<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は午後から管釣りへ

ゴールデンウィーク前の日曜日。
昨日に続きイイ天気でした。

e0009009_23391312.jpg










今日はお昼前に会社の同僚“D”課長のお宅へ
後輩“F”とともにお昼をご馳走になりに行きました。
“D”課長のお子さんはよくしゃべる明るい女の子。
一緒に折り紙などして遊んでいましたが
釣りに行きたくて後輩“F”とご馳走をいただき
早々と引き上げて来ました。
ご馳走サマでした!
手作りのパンがすご〜く美味しかったデス!

その後、渓流はムリなので
後輩“F”とクルマ飛ばして
都内からアクセスのいい川崎市内の管釣りへ。

やや強い春風の中、水面を見ると至る所に波紋が広がってます。
こりゃ〜いただき!と思っていたが、
思いのほか水面が風で波立ちドライフライが見えない!
たまらず、マーカー付けてルースニングにするものの
マーカーにサカナが出る!

思わず右手か動く!

釣れる訳が無い、マーカーには鉤がついてない!

やたらとマーカーにサカナが反応するので
右手がソレに反応しないようにガマンしつつ、
数匹のニジマスとご対面。

その後、マーカーに反応するならと後輩“F”とともに
#10や#8の超ドデカいドライフライでチャレンジ!

ガボッ!
「おぉっ」とふたりで笑いながら数匹のニジマスをキャッチ。
塩焼きサイズが混じる中、久し振りにデップリと太った
50cm級のニジマスも釣れて楽しいひとときでした。

しかし今日はカメラを忘れ、後輩“F”のカメラでパシャ!
ちょいと今回は画像が小さめ。
まあ、本人も写真に写せるような
イケメンじゃないからちょうどイイかな。
by tokyo_terry | 2005-04-24 20:33 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)

ピンクの薄化粧〜♪

お久しぶりの釣行。
東京はサクラの花も咲き誇り、これからが絶好の釣り日和。

e0009009_23423150.jpg




















今回の相棒は会社の後輩“F”。
待ち合わせの時間に後輩“F”は寝坊して20分ほど遅刻。
なんでも、昨日仕事が遅くなったらしい。
でもその後、飲みに行って帰って来たのが明け方近く。
それでも、ちゃんと来てくれました。

とりあえずクルマをブッ飛ばしながら朝メシを済ませ目的地に到着。
さっそくタックルの準備。
ふと見上げると、近くの杉の木から大量の花粉が風に乗り
スゴい勢いで空を舞ってる。
やべぇな。

準備を終えて入渓点を見つけ、渓へと降りる。
おぉっ!大きなサイズのカゲロウが舞ってる。
朝9時の水温10度。
と言う事は、前日までにハッチしたカゲロウかな。
ダンではなくスピナーかな?
他にも小さなヤツも飛んでる。
いいですねェ〜。
やっぱりサクラの季節はハッチも盛んになり始め
寒々しかった渓景色に活気を与えてくれる。
あとはサカナがフライに飛びつく様にライズしてくれれば最高!

しばらくしてプールでライズを発見!
後輩“F”にその場をゆずり、自分は上流に。
後ろを振り返ると、後輩“F”にヒット!
ヤマメのようです。
後輩“F”はその場で釣りを続けるようだったので
ボクは上流へと釣り上がる。
がライズは見あたらない。
とりあえずヤマメの付きそうな流れにフライを乗せながらポイントを移動。
ふたつの流れがぶつかり、ゆったりと流れるアダムスの下にサカナの影。
“!”
まだ、サビが完全に取れてない魚体のヤマメだ。
でもイイ引きをしてくれました。
さっそくカメラを…あ、逃げられた!
よくある事です。

ま、気を取り直して釣り続けマス。

“!”
さっきよりもイイ引き。サイズもちょっとだけ良さそう。
ほんのりとピンク色のお化粧したキレイなプロポーションのヤマメ。
サクラの開花に合わせたような、ピンクの薄化粧が印象的でした。

そして後輩“F”はその時、ボクが釣っていた下流で今回も川へダイブ!
ウェイダーの中までグショグショにしていました。風邪引くぞ!
そしてボクは帰り道、花粉にやられ、鼻がグショグショになってしまいました。
by tokyo_terry | 2005-04-10 00:01 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)

Check! Check!! Check!!!

今日は病み上がりなんで一日ゆっくり過ごそうと思い、
朝からボサノバなんて聴きながら朝食を摂り
掃除・洗濯を久し振りにしてからフライタイイング。

e0009009_23463655.jpg
何本か毛鉤を巻き、コーヒーとタバコで一服。
外を覗くとイイ天気。
東京のサクラも開花宣言が発表されたから
今日なんてハッチに恵まれ、イイ釣りが出来たかも。
なんて、軽い妄想しながらまた数本の毛鉤を巻く。

巻き上げた毛鉤をフライボックスに入れ
ついでにタックルのチェック。
汚れたままのロッドを軽く拭き上げ、
リールからラインを出してクリーニング。

さらにベストの中も…。
ティペットやリーダーの予備やフロータント各種。
ニンフフィッシングする際につかうマーカーやショットも確認。
イブニングの帰り道にないと困るマグライト。
この時期のハッチの目安に必要な水温計。
釣れなきゃ使えないストマックポンプ。
背中にず〜っと入れっぱなしのレインウェア。
あとは日焼け止めとリップクリームや
急な腹痛などに備えてのポケットティッシュ。
頭痛持ちのため、必ずないと困るバファ○ン。
もちろんフライボックス各種。

以前着用してた斜めロゴ時代のシ○スのガ○ドベストや
フォックスファ○ヤーのドロー○ーズベストを着用してた時なんて
ベストが自立するくらいモノが入ってて、メチャメチャ重かったから
今は随分と持ち歩くものが減って軽量化できたような気も。

来週アタリは気分も軽やかに渓流にいきたいなぁ。
by tokyo_terry | 2005-04-03 20:31 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(0)

my favorite fly

マッチ・ザ・ハッチの時期でも
釣り上がりの時期でも
夏のテレストリアルの時期でも
とりあえずティペットの先に結んでしまう
フライってありますか?

e0009009_23513753.jpg




















明らかにマッチしていない場合を除き
ボクは取り合えず、このアダムスパラシュートを
真っ先に結んでしまいます。

だから、使用頻度が非常に高いから
おのずと“釣れるフライ”になってしまいます。
コレとは逆に使わないフライってのも
ボックスの中に多々眠っています。

こういったフライは意外と多いもので、
ある人はエルクヘアカディスが“釣れるフライ”
ある人はコーチマンが“釣れるフライ”
また、その逆も…。

いつもならシーズン前にアダムスパラシュートを
#18〜#12までボックスにギッチリと詰め込むように
ひたすら巻いておくのに
昨シーズンはあまり釣りに行かなかったからか
いつものようにタイイングに熱が入らなかったもんだから
今年のフライボックスは少しスッキリとしてます。

今週は熱出して会社休んじゃったから
明日は釣りではなく
フライタイイングに精出して
スカッとしたボックスを埋めようかな?
by tokyo_terry | 2005-04-02 20:57 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(0)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30