カテゴリ:* Camp,Outdoor & Journey( 61 )

Outdoor Cooking Camp!

雨の予報を尻目に高原へとクルマを走らせる。

目的は、仲間達との秋のクッキングキャンプ!

e0009009_23014550.jpg

夜のメインと翌朝の食事は考えておくので

つまみやサイドメニューをヨロシク!


という仲間からの連絡が前日に入り

何を作ろうかなぁ・・・と考える・・・!

よし、雨が降るのなら時間もありそうだから

アレを作ろう!と思ったのが↑のバウムクーヘン。

e0009009_23021087.jpg

キャンプ当日、待ち合わせ場所から

そうそうにキャンプサイトに入り

タープを立ててリビング、キッチンスペースを作り

テントを張ったら皆んなで買い出し。


お昼はボクが持ってきたマルタイの棒ラーメンを

四人前作った。


e0009009_23022463.jpg

茹で野菜とチャーシュー

煮玉子を後のせするトッピングスタイルで。

e0009009_23024562.jpg

その後は、冒頭の写真のバウムクーヘン作り。


材料はホットケーキミックスを300g

牛乳は200ml

玉子は2つ

風味付けにシナモンシュガーといたってシンプル。

e0009009_23025940.jpg

まずはホットケーキミックスに玉子と牛乳を入れて、よく混ぜる。

とそこで、手際の悪いボクの攪拌の仕方を見てた社っちょさん

こうやって混ぜるんだよ~!ってキレイに攪拌してくれた。

e0009009_23031384.jpg

その後、φ30mm程度の木製の丸棒に

アルミホイルを巻き、そこにホットケーキミックスを塗り

シナモンシュガーを振りかけて

炭火の上で、クルクルと回しながら焼き目を付ける。

e0009009_23033678.jpg

その工程を繰り返すコト数十回。

最初はちくわみたいに細かったけど

その姿はどんどんと期待とともに大きくなっていく。

e0009009_23035300.jpg

そして、全ての材料を使い切って完成!

約二時間、座りっぱなしでクルクルと(笑

e0009009_23040714.jpg

そして、緊張の入刀の儀式。

e0009009_23041900.jpg

キレイに焼けて、めっちゃ嬉しい~~!!

若干焼き過ぎた感があるけど

初めて作ったバウムクーヘンとしては

上出来でしょう♪

e0009009_23043738.jpg

その後は皆んなで夜の宴会に向けて夕食作り。

フライパンを手際よく振り、炒め物を作ったり

e0009009_23045567.jpg

高原の夜は寒いからと

社っちょさんがスンドゥブを作ったり

e0009009_23060302.jpg

ごま油と醤油で味付けした枝豆は初めて食べたけど

すんごく美味しかった♪

e0009009_23061782.jpg

これはイチヂクの生ハム包み。

こういうメニューをチャチャッと作るオカン

ほんとうにすごい、素敵です!

e0009009_23063112.jpg

もちろん、社っちょさんの作ってくれたスンドゥブも美味しかった!

溶き卵を入れ忘れたコトは内緒だけどね(笑)

e0009009_23064889.jpg

そして暗くなり、気温が下がり始めたトコロで

定番の焚き火で暖をとる。


楽しい仲間とのオシャベリとお酒で

高原の秋の夜は更けていく・・・


e0009009_08361570.jpg

そして、翌朝。

テントを激しく打つ土砂降りの雨の音で目が覚めた。


まずは目覚めのホットコーヒー。

e0009009_08363654.jpg

その後は昨晩シェフが作ってくれた

しっかりと味の染みたきりたんぽ鍋と

e0009009_08364148.jpg

バウルーっで焼き上げたホットサンドで朝食を。

朝からたっぷりと栄養補給をする。


今回のキャンプも

たくさんの美味しい料理を堪能できた。

e0009009_08365486.jpg

さて、そろそろ撤収の準備に取り掛かりますか。

雨の中で撤収作業をするのは辛いのだけど

そういえば、昨年の秋のキャンプも雨の中で撤収してたなぁ。



e0009009_08410741.jpg

帰り道はビーナスラインをグルっと回って

ドライブを楽しみながら自宅へ戻ろう。


帰ったらすぐにテントやタープなど

雨に濡れた大物道具たちを干しておかなくちゃな。




by tokyo_terry | 2016-10-09 23:11 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(14)

Go Camping!

友人とロードバイクを積んで、高原に向けていざ出発!

久しぶりのキャンプ&ライド。

e0009009_22494892.jpg

GWの前半、向かった先は

昨秋にフライフィッシングとフードキャンプを楽しんだ蓼科だ。

キャンプ地は、iwanao65さんに連れてきてもらった

雰囲気の良いキャンプ場への再訪。


高速道路の渋滞は予想よりも少なく

食材などの買い出しなどをして、

荷物満載の愛車フォレスターを駆り

蓼科高原に到着したのは午後2時過ぎ。

e0009009_22495388.jpg

キャンプ場には予約なしでの訪問だけど

先客は二組だったので、芝生の広い場所へ

どどーんとテントとタープを設営。

e0009009_22552573.jpg

設営後、バイクを眺めながら

タープの下でまったりとティーブレイク。


日差しは強く気温も17度だけど、風が強くてちょっと寒い・・・

夜はかなり冷え込みそうな予感。


そういえば、このキャンプ場の薪は

焚き付け用のアッという間に燃えちゃう薪だったなぁ。

太くて目の詰まった火持ちの良い薪を探しに

もう一度町へに買い出しに向かった。

e0009009_22504257.jpg

キャンプ場から数キロ山を下ったところに

地場産のこだわり食材や採れたて野菜などを販売している

販売所があったので覗いてみると、ナラの太い薪を発見!

でもあまりに太いので、キャンプ場に持ち帰ってから

急遽薪割り大会の開催。

e0009009_22505760.jpg

テントとタープを設営してた時は、ちょっと寒いくらいだったけど

日が傾き始めると、ぐんぐんと気温が下がっていくのが判る。

さらに強く吹く風のせいで体感温度は真冬並み。


とりあえず、夕飯の支度をしながら炭火を起こしていると

夕方6時の時点で気温は5度まで下がったので

時間的には早いけど、焚き火もスタート!

e0009009_22511516.jpg

普段、ほとんど調理をしない

おっさんだけのキャンプだから・・・いつも焼肉。

・・・肉の横に厚揚げも焼いてみたら、これがなかなか!

表面をカリッと焼いて、醤油を塗ってまた炙るといい香り♪

e0009009_22513004.jpg

それにしても、すごく寒い。

ダウンジャケットを着込み、焚き火の前に座っていても

午後8時を過ぎた頃には気温は3度・・・

午後9時を回ると、気温は1度・・・

午後11時を過ぎると、0度に・・・こりゃ、明日の朝は氷点下だな。


その代わりに、日常の疲れも吹き飛ぶ

極上の夜空が広がる蓼科の夜でした。


その様子はコチラ→terry’s Photo Lounge





by tokyo_terry | 2016-05-01 22:57 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(4)

F&F Camp in Autumn

友人たちと蓼科高原で合流して

秋のフィッシング&フードキャンプ!

e0009009_16142041.jpg

週末の二日間は、友人たちと管理釣り場で

のんびりとフライフィッシングを楽しみ

午後からはキャンプ場へ移動して、テントとタープを設営。


夜は焚き火を囲みながら

美味しい料理とお酒でワイワイガヤガヤ。


翌朝は雨に降られて、ちょっと撤収が面倒だったけど

キャンプ場の近くの野天風呂温泉に浸かり冷えた体をあたためて

併設の蕎麦屋で蕎麦をすすって帰ってきた。


そんなひとコマを・・・

e0009009_16144463.jpg

ルアーには反応が渋くて、なかなか釣れないけど

イジけてるワケじゃないですよね、shojiさん(笑)

e0009009_16150425.jpg

この日の道具立ては、#4ライン。


SAGEのブランクを使って自分で組み立てた

ファストアクションのロッドとLOOP REEL。

e0009009_16152360.jpg

朝イチのモーニングライズは、様子見で#18のドライフライ。

うわ、水面の反射で毛鉤が見えない~~。

e0009009_16154210.jpg

でも、モコッと水面が盛り上がり、シルエットが浮かぶため

ロッドを立てると、ギューンと小気味良い引き。

e0009009_16160892.jpg

この色合いにちょっとびっくり、アルビノレインボー。

でもヒレピンだから、なかなかのグッドファイター。

e0009009_16165229.jpg

ドライフライに反応が薄くなってきたらニンフに結び替え

マーカーを付けて、マーカーフィッシング。


糸鳴りするほどの強い引きを見せるレインボーと戯れた。

e0009009_16175036.jpg

ポイントを移動すると、ブラウントラウトもお目見え。

e0009009_16181751.jpg

後から到着した友人夫妻と合流して、並んで釣りを楽しんだ。


オトンはマーカーフィッシング。

e0009009_16184608.jpg

オカンはドライフライをキャスティングしてレインボーをキャッチしていた。


e0009009_16193918.jpg

徐々に雲が流れて来た午後にキャンプ場へ。

ササッとテントとタープを張って、まったりモード。

e0009009_16195556.jpg

翌日の日曜は深夜から朝にかけて雨の予報だったけど

夕暮れに雲の切れ間が現れて、一瞬だけのトワイライトタイム♪

e0009009_16203312.jpg

さて、ココからはお待ちかねのディナータイム。

shojiさん作、玉ねぎとウィンナーの白ワイン煮込み、コンソメ仕立て。

e0009009_16204709.jpg

マッシュルームのアヒージョに始まり

豚バラの串焼きに、高級牛の焼肉。

e0009009_16211652.jpg

ホルモンをハフハフと頬張り、手羽はシンプルに塩と胡椒で。

皮目をこんがりと焼くと絶品♪

e0009009_16213117.jpg

夜の冷え込みが予想される蓼科高原のキャンプの〆はきりたんぽ鍋。

オトンとオカンが作る料理はいつも絶品♪


毎度ご馳走さまです!


e0009009_16222399.jpg

アルコールに滅法弱いボクもちょっとだけ。

e0009009_16223571.jpg

キャンプの〆はやっぱり焚き火。

夜も更け、焚き火を前にして様々な話ををしていると

ひとり、またひとりと、船を漕ぎ始める友人たち。


さて、そろそろシュラフに包まって眠りましょう。

e0009009_16224879.jpg

天気予報の通り、夜半から雨が降り始めて

テントを叩く雨の音に何度も目を覚ました。


テントの中が薄っすらと明るくなった頃

まだ雨の音が鳴り止まない。


心地いい眠りと睡魔のチカラが勝り

ぬくぬくのシュラフからなかなか出られずにいたけど

雨の音に混じって、鍋や食器を洗う音が聞こえたので

テントから這い出た。

e0009009_16230059.jpg

前夜のメニューが多くて、たどり着けなかったshojiさんの

玉ねぎとウィンナーの白ワイン煮込み、コンソメ仕立てを朝食に。

一晩おいたからかしっかり味が染みた玉ねぎが美味しかった♪


オカンが手際よく作ってくれた舞茸・キノコのバターソテーも絶品。

きりたんぽ鍋の残りも食べて、朝からすっかり満腹に。


コーヒーを飲みながら雨が止むのを待ち

いい頃合いに撤収して、温泉に浸かって蕎麦をすすって

友人たちと別れた。

e0009009_16231570.jpg

帰り際は雨もすっかりと上がっていたから

やっぱりジテンシャも積んてこれば良かったかなぁと

ブツブツと呟きながら・・・

e0009009_16234556.jpg

紅葉の始まりかけた蓼科を後にした。


絶対今度はジテンシャを積んで行こう(笑)

いい林道があったしね。


こちらにも写真掲載しております→terry's Photo Loungeもどうぞ。



by tokyo_terry | 2015-10-12 16:49 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(10)

Flower Viewing < Early Winter >

展望台に上がってみると、思いもよらぬ出会い。
冬にも花を咲かせる桜だ。

e0009009_22383233.jpg

公園内をカメラ片手に散策していると
小高い丘の上に屋根が見えた。

展望台かな?

登ってみよう。

e0009009_22383496.jpg

でも、あまりいい景色ではない。

展望台の周りは、すでに葉を落とした木々たちばかり

・・・

いや、枝にちいさな薄ピンクの花。

e0009009_22383039.jpg

初冬の季節はずれに花を咲かせる冬桜。
もちろん、春にも。

なんだか良いものを見つけた気分。



by tokyo_terry | 2014-11-30 22:40 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

take a turn in the park

アップグレードしたカメラ片手に
色付いた落ち葉を踏みしめながら、公園をひと廻り。

e0009009_14282043.jpg

今日はジテンシャ日和だなぁ・・・何てコトを考えながら
朝日の眩しいハイウェイをフォレスターで走った。

せっかく早起きした日曜は自転車に乗りたい・・・

でも、日曜日の自動車運転免許の更新は
早朝から凄ぶる混雑をするため
少しでも早く向かったほうが良い。

・・・朝早く家を出て、受付開始時刻の40分前に到着しても
すでに激しい混雑をしていた。

まるでトーキョーの有名テーマパーク
人気アトラクション待ちのような感じで。

でも良いのだ。
少しくらいの混雑を我慢して30分の講習を終えれば
新しいゴールドの免許証を手にするコトができるのだから。
5年振りのアップグレードだ。

e0009009_14282762.jpg

無事、ゴールドに輝く免許証を受け取り
帰りはのんびりと下道をドライヴ。

天気が良いので、途中でちょっと寄り道して
最近アップグレードしたばかりのカメラ片手に
公園をひと廻り。

e0009009_14282985.jpg

昨日の雨と風の影響だろうか、園内は随分と落葉が進んでいた。
空気の匂いというか、感触も秋のそれとは違い
もう冬の気配がしている。

e0009009_14283342.jpg

それでも日の当たる場所はあたたかく
園内で飼育されているポニーや山羊たちも
活発に動き回っていた。

e0009009_14283786.jpg

踏みしめる度に
カサカサと音を立てる落ち葉の音を聞くと
秋というよりも、やはり冬を感じる。

さて、お腹も空いたし、そろそろ帰ろう。

e0009009_14284048.jpg

運転免許にデジイチと
アップグレードをしたのはいいけど
そろそろボク自身もアップグレードしなくては。

こんなお腹にならないように。





by tokyo_terry | 2014-11-30 14:31 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(4)

Slow Hike

軽量なデジイチを持って
午後からのんびり低山ハイキング。

e0009009_20553776.jpg

新しいアソビ道具を手に入れると
使ってみたくなるのは、いつものコトだ。

早起きして、久しぶりにジテンシャに乗りながら
写真を撮ろう・・・なんて考えていたけど
久しぶりに惰眠を貪り・・・目が覚めたら
長針と短針が合わさりそうな時間だった。

この週末、今日だけが唯一のお休みだったから
慌てて家を飛び出した。

e0009009_2056939.jpg

日常のストレスを発散するには
やっぱりソトアソビをしたり
軽く運動して汗をかいたりするのがイチバンだ。

でも、ロードバイクで走るのは
交通量の多くなる昼間よりも、早朝の方がいい。
比較的安全に走れるし、疲れが翌日まで残りにくいから。

よし、今日はハイキングに行こう!

e0009009_2057744.jpg

低山のハイキングコースなら
日が短くなった今のような季節でも
午後から十分楽しめるし
何より新しいカメラで撮影しながら
のんびり歩くのも楽しいかも。

e0009009_20573044.jpg

案内板には60分と書いてあったけど
所々で立ち止まり、写真を撮りながら
60分のハイキングコースを2時間かけて歩いた
・・・本当は膝が痛かったのだけど(笑)

コースの途中にあったメタセコイヤの森は
とてもキレイに色付いていた。

e0009009_20575895.jpg

展望台に出ると眼下には木曽川が見えた。
低山とはいえ、高い場所からだと見晴らしが良い。
遥か遠くには伊吹山かな。

e0009009_20585322.jpg

あんまりゆっくりしてると、日が暮れるから
そろそろ帰ろう。


やっぱり、休日こそ早起きしなくては!


X7のシェイクダウン→terry's Photo Lounge




by tokyo_terry | 2014-11-24 21:00 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

Autumn Scenery

秋色の景色って、とてもキレイだ。
スマホでもこんな風に撮れちゃう。

e0009009_22105255.jpg

秋の光。

e0009009_22111738.jpg

秋の色。

e0009009_22112299.jpg

秋の風音。


この三つを意識して写真を撮った。

光を見せるため、影を撮ってみる。
色を強調させるため、逆光を利用する。
風に揺られている木の葉に焦点を当てる。

デジイチを持ち歩きつつ
スマホでこんな風に撮れちゃうとは・・・

撮影はiPhoneでHDR撮影して
色補正はAdobe Photoshopにて彩度をグイグイッと(笑)



by tokyo_terry | 2014-10-15 22:13 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

Autumn Food Camp !

久しぶりのキャンプは、秋のフードキャンプッ!
友人たちにも久しぶりに会えて、楽しかったぁ。

e0009009_1353363.jpg

久しぶりに会う友人たちとのキャンプだからだろうか
大人げなく妙にワクワクして
前夜は1時間ほどしか眠れなかった。

まだ夜も開けきらぬうちに家を飛び出し
ハイウェイをひた走り
待ち合わせ場所に一番乗り。

友人たちと合流し、ビーナスラインを走って
蓼科高原のとあるキャンプ場へ向かった。

e0009009_13531771.jpg

標高1,200mに位置するキャンプ場は
朝の早い時間帯はガスっていたけど
それは好天を予感させていて
時間が経つにつれ徐々に青空が広がり
新鮮な空気と温かな日差しがとても気持ちが良かった。

森の中を歩いてキノコを探したり
細流を見つけてイワナが泳いでいないかと探してみたりと
ここしばらくソト遊びをしていなかったから
ちょっとしたコトだけど、とても楽しい時間だ。

e0009009_13531962.jpg

キャンプ場でテントやタープを設営したら
昼食はカンタンなカップラーメンとコンビニオニギリ。
そんなメニューも、気の置けない仲間たちと一緒だと
楽しい会話が良いスパイスとなり
とても美味しく感じる。

昼食後はタープの下で久しぶりに会った友人と
ボクはお茶を飲みながらまったりとした時間を過ごした。

椅子に腰掛けながら秋風を感じながら昼寝をする者。
木陰の中、クルマのシートで昼寝を決め込む者。
初めて手に入れたテントが嬉しくて
日差しの降り注ぐテントの中で汗だくになりながら昼寝をする者もいた。

e0009009_13532393.jpg

夕食の前には、八ヶ岳の眺望が出来る場所を散策した。

午前中同様にキノコを探すグループと
渓谷ルートをウォーキングするグループに別れ
ボクは三人で5kmほどのウォーキングで
キャンプ場周辺の散策を楽しんだ。

e0009009_13532477.jpg

さて、キャンプのメインイベントと言えば
やはり夕食とお酒だろう。

今回はキャンプの達人夫妻が居るから、食事の心配はないけど
最近、ミニダッチを手に入れてから
少しだけ料理の楽しさを感じているから
ボクもキャンプ料理を作ろうと思っていた。

本当はミニダッチでチリビーンズを作るつもりだったけど
今回は事前に買い出しに行く時間がなかったため、予定変更。

でも標高が高く、寒い場所だから熱々の食事が良いかなとおもい
蒸篭を使った蒸し料理にチャレンジ。

一段目は、中華の鉄人 陳建一 国産豚の四川焼売(冷凍食品*笑)
ふっくらと蒸し上がって美味しかった。

e0009009_13534492.jpg

二段目の蒸篭には
豚バラ肉と白菜のミルフィーユ蒸し。
鶏ガラスープを振り掛けて、蒸し上げた。
たれはゆずぽんでさっぱりと。
余分な油分が落ちるからとってもヘルシー。

自分で作っておいて言うのもなんだけど
とってもカンタンで美味しかった。

e0009009_13534519.jpg

他にも現地調達したキノコを使った料理やきりたんぽ鍋
手羽先やラム肉の焼き肉、ステーキなど・・・

食べるのに夢中で写真を取り忘れてしまったけど
やっぱり達人夫婦がいると、豪華な食事になるなぁ。
まぁ、秋と言えば基本的に食欲の秋だから良いのだけど。

食後は焚火を囲んでまったりと。
隣のやたらと元気なグループが深夜まで少々うるさかったけど
テントに入りシュラフに潜り込めば、すぐに夢の中。


楽しい楽しい時間はアッという間に過ぎて行く。
だからまた行きたくなるんだろうな。


こちらもどうぞ→蓼科高原 秋季キャンプ。



by tokyo_terry | 2014-10-13 14:21 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(8)

Sword & Knife fes.

岐阜県関市で行われている刃物祭りへ。
初めて行ってみたけど、面白いイベントだった。

e0009009_10372341.jpg

久しぶりに風邪を引いて、連休直前に発熱でダウンしてしまった。

予定では高山市で行われた全日本ラリー選手権の観戦と
焚火キャンプを楽しみにしていたのだが
夜の冷え込みが予想されるキャンプは病み上がりには無謀すぎるので
比較的近い関市の刃物祭りへ出かけてみた。

e0009009_10372812.jpg

700有余年前に刀から始まった関の刃物だから
居合い流の抜刀術や刀鍛冶による鍛造のデモンストレーションなど
迫力のあるイベントが楽しかった。

e0009009_10372582.jpg

商店街では、化粧鋏から紙切り鋏、
包丁や調理器具、鉈や斧、日本刀なども販売されていて大にぎわいだっだ。
巧みな話術で実演販売するブースもあり、見ているだけでもなかなか楽しい。

他にもアウトドアナイフやカスタムナイフの展示即売会も開催されていて
GERBERやBUCK、LEATHERMAN、OPINELなど有名なナイフもあり
見ているだけでも楽しい、欲しいナイフなども一杯あった。

でもイチバン欲しかったタイイングに使えそうな
刃の薄い化粧鋏は今回は見つけらなかったのが残念。

でもまあぁ、帰りに食べた“たい焼き”が美味かったので
終わりよければ、すべて良し!

by tokyo_terry | 2013-10-14 10:38 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(2)

Perseids

闇を切り裂くが如くいくつもの火球が夏の夜空を彩った。
ペルセウス座流星群。
e0009009_22225078.jpg

20時を過ぎた頃から、三脚にカメラを固定し
キャンピングチェアに深く座って天頂を眺めた。

ここへやってくる前に久しぶり温泉に立ち寄ったから
体が火照っていたコトもあり、まずは冷たい飲みものを・・・一杯。
星空を眺めながらリモートスイッチを使ってシャッターを切った。

さすがに標高が1000mを超えるような場所だから
夜空に煌めく星の数は凄まじい。
そして、時折流れる流星はとてもキレイだった。

大きな火球が二つ同時に流れたり
空の低い場所を長く尾を引くように流れたり
夜が更けるにつれ、闇を切り裂くように流れる流星を
たくさん見ることができた。

ただ、レンズを向けている場所だったり
シャッターが閉じているときに流れるから
なかなかその姿を捉えるコトができなかったのだけど
奇跡の一枚!!

気がつけば午前2時。
こんなに星空をずっと眺めていたコトは初めてだ。

そして、いつもだけど・・・
星に願いを・・・込めるのを忘れてしまう。


by tokyo_terry | 2013-08-13 22:24 | * Camp,Outdoor & Journey | Trackback | Comments(8)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30