カテゴリ:☆Bike item( 27 )

Frame Protecters

ブレーキ・シフトワイヤーが干渉してフレームに傷がつくので
プロテクターを付けてみたけど・・・なんだかちょっと。
e0009009_22474713.jpg

シフト・ブレーキワイヤーが
フレーム内装式になっているバイクなら心配はないけど
ボクのドマーネのワイヤーは外装式。

ハンドルを動かすと
ワイヤー類がフレームの一部を擦ってしまうため
フレームに傷がつきやすい。

フレームにはガラスの鎧というコーティングを施してあるのだけど
これは汚れを付きにくくし、落としやすくするもので
傷を付きにくくするものではない。

またフレーム保護用のシールもバイクに付いていたので貼ってある。

それでも、念のためにと思い
ワイヤ側にもプロテクターを装着してみたけど・・・
これは見た目があまり良くないぁ。

けど、傷がつきやすい部分なので仕方がないかな。



by tokyo_terry | 2014-01-26 22:49 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

Front Bag

ドマーネ(ロードバイク)にフロントバッグを取り付けてみた。
これで、カメラの携帯方法も解決だ。
e0009009_21161038.jpg

トレーニングとしてサイクリングロードを走るのなら
携帯ポンプやパンク修理キットくらいの持ち物でいいのだけど
やっぱりカメラも持って行きたいと思い
フロントバッグを取り付けてみた。

カメラや財布なども入れるコトを考えると
容量の少ないサドルバッグよりも
ドロップハンドルの中央に取り付けるタイプの
フロントバッグのほうが容量がありそうだと思って。

e0009009_21162740.jpg


モンベルのサイクルフロントバッグ

ハンドルにストラップで固定するタイプのフロントバッグを入手したけど
二ヶ所のストラップをハンドルに巻き付ける方法なので
着脱するのが少々面倒な感じ。

そこでひと工夫。
ストラップにバックルとアジャスターをかませて
ワンタッチで着脱できるようにした。

e0009009_21163446.jpg

こうすることで、ハンドルにストラップをいちいち巻き付ける動作がなくなり
ステムの裏側でワンタッチで着脱できるようになった。
貴重品を入れておいてもすぐに取り外せるから、こりゃ便利だ。

大型のサドルバッグとしても使用できそうだし
マウントなどは使用していないから、外したときにはバイク側に何も残らない。
さらに、バックルとアジャスターの追加だけだから、コストも数百円。
ただ、ステムやハンドルに擦り傷は付きそうだけど。


デジカメをバッグに入れられるのは良いけど
走行中の路面からの突き上げのショックや細かな振動は
カメラにはあまり良いとは言えないのかもしれない。

でも、衝撃吸収性の良いドマーネなら大丈夫かな。

by tokyo_terry | 2014-01-13 21:20 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

Bontrager AIR SUPPORT HP PRO

今回、新たにロードバイクを入手するとともに
ハンドポンプを新たに購入した。
e0009009_23175089.jpg

ハンドポンプとは、携帯式の空気入れのコトだ。

ボントレガーのエアサポートHP PRO
シュワルベのタイヤチューブとタイヤレバー。
出先でのパンクに備え、今回新たに購入したものだ。

この軽量アルミ製のハンドポンプには
高圧に耐えられるようにメタルメッシュで覆われた
耐圧ホースが本体に内蔵されており
そのホースを出してタイヤチューブのバルブに接続して
ポンピングをする。

全体的にシンプルなデザインだが、ちょっとしたアクセントとして
ハンドルを伸ばすと、中からはアルマイト塗装が施された
赤いアルミ製シャフトが顔を出す。
ココがこのポンプのカッコいいと思うトコロ。

実はMTB用のハンドポンプは持っていたのだけど
パンクリスクが低いMTBでは、未だに使ったコトがないため
ロードバイク用のハンドポンプの購入は躊躇していた。

でも、もしもの時の備えは必要というコトで。

新しく購入した道具は、早く使ってみたいと思う反面
パンクをした際などで使用する道具なので
これを使う時って・・・楽しくないんだろうなぁ(笑)

それに、ロードバイクのタイヤの空気圧は高いから
この小さなハンドポンプだとどのくらいポンピングするのだろう。
目安が判らないから、試しにタイヤの空気を抜いて
暇なときにでも練習しておこうかな。

by tokyo_terry | 2014-01-07 23:22 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

SHIMANO SPD shoes


いつもはトレッキングシューズやスニーカーで29er MTBに乗ってるのだけど
2014年からはビンディングシューズを履いてみようと思う。

e0009009_22472642.jpg

ペダルに足を固定してジテンシャに乗るのは
ちょっと・・・いや、結構怖いんじゃないか・・・と思っていたのだけど
ペダリングの効率が良くなるのなら・・・

というワケで、来年からはビンディングシューズを履いて
ジテンシャに乗ってみようと思う。

本当はジテンシャのフレームカラーと
同色のシューズが欲しかっただけなんだけど。

あ、そうなるとシューズだけではなく
ペダルを換装しなくては(笑)


by tokyo_terry | 2013-12-29 22:49 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

SUBARU COLOR

スバルがスポンサーをしているMTBチームのヘルメット。
ひとめ惚れをしてしまったので、来年用にと入手した。
e0009009_13442425.jpg

スポーツバイク用のヘルメットは
そのエアロダイナミックな形状と派手な色合いに少々抵抗を感じていた。
しかし、このカラーリングなら、ボクが乗っている29erにもマッチするし
スバルのMTBチーム(SUBARU/TREK MTB TEAM)のヘルメットってトコロが
スバル乗りとしては、何よりも嬉しい!

e0009009_13471510.jpg

現在常用のヘルメットはGIROのREVERBというモデルで
シティライド用のシンプルで丸い形状のヘルメット。
ジテンシャ散歩程度なら問題ないのだけど、汗をかくようなスポーツ走行すると
こういったデザインのヘルメットは排気効率が悪いようで
内部熱がこもりやすく非常に暑く、しかも蒸れやすい。
今のような寒い時期でも、運動量に比例して発汗はするから
汗冷えの防止にも通排気性能は大事なのかもしれない。

e0009009_13473159.jpg

ジテンシャ遊びをはじめてもうすぐ一年になるけど
スポーツバイク用のヘルメットのデザインには今も抵抗がある。
しかし快適に走るには、専用に考えられているモノのほうが
性能は優れているはずだから、ヘルメットを新しくしようかな・・・
と思っていた時に、このヘルメットに出会いひとめ惚れをした。

e0009009_13475263.jpg

ボクの29erは、マットブルーを基本色にホワイトとブラックの差し色が使われており
ヘルメットのカラーリングも、ブラックとブルー、インレタにホワイトだから
バイクとのマッチングもなかなかのものだと思う。

新しい年を迎えるにあたり手に入れたのだけど
今朝、早速この新しいヘルメットを被って近くのサイクリングロードを走ってみた。
今までのヘルメットと違い通気性が良く・・・ちょっと寒かった(笑)


by tokyo_terry | 2012-12-31 13:51 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

Preparations for Winter

先日見つけた、超明るいヘッドライト。
これでライトライドも安心だ。
e0009009_16425188.jpg

これまでジテンシャに付けていた前照灯は
広角に照らすため三発のLEDが仕込まれたライトだったのだけど
明るいとは言いがたい代物だった。
路面の状況が判りにくいナイトライドはとても走りにくかった。

明るいライトが欲しいなぁ・・・そう思っていたトコロ
先日出かけた際に何気なく立ち寄ったサイクルショップで
CNC切削加工されたアルミボディで生活防水に対応
USBケーブル充電式リチウムイオンバッテリーを搭載し、300ルーメンの光量を放つLEDライトが
2013モデルが発売するとのコトで特別価格で放出されていた。

これまで使用していたライトは
メーカーのスペック表を確認すると、たったの15ルーメン。
新しく手に入れたPawerDriveというライトは300ルーメン。
ちなみに、 1ルーメンという単位の定義は
1メートル先のローソクの光が手元で確認できる明るさとのコト。

となれば、新しいライトは
15本のローソクと300本のローソクの光ほどの差があると言うコト。
単純に20倍の光量の差。

実際に照らしてみると相当な明るさで
ちょっと大げさだけど、クルマのヘッドライト並みの明るさ?
ウィンドストッパーのグローブなどでしっかりと冬支度をして
夜も安全ライドを楽しもう。


冬支度といえば、相棒のフォレスターのタイヤも冬用にしなくては
でも、春にパンクさせてしまってそのまま放置してたっけ・・・




by tokyo_terry | 2012-11-23 16:46 | ☆Bike item | Trackback | Comments(0)

7TOOLS

パッと見のデザインが良く、価格も手頃。
ジテンシャ用のマルチツール。

e0009009_23222153.jpg

携帯工具とかマルチツールと呼ばれるらしい。

こういったモノの必要性を感じていなかったのだけど
先日のトレイルライドの際に、仲間が手持ちの工具でササッと調整をした
ハンドルやサドルの角度と位置。
これらをほんの少し変えるだけで
ライディングに変化があるコトが判った。

携帯用の工具を持っていれば、ちょっとしたセッティングも自分でできる。
でも、携帯用のマルチツールはそれこそ、様々な種類があって
ジテンシャビギナーのボクは、どれをどう選べば良いのか判らない。

必要最低限の機能で選ぶべきなんだろうか。
使うコトは少ないけど、そこはやはりマルチツールと呼ぶにふさわしい
多機能モデルを選ぶべきか。
判らなければ、店員さんに聞けば良いのだけど
あまり高額なものをチョイスされてもちょっと困る。

というワケで、ボクはパッと見のデザインでコイツをチョイス。

e0009009_2322224.jpg

手頃な値段で費用最低限のマルチツール、7TOOLS

スクエアなデザインのボディにHEXレンチと+ドライバーが6種。
オマケに栓抜きが付いているトコロ。
そして、ジテンシャと同じカラーリングがとても気に入った。


by tokyo_terry | 2012-04-19 23:25 | ☆Bike item | Trackback | Comments(0)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30