カテゴリ:* Camp,Outdoor & Journey( 61 )

One Day Trip

暑〜い夏の日、古都奈良を半日だけの散策。
本当は色々と回ってみたいトコロだけど、暑さで・・・半日が限界だ。

e0009009_17491484.jpgジージーと鳴く虫の声を聞くと、さらに暑さが倍増してしまう。家の中にいても暑いのだから、いっそのこと帽子を被って日焼け止めを塗って外に出掛けてみたほうが夏の一日を満喫できるかもしれない・・・蝉だって暑くって脱皮をする(?)くらいだから、海やプールなどの水辺にでも行ったほうが良いかもしれない。

e0009009_17495372.jpgと思い、モンベル奈良店へ作品の展示に出掛けた後は、奈良公園近くの町屋が軒を連ねる通称“ならまち”でしっかりと栄養補給・水分補給をして奈良奈良公園を散策。久し振りに興福寺の五重塔や東大寺の大仏殿などを見てまわったのだけど、やっぱり暑〜い。汗はダラダラ、普段の睡眠不足で足元はフラフラ。熱中症になる前にと、売店で売られていたキンキンに冷えたラムネを飲んで、日影のある場所を選びながら歩いた。この暑さじゃ、ブラブラと散策するのも半日が限界だ。

やはり暑い夏に出掛けるのなら、涼を求めて高原のスプリングクリークとか、緑のトンネルのマウンテンストリームがイイかなぁ。

One Day Trip


e0009009_17531055.jpg

by tokyo_terry | 2011-07-17 17:51 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(12)

The mountain weather

山の天気は変わりやすい。
・・・実感。

e0009009_221321.jpg山の天気は変わりやすい。アッという間に青空が雲に覆われ雨が降ったり、霧が出たり突風が吹いたり。実際に目の前をもの凄いスピードで雲が流れて行く様を見たりすると、山へ遊びに出掛ける際にも、充分な装備と無理・無茶な行動は慎もうと思う。今日はそんなコトをちょっとだけ感じた。
予定では、この休日にはテントを担いでキャンプを楽しんでこよう、森の中で生まれたばかりの新鮮な空気を吸ってこよう。キレイな景色を楽しんでこようと思っていたけど、生憎の雨に祟られてしまったから、楽しみにしていたけどキャンプは延期。
でも、今日は朝からよい天気になったから、紅葉ドライヴを兼ねた近場のデイ・トリップを楽しんできた。まだ山の色付きは始まったばかりだったけど。

晴れ、曇り、雨、霧、突風、そしてまた晴れ。
目まぐるしく変わる山の天気の様子はコチラ。

万全の準備と安全への心掛けは、いつも忘れずにいたいですね・・・アウターを忘れて寒かったです(^ ^;
by tokyo_terry | 2010-10-10 23:28 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(6)

Shooooooooooting☆Star

仕事帰りの寄り道は、いつもの場所ではなく
せっかくの機会だから、星の見える場所へ。

e0009009_0133868.jpg仕事で出掛けていた先は、とっても良い天気。こりゃ、夜も期待大だなぁ。なんてコトを考えながら、仕事を終わらせたのは、水曜日の夕方。

朝のTV Newsでオリオン座流星群がやってくる。と報道されていたから、仕事帰りにドコか星の良く見える場所へ寄り道しようと、出勤時にカメラバッグをクルマのカーゴルームに積み込んで仕事場へ向かった。
仕事帰りの寄り道・・・コレって結構楽しいコトだったりするのだけど、ボクの場合の寄り道のパターンは、概ね夕食がメインだったりする。時にはお酒を呑みに行くコトもあるけど、そのほとんどはお酒抜きの単純な夕食。ぶっちゃけ、ラーメンを食するコトが多いのが事実だけど、最近は随分とその誘惑には負けていない。せっかくの機会だから、星の見える場所へ。

クネクネと曲がる林道をはしり、町の灯りの少ない高台へ向かう。もちろん、狙いは流星群。
カーゴルームからカメラバッグと三脚を取り出し、夜空に向けてシャッターを切ってみる。そうそう、レリーズスイッチも忘れないようにセットしなくちゃ。数度のカメラテストをして、プレビュー画像で画面を確認。あとはレンズを向けている方角に星が流れるのを待つだけだ。


星夜撮影は露光時間も長いし、ゆっくりと星空を眺めるためにキャンピングチェアに座り、フリースのブランケットを膝に掛ける。あぁ、温かいコーヒーでも湧かせば良かったなぁ。仕事帰りの格好のままで、一時間ほど星空を眺めていたら、さすがに寒くなってきた・・・やっぱり、いつもの場所へ寄り道して帰ろうかな。

流星は撮れませんでしたが→→→terry's Photo Lounge
by tokyo_terry | 2009-10-23 00:20 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(6)

Off Meeting

トーキョー・ナガノ・シガ・ナゴヤ
アメ・ユキ・ミゾレ・ヤワラカナヒザシ

e0009009_0351871.jpg
久し振りの木曽。
久し振りの仲間。
居心地の良い地。

旨い料理と美味しいお酒、楽しい会話。
生まれたばかりの澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込むと
ちょっと冷たいけど、とても気持ちが良い。
e0009009_0361192.jpg
トーキョー・ナガノ・シガ・ナゴヤ
気の合う仲間たち八人が集まると
自然と同じ趣味であるフライフィッシングの話で盛り上がる。
今シーズンの思い出話から、地図を広げての来シーズンの計画まで・・・

外はアメ・ユキ・ミゾレ・ヤワラカナヒザシと目まぐるしく天気が変わる。
アメオトコ・ハレオトコ・ユキオトコ・・・

あれ?一人足らない・・・

e0009009_0364691.jpg
あ、外で何やらゴソゴソしてる。
クルマに付いた氷柱にマクロレンズを向けていた。

それならボクも、隣のクルマのサイドウィンドウ越しにレンズを向けよう。
そして、カメラを持って外の風景でも撮りに行こう。
by tokyo_terry | 2008-12-02 00:41 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(32)

More

もっと色々な場所へ出かけてみたい。
そして、ワクワク・ドキドキする出会いをしたい。

e0009009_21392671.jpg
長野県や岐阜県をメインフィールドに釣り歩いた08シーズン。
それは毎年あまり変わらないのだけど、それでも数本の新規開拓の渓もある。
今シーズンの新規開拓の渓を数えてみると、合計12河川だった。

e0009009_21395920.jpg
初めての渓景色にドキドキしながら釣りを楽しんだり
ライズに対峙して悔しがったり、その土地の渓魚に触れて喜んだり
一人で遠征したり、仲間と現場で合流したり。

長野県と岐阜県の他に、今年は初めて滋賀県でイワナとヤマメを釣ったりもしたし
群馬県では渋いヤマメたちのライズに翻弄させられたりもした。
振り返ってみれば、どの釣行もとても楽しかった旅だ。

e0009009_21404241.jpg
来期もきっと、長野県と岐阜県の釣り場が
ボクのメインフィールドになりそうだけど
時間が許す限り、もっと他にも色々な場所へと出かけてみようと思う。

初めての渓景色にワクワクしながら、そこで出会う渓魚たちにドキドキしながら。
そんなフライフィッシングの旅を来年はもっと楽しみたいと思う。
by tokyo_terry | 2008-11-09 21:45 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(30)

My travel ended

先週の里川での釣行が今シーズン最後の釣行。
釣行日数33日、総走行距離5496.1kmで今年の旅は終了。

e0009009_15313130.jpg
今シーズン33日の釣行で履き続けたウェーディングシューズ。
早春の頃はネオプレーン製のブーツフットウェーダーを履いていたから
実際にこのシューズを履いて渓を歩いたのは28日ほど。

フェルトソールも消耗していて
シューレースも所々に切れ掛かっている。
シューズ本体の縫製はまだ大丈夫そうではあるけど
それも時間の問題で、あと数日も履き続ければ
アッチコッチと“ほつれ”が出てきそうだ。

そこでふと思った。
あとワンシーズンをこのシューズを履いて
本流や里川、谿を歩いて釣りをするコトを想定すると
ボクの場合は、このシューズを履いた日数の累計は約60日前後となる。
60日というコトは、約二ヶ月だ。
たった二ヶ月の寿命というコトになる。

ウェーディングシューズは、
岩場、砂場、草むら、泥の中を歩き
流れの中で水に濡れたり、紫外線を浴びながら乾いたりを繰り返す。
日常の生活では、立ち入らない場所ばかりを歩くのだ。
だから普段履きのスニーカーなどに比べたら
相当にタフで、寿命も短くて当然なのかもしれない。

ワンシーズン通して、ボクの足元を支えてくれたウェーディングシューズ。
次に履くのは、来年の春になりそうだ。
釣行日数33日、総走行距離5496.1kmにて
今年の渓流シーズンの旅はおしまいだ。

今シーズン、釣行にご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。
また、ご一緒できなかった皆さん、来シーズンはどこかでご一緒しましょう。
サンデーアングラーには、あと1・2回の釣行がラストチャンスかな。
良い釣りをして来てください。

さて、来週からは何しようかな。
by tokyo_terry | 2008-09-21 15:36 | * Camp,Outdoor & Journey

Baton relay

ちょっとした思いつきで始まったフライロッドバトン。
実際にフライロッドをバトンに見立てて、ひと月毎のリレー形式で
一本のロッドが全国各地の釣りの旅をする企画。

そのバトンリレーは、先月で無事に終了したのだけど
今月でシーズンが終了するので、久し振りにボク自信が
バトンに見立てたロッドを振ってきました。

今回の釣行で、バトンリレーが完全に終了しました。
by tokyo_terry | 2008-09-15 00:17 | * Camp,Outdoor & Journey

Baton relay

ちょっとした思いつきで始まったフライロッドバトン。
実際にフライロッドをバトンに見立てて、ひと月毎のリレー形式で
一本のロッドが全国各地の釣りの旅をする企画。

e0009009_03317.jpg

いよいよバトンリレーの最終回

今日、このバトンリレーのアンカーとなる札幌の友人から
ロッドと手紙、そして一緒にティペット3ロールが届いた。

e0009009_04316.jpg

木曽でご一緒したとき、貸したままになっていたものだ。
by tokyo_terry | 2008-09-06 00:16 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(6)

Baton relay

ちょっとした思いつきで始まったフライロッドバトン。
実際にフライロッドをバトンに見立てて、ひと月毎のリレー形式で
一本のロッドが全国各地の釣りの旅をする企画。

そのバトンリレーの第5走者から手紙が届いた。
by tokyo_terry | 2008-08-09 23:59 | * Camp,Outdoor & Journey

Baton relay

ちょっとした思いつきで始まったフライロッドバトン。
実際にフライロッドをバトンに見立てて、ひと月毎のリレー形式で
一本のロッドが全国各地の釣りの旅をする企画。

そのバトンリレーの第4走者から手紙が届いた。
by tokyo_terry | 2008-06-29 12:54 | * Camp,Outdoor & Journey

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30