カテゴリ:♪ Music Talk( 37 )

CRAZY KEN BAND Soul Punch

イイネ!イイネ!イイネったら、イイネ!
クレイジーケンバンド。

e0009009_2343413.jpg
このグループはR&Rはもちろん、ジャズ、ボサ・ノヴァ、ファンク、昭和歌謡など
とても幅広いジャンルの音楽をボクらに提供してくれる、希少なバンド。

「7枚目にしてCKB史上最強!」というニュー・アルバム『SOUL PUNCH』には
さまざまな楽しい曲が21曲も収録されてる。
いつも凝ったジャケットデザインに付録も付いてて
しかも今回はDVDも付いてる。それで¥3.150は安いな〜♪

このバンド、割と好き嫌いがハッキリと出そう。
もちろんボクは前者。
なんか“ダサカッコイイ”感じがスゴ〜くイイ。
歌ってる横山剣さん、そして演奏してるメンバーが
楽しんでる感じが伝わってくる。

数年前にNHKの番組で取り上げられてた時のライブの模様から
一流のエンターティナーの様子も感じ取れた。
一度、ライブにも行ってみたい。
きっと楽しいライブを展開してくれるだろうな。
by tokyo_terry | 2005-07-11 21:01 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(3)

Jake Shimabukuro

ジェイク・シマブクロ ホノルル生まれの日系四世。
彼はハワイのジミヘンと呼ばれる、最速のウクレレ・プレイヤー。

e0009009_940446.jpg
彼を知ったのは去年TVCMやポスターで。
ハワイ観光協会だっけ?出てましたね。

ボクもずいぶん前の話になるけど、ウクレレを購入したことがある。
実は最初はおもちゃみたいなウクレレを先輩の誕生日にプレゼント。
でもそのウクレレをボクが借りて練習してました。

ウクレレって誰でも手に取ったその瞬間から音を出すことが出来るんですよ。
上手・下手はあるかもしれないけど、ちょっと練習すれば
ホント、スグに一曲ぐらい弾けちゃうんです。

その後ボクもウクレレにハマッてしまい、現在2台所有。

そんなウクレレを卓越したテクニックと抜群のセンスで演奏。
情熱的でいて、優しいサウンドでボクのハートを鷲掴みにしたのが
このジェイク・シマブクロ。

その彼の新しい4作目のアルバム“Dragon”を
昨日は休日出勤(ToT)で一人で仕事って寂しいなぁと思い
出社前にちょいとレコード店(←今どき?)に行って買ってきました。

真夏の暑〜いッ!昼下がりなんかにピッタリのα波が出まくりの一枚。
この夏のお気に入りになりそうな予感のアルバムに仕上がってました。
たかがウクレレ、たかがインストルメントアルバムと侮るなかれ。
平凡な日系人のルックスとは裏腹に
聴いてみれば、非凡な才能を発揮していることにビックリする。

さすが、ジェイク。
ハワイのスーパー・ウクレレ・プレイヤー。

ちなみにボクはハワイはもちろん、海外には行ったことはありません。
飛行機がコワイのです。
by tokyo_terry | 2005-07-03 09:42 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(4)

そうかな

小田和正のニューアルバム「そうかな」。
発売されてから2週間が経った。

e0009009_0221512.jpg







このビッグネームアーティストのオリジナルアルバムは5年振りらしい。
首を長くして待っていた人たちが多いことを裏付けるかのように
アルバムチャートも上位に位置してる。

実はボクもこの一週間、通勤や帰宅時の電車の中でこのアルバムを聴いている。
別にボクは彼の熱烈なファンではない。かといってキライな訳でもない。

彼の最大の特徴にして最高の魅力、
男性らしからぬハイトーン・ヴォイスは、耳にス〜ッと入ってくる。
そしてその歌を聴きながら目を閉じると
歌詞がシナリオとなり、曲がBGMとなり
ココロの中のスクリーンに
恋愛映画が映し出されているような感覚を覚える。

70年代から80年代にはオフコース。
その後、ソロでシンガーソングライターとして
大人のラヴソングを書き続けている小田和正。
デビューして35年が経った今でも
人のココロを揺さぶり続けることが出来るこの人は
音楽や人間に対して、ピュアな気持ちを持っているからだろう。
ボクもそんな大人になりたい。
by tokyo_terry | 2005-07-01 00:25 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(0)
インイヤー型のイヤホンを買ってきた。
耳の穴に突っ込んで音楽を楽しむ。
純正のインナーイヤー型のイヤホンは
ボクの耳にはやや大きくて耳が痛くなる。

e0009009_23512297.jpg
























そこで、SONY製のこの耳の穴に突っ込むタイプの
イヤホンを使ってたけど
最近無くしてしまった。
それで会社の近くにあるアップルストアギンザで
今回のイヤホンを買ったと言う訳。

このタイプは遮音性も高いから
通勤時にシャカシャカと音を立てて
まわりに不快な思いをさせないから
気に入ってマス。

でもコレ、耳ん中に突っ込んだままメシを食うと
なまじ遮音性がイイから
頭ん中が音楽と咀嚼音でスゴイ事になる。

ヘッドホンやイヤホンしてメシ食うのもどうかと思う。
マナーとしてはあんまり良くない?かも
気をつけよう。
by tokyo_terry | 2005-06-23 23:52 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(0)
タマには楽器でも弾きながら
ゆっくり、のんびりと過ごす一日を。

e0009009_0132892.jpg
釣りに行かない日はそんな休日でリフレッシュ。

一五一会の弦を久し振りに張り替えようかな。
張り替える際についでに、ネックやボディの汚れを落としてキレイにしよう。

キレイなったらまたガンガン弾き込んでやろう。

木製の楽器は湿気とか敏感かも…。
関東は梅雨入りしたみたいだから
楽器もタマにはキレイにメンテしてあげなきゃね。

リフレッシュしたいのはボクではなく
いつもケースの中に入ってるこの一五一会のほうかも。
by tokyo_terry | 2005-06-11 11:36 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(0)

男の色気が漂う…

ギターの神様といえば、
ジミ・ヘンドリックスやジェフ・ベック。
そしてエリック・クラプトン。
ボクはそのクラプトンが好きだ。

e0009009_2362044.jpg
でも、ギタリストとしてではなく
ミュージシャンとして。

ボクは洋楽は得意ではないけど、
いつからかクラプトンはよく聴いてる。
ヤードバーズやクリーム、
デレク・アンド・ザ・ドミノスなんかのバンド時代の曲ではなく
ソロとして活動している曲がメインなんだけど。

エレキギターのテクニックやサウンドもイイが
ボクは彼のアコースティックギターも大好き。
彼のルーツ、ブルースも。

様々な苦悩と人生経験を重ねた男の色気が漂うクラプトン。
あんなカッコイイ大人の男にボクは到底なれないが
やはり、憧れの存在。
by tokyo_terry | 2005-05-26 21:11 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(0)

セクスゥィ〜♪ DOUBLE

♪最近のヘビーローテ。

e0009009_23255997.jpg
年末から聞き込んでる
“Life Is Beautiful”ってアルバムと
“VISION”、“Wonderful”の計三枚。
DOUBLEのこのアルバム、なかなかイイです。

特に“Life Is Beautiful”は
映画音楽で耳にしたことのあるMoon Riverから、
井上陽水、m-floなど有名アーティストの曲なども
収録されてるJAZZアルバム。

“Lullaby Of Birdland”って曲は
スタンダードナンバーなのかな?
よくCM二も使われたりしてて
耳にしたことのある曲だけど
DOUBLEの唄うこの曲はカッコイイ!

そしてヴィジュアル的にも
口元にあるホクロがセクスゥィ〜。
by tokyo_terry | 2005-05-21 14:42 | ♪ Music Talk | Trackback | Comments(0)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30