カテゴリ:☆Bike item( 27 )

Bike Maintenance Day

今日はセルフメンテナンスデー。

初めてのチェーン交換とスプロケットの分解清掃。

e0009009_22523372.jpg

今日はすっかり寝坊してしまい

早朝にバイクに乗れず・・・


参院選の投票へも行かねばならないし

親父の墓参りにも。


というワケで、今日は午後からのフリータイムに

初めてのチェーン交換をした。


ずいぶん前から交換しなくちゃと思って

チェーンと交換時に必要なツールを

予め用意しておいたのだけど

休日になると、ついついバイクに乗って出掛けてしまったりして

交換のタイミングを“延び延び”にしていたら

これまで使っていたチェーンも、1コマ分“伸び伸び”になっていた(笑)


e0009009_22533249.jpg

交換したのは、SHIMANOの10速用チェーンCN-6701と

KMCの10速用ミッシングリンク。


ミッシングリンクを入れておくと

普段のチェーン清掃がとても楽になる。


e0009009_22534637.jpg

チェーンの交換に合わせて

ホイールからスプロケットを外して入念な清掃を。

各ギヤの隙間に入った汚れまでしっかりと落とすなら

スプロケットは外した方がキレイにできる。


e0009009_22540544.jpg

チェーンも新品に交換できたし

スプロケットもピカピカになったし・・・

あぁ走りに出かけたいッ!







by tokyo_terry | 2016-07-10 23:07 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

Bontrager Microfiber Foam Tape

朝目覚めたら・・・外は良い天気。

でも今日は・・・

e0009009_22253761.jpg
この数日、首から肩にかけての痛みがひどい。


木曜の朝、寝違えたようで

この日は右に首を振るコトができなかった。

でも、午後から夜になると、今度は左向きになるコトも出来ない。

そればかりか、クルマの運転にも支障が・・・


ゆっくりとアクセルを踏んでも

スタート時にかかる縦Gで首に激しい痛みが走り

交差点の右左折の横Gにも耐えられないほどの痛みが。


今日は良い天気だったけど

フライフィッシングもバイクも諦めて、自宅療養の休日。

e0009009_22253742.jpg

でも不貞寝するだけではストレスだけが溜まるので

フライフィッシングを楽しむ際に必要な毛鉤を巻いたり

ロードバイクのハンドルにバーテープを巻いたりして過ごした。


これまでは、デフォルトのBontrager Gel Cork Tapeという

厚みのあるコルク生地のバーテープを使い続けていたけど

以前から変えてみたいと思っていた

Bontrager Microfiber Foam Tapeに変更してみた。


パンチングされた穴から色付けされた衝撃吸収素材が覗き

ハンドルを水玉模様に彩るバーテープだ。

e0009009_22253744.jpg

グリップ感の評判も高いこのバーテープを

今回はショップでお願いせず、自分で巻いてみようと思い

ハンドルバーに巻いてみた。


しっかりと引っ張りながらある程度のテンションを掛けて

先に巻いた部分を巻き込みながら巻き進める。


焦らずじっくりとやれば・・・

バーテープを巻くのが二回目にしてはキレイに巻けたかな。

でも、まだ首に痛みが残るから、明日もバイクには乗れないのかなぁ。







by tokyo_terry | 2016-06-11 22:27 | ☆Bike item | Trackback | Comments(0)

Bontrager Affinity Elite

サドルが擦り傷だらけのボロボロになってしまったので

新しいサドルに交換するコトに。

e0009009_16541700.jpg

半年ほど前からハンドル位置を下げ,、前傾姿勢を深くしてロードバイクに乗っている。

乗り始めた頃よりもコラムスペーサー二つ分を下げて。


より深い前傾姿勢で走行していると、お尻は痛くないのだけど

デリケートゾーンにシビレが出るようになった(笑)

それまでは何ともなかったのだけど・・・


問題解決をするには、コラムスペーサーを戻して

アップライトな姿勢に戻せば良いのだけど

サドルを変えるコトで、より自然な前傾姿勢になるような気もするので

センター部分に穴の空いたサドルに交換してみようかと思っていた。


そんな折、現在使用中のサドルが傷だらけのボロボロに・・・

実は先日のライド中に久しぶりに落車して、傷だらけにしてしまったのだ。

路面のアスファルトでサドル表皮を大きく擦ってしまい

中のフォームが出てくるほどに。


そして、気落ちしてションボリしながら、自宅に戻ったのだけど

いつまでもテンションを下げてても仕方がないので

デリケートゾーンを守ってくれるような新しいサドルに交換してしまおう。


そう決意して、ショップへ向かった。

e0009009_16543913.jpg

スタッフにサドルを交換したいと告げ

例のシビレのコト、ハンドル位置を下げたコト、穴あきサドルに興味があるコト

でも、現状のサドルで坐骨が痛くなるコトが無いコトなどを告げて

ボクのお尻に合うサドルを選んでもらった。


スタッフから提案されたサドルは二種類+α。

e0009009_16550187.jpg

ひとつ目はボントレガーの穴あきサドル、MONTROSE ELITEもしくは

よりクッション性能の高いMONTROSE COMP GELだ。

デリケートゾーンのシビレは血流の悪さ。

これを解決させるのなら、MONTROSEがオススメですと。

ただ、サドルカラーはブラックのみで、ホワイトの設定がないのだとか・・・


そこで、ホワイトの設定のあるサドルとなると、Paradigmというシリーズ。

とてもスタイリッシュなデザインのサドルだ。

でも、Paradigmは、お尻との相性がシビアなようで

デリケートゾーンは守られても、坐骨に痛みが出るかもしれないので

現状のサドルで坐骨の痛みなどが無いコトを考慮すると

同じシリーズのアップデート版Affinity Eliteが良いかもしれないと。


Affinityシリーズには、穴は空いていないけど、

サドル中央に付けられた窪みが先端まで通っているため

前傾姿勢でも圧迫感を減らしてくれるはずとのコト。


いろいろとお話を伺っていると、デリケートゾーン以外にも

お尻との相性もあるようなので、今回はAffinity Eliteというサドルにしてみよう。

e0009009_16551953.jpg

仕事帰りにショップでサドルを購入したため

今朝の出走前に、自分で取り付けをしてみた。

と言っても、作業自体は基本的にネジを回すだけ(笑)


高さや角度、取り付け位置の前後位置調整など

細かなセッティングは少々面倒だけど。


これまで使っていたサドルを取り外し

サドルクランプ周りに溜まった砂やホコリを拭き

新しいサドルを取り付けた。


今まで使っていたサドルと比べると、クッションは若干薄く

クロモリ製だったレールも、中空チタン製になったので、重量測定してみると・・・


Affinity Elite単体の重量は実測値で207g(メーカー公表値は205g)。

これまでのサドルを計測してみると308gだったため、なんと100gの軽量化(笑)

e0009009_16553559.jpg
座面裏側を覗くと、これまでのレールの取り付け方法と違い

レール後端がサドルに直接取り付けられておらず

独特のサスペンデッド構造となっている。

この部分がしなるコトで、大きな衝撃をライダーのお尻に直接伝えないのだとか・・・

ドマーネのISOSPEEDの衝撃吸収性と組み合わされれば、快適な走りを予感させるようだ。


とりあえず、水平にサドルをセットして

細かな調整は走ってからにしてみよう。

e0009009_16555238.jpg

木曽川沿いをいつものようにモーニングライド。

e0009009_16561521.jpg

ボクのお尻とAffinity Eliteとの相性は良いようだ。

お尻の痛みは皆無。


e0009009_16565288.jpg

向かい風が少し辛いけど、ライドそのものは快適。

e0009009_16570992.jpg

こうやって撮影してみると、少しだけ前下がりかな。

e0009009_16573147.jpg

う~ん、やっぱり少しだけ前下がり気味。

e0009009_16574874.jpg

サドルを変えただけで、気持ちは上がる。

e0009009_16580289.jpg

これまでと見た目は何も変わってないようだけどね。

e0009009_16581706.jpg

ぐるぐると回って、いつもの6.8kmポストにて。


Bontrager Affinity Eliteなかなか良い感じのサドルに交換できたから

ボントレガーの30日満足保証プログラムの適用はなさそうだ。





by tokyo_terry | 2015-11-01 17:04 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

I'm a SUBARIST !

新しいサイクルジャージが届いた♪

今回もスバルジャ~ジ~♪

e0009009_23353054.jpg

朝晩は徐々に冷え込むようになってきたから

そろそろロードバイクに乗る際も長袖ジャージを着なくては・・・


以前、パールイズミのI’m a SUBARISTのロゴの入った

半袖ジャージを入手したのたけど、今回は長袖バージョン。


早くこのジャージ着て、バイクに乗りたいなぁ。




by tokyo_terry | 2015-10-07 23:37 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

先日のライドでグローブを破ってしまったので、グローブを新調した。

トレックファクトリーレーシングチームのグローブだ。

e0009009_20532091.jpg

ボクが乗っているバイクメーカーのトレックには

トレックファクトリーレーシング(以下 TFR)と言うチームがあり

そのレーシングチームのユニフォームデザインが施されたアパレルが

豊富に揃っている。


その気になれば、ヘルメットやジャージ、レーパン、ソックスやシューズなど

頭から足の先までをTFRのデザインのウェアを着て

選手を気取ったコスプレも出来る(笑)


でも、ボクのようなヘタレなサンデーライダーには

目立ってしまうジャージなどを身にまとうコトは気恥ずかしくて出来ない。

カッコイイなぁとは思うけど・・・

とはいえ、少しくらいは選手を気取ってみるのも悪くない。


先日のライドで落車した際、グローブを破ってしまったため

今回新しく入手したグローブはTFRのデザインをチョイスしてみた。

あまり目立たない部分なら良いかなぁと。


これまでは、ベルクロで手首周りで留めるタイプのグローブだったけど

新しいこのグローブには、調節用のベルクロはなく

生地の伸縮でピッタリと手にフィットする仕組みだ。

手の平部分のレザーは衝撃吸収用のパッドが入っているが

とても柔らかくてハイグリップ、着け心地も中々のもの。


明日、早起きして天気が良さそうなら

新しいグローブを着けてモーニングライドを楽しんでこよう。








by tokyo_terry | 2015-06-06 21:01 | ☆Bike item | Trackback | Comments(0)

Continental Gatorskin 700×25c

先日サイクルキャリアをポチッたばかりだけど

今度は消耗品となるタイヤをポチッと。

e0009009_20250115.jpg

日曜の朝に20~40km程度の距離をトレーニングで乗るコトが主体のため

現在使用中のタイヤの磨耗はそれほどでもなく、まだまだ使える・・・と思う。

経年劣化を考えると、そろそろ替え時かもしれない・・・とも思うのだけど。


先日サイクルキャリア THULE ProRide 591を入手した際に

まとまったポイントが貯まったので

そのポイントを利用して、ロードバイク用のタイヤ一本分のプライスで

前後二本分を手に入れるコトができた。


こういったロードバイク用のタイヤは

国産・外国産の個性的なブランドが多くあり

様々な用途に合わせたタイヤが数多くラインナップされていて

どのタイヤをチョイスするのが良いのか迷ってしまう。


と言ってもバイク初心者のボクの場合

転がり抵抗が云々・・・軽さが云々・・・

グリップ感が・・・というのはまだまだ分からない。


とりあえず、耐パンク性と耐久性の高さに重点を置いて

評判の良いタイヤをチョイスしてみた。


コンチネンタル ゲータースキン

ドマーネのデフォルトサイズ、700×25c。

タイヤのサイドカットを防ぐための格子状の模様が

このタイヤのネーミングの由来かな。


今のタイヤがまだ使えるとは言え

新しくタイヤを入手したら、なんだか早く使ってみたいから

今度の休日に早速タイヤ交換して走ってみようかな。



by tokyo_terry | 2015-05-10 20:27 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

THULE ProRide 591 < On the Roof >

積むか載せるかで悩む、バイクの運搬方法。

インザルームとオンザルーフ。

e0009009_23291638.jpg

自宅からバイクに乗っていつもの川沿いを走るだけでも楽しいのだけど

たまには遠くへ出かけた先でバイクを楽しみたい。


山の中を駆け巡ったり、林道を走ってみたり

いつもと違った景色を見ながら走りたい。

そんなときはクルマにバイクを積んで出かけよう。


ボクはこれまで、Minouraの車載用スタンドVERGO-Excelを使用していた。

フォレスターのカーゴルームに設置して

バイクの前輪を外し、フロントフォークで固定して

バイクを立たせた状態で運搬していた。


バイクを寝かせていないため

コーナリングやブレーキング時の荷重移動でバイクが動くようなコトもなく

走行中に内装を傷めたりする心配がない。

2台までなら、ある程度の荷物用のスペースを残した状態にもできる。

また、車内への積み込みのため、風雨にさらされるコトがなく

バイクが汚れない・・・これらがメリットだ。


しかしデメリットももちろんある。

外したタイヤのスペースが必要になったり

走行時にバイクが拾った砂や油などで車内が汚れやすくなったりする。

またカーゴルームを拡大するためにはリヤシートを倒さねばならず

必然的にフロントシートのみの2名乗車となるコト。

また、ハッチバック部分からバイクを出し入れするため

リアバンパー位置の高いフォレスターはバイクの出し入れがしづらく

慎重に出し入れしないと、クルマを傷つけやすくなってしまうコト。

e0009009_22312276.jpg

これらのデメリット全て解消できるワケじゃないけど

運搬方法を“車内積載から“車外搭載へ変更するのも良いかもしれない。


そこで、最近手に入れたTHULEのサイクルキャリア

ProRide 591の登場となる。

e0009009_22314349.jpg

このサイクルキャリアは、タイヤなどを外したりせず

すぐに走れる状態のまま、または、走行後そのままのバイクを

ルーフ上に設置したキャリアに載せるだけ。

キャリアから伸びたアームでバイクのフレームを保持して

前後タイヤをベルトで固定するだけで良い。


ルーフ上にサッと積んで、固定もサササッとがっちり固定できる。

車外搭載のため、車内はクリーンな状態を保つコトができるし

カーゴルームの容量も減らないし、フル乗車も場合によっては可能だ。

e0009009_22315864.jpg

しかしこちらにもデメリットがある。

ルーフ上に搭載するため、身長ほどの高さにバイクを持ち上げなければならないコト。

搭載時には、高さ制限などを気にして走行しなくてはならないコト。

高速走行時の風切り音と空気抵抗による燃費性能の低下である。


積むか載せるかで悩む、バイクの運搬方法だけど

踏み台さえあれば、比較的手軽に搭載できるのは

今回手に入れたTHULE ProRide 591

荷物に余裕があり、バイクを汚したくない場合は

Minouraの車載用スタンドVERGO-Excel

e0009009_22322217.jpg

バイクの運搬方法も時と場合によって

最適な方法を選ぶコトができるようになった。


おかげでボクのフォレスターのルーフ上には

まるで御神輿がのっているような状況になってしまったけど。





e0009009_22310373.jpg
撮影中、偶然にもトレック乗りのサイクリストが(笑)


by tokyo_terry | 2015-05-03 22:50 | ☆Bike item | Trackback | Comments(4)

Replacement


ロードバイクを納車してちょうど一年。
初めてのバーテープ交換・・・遅いかな?

e0009009_1722411.jpg

ロードバイクのハンドルには
クッション性とグリップ性を高めるために
バーテープと呼ばれるモノが巻かれている。

素材はコットンやコルク、合成皮革、本革などもあるようだ。
厚みの違いなども数種類あり
色や柄なども様々な種類がある。

僕が乗っているトレックのドマーネのデフォルトのバーテープは
クッション性の高い分厚いコルク風のバーテープ。
色はフレームカラーに合わせたホワイト。

少々太めのグリップだが、これはこれで問題はない。
でも、ホワイトのバーテープは
汚れが非常に目立ちやすいのが難点だ。

以前からそろそろ汚れているから交換したいなぁと思っていたから
ロードバイクを納車してちょうど一年。
初めてバーテープを交換してみた。

大して難しいものではないと思っていたけど
等間隔で巻くのは、実際にやってみると以外と難しかった。

あまりキレイとは言えない仕上がりだけど
グリップ周りに汚れがなくなっただけで
ずいぶんと見た目の印象が違う。

これで新年を迎える準備は万端ッ!

でも大晦日から元旦にかけての天気は・・・どうなるかなぁ。


by tokyo_terry | 2014-12-29 17:23 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

My personal effects

最近、ボクがロードバイクに乗っている際の
バックパックに入れているコーヒーセットのご紹介を。

e0009009_17223365.jpg

いつも背負っているバックパックの内容量は10L
SHIMANOのバックパック ACCU3D U-10
スマホと財布、パンク修理キットと
交換用チューブに携帯ポンプ&ツールと鍵
そして、30mm単焦点レンズを装着したEOS Kissを入れて
走っている。

最近はさらにコーヒーセットも。

コーヒーセットの詳細は・・・

e0009009_17225074.jpg

まずは、お湯を沸かすための小型ハイパワーストープ
Snow Peakのギガパワーマイクロマックス(106g)
ギガパワーガス 110イソ(110g)

オートイグナイタ(圧電点火装置)を装備しない
ギガパワーマイクロマックスウルトラライトなら
重量はたったの56gと超軽量。
軽さにトコトンこだわるなら、グッドチョイスだと思う。

e0009009_17232847.jpg

直火でお湯を沸かし、そのままカップとして使える
Montbellのチタンカップ450(70g)

ステンレス製のカップで、同じコトをすると
カップの持ち手まで熱くなり、火傷必死だ。

チタンは熱伝導率が低いから
お湯を沸かすコトだけを考えれば
アルミやステンレス製が良いが
そのまま飲むコトまで考えると、チタンがベストチョイスだ。

e0009009_17225494.jpg

そして、インスタントコーヒー。
日常ではブラックで頂くのだけど
ジテンシャの場合、甘いもののほうが良い。

あと、忘れてはならないのがペーパータオル。
飲み終えたカップを洗ったり、拭いたりできるから。
この青いペーパータオルは、通常のキッチンペーパーよりも
分厚くて、濡れてもカンタンに破れたりしないから
ジテンシャのメンテナンスにもバッチリだ。
コレはカインズホームで入手したモノ

e0009009_17235210.jpg

また、カップの中に折り畳んだストープを入れる際の
緩衝剤としても使えるので、コレは必ず入れておきたい。
コンビニでもらえるお手拭きでも良いかもしれないけど。

ちなみに・・・このモンベルのチタンカップ一杯分で
カップヌードルBIGがちょうど良い感じで作れるコトも
紹介しておきたい(笑)





by tokyo_terry | 2014-10-26 17:36 | ☆Bike item | Trackback | Comments(2)

I'm a SUBARIST !

六連星(むつらぼし)とI'm a SUBARIST !のロゴ。
これがとっても気に入った。

e0009009_22452880.jpg

ロードバイクに乗るときは、サイクルジャージを着用。
これはある意味、ロードバイクに乗るためのドレスコード(笑)

他にもヘルメットやグローブ、レーパンなども
ロードバイクに乗る際には、着用しておきたい。
もちろん、安全面を考えてのコトだけど
専用にデザインされたウェアの機能性はかなり高いからだ。

ジテンシャ遊びをはじめる前は
“あの格好”をするのは無理だ・・・なんて思っていたけど
やはり専用のウェアは動きやすく、乗車時の着心地がよいものだ。

というワケで、
新たに夏用のジャージを入手した。
サイクルウェアメーカーであるパールイズミが
スバルとコラボレーションしたジャージだ。

両肩と右胸には六連星
左胸に力強い心臓をイメージさせる、BOXERエンジンがプリントされ
両脇、腰の位置には、新型LEVORGのロゴが入る。
そして、背中にはI'm a SUBARIST !の文字。

これがスバルジャージ購入の決め手となった。

フォレスターに乗りはじめて5年目。
もちろん、ボクも・・・ I'm a SUBARIST !




by tokyo_terry | 2014-06-01 22:49 | ☆Bike item | Trackback | Comments(8)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30