<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

SWEETS MAGIC

一度でも口にした者は、まんまと魔法にかかってしまうから
・・・気をつけて。

e0009009_21593843.jpg
これ、SWEETS MAGICのThe Premium Vanilla

プリンとしては、かなり高額。
でもすごく美味しい・・・らしい。
じゃ、お取り寄せしよう。
でも、すぐに手に入る訳ではない・・・らしい。


そして、一ヵ月後。

洒落たパッケージからプリンを取り出す。
プリンの容器は陶器で出来ていて、可愛らしいデザインだ。
容器のデザインから凄く凝っていて
容易に手に入れられないコトと高額なプライスの相乗効果で
プレミアム感が伝わってくる。

e0009009_2214136.jpg
フタを開けて、スプーンでひと掬い
そして口に運ぶ・・・・

その場で一緒にこのプリンを食べていた同僚たちの顔は
SWEETS MAGICの魔法にかけられたようで
みんな幸せそうな笑顔になっていた。

食べ終わった後、みんなの意見は一致した。
次は期間限定のイチゴ味をオーダーしよう。

ボクもこのSWEETS MAGICの魔法にかけられているみたい。
by tokyo_terry | 2009-03-30 22:03 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(22)

DREAMS COME TRUE

ロッドの修理をするつもりの日曜だったけど、天気の良い日曜は外で遊ぼう。
フライロッドを持って、希望を胸にして。

e0009009_23512560.jpg
今日は久し振りに何度もロッドが曲がった。

今シーズン、初めてのドライフライフィッシング。
そして、初めてのライズハンティングだ。

可愛らしいアマゴたちと
時折、顔を見せてくれた逞しいアマゴたちに感謝だ。

というワケで、ロッドの修理は後回し。
by tokyo_terry | 2009-03-30 00:06 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(28)

FERRULE WAX

あらためて使ってみたらビックリしたその効果。
フェルールワックス、使ったコトあります?

e0009009_2346874.jpg
今週末に修理予定のラミグラス製のグラスファイバー・ブランク。
それはティップ・ミドル・バットと、三つのセクションに分かれている。
各セクションを繋ぎ合わせるフェルールは、スピゴットフェルール。

今回、折れたロッドの修理(というか、交換)は
ティップセクションのみの交換をするのだけど
新しいティップとミドルのフェルールのコミはやや深め。
今まで使っていたミドルとバットセクションは
傷が入ったのか、ゴミの付着か、自然膨張などするはずがないのに
何故か数ミリしか入らない・・・

加藤毛ばり店の店主は、深く入ってしまう新しいティップは
♀側を数ミリカットして対処しますか?と言うのだけど
ボクはブランクのカットには、ちょっと抵抗がある。
他に方法は無いかと思っていたら、こんなものを出してきた。
それがフェルールワックス。

フェルールの擦り減り防止と固着防止、使用中の緩みなども防止する。
深く入りすぎるフェルールを適正な位置に留めるために塗ればいいのだ。
これなら手軽に他のロッドにも使える。

しかし、入らなくなったミドルとバットのフェルールはどうすればイイ?
ただでさえ、僅か10mmほどしか差し込めないのだ。
すると店主は笑顔でこう言った。

それが、ちゃんとした理由は判らないけど
コミの浅いフェルールも不思議としっかり差し込めるようになるんだよ・・・と。

その場で、バットセクションの♂側にワックスを施してみると
入らなかったミドルとバットセクションのフェルールが
ニュル〜〜とした感触を残しつつもしっかりと差し込めるのだ。

ワックスが付着した分だけ更に窮屈になるかと思いきや
全くその逆の効果で、しっかりと繋ぎ合わせられる。
そして、フェルールを抜く時もスムーズに抜ける、ちょっと不思議な感覚。
あらためて使ってみて、ビックリしたその効果。

フェルールワックス、あなたは使ったコトあります?
これはちょっとオススメかも。

by tokyo_terry | 2009-03-27 00:01 | ♢ Tackle Talk | Trackback(1) | Comments(22)

Late Show

“出会いは全てが師”。
そして“釣りとはくだらない遊び”。

e0009009_2334726.jpg
仕事を手際良く片付けるコトができた水曜の夜。
会社の駐車場に停めてあるクルマに飛び乗り
イグニッションキーを回す。
それは“レイトショー”に何とか間に合いそうな時間だったから。

放映の始まる10前に劇場に到着して、受付でチケットを買い求めた。
小さな劇場の中に入ると、通路にはドリンクの自動販売機が設置してあった。
会社から急いで走ってきたために喉が渇いていたボクは
数種類のドリンクの中から、果汁100%のAppleジュースを選んだ。
何となく飲みたかっただけで、特別な理由はない。

時間に間に合って良かった・・・と思いながら指定席に座り
Appleジュースの紙パックにストローを刺して、果汁100%を口に含む。
すると、スクリーンの前に掛かった緞帳が上がりはじめた。
同時に緑と白で光っていた非常口を示す灯りが消え劇場内の照明が落ちた。
そして数本の予告編の映像が流れ終わった後、その映画が始まった。

118分後、ボクは劇場から出て、クルマのイグニッションキーを再度回す。
冷え切ったエンジンは、その回転数を高めにして回る。
回転計の赤い指針を見ながら、ボクは劇中に聞いた台詞を二つ思い出した。

“出会いは全てが師”という台詞と“釣りとはくだらない遊び”と言う台詞。
両極端な二つの台詞がボクの胸の中に大きく響いた。

そして、昔見たテレビアニメの曲を思い出しながらアクセルを踏み込んだ。
by tokyo_terry | 2009-03-26 23:35 | @ Art

rebuild

今度の休日は何処へ行こう・・・天候のサイクルが変わらないようなら
昨シーズン折ってしまったロッドの修理でもして過ごそうかな。

e0009009_21404476.jpg
いつものようにロッドの修理を加藤毛ばり店の店主に相談すると
昨年のシーズン終盤に折ってしまったハニーカラーのブランクには
補償が付いている、というコトが先日わかった。

3pcロッドのティップ修理に併せて、傷の入ったトップガイドも新品に交換。
スネークガイドはそれまで使っていたモノをそのまま流用しよう。
ラッピングスレッドもまだまだ充分残っている、エポキシ塗料の在庫もある。
ラミグラス社への送料分だけの費用で済むというコトだったから
財布への負担は少なくて済む。

このロッドは、昨年の春から秋にかけて岐阜の里川でアマゴを
長野や群馬の渓流でヤマメ、もう一度岐阜で、そして新潟でイワナを
そこから一気に北上して、北海道でレインボーやブラウンのほかに
大きなイワナ、尺ヤマメまでも釣り上げているラッキーロッドなのだ。
もしかしたら、不運が続くボクに幸運をもたらしてくれるかもしれない。

ここのトコロ、毎週のように金曜日には雨が降り
釣りに出かけようと考えている土曜や日曜は、増水に悩まされている。
それは先週の連休も変わらず、加えて雨後の晴れた日には
強風も加わるから、ボクには厳しい状況がずっと続いている。

釣り場の状況だけが釣れない原因という訳じゃないのは
ボク自身が一番判っているコトなんだけど
この現状を何とか打破したいと思っているものの
次回こそは!と意気込みすぎても空回りをしてしまいそうだから
今度の休日は、昨シーズン折ってしまったロッドの修理でもして過ごそう。

折れたロッドの修理が終わったら、BOZEMANで作られている
新しいウェーダーを履いて、のんびりと里川を歩こうかな。
ロッドと服装を変えて、気分一新で渓に向かおうと思う。

それでも不運に見舞われたら、今度はボクのココロまで折れそうだ。

それにしても、BOZEMANってのは・・・今のボクにピッタリだな(笑)
by tokyo_terry | 2009-03-23 21:44 | ⌘ Rod Building | Trackback | Comments(24)

Landing Net Owner's Meeting

e0009009_23132482.jpg
terry's Photo Lounge
二日間の様子はコチラにも!!
またしても、サカナの写真はありません。
by tokyo_terry | 2009-03-22 23:15 | @ Art | Trackback

★★★★★

北の大地から友人夫婦がやって来る?
じゃ、いつもの友人たちと一緒にミーティングをしよう!

e0009009_22475475.jpg
釣り上げた美しき渓魚と釣り人が初めて顔を合わせる場所・・・
それは、ランディングネット。

いつも木曽に集まる仲間たちは、それぞれがとても個性的。
住む場所はもちろん、性格や性別、重ねて来たキャリアなどは全然違う。
でも、フライフィッシングが好きなコトに、違いはない。
そして、使っているランディングネットに関しても同じ趣向のようなのだ。

そんなボクたちがお気に入りとして使っているのは
北の大地のyamadaさんとPirikaさんが製作しているランディングネットだ。
このランディングネットは、若きイケメン職人がフレームをデザイン&製作し、
キュートなpirikaさんが女性らしい繊細さとを可愛らしさでネットを紡いでいる。

そのふたりがアマゴを釣りにやってくるというのだから
釣りはもちろん、仲間と食事をしたりお酒を呑んだり
モノ作りをするのが大好きなボクたちが
オーナーズミーティングというコトで集まらないワケがない。

西のバンブーロッドビルダー夫婦東のバンブーロッドビルダー
シルバー職人&凄腕料理人、そしてボクが
ログハウスビルダーのozさんの元に集まった。

e0009009_22541047.jpg
まずは地元の蕎麦で腹ごしらえ。
お腹がいっぱいになったら、ozさんのログでコーヒーを。

そして、午後から全員で一斉に木曽の渓へと散らばった。
by tokyo_terry | 2009-03-22 23:04 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(16)

★★★

久し振りのウィークデー釣行は
水色も良い、ハッチも見られる・・・

e0009009_221319100.jpg
しかし、ライズは皆無。

いや、一度だけ起こったライズはモノにしたのだけど
ボクの毛鉤を咥えたのは、またしてもストライパー(笑)

久し振りのウィークデー釣行なのに、三連敗とは・・・情けない。

terry's Photo Lounge
もちろん、サカナの写真はありません。

My trip meter 168.7km
total 878.7km
by tokyo_terry | 2009-03-10 20:37 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(22)

Compound Hatch

春の里川で活躍してくれそうな毛鉤を巻こう。
いつもと違うタイプの毛鉤も巻いてみよう。

e0009009_17515834.jpg
Griffith Knat #20 TMC100SP-BL

e0009009_17521877.jpg
Cripple Dun #18 TMC100BL

e0009009_17513241.jpg
CDC Crane #16 TMC100BL

e0009009_175210100.jpg
CDC Humpback Spent #17 TMC212Y

e0009009_17522884.jpg
CDC Humpback Emerger #20 TMC100SP-BL

e0009009_17542683.jpg
Spent Caddis #18 TMC108SP-BL

ボックスの中身を確認して、不足している毛鉤を補充しよう。
と言っても、ボクが出掛ける春の里川で
いつも活躍してくれる毛鉤のストックは充分だったから
久し振りに雑誌やフライフィッシングのサイトを参考にして
今まであまり巻いたコトのない毛鉤を巻いてみた。

いつもと違うタイプの毛鉤を巻いてみるのも面白い。
今更ながらだけど、TMC212YやTMC108SP-BLなどのフックは
普段ボクがよく使うものと違い、フックのデザインもなかなか面白い。
また時間のある時にはイロイロと巻いてみよう。

そして、次の休日こそは、この毛鉤たちを使って
アマゴを誘い出してやろうと思う。
by tokyo_terry | 2009-03-08 17:55 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

Chironomidae

もう少しサイズの大きい毛鉤を巻こうと思っていたけど
目にとまったのは何故だかユスリカの写真。

e0009009_9513311.jpg
小さなサイズの毛鉤は、流石にもう巻き飽きた。
もう少しサイズの大きい毛鉤を巻こうと思って
ストックフォトの中から水棲昆虫の写真を探していた。

でも、目にとまったのは何故だかユスリカの写真。
種類は何だか解らないけど、アンテナがあるから♂のユスリカだろう。

そう言えば、今月の雑誌フライフィッシャーに付録として付いていたDVDに
刈田敏三さんのThe Drifter Checker,The Movieで
ユスリカのハッチの映像が入っていた。

ピューパからアダルトへ羽化するシーンや
羽化しきれず、スティルボーンになってしまうシーンなどが入っていた。
ピューパの背中が割れて、アンテナが伸びたときには、思わず息を飲んだ。

こういった釣りを楽しんでいる人以外は
ちょっと理解出来ないコトだと思うけど
極小のユスリカのハッチシーンもなかなかエキサイトだ。

そこで、ネットでユスリカの検索を掛けてみると
キソガワフユユスリカなんてのもいるようだ。

家のすぐ近くを流れる木曽川という名前の付いたユスリカ。
もしかしたら、この写真のユスリカもキソガワフユユスリカなのかな。

あ、ユスリカに気を撮られてる場合じゃない。
ユスリカの毛鉤は充分巻いたから、もう良いのだ。
大きいサイズの毛鉤を巻こう。
by tokyo_terry | 2009-03-08 09:56 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31