カテゴリ:♧ Tying Talk( 134 )

Silhouette

先週の釣りで、ナチュラルカラーのCDCは、逆光時に何度も見失った。
これで少しは見えるかな?

e0009009_22101222.jpg
フローティングニンフというか、イマージャーというか・・・
ボディを水中に沈めるこの手のパターンは、ボクはとても好きだ。
よく見え、かつ水面上にフワッと浮かぶパターンに比べると
ナチュラルドリフトが格段に優しいから。

でも、先日のイブニングでは強烈な逆光で
水面に出たCDCのインジケーターを何度も見失っていた。

そこで、今日はハンプバックさせたCDCに
ADWのブラックを少々混ぜて、インジケーターを逆光時にも
そのシルエットを見つけやすい工夫を施した毛鉤を巻いてみた。

単純にCDCを黒いものにすれば
こんなふうにひと手間加えるコトなどしなくてもイイのだけど
あいにく手持ちのCDCはすべてナチュラルカラーばかりだから
仕方がない。

巻き上げた毛鉤を実際に逆光で見てみると、あまり代わり映えしない。
ADWがちょっと少なかったかな。
いやいや、水面上でそのシルエットを見ていないから
巻き上げた毛鉤は現場でチェックしなくちゃ。

あぁ、早く連休がこないかなぁ。
by tokyo_terry | 2009-04-26 22:12 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

Consecutive holidays of May

この週末は、久し振りに毛鉤を巻こう。
今日の雨で明日のフライフィッシングはお預けになったから。

e0009009_23284061.jpg
この週末から大型連休となっている人も居るだろうし
カレンダー通りに仕事をされている人も居るだろう。
またその逆に大型連休とは無縁の人も居るかもしれない。
ボクのスケジュールはカレンダー通りだ。

来週の連休には、日常の忙しさを忘れ、フライフィッシングの旅を楽しもう。
タップリと毛鉤を詰め込んだフライボックスをベストに押し込み
ウェーダーバッグ、ロッドケース、リールバッグにキャンプ道具。
クーラーボックスにコーヒーセットをクルマに積んで行こう。

3日は、急がず焦らず、スピードも抑えめにして渓へと向かおう。
4日は、みどりの日と言うくらいだから、新緑の渓で釣りを楽しみたいな。
5日は、こどもの日だから、もしかして大物には出会えない日になるかも
6日もフィールドに立てるかなぁ・・・

なんてコトを考えてみたり、
いつも横目で通り過ぎるだけのあの渓はどうだろう
いつもの渓の上流はどうなっているんだろう。
いやいや、上流もイイけど、あの本流はどうだろう・・・

といったコトをカレンダーを見る度に考えている。
大体の行き先は決めた。
けど、天候や流れの状況、釣り人の動向を見て
行き当たりばっ旅の気ままな旅をして来ようと思う。

皆さんも交通安全に気を配り
雨などによる急激な増水などに充分気を付けて
楽しいフライフィッシングの旅をして来てください。

さて、この週末は、久し振りに毛鉤を巻こう。
今日の雨で明日のフライフィッシングはお預けになったから。
by tokyo_terry | 2009-04-25 23:28 | ♧ Tying Talk

Compound Hatch

春の里川で活躍してくれそうな毛鉤を巻こう。
いつもと違うタイプの毛鉤も巻いてみよう。

e0009009_17515834.jpg
Griffith Knat #20 TMC100SP-BL

e0009009_17521877.jpg
Cripple Dun #18 TMC100BL

e0009009_17513241.jpg
CDC Crane #16 TMC100BL

e0009009_175210100.jpg
CDC Humpback Spent #17 TMC212Y

e0009009_17522884.jpg
CDC Humpback Emerger #20 TMC100SP-BL

e0009009_17542683.jpg
Spent Caddis #18 TMC108SP-BL

ボックスの中身を確認して、不足している毛鉤を補充しよう。
と言っても、ボクが出掛ける春の里川で
いつも活躍してくれる毛鉤のストックは充分だったから
久し振りに雑誌やフライフィッシングのサイトを参考にして
今まであまり巻いたコトのない毛鉤を巻いてみた。

いつもと違うタイプの毛鉤を巻いてみるのも面白い。
今更ながらだけど、TMC212YやTMC108SP-BLなどのフックは
普段ボクがよく使うものと違い、フックのデザインもなかなか面白い。
また時間のある時にはイロイロと巻いてみよう。

そして、次の休日こそは、この毛鉤たちを使って
アマゴを誘い出してやろうと思う。
by tokyo_terry | 2009-03-08 17:55 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

Chironomidae

もう少しサイズの大きい毛鉤を巻こうと思っていたけど
目にとまったのは何故だかユスリカの写真。

e0009009_9513311.jpg
小さなサイズの毛鉤は、流石にもう巻き飽きた。
もう少しサイズの大きい毛鉤を巻こうと思って
ストックフォトの中から水棲昆虫の写真を探していた。

でも、目にとまったのは何故だかユスリカの写真。
種類は何だか解らないけど、アンテナがあるから♂のユスリカだろう。

そう言えば、今月の雑誌フライフィッシャーに付録として付いていたDVDに
刈田敏三さんのThe Drifter Checker,The Movieで
ユスリカのハッチの映像が入っていた。

ピューパからアダルトへ羽化するシーンや
羽化しきれず、スティルボーンになってしまうシーンなどが入っていた。
ピューパの背中が割れて、アンテナが伸びたときには、思わず息を飲んだ。

こういった釣りを楽しんでいる人以外は
ちょっと理解出来ないコトだと思うけど
極小のユスリカのハッチシーンもなかなかエキサイトだ。

そこで、ネットでユスリカの検索を掛けてみると
キソガワフユユスリカなんてのもいるようだ。

家のすぐ近くを流れる木曽川という名前の付いたユスリカ。
もしかしたら、この写真のユスリカもキソガワフユユスリカなのかな。

あ、ユスリカに気を撮られてる場合じゃない。
ユスリカの毛鉤は充分巻いたから、もう良いのだ。
大きいサイズの毛鉤を巻こう。
by tokyo_terry | 2009-03-08 09:56 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(4)

Hesitation

プレゼンテーションされたこの毛鉤は
こんな感じの角度で水面に絡むのかな。

e0009009_010044.jpg
ほんの数本だけ毛鉤を巻いて、コーヒーを飲む。
巻き上げたばかりの毛鉤をまじまじと眺めながら
この毛鉤を使うシチュエーションを想像してみる。

風に舞い上げられるユスリカ。
ちらほらと飛ぶストーンフライ。
水面からパタパタと飛び立とうとするコカゲロウ。

そして、ライズ。
あぁ、想像しているだけで釣りに出掛けたくなる。

でも明日の渓は、昨日の雨で増水しちゃってるんだろうなぁ。
雨の後だから風も強く吹きそうだし・・・ちょっと弱気。
by tokyo_terry | 2009-03-07 00:11 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(8)

STRIPE

シマシマモヨウがイイカンジ。
キレイに出すのは難しいけど。

e0009009_043063.jpg
見る角度に変化をつけると、グリーンやブルーなどの光沢を発し渓魚を魅了させる。
いや、それ以前に釣り人をも魅了させているかもしれない艶やかなフリューを
丁寧に指でしごき取り、フックシャンクに巻き付けると
シマシマモヨウが現れるポピュラーな素材、クジャクの羽根・ピーコックアイ。

アイ付近の部位を使って、しっかりとした縞模様を出すのだけど
それほど強度のあるマテリアルじゃないから
フックシャンクに巻き付ける際には、細心の注意を払わなければ
巻いている途中でプツンと切れてしまう。

ボクの場合、テンションの掛け方が強すぎるのか
この失敗を良くするのである。

ユスリカ・ピューパのような小さなサイズより大き目のサイズ・・・
例えば、クイルボディパラシュートなど
大きなサイズほど巻き付けている際にプツンと切れる。
小さなサイズのほうがそういった失敗が少ないから不思議だ。

しかし、サイズが小さいだけに
隙間無くキレイに巻くにはそれなりに苦労させられるのだけど
上手く縞模様を出すコトができると、とても嬉しい。

でも、この縞模様を出すためには、きっちりと密に重ねて巻くよりも
僅かに隙間を開けておくほうが、より縞模様のコントラストが出て
“釣れる気がする”けど、今日はしっかりとキレイに巻き上がった。

e0009009_913133.jpg
シマシマモヨウがイイカンジ。
キレイに出すのは難しいけど。

今日は朝からタイイング、#24のフックを使い切ったから
次は何を巻こうかな。
by tokyo_terry | 2009-02-21 00:05 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(2)

minimum flies tying

とても久し振りにタイイングデスクに座った。
やっぱり小さなサイズの毛鉤は、巻き上げるのに神経を遣う。

e0009009_21583663.jpg
天気が良ければ、昨日よりも暖かくなれば
釣りにでも出掛けよう・・・と思っていたけど
朝から家の前は雪が積もっているし
晴れたり曇ったりしているし、出掛けるような気分にはなれなかった。

じゃぁ、久し振りに思い腰を上げて
少しだけでも毛鉤を巻いておこうかと
午後からのひととき、しばしタイイングデスクの前に座る。

とても久し振りのタイイングだから、目を慣らすために
大きなサイズから毛鉤を巻こうか。
やっぱり、最初から小さなサイズから巻き始めるべきか。

C&Fのボックスを開き
隙間の空いたスペースに挟み込まれていた毛鉤のサイズを確認すると
#24の毛鉤6本分が空いているから、まずは#24を6本巻こう。

CDCとスレッドだけのシンプルなフローティングピューパ #24を6本。
スレッドで巻いたボディにヘッドセメントをコーティングしただけの
簡素なユスリカピューパ #30を5本。
同タイプのマイクロアント #30を2本。

やっぱり小さなサイズの毛鉤は、巻き上げるのに神経を遣う。
部屋の中が乾燥しているコトも手伝ってか
これだけ巻いたら、目がショボショボしてきた。

さぁ、少量だけど毛鉤を巻いたからには
来週こそ毛鉤のテストを兼ねて、釣りに出掛けてみよう。
天気が良ければイイのだけど。
by tokyo_terry | 2009-01-12 22:03 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(20)

Charge

今夜、久し振りに巻いた毛鉤は5本。
フライボックスに入れて、明日の準備はこれで万全かな。

e0009009_22453851.jpg
明日は管理釣り場だけど、とても久し振りのフライフィッシング。
タイイングをしたら、なんだか急に興奮してきた。
なんて単純な性格なんだろう。

明朝、先輩が迎えに来てくれるとのコトだから
寝坊しないように起きなくちゃ・・・

ロッドにリール、ベストにランディングネットは
トートバッグにギュッと詰め込んだ。
もちろんカメラも・・・あ、バッテリーは大丈夫だったかな。

焦ると忘れ物が多くなるんだよなぁ。
by tokyo_terry | 2008-11-01 22:47 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(2)

MY Handmade works

朝は陽射しが眩しいくらいの良い天気だったけど
お昼前になると、ちょっと曇って来たから・・・

e0009009_10513263.jpg
先週に引き続き、実弾系毛鉤(笑)を沢山巻こう。
先週巻いたozさんの毛鉤は、パラシュートスタイルばかりだったから
今日はちょっと違った毛鉤にしようかな。

視認性が良く、しっかりと浮いてくれるドライフライ。
今シーズンはボク自身でも実績の高かった毛鉤にしよう。
来季の木曽でも活躍しそうな毛鉤。

おっと、その前に・・・来季のカレンダーの校正もしなくては・・・
休日なのに今日は珍しく早起きしたから、校正作業は眠くなりそうだな。
by tokyo_terry | 2008-10-12 10:52 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(13)

present for Mr.oz

来シーズン用の毛鉤の補充・・・今日は24本。
といっても、ボクが使う毛鉤ではないのだけど・・・。

e0009009_21511257.jpg
オフシーズンの過ごし方ってのは、色々あると思う。
来シーズンに向けてタイイングやキャスティングに勤しんだり
新たにロッドを組み立てたり、あるいは竹を割ったり、削ったり。
もちろん冬期釣り場や管理釣り場、禁漁期がやって来るのが遅い釣り場もあるから
そんな場所へと出かけてみたり。

そんなオフシーズンの楽しみの一つ、今日はのんびりとタイイング。

巻いた毛鉤は24本。

ライトジンジャーのハックルにオレンジカラーのADWをポストにした
見やすく、使いやすいパラシュートスタイルの毛鉤だ。
サイズは#14・#16・#18といったトコロなので
春から盛期かけて活躍してくれると思う。

といっても、今日巻き上げた毛鉤はボクが使うものではなく
いつも木曽でお世話になっているozさんのために巻いたもの。

来週もタイイングに勤しもうと思っているから
たぶん50本くらいは次回お会いする際に渡せると思う。
もちろん、この他にも見やすくて使いやすそうなパターンを
数種類巻くつもりだから、待っててください。

ところで、サドルハックルってのは改めて凄いと思う。
コレだけの量を巻いても、消費したフェザーの数は、たったの3本。
一枚のハックルケープを使い切るのに何年掛かるのだろう。

今度ショップに行ったら、よく使うグリズリーのサドルでも見てこようかな。
by tokyo_terry | 2008-10-05 21:53 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(38)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30