<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

I want to go out

今日の空は、久し振りに太陽が顔を覗かせる大きな青空。
こういった天気は、やっぱり気持ちイイ。

e0009009_11581694.jpg
この一週間は、半時計回りに風が吹く西の低気圧と
時計回りに風の吹く東の高気圧の迫間に
南の海上から暖かく湿った空気が大量に流れ込み
前線にぶつかって大量の雨をもたらした。

そのままでは飲むコトの出来ない海水が
大気に吸い上げられ雲となり、平野部から山間部にかけて
雨という姿に変わって降り注いだ。
ただ、その量が半端な量ではなかったのだけど
水はボクら人間にとってはとても必要不可欠なもの。

また、釣り人としても必要不可欠なものでもある。

e0009009_11583863.jpg
今朝はゆっくりと起き出して、パンとコーヒーで軽い食事。
釣り場へは向かわないつもりでいたのだけど
部屋の中から外に出ると、太陽が顔を出して
久し振りに青空が大きく広がっていた。

こういった天気は、やっぱり気持ちイイ。
きっと大量に降った雨で渓は増水しているのだろうけど
こんな天気の良い日は外に出て
たくさんの新鮮な空気を吸ったり、緑溢れる森の中を歩いたりすると
とても気持ちが良さそうだ。

もしかしたら今週降り続いた雨は
渓の状況を夏モードから秋モードへのスイッチへとなり
シビアだけど面白い釣りを楽しめるようにしてくれたのかもしれない。

釣り人は釣り場に向かう前、いつもポジティブシンキングなのである。
来週は出掛けられそうかなぁ。
by tokyo_terry | 2008-08-31 11:59 | ☆ My Life

weekend plan

なんだか全国的にものすごい雨の天気になってるみたい。
この週末は仕事も入ってるし、ちょっとお休みかな。

e0009009_21374186.jpg
昨夜の雨と雷にはビックリさせられた。
念のためにパソコンなどの電源コードを抜いておいたりしたけど
翌朝のTVニュースは、雷よりもその降雨量の凄まじさと
各地で起きた脱線事故や冠水や浸水などの水害を伝えていた。
もちろん、天気予報でも各地に発令された警報などを報じていた。

週末アングラーのボクとして気になるのは
これまでの積算雨量と今後の雨の量だ。

やはりこれだけの雨が降ったら
この週末にフィールドへ出るのは差し控えておこう。
土曜まで仕事が入っているし、現場では増水だけじゃなく
地盤の緩みなど目に見えない危険との隣り合わせになるから
日曜はのんびりと毛鉤でも巻いて過ごそうかな。

ドライフライのボックスには
しっかりと毛鉤がストックされているから
日曜はウェットフライでも巻こう。

あの流れで増水時なら・・・きっと効き目がありそうだ。


もし、この週末にフィールドへと出かける予定を組まれている方がいれば
河川の増水や土砂崩れなどには、くれぐれもお気をつけください。

by tokyo_terry | 2008-08-29 21:40 | ☆ My Life | Trackback | Comments(12)

It weighs 3200g

いつも持ち歩くフライボックス。
ボクは大小合わせて・・・6つ・・・時折7つだけど。

e0009009_21504258.jpg
フライフィッシングという共通の趣味を持つ仲間が集まると
ロッドやリールの話、ウェアの話、毛鉤の話
もちろん釣果自慢の話もあるし、釣り場選びの話や
新しいメソッドなど、様々な話題がそれこそ泉が湧くように出てくる。
そんな中、先日同行したMasaさんの巻いた毛鉤の高いクォリティと
その毛鉤が入ったボックスの数が話題に上っていた。

彼が持ち歩くボックスの数は、8つ。
どれも工夫を凝らした様々な毛鉤が沢山入っているボックスだ。
一体どれくらいの毛鉤を持ち歩いているのだろう。
それこそ、彼が着用しているヴェストには
小さなポケットにもフライボックスがしっかりと納められている。
釣り人の使い勝手をよく考えたデザインとその収納力
そして肩の凝らないヴェストとして人気のあるヴェストは
メチャクチャ重かった。

ボクも以前は沢山のフライボックスが持ち歩けるようにと
Foxfireのドローワーズヴェストや
Simmsのガイドヴェストを着用していたけど
そのフライボックスの収納数に比例して
半端じゃなく重いヴェストになってしまった。
やはり重い装備では渓を爽快に歩くのがツライから
今では随分と軽量化しているつもりだ。

そのフライボックスの数が話題に上がった時
ボクは今、どのくらいの数のフライボックスを持ち歩いているんだろうと思い
数えてみると・・・
 #8〜14までのドライフライを収納している大型ボックス。
 #16のドライフライだけを収納している小型ボックス。
 #18・20のドライフライを収納している小型ボックス。
 #20以下のドライフライを収納している小型ボックス。
 ヘアズ・イヤーなどの定番ニンフを収納したボックスと
 マイクロサイズのニンフばかりを収納したボックス。
合計6つのフライボックスを持ち歩いていた。
時折ウェットフライを収納したボックスを持ち歩くコトもあるから
多い時は7つのフライボックスを持ち歩いているコトになる。

ヴェストにはコレ以外にもショットやインジケーター
フロータント数種、雨具や携帯食やドリンク
イブニングに不可欠なLEDライトにアッシュトレイ
コンパクトとはいえ、デジタルカメラも入れているし
ランディングネットも背中にぶら下げる。
それぞれは軽くても、合計すればそれなりの重さになるだろう。

実際にどれくらいの重量になっているのか気になって
ヴェストにいつもの装備と水筒に水を入れた状態にして
重量を計測してみると、3.2kgもあった。
もう少し軽くできると良いかもしれない。

いや、待てよ・・・装備を絞り込むよりも
コレだけの数値分の体重を落とすコトができれば
今よりもっと軽快に釣り歩けるかもしれない。

ちょっと頑張ってみようかな、ダイエット。
その気になれば、コレくらいの数字はなんとか・・・なるか?(汗)
by tokyo_terry | 2008-08-28 21:52 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(14)

Views From the Back

キャスティングとその後のラインコントロール。
様々なスタイルがあって友人の釣りを見るのは、とても勉強になる。

e0009009_21322746.jpg
先日、栃木の友人と渓を一緒に釣り上がった。
キャストも、ラインコントロールも抜群に巧い。
シーズンの大半を東北で過ごす彼の釣りのスタイルは
いつも勉強になる。

しなやかで柔らかなロッドをまるで自分の腕の延長のように
自由自在に操り、軽量ラインと長いリーダー&ティペットを
巧みにコントロールして、流れを軽やかに釣り歩く。
そして、アッという間に渓魚を釣り上げて、
魚体に触らないようにして、素早く水に戻す。
一連の動作がとてもスムーズで無駄がない。

e0009009_21325226.jpg
また、枝やブッシュへ毛鉤を引っ掛けてしまっても
すぐには諦めず、しっかりと回収する。
フィールドを汚さないようにする配慮も忘れていないのだ。
何気ない行動だけど、普段からそういった行動をしているから
毛鉤の一本一本までも大事に使っている。

普通のコトを普通にできるコトの格好良さ。

わがままで自分本位な人間が多い現代社会の中で
こういったコトが出来る人間がどれくらいいるのだろう。

そういえば、彼は木曽へゲストとしてやって来ていたのに
自分から率先して後片付けもしていたっけ。
さりげなく気遣いの出来る彼は、普通以上のコトができる人間だ。
それに比べて、ボクなんかはまだまだ足元にも及ばない。

キャスティングとその後のラインコントロール。
様々なスタイルがあって友人の釣りを見るのは、とても勉強になるのだけど
今回は釣り人としての技術だけじゃなく、
人間らしさのようなものを教えてもらったような気がする。

e0009009_21331976.jpg
雨の休日にそんなコトを教えてもらったような気がする。
彼の背中から。
by tokyo_terry | 2008-08-27 21:38 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(22)

Cygnus at kiso

友人たちとの楽しい時間は、流れ星のようにアッという間に流れ
気がつけば残照の中、ロッドを振っていた。

e0009009_21354499.jpg
辺り一面が暗くなってクルマに戻り、帰り支度をしていると
要さんが“白鳥が飛んでる”と言いながら、晴れ上がった夜空に向かい指を指した。
そこには白鳥座が輝いていた。

8月がもうすぐ終わる木曽の夜空に輝く白鳥座だった。
そういえば、土曜の夜は雨に降られてしまい
いつも楽しみにしている星空が
ログハウスのウッドデッキから見られなかったっけ。

この白鳥座が見えるような天気は、日が暮れるまで頑張ったけど
大した釣果に恵まれなかったボクらへ、木曽からのプレゼントかもしれない。
次はどんな夜空をボクらに見せてくれるのだろう。

そう、夜と言えば・・・
by tokyo_terry | 2008-08-25 22:07 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(46)

Good-bye summer,Hello autumn.

数日前までは、夏らしくとても暑かったけど
今日は頬を撫でる風に少し涼しさを感じた。

e0009009_2340139.jpg
黄昏時の街の中に佇ずむと
ビルとビルの合間を吹き抜ける風が
夏のそれとは随分と違っていた。

数日前と比べると、朝晩が随分と過ごしやすくなって来た。
そろそろ夏が終わり、秋に向かって少しずつ季節が進んでいるのだろう。
“夏の終わり”って聞くとなんだか寂しいけど
“秋の始まり”だと思えば、楽しく感じられるから不思議だ。

秋しか感じられないコトや
秋だからこそ楽しめるコトって、いっぱいあるのだから
そんな感覚は別に不思議でもないか。

少しずつ移り行く季節を感じながら、大事に一日を過ごそう。
by tokyo_terry | 2008-08-21 23:44 | ☆ My Life

WetherNews

とても気になる。
久し振りの再会となる友人たちと、今週末の天気。

e0009009_2314631.jpg
仕事を終えて、愛車のステアリングを握り自宅に戻ると
PCのパワーボタンを押して、メールチェック。
その後はブラウザを立ち上げて
気になる場所の天気予報をチェックする。
その場所は、もちろん今週末のフィールドだ。

久し振りに会う友人たち、初めて出会う友人もいる。
よく会う友人たちも、もちろん一緒。
渓で楽しく過ごすためには、良い天気がイイ。
といっても、ピーカンじゃ釣り自体が難しくなりそうだから
程よく曇ったり、軽く雨が降るような天気の方がイイ。

まぁそんな都合良く天気に恵まれることなど無いとは思うけど
折角久し振りに再会する友人や、初めて会う友人たちがいるのだから
釣りが出来ないような天候にだけはならないで欲しいと思う。

できるコトなら、渓魚たちの活性が下がらぬ程度で
気持ちの良い青空に恵まれるイイなぁ。

仕事を終えて、愛車のステアリングを握りながら
そんなコトを考えながら、今夜はクルマを走らせていた。
by tokyo_terry | 2008-08-18 23:04 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(20)

my sustaining food

食った、食った、イロイロ食った。
たくさん食べて、スタミナが付いた。

e0009009_23274094.jpg
軟骨えびそば
力強い白エビの風味の効いた醤油スープ。
ザックリと歯ごたえのあるメンマに
表面に焦げ目のついた軟骨チャーシューと極太麺が絶品の一品。

e0009009_23281513.jpg
鰻丼
表面がカリッと焼かれつつもフワッとした鰻の食感はたまらない。
もちろん、食べる前には山椒を振って。
付け合わせは、もちろん肝吸と奈良漬け。
鰻重が頼めなかったのは、ボクの財布が軽いからだ。

e0009009_23284835.jpg
豚そば+全部のせ
珍しい魚介ベースの豚骨醤油スープ。
ストレートな極細麺と相まって、和風な味わい。
炙られたチャーシューが香ばしく
柔らかくもしっかりとした食感のメンマ。
半熟の煮玉子もとても美味しい、ややコッテリ系の一品。

食った、食った、イロイロ食った。
たくさん食べて、スタミナが付いた。

でも、付いたのはスタミナだけだろうか・・・
by tokyo_terry | 2008-08-17 23:29 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(22)

selective trout

巻いた、巻いた、毛鉤を巻いた。
ちょっと巻き飽きてきたら・・・ちょっとしたコトでも妙に面白かった。

e0009009_1548573.jpg
昨日から毛鉤を巻き貯めているのだけど
30本を越えた辺りから、徐々にそのスピードが落ちている。
というか、ボクが巻ける毛鉤の種類が少ないからだけど
40本を過ぎて、さすがに毛鉤を巻くのに飽きてきた。

先日手に入れたCDもiTunesにダウンロードして、何回リピートしたことだろう。
爽やかな歌声と心地いいテンポとアコースティックギターの音色が
とても気持ちの良いBGMだけど・・・。
同じコトばかりを繰り返していると、ちょっと違ったコトがしたくなる。

そんなとき、タイイングデスクの前に飾ってあった要さんの写真が目に入る。
そうだ、この水中写真を背景に今まで巻いた毛鉤の写真でも撮ってみよう。
面白いかも・・・と、カメラを取り出して、マクロ撮影をしてみた。

すると、なんだか水の中を泳ぐレインボーが
ボクの毛鉤を品定めしてるように見えた。

“どれも違うな”って言われてるようにみえた。
by tokyo_terry | 2008-08-16 15:52 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(28)

late-summer greeting card

本当に暑い夏だなぁ。
アイスクリームでも食べて、毛鉤でも巻こうかな。

e0009009_1872382.jpg
お盆や正月・・・ボクにはあまり無縁のもので
いつもはフライロッドを片手に渓を彷徨ってるんだけど
今年の夏は何年振りだろうか、珍しく“おとなしく”している。

今日は親父のお墓参りへ行ってから
午後からイブニングのちょっとした時間だけでも
フライロッドを振ろうかと思っていたけど
あまりの暑さに・・・

やっぱり部屋に戻って、アイスクリームでも食べて
毛鉤でも巻こうかと・・・。

この暑さ、お盆を過ぎたら少しは和らぐかな。
残暑お見舞い申し上げます。
by tokyo_terry | 2008-08-15 18:09 | ☆ My Life

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry