<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Curry and rice

今夜の献立はカレーアンドライス。
きっと、みんな大好きなメニューのひとつでしょ?

e0009009_0225100.jpg
仕事を終えて、駅までの短い距離を歩く。
その日は休日出勤、いつもよりも早い時間帯だった。

ドコか寄り道でもしようと思ったが
あいにくボクはお酒があまり得意ではないから
何を夕飯に食べようかな?なんて考えながら歩いていた。

気が付くといつものメトロの入り口を通り過ぎていた。

よし、このまま次の駅まで歩こう。
最近は食べ過ぎてばかり、しかも運動不足は確実。
歩いているうちに食べたいものが思いつくかもしれない。

しばらく歩くと、メトロの次の駅への入り口が見えてきた。
でもまだ何もその日のメニューが思いつかない。
よし、ちょっと寒いけど、もう一駅歩こう。
でも何も思い浮かばないまま、乗り換えの駅まで来てしまった。

そのままホームへ降りると、何故だか香辛料のイイ匂いが・・・。
どうして地下鉄のホームでカレーの匂いがしたのかか不明だが
これで、メニューは決まった。
そう、カレーアンドライス。

駅を降りてすぐに入った、高架下のカレーの店。
ザク切り野菜が乗っかった、野菜カレーの大盛り!。
今日はふた駅分歩いたからと
自分へ微妙な言い訳しながら頼んでしまった。

電車が通る度に店内には軽い振動が伝わる。
このカレーも美味しかったけど
隣でオーダーされたドライカレーのほうが
とても美味しそうだった。

今度はボクもドライカレーにしよ。
by tokyo_terry | 2006-01-30 23:58 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(8)

events

雑誌をパラパラとめくると
先日、横浜で行なわれていたイベントの記事があった。

e0009009_2122717.jpg
二年振りに開催したフライフィッシングフェスタの記事だ。

このときはボクも会場へ足を運び
展示された製品やスクールを楽しんできた。
そして、いつもブログでお世話になっている
仲間たちとの初対面も果たすコトができたのだ。

そして、昨日・今日と長野県の松本で
とあるショップ主催のジャニ天なる企画が催されていた。
これにも行ってみたかった。

とくに今回は展示即売会ということで
欲しいものがあったからだ。
欲しいものといっても大した物じゃないけど
通信販売ではちょっと不安。
実際に手にとって見てみたいもの。
そう、ハックルケープだ。

そして先日手に入れたTシャツをデザインされた方なども
このイベントに参加されるとの事で
一度会ってみたいな〜。なんて考えていた。
もちろんココでリンクさせていただいている
ブロガーの仲間も参加しているから
再会も出来そうだった。

しかし、仕事が忙しく休みが取れない。
それどころか日曜も出勤するハメに。
でもまぁ、それはそれで仕方ないこと。

次回の機会があればイイか。
ハックルも気に入ったものが見つかれば
そのとき手に入れればイイ。

そういえば、そろそろ東京の老舗フライショップ主催のイベントもあるな〜。
ハンドクラフト展ってタイトルついてるけど、ハックルケープはあるかな?
休みが上手く取れたら、ちょっと覗いてこよう。
by tokyo_terry | 2006-01-29 21:27 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(22)

very happy !

土曜の大仕事に向け、今日はちょっと早めの帰宅。
後輩と一緒の帰り道に、ちょっとした贅沢。

e0009009_2054398.jpg
“ラーメンでも食って帰るか!”

というひと言でちょっと寄り道。
今日は初めて入るラーメンのお店。

コクのある醤油スープに平打ちの麺。
その上に乗っかる具は、タケノコの細切りと豚肉の炒め物。
さらに生玉子がドンブリの真ん中に鎮座している
“豚玉醤らーめん”というラーメン。

少し濃い目の味付けのスープは、仕事の後にはとても旨い!
タケノコの歯ごたえある食感と豚肉の炒め物のお陰で
白いご飯が食べたくなる。

でも今日は我慢、我慢。

最近はラーメンを食べ過ぎてるようだ。
それにいつもライスも付けちゃってるから
さすがに体重が・・・。

でも大好物のラーメンを食べたから、ちょっと幸せ。
これでツライ仕事も何のそのッ!って感じかな〜。

あ”〜、満腹ッ!

ボクって単純(汗)
by tokyo_terry | 2006-01-26 20:55 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(20)

very busy

あ”〜、なにもかも放り投げて逃げ出したいッ。
イカン、イカン、グチってしまった。

e0009009_7593480.jpg
ここのトコロ本業がとても忙しい。

まぁ、中小企業のサラリーマンなんで仕方がない。
仕事がないよりはマシなんだろうけど、毎日ドタバタは疲れるッ!

数年前なら、徹夜も何のそのって感じだったけど。
最近は徐々に疲れが残る。二十代の頃が懐かしい・・・(涙)

今週は週末の事務所移転(本業のです)のコトでドタバタしっぱなし。
さすがのポジティプシンキングにも限界が・・・。

あ”〜何もかも放り出して逃げ出したい。
きっと今度の日曜は、疲れきって真っ白になるんだろうな。

先日見た札幌の雪のように綺麗ならイイんだけど。
きっとそうじゃないんだろうな〜。
by tokyo_terry | 2006-01-26 01:08 | ☆ My Life | Trackback | Comments(9)

Gray Fox & Light Cahill

春に向けてじわじわと毛鉤を巻きたくなってきた、今日この頃。
ちょっと古典的だけど、ボクにとっては現役バリバリのふたつのパターン。

e0009009_07011.jpg
川原に立つと淡い色調のメイフライが目に入った。

ハッチしているメイフライの種類は何かはわからない。
一応サイズと色合いは合わせて使おう、フライフィッシングだからね。

いつもならすぐにアダムスを結んでしまうけど
淡い色調ならコレ、グレイフォックス。
まだイブニングまでには時間があるから
いつもの場所にクルマを停めて川原へ降りる。

パラシュートスタイルに巻いたグレイフォックスを
アマゴが着いているであろう流れの中のポイントへ
打ち込みながら釣り上がって行く。
すると何度かの反応はあった。
岸際の肩に毛鉤を落とすと、着水して数センチ流れたところで
水飛沫があがった・・・アマゴだ。

そして夕暮れが徐々に迫ってくる。
すると、水生昆虫に詳しくないボクでも知っている
割と大きなカゲロウがハッチする。
そう、エルモンヒラタカゲロウだ。

それまで使っていた毛鉤よりも大きなサイズが使える。
フライボックスから#12のライトケイヒルをつまみ出す。
久し振りに出番がやって来た毛鉤だ。

四月の里川とはいえ、夕方になるとちょっと寒い。
でもそんなコトは言ってられない。
目の前の流れでもライズも見られるようになってきたからだ。
かなり激しいライズが繰り返される。
サカナは自分の目の前を流れるご馳走に夢中のようだ。

何度かこのライトケイヒルをキャストして流芯の脇の流れに乗せると
大きく激しい水飛沫があがった。

来た来たッ!
アマゴだ。さっきよりも大きい。

そんな思い出があると、またいつかもこんな事があるのでは?
なんて考えちゃうから、このふたつのパターンは外せない。

それにこの毛鉤を巻くときのハックルはジンジャー。
グレイフォックスにはグリズリーをプラス。
共通の色だから一緒に巻けば手間があまり掛からない。
あとは同じスタイルだからダビング材を替えればイイ。

ジンジャーのハックルをブラウンにすれば、マーチブラウンにもなる。
コーチマンブラウンを入れれば、今度はアダムスにもなる。
タイイングもそれほど難しくないし、カラーバリエーションも豊富になる。

ちょっと古典的だけど、ボクにとっては信頼のおける現役バリバリのパターン。
by tokyo_terry | 2006-01-24 00:18 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(24)

Image training

先日、大型の毛鉤を巻き始めたのがキッカケとなり
徐々に毛鉤を巻くためのモチベーションが上がってきた。

e0009009_2353347.jpg
まずはボクの渓流での定番の毛鉤から巻き始めようと思う。
いつも使っているので、年中弾不足気味。
アダムスの#18〜#12をたっぷりと巻いておこう。

その後は淡い色調のメイフライパターン。
そして徐々に明るい色から濃い目の色調の毛鉤へ。
季節の移り変わりを意識して毛鉤を巻く。

もちろん、その途中にはフォームを使った大型の毛鉤や
フックとスレッドとハックルのだけのシンプルなミッヂパターンなども巻いてみる。
釣行時に使いきってしまったパターンもその都度巻くだろう。

ボクはプロのタイヤーじゃないから、納期に追われるコトも無く
自分のペースでのんびりと好きな毛鉤を巻く事が出来る。

他人が見たら“あれ!?”と思うような毛鉤もあるだろう。
でもそれは各人の通うフィールドや釣り方の違い
タイイングの癖などもあるから、毛鉤のバランスという点では
“あれ!?”と思って当然だと思う。
まぁ、そんなコト気にしてたら
わざわざblogで毛鉤の写真など掲載しない。

さぁ、アタマの中で色んな状況を思い描きながら毛鉤を巻こう。
ライズを狙うイメージや、明るい渓を釣り上がるイメージ。
大きな流れの小さなスポットに毛鉤を流し込むイメージ。
シューティングラインをリトリーブして毛鉤を泳がせるイメージ。
もちろん、それらのサカナたちを自分の巻いた毛鉤で
釣り上げるまでをイメージしよう。

様々なイメージを思いながら毛鉤を巻けば
きっと自分の納得のいく毛鉤がたくさん巻けるだろう。

フライタイイングとはイメージトレーニングのようだ。
by tokyo_terry | 2006-01-23 00:00 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(18)

Stimulator

車中での会話の中、気になる毛鉤の名前がでてきた。
大型のドライフライ、スティミュレーター。

e0009009_042298.jpg
アメリカ産まれの大型ストーンフライの成虫をイミテートする毛鉤。

ボクは水生昆虫などの生態には詳しくないので
それくらいのコトしか、この毛鉤については知らない。
しかし、先週からこの毛鉤をたまらなく巻きたかった。

それは、海アメ釣りを終え
札幌への帰り道での車内での会話が発端。

本流で大型の毛鉤を流したり
水面でステーティングさせたりして、レインボーを釣る。
という話の中に出て来た毛鉤が、このスティミュレーターだった。

ドライフライの釣りが大好きなボクのアタマの中は
この話を聞いてから、水面に大きな水飛沫のあがる映像が流れっぱなし。

リールからはサンライズカラーのフライラインがドンドン引き出されて行く。
そして何度かのジャンプを繰り返したそのサカナは
大きくピンッと張ったヒレと、真っ赤な頬を持つレインボー。
しばらくしてボクのインスタネットの中で静かに横たわっている。

そんな映像が北海道から帰って来てから
ずっと頭の中で繰り返されているのだ。

この映像の再生を止めるには
取りあえずその毛鉤を巻くしか無いのかな?
なんて思っていた。

しかし実際に巻いてみると・・・。

すでに頭の中の再生装置は、どうやらブッ壊れているようで
その映像は止まるどころか、何度も再生を繰り返している。

どうやらこの映像を止めるには
この毛鉤でレインボーを釣るしか方法がないようだ。
by tokyo_terry | 2006-01-22 00:06 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

SS design

先日、通信販売でTシャツを手に入れた。
ネットを深夜徘徊していたときに見つけたTシャツ。

e0009009_5393786.jpg
とある深夜。
JAZZアルバムを聴きながら、インターネットを徘徊していたら
とあるフライショップのサイトで見つけたTシャツ。

イワナをモチーフにしたというこのデザイン。
2尾のサカナが泳ぐ姿がとても可愛らしい。

デザインをされたのは、
“瀬戸際の渓魚たち”や“渓魚釣りしかの川”の著者であり
日本の渓だけでなく、ロッキーの川やNZの流れを釣り歩き
魅力的な釣り場や、とても完成度の高いフライパターンなどを
紹介してくれる佐藤成史さんだ。

何でも、彼もこのTシャツを釣りに出掛けるときに着用しているという。
そして昨シーズンの後半は、このTシャツを着ているときに限って
良いサカナが釣れたそうだ。
とあるフライショップのサイトに、そう言ったコメントをされていた。

デザインも気に入ったのだが
そんな彼のコメントを読んでしまったら
ついつい“カートに入れる”をクリック(笑)

今年はこのTシャツを着て、ボクも渓を釣り歩こう。
そのときはアマゴの渓ではなく、もちろんイワナの渓だ。
里帰りついでの木曽の渓がイイかも。
狙いはヤマトイワナ。

う〜ン、今からこのTシャツを着て
渓を歩くのがとても楽しみだ。
by tokyo_terry | 2006-01-21 05:42 | ♢ Tackle Talk | Trackback | Comments(20)

Fairlady Z 432

仕事を終えてメトロへ向かう途中、交差点に懐かしいクルマが。
といってもショールームに展示しているクルマだが・・・

e0009009_21445010.jpg
いつもより早い時間に仕事を終えたので
ブラッと本屋さんにでも寄ってから帰ろうかな。
なんて思いながら、銀座四丁目の交差点に差しかかると
日産ギャラリーに懐かしいクルマが展示してあった。

e0009009_21453286.jpg
イエローボディが眩しいスポーツカーだった。
フェアレディZだ、しかも“Z432”。
4バルブ・3キャブ・2カムが名前の由来。
GT-Rのストレートシックスエンジンを積んだホットモデル。

ロングノーズ・ショートデッキのボディは、今見てもスゴくカッコイイ。
先代SR311のオープンボディから、クローズドボディにしてデザインを一新。
当然、運動性能と安全性、そして快適性がアップしたスポーツカー。

デザインがイチバンカッコイイと思うのはGノーズのついた240ZG。
オーバーフェンダーやリアスポイラーが装着されているモデルだ。

ギャラリーに展示してあったこのクルマの隣には
現在の最新モデルのZが展示されていたが
何故か最新モデルよりも、往年のクルマにボクは魅力を感じる。

誕生から30年以上経っても
色褪せない魅力のあるクルマってのはスゴいな〜。
そう思うのはボクだけでしょうか?

経済的余裕があれば、かなり古いクルマだけど
こんなカッコイイクルマに乗ってみたいな。
by tokyo_terry | 2006-01-19 21:47 | © Car | Trackback | Comments(22)

Noodle in the north

北のラーメンといえばやっぱり味噌ラーメン?
濃い目のスープは白いご飯が欲しくなる。

e0009009_0474356.jpg
先日の北海道旅行では、好き嫌いが多いボクには
食事の面でみんなに心配されたり、残念がられたりする。

魚介、特に刺身が苦手。
北の味覚を、特に海の幸を味わうにはこれが最大のネックになる。
でも探すと他にもイロイロと食べるものはあるはず。

北のブロガーと食したジンギスカンしかり
こういった地元のラーメンしかり。

e0009009_0482952.jpg
写真は仲間たちと一緒にすすったラーメン。
札幌の街を朝から随分と歩いていたので
この日のお昼ご飯はとても待ち遠しかった。
いつもは醤油味のサッパリ系のラーメンが大好きなのだが
せっかく北海道に来たのだからと味噌ラーメンをオーダー。

チャーシューに玉子、メンマ。
もちろんコーンとバターは忘れずにね。
その下には炒めたキャベツにモヤシ。
そして太目のちぢれ麺。

バターをスープに溶かしながら食べるラーメン。
外はとても寒かったし、仲間と食べるラーメンはとても美味しかった。
でもカウンターにラーメンが並び始めると
それまでおしゃべりしてた仲間の声は発せられなくなり
聞こえるのはラーメンのすする音のみ。

カニを食べ始めると静かになるのと同じかな。

こんな事書いてたら、とてもラーメンが食べたくなってきた。
明日のお昼はラーメンに決まりだなッ!!
もちろん白いご飯も一緒に。
by tokyo_terry | 2006-01-17 00:50 | ♡ Foods & Drink | Trackback | Comments(24)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry