っていて
とっても良い香りに包まれていた。
いつもお世話になっている友人からのプレゼント。

爽やかなユーカリの香りとちょっと甘いオレンジの香り。
こうやって写真を撮ってみても、透き通った色合いもキレイで
シンプルなパッケージのデザインも秀逸。

オシャレで優しい友人がセレクトしたこの手作り感の溢れる石けんは
面倒くさがり屋のボクでも毎朝の洗顔や、仕事疲れを癒すためのバスタイムを
とっても楽しくしてくれそうなもの。

早速、今夜のバスタイムに使ってみようかな。
泡立てた石けんで身体を洗って、低温浴でじっくり身体を温めたら
お風呂上がりには・・・プシュッ!!ゴクゴク・・・プハァ!!といこう。
ボクの場合はビールじゃなく、ジンジャーエールだけど。

でもどっちから先に使ってみようかなぁ。
by tokyo_terry | 2009-04-29 14:14 | ☆ My Life | Trackback | Comments(10)

Silhouette

先週の釣りで、ナチュラルカラーのCDCは、逆光時に何度も見失った。
これで少しは見えるかな?

e0009009_22101222.jpg
フローティングニンフというか、イマージャーというか・・・
ボディを水中に沈めるこの手のパターンは、ボクはとても好きだ。
よく見え、かつ水面上にフワッと浮かぶパターンに比べると
ナチュラルドリフトが格段に優しいから。

でも、先日のイブニングでは強烈な逆光で
水面に出たCDCのインジケーターを何度も見失っていた。

そこで、今日はハンプバックさせたCDCに
ADWのブラックを少々混ぜて、インジケーターを逆光時にも
そのシルエットを見つけやすい工夫を施した毛鉤を巻いてみた。

単純にCDCを黒いものにすれば
こんなふうにひと手間加えるコトなどしなくてもイイのだけど
あいにく手持ちのCDCはすべてナチュラルカラーばかりだから
仕方がない。

巻き上げた毛鉤を実際に逆光で見てみると、あまり代わり映えしない。
ADWがちょっと少なかったかな。
いやいや、水面上でそのシルエットを見ていないから
巻き上げた毛鉤は現場でチェックしなくちゃ。

あぁ、早く連休がこないかなぁ。
by tokyo_terry | 2009-04-26 22:12 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

Afternoon tea

e0009009_1571944.jpg

爽やかな味わいのエルダーフラワー
辛口がクセになるウィルキンソン
オトナ向けのビターテイストが美味しい
その名も“大人のプリン”

フライフィッシングをお休みした休日は
カフェでのんびりとお茶をするのもイイ。

と言いつつ、お茶は飲んでいないか・・・
by tokyo_terry | 2009-04-26 15:07 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(12)

Consecutive holidays of May

この週末は、久し振りに毛鉤を巻こう。
今日の雨で明日のフライフィッシングはお預けになったから。

e0009009_23284061.jpg
この週末から大型連休となっている人も居るだろうし
カレンダー通りに仕事をされている人も居るだろう。
またその逆に大型連休とは無縁の人も居るかもしれない。
ボクのスケジュールはカレンダー通りだ。

来週の連休には、日常の忙しさを忘れ、フライフィッシングの旅を楽しもう。
タップリと毛鉤を詰め込んだフライボックスをベストに押し込み
ウェーダーバッグ、ロッドケース、リールバッグにキャンプ道具。
クーラーボックスにコーヒーセットをクルマに積んで行こう。

3日は、急がず焦らず、スピードも抑えめにして渓へと向かおう。
4日は、みどりの日と言うくらいだから、新緑の渓で釣りを楽しみたいな。
5日は、こどもの日だから、もしかして大物には出会えない日になるかも
6日もフィールドに立てるかなぁ・・・

なんてコトを考えてみたり、
いつも横目で通り過ぎるだけのあの渓はどうだろう
いつもの渓の上流はどうなっているんだろう。
いやいや、上流もイイけど、あの本流はどうだろう・・・

といったコトをカレンダーを見る度に考えている。
大体の行き先は決めた。
けど、天候や流れの状況、釣り人の動向を見て
行き当たりばっ旅の気ままな旅をして来ようと思う。

皆さんも交通安全に気を配り
雨などによる急激な増水などに充分気を付けて
楽しいフライフィッシングの旅をして来てください。

さて、この週末は、久し振りに毛鉤を巻こう。
今日の雨で明日のフライフィッシングはお預けになったから。
by tokyo_terry | 2009-04-25 23:28 | ♧ Tying Talk

Remains of spring

この日の里川は、花吹雪がとてもキレイだった。
空に、水面に、川縁に、水の中にも春の名残が舞っていた。

e0009009_22225885.jpg
下流側から吹く風にのり、散りはじめた桜の花びらが空を舞う。
水面にも舞い落ちた桜の花びらが流れている。

増水後の引き際だから、良い釣りができるかも・・・なんて考えながら
空の青さを映し出したプールでライズを探す。
陽射しが強いから、張り出した木々の下や葦際
大きめの石で出来た影なんかを重点的に観察してライズを探す。

すると、日影の水面が複雑にヨレたポイントで
アマゴがライズをしたのを見つけた。

#18のアダムスパラシュートを姿勢を低くしてクロスダウンで
そっと流し込むのだけど、複雑にヨレた水面が長くしたティペットに
絡みつくようで毛鉤をキレイに流すことができない。

ポジションを下流側に取り直して、アップクロスで投げ入れると
激しい水飛沫が上がるものの、ボクの毛鉤はアマゴの口元には刺さらず
花吹雪と同じように空を舞った。

e0009009_2223249.jpg
プールでのライズはそのひとつしか見つからなかったから
その後は花吹雪を楽しみながら各ポイントを叩き上がる。

時折カワゲラや小さなトビケラ
水面に顔を出した石裏にはガガンボを見掛けるけど
ボクの毛鉤に出てくるアマゴは居ない。

大きな石に腰掛けてティペットのチェックをして毛鉤を交換する。
流れの水音を聞きながらお茶を飲み、タバコで休憩したりして
急がず焦らず、のんびりと釣り上がると
ベイトフィッシャーが釣り下ってきた・・・場所を変えようか。

上流に停めておいたクルマまで、川縁に植えられた桜を見て歩く。
散り落ちた桜の花びらがアスファルトに映し出された桜の木の影の上で
もう一度花を咲かせているようになっていた。

里川の春もそろそろ終わり
日中からイブニングへとステージを移す時期になるのだろうか。

e0009009_22221795.jpg
クルマに戻り、上流へと走ってみたらフライフィッシャーが二人
ベイトフィッシャーが二人釣りを楽しんでいたから
いつもより下流へ向かい、釣り人が居ない区間を確かめてから
もう一度ロッドを持って釣り上がる。

所々に橋が掛かっているから、橋と橋の間に釣り人が居なければ
見通しの良い里川は、釣り人同士のバッティングは少なくなる・・・
と思っていたけど、しばらく釣り上がりライズ待ちしているトコロへ・・・
先ほどと同じベイトフィッシャーがまたボクの前に釣り下ってきた。

日が傾きかけたらベイトフィッシャーも居なくなるだろうから
今日は夕方のひと時に掛けて、休憩をしよう。
ポカポカな陽気だから、木陰にクルマを停めて昼寝を決め込もう。

e0009009_22241191.jpg
でも、クルマの中にいても何だかやっぱり落ち着かない。
カーゴルームに積み込んでいたコーヒーセットを取り出して
お湯を沸かして、コーヒーをドリップする。

先日折ってしまったOrvisに代わり、今日の相棒は自作のロッド。
7'10"のスローアクションの#3ロッドとAbelリール。
この里川に通いはじめた頃に使っていたタックルだ。

夕方から仕切り直しをするために、コーヒーを飲みながら
もう一度ティペットのチェックをする。
リーダーは9ft、ティペットはひとヒロ半。

e0009009_22243551.jpg
太陽が沈む前に、今日のイブニングのポイントを見て回る。
午前中にライズを仕留められなかったポイントは
上流部には瀬もあり、最有力のポイントだ。
もう少し下流には長く水深のあるプールもあるけど
道路までが少し遠く足場も良くない、暗くなってからの脱渓に不安が残るから
やはり仕留めるコトの出来なかったアマゴにもう一度チャレンジしてみよう。

朝に入ったプールに行くと、水面付近にはユスリカやメイフライが飛んでいる。
カワゲラもパタパタと飛び回っている。
この夕方の時間帯は、逆光で水面反射が強烈になり
水面付近が見にくい状況だけど
逆に水飛沫を上げるライズは一発で見つけられた。

e0009009_22231970.jpg
しかし、ライズをしたアマゴは、素直に毛鉤には出てくれない。
ユスリカを意識して、#20のミッヂアダルト、CDCダン。
パターンを替えてメイフライクリップル、CDCガガンボ・・・
パラシュートスタイルのフローティングニンフ。

あの手、この手とイロイロな毛鉤を結んで
最後は半ばヤケクソでアダムスパラシュート・・・に出たアマゴは
手の平サイズの小さなアマゴだった。
ライズをしたアマゴはもっと大きかったと思うのだけど
これだけイロイロと遊んでくれたのだから感謝しなくちゃ。

夕暮れ前の空の色を反射させたその身体には
赤い朱点が散りばめられて、小さくてもとても奇麗だった。
朝、このポイントでみた桜吹雪がアマゴの姿と重なって見えた気がした。




My trip meter 158.7km
total 1879.3km
by tokyo_terry | 2009-04-19 22:32 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(30)

New Line & Old tackles

久し振りに手に入れたフライラインは、ULTRA 4 J Stream
でも、このラインに合わせようと思っていたロッドが・・・

e0009009_2115553.jpg
この何シーズンかは、フライラインはRIOとSAGEを使っていた。
3Mのラインに比べて、同番手のラインよりも径が気持ち細身でしなやか
使い勝手も良かったし、価格も少しだけお値打ちだったコトが
RIOとSAGEを選んだ理由だった。

その常用の#2、#3のDTラインも両端を使い
最近の釣行では、先端の“沈み”が気になるようになっていた。

そこで、新たにラインを買い換えしようと思ったら
RIOのお気に入りのラインも随分と価格が上がっているし
SAGEのラインも同様に、以前よりも高くなっている。
3Mのラインとの価格差はほとんど無かった。

そこで、ドライティップテクノロジーを搭載して評判の良い
新しいULTRA 4をチョイスしてみた。
日本の渓流用にデザインされているラインというコトだから
使い勝手は良いだろう。

このラインに合わせようと思っているリールは、
久しく使っていなかったAbelのTR-1。
ロッドはOrvisのセブンイレブン・スリー。
今はもう廃盤になっているHLSシリーズのジャパンモデルだ。

e0009009_2116569.jpg
新しいラインに少々くたびれたロッドとリールを持って
今日はいつもの里川から、ちょっとだけ足を伸ばして谷へ向かってみた。

谷間を照らす陽射しは五月のような暖かさで
9時を回った頃には、小さなカワゲラたちのハッチがあり
予想以上にアマゴの活性も高い。

ただ、鈎掛かりが浅くて、手元に寄せる際に外れてしまう。
釣れるアマゴのサイズは全てが手の平サイズばかりだったから
まぁ、良いのだけど。

そうそう、ラインの使用感も書いておこう。
DTの#3ラインだから、ロングディスタンスよりも近距離から中距離・・・
ボクの場合は3〜4mから7〜8mくらいまでかなぁ
新品のラインというコトもあって、キャストも水面でのライン捌きもし易かった。

同じ#3ラインのSAGEのクワイエットテーパーIIよりも
ライン先端部分の重量が重いような感じだったから
谷川での近距離の打ち返しをするには具合は良い。
しかしその分だけ、水面へのインパクトの強さが気になるから
シュート時のひと工夫が必要な感じ・・・

当然ながら#2よりもライン自体に質量があるから
谷間を吹き抜ける軽いそよ風程度なら、問題なくキャストが可能。
OrvisのHLSジャパンモデルのようなティップ気味のアクションのロッドなら
軽快なキャストが出来て気持ちが良い。

e0009009_21171557.jpg
でも、帰りがけに大物を狙って谷間の堰堤下へ向かう途中
川原で転んで、お気に入りのOrvisのティップを折ってしまった・・・

新しく手に入れたラインに合わせようと思っていたロッドが無くなってしまった。
25年保証があるものの、どうしようか。


My trip meter 182.3km
total 1720.6km
by tokyo_terry | 2009-04-12 21:20 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(28)

Waiting time

ライズを待つコトが出来ない釣り人なのに
写真を撮るための“一時間待ち”が出来るのが不思議。

e0009009_2339873.jpg
川原に降りると、随分と風が強い。
常用の#2ラインを#3にしたものの
この風の強さでは全く無意味だ。

上流から吹く風も弱めならば
プレゼンした毛鉤がティペットよりも下流側に落ちて
アップストリームでも毛鉤先行で流すコトが出来るからイイけど
コレだけ強く吹き付けられると、全くコントロールができない。

風の弱まるタイミングを見計らいながら
アマゴの着いていそうな流れに毛鉤を打ちながら
上流へと歩いて行く。

e0009009_23393275.jpg
先週は小さくて黒っぽい毛鉤に好反応だったから
今日は#18のアダムスをパイロットフライにして釣り上がると
ピンシャンなアマゴが毛鉤を咥えてくれた。

ストマックを見ると、ウィングパッドの黒いコカゲロウのニンフや
ダンが少々、マダラ系ニンフに小さなスパイダー
#10ほどもある大きなカワゲラが入っていた。
イロイロ入り過ぎてて、何が正解なのか判らない。

e0009009_2340818.jpg
その後、ブラインドフィッシングで里川を釣り上がってみたけど
ボクの毛鉤に飛び出してくれるアマゴは居なかった。

そして先週末にライズのあった区間も
日曜午後の里川では、全くライズを見つけるコトができなかった。
目の前に広がるプールでも。

もうすぐ陽が暮れ始める時間だ、この日はたった一尾だけど
奇麗なアマゴに出会えたからコレでロッドを仕舞おう。

そして、次なる目的地へと向かおう。
by tokyo_terry | 2009-04-08 00:08 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(18)

Y0ZAKURA

仕事帰りにちょいと寄り道。
夜桜もなかなか良いものだ。

e0009009_22142755.jpg
昨日の暖かさで一気に咲き誇ったナゴヤの桜の花。
この週末が見頃となっていたけど、今日はあいにくの仕事。
そして午後からは春の雨が降り始めた。

毎朝桜の花を見ているけど、雨で散ってしまう前に
仕事帰りにちょっと寄り道して
ライトアップされた川縁の夜桜散策を楽しもう。
いつもと違った雰囲気が楽しめるかも。

EOSのバッテリーもフルチャージしてあるから
三脚をセットして、いろいろな角度からシャッターを切る。
暖かい雨だから寒くはないけど
傘をさしながらの撮影ってのは難儀だな。

朝の桜もイイけど、夜桜もなかなか良いものだ。


terry's Photo Loungeにて夜桜散策
by tokyo_terry | 2009-04-04 22:46 | @ Art | Trackback | Comments(32)

Small happiness

幸せのおすそ分け。
小さなコトだけど、それが楽しい。

e0009009_2334383.jpg
この数日、会社に向かう途中で
毎朝少しだけ寄り道して、桜の花を見物してから
出社するのが日課になっている。

今朝はスッキリと晴れて、雲ひとつないブルースカイが広がっていたから
朝の空気は冷たいけれど、とてもキモチよかった。
でも、出社ルートの国道には、ハイウェイが頭上を走っているから
せっかくのブルースカイが見えない・・・

遅刻をしてしまうワケでもないし、別に急いでいるワケじゃないけど
ブルースカイを見るためにだけにハイウェイに入って
昇ったばかりの太陽の陽射しと
ブルースカイを楽しみながらのドライヴを決めこんだ。
BGMはもちろん、先日手に入れたDREAMS COME TRUE。

ハイウェイを走ったから
いつもよりも早い出社時刻になってしまうから
今日はクルマを停めて、桜並木を散歩してから会社に向かおう。

風に吹かれた桜が揺れると、花吹雪が舞い
朝の澄んだ空気と相まって、とても気持ちが良い。

いつも遅刻ギリギリの生活を送っている後輩たちにも
こんな幸せを少しだけおすそ分けしてやりたいなぁ。
そんなコトを思いながら会社へと向かった。

小さな幸せのおすそ分けと言えば・・・
by tokyo_terry | 2009-04-02 23:39 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30