カテゴリ:∇ Fishing Talk( 194 )

Casting Lesson

毛鉤が見えなくなるような時間まで
今日もよく振り、たくさん投げてきました。

e0009009_237067.jpg


こうかな。
違う違う。

止めて止めて。
そうそう。

手首が開き過ぎぃ〜!
もっとロッドを立てて。

おぉー、すごく良いループ。
アカン、テイリングしとるがなッ。

後ろのループ、めちゃくちゃ良いね!!
うわッすごい飛んだ。

もっと脇を閉めて。
この姿勢、ちょっと窮屈だなぁ。

ボワァ〜ン、ボワァ〜ン。
シュッ、シュッ、ドォーンッ!!

あれぇ、ラインが乗らんッ!?
うぉ、軽いなぁこのロッド!!

あれ、ラインが曲がらん。
やっぱり、バックハンドからのリーチキャストじゃない?

この距離では入らんッ。
うほ、入った、へへぇーん。

うはははは♪
あはははは〜☆

今日もよく振りましたね。
いつも、暗くなるまでやってるな。


んじゃ、お疲れッしたー。
またやりましょう〜!!

と言う感じのキャスティングレッスンは
terry's Photo Loungeにて


by tokyo_terry | 2011-11-27 23:10 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(12)

Casting Lesson

雨後特有の風の強い日だったけど、晴れた日はキャスティング日和。
ワイワイ・ドヤドヤ(笑)と楽しいフライキャスティング・レッスン。

e0009009_21273045.jpg


午前中から始まったキャスティング・レッスンは
今回も日が暮れるまで、みんなでワイワイ・ガヤガヤと。

その様子は動画でどうぞ
▼▼▼


写真はコチラで
▼▼▼
terry's Photo Lounge

そして今回は、練習の成果を試すために、ロングキャストゲームを最後に行った。
by tokyo_terry | 2011-10-16 21:34 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(16)

Fish-watching

森の中へ入った
静かに、そっと

e0009009_2152117.jpg


目的は小さな沢
イワナに会う為


浅瀬に浮いてる
イワナが見えた


ゆっくり動作し
驚かさない様に
カメラを構えた


イワナに気配を
感じ取られない
様にしたつもり


でも、イワナは
気づいたみたい

スーッと泳いで
陰の中へ消えた




今度はイワナが泳いでいる姿を撮りたいなぁ。


by tokyo_terry | 2011-10-11 23:40 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(2)

Wader Care

今日は絶好の洗濯日和、
久しぶりにウェーダーをクリーニング。

e0009009_14261978.jpg

たらい代わりの無印良品の衣装ケースに水を入れて、洗濯用の粉石けんを適量投入。
ジャバジャバと水をかき回したら、ウェーダーを浸して手洗いする。

ひざ下前部の汚れがヒドいのだけど、こうやって洗濯をしながらウェーダーを見てみると
太もものサイドからお尻の部分の汚れもかなりのもの。
岩の上や草むらに腰掛けたりしたときや
滑って転んだり、尻餅をついたりした際についた汚れなんだろうな。

外側のヒドい汚れをブラシで軽くこすりながら全体を洗い終えたら
ウェーダーを裏返して、今度は内側も。

その後、内側のネオプレーンソックスが乾いたら
もう一度ひっくり返して表側にNIKWAXを施しておこう。

これで来春、気持ちよくウェーダーが履けるだろう。


by tokyo_terry | 2011-10-02 14:29 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(6)

THE LAST WEEKEND

キラキラひかるイルミネーションも良いけど
秋の斜光で水面がキラキラする場所にも行きたいなぁ。

e0009009_22222814.jpg


今年の夏は、仕事に追われて追われて、週末はグッタリとしている日が多かった。
週末の日曜だけのお休みの日は、とにかく日常の疲れを取るために
フライフィッシングのフィールドには向かわず、静養している日が多かった。

しかし、サンデーアングラーとしては、この週末が今季のラストチャンス。

キラキラひかるイルミネーションも良いけど
秋の斜光で水面がキラキラと眩しい場所にも行きたいなぁ。


by tokyo_terry | 2011-09-23 00:09 | ∇ Fishing Talk | Trackback

MONKY MAGIC

今年も昨年同様、キャスティングレッスンから
ボクのフライフィッシングはスタート。

e0009009_11455114.jpg北西からの風が吹く河畔の公園・・・仲間内ではいつからか“山猿コート”と呼ばれるようになったキャスティングの練習をする場所で、午後から夕方までミッチリとフライロッドを振り、フライラインで様々なカタチのループを作り、同じロッドとラインの組み合わせでディスタンスを競い合ったり、アドヴァイスを貰いながらトリックキャストやバックハンドキャストの練習をしたり、来るべき解禁に向けて、楽しみながらキャスティングの練習をしてきた。
今回のキャスティングレッスンでの収穫はふたつ。ひとつ目は、コントロールの非常に難しかったファストアクションのロッドの扱い方のヒントを山猿さんから貰ったこと。ふたつ目はRollyさんから刺激を受けたツーハンドのキャスティングだ。
今朝、起きてみたら左腕と背筋の筋肉痛が酷い・・・今日は何もしたくないほどだ。完全に身体が鈍ってる。でも、また暇を見つけたら、シングルハンドロッドでのキャスティングと合わせて、ツーハンドやスイッチロッドでの練習もしておこう。

それにしても、山猿さんのキャスティングって本当にスゴい。どんなロッドでもスグにスゴいループを描くんだから。文字通りモンキーマジック。
解禁間近の練習風景はコチラ!!
by tokyo_terry | 2011-01-10 11:50 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(16)

Fish Watching

清らかな流れに泳ぐ渓魚たち。
その動きはとても魅力的で、ずっと眺めていたいほどだ。

e0009009_19321641.jpg流れを遡行しているとき、踏み出した足元から渓魚にスッと上流へ走られたコトは、誰でも一度は経験しているコトだろう。ボクもシーズン中に何度かは、不用意な動きや気配を渓魚に感じ取られ、弾丸の如く泳ぎ去る渓魚の姿を見て肩をガックリと落とすコトが多い。

また、毛鉤を水面に落とすと同時に水飛沫を上げて飛び出してきたアマゴにビックリさせられ、アワセ損なったり、ビックリアワセをしてしまい逃げられてしまったり・・・。釣り人として水辺に立ち、フライロッドを握っている時にそんな経験をすると、悔しいなぁと思うのだけど、フライロッドを置きカメラを構えている時は、その渓魚の動きはとても魅力的で、何度でも見ていたいと思うから不思議だ。


e0009009_19325196.jpg今日はフィッシュウォッチング。
渓流がクローズしているから、アマゴやイワナを見るのはずいぶん久し振りだ。アマゴは流れの中でユラユラ揺れながらボーッと中層を泳いでいるかと思えば、突如、上層の泡の切れ目に泳ぎ上がり、流下物目掛けてライズをする。その動きは、とてつもなく早く、見ているこちらもビックリするほど。


e0009009_19332114.jpg一方イワナたちは、比較的流れの緩い場所でのんびりと日なたぼっこでも楽しんでいるようにして、水底に定位している。岩の間や暗がりにジッと潜み、目の前に流れ込んで来た流下物をゆっくりとした動作で咥えたりしている。群の中には、気ままに追いかけっこをする個体もいたりして、その動きはコミカルだったりして、いつまでも眺めていたくなるほどだ。



そうそう、水底といえば・・・
by tokyo_terry | 2010-12-11 19:44 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(12)

Fly Fishing Event in NAGOYA 2010

この週末に開催されたフライフィッシングのイベントは
昨年よりもパワーアップした楽しいイベントだった。

e0009009_21321041.jpgフライキャスティングスクールやフライタイイングスクール、ゲーム大会や様々なメーカーのロッドの試し振りなどが無料で楽しめるとなれば、やはり今年も行かなくてはッ!!
他にもワチェットの鈴木寿氏、ブラッドノットの岡田裕師氏、ティールの杉浦雄三氏、ケンキューブの杉坂研治氏、フルックス・長島勝弘氏、キャナルの岩崎徹氏、ティムコの嶋崎了氏、トラウトアンドキング・青木剛氏8名のフライボックスの中身が公開されていたり、津留崎健さんのコンパクトデジカメ撮影教室&講演も無料で受けられるのだ。
さらに、無料のイベントなのに、最後にはプレゼント抽選会などもあるのだから、かなり太っ腹なイベントだ。

個人的には、今回はプレゼントも当選したり、短い時間だったけど憧れの津留崎さんと鈴木さんとお話するコトができてとても楽しかったなぁ。

他にも、オフシーズンとなって久し振りにお会い出来た方がいっぱいいて、とても楽しい秋の休日が過ごすコトとなった。主催者の皆さんには感謝したいなぁと思う。

ぜひ、来年もこの楽しいイベントが開催されますようにッ!!

そんな様子はコチラからも→terry's Photo Lounge
by tokyo_terry | 2010-10-24 21:35 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(8)

Flyfisher's Sports Meeting

秋晴れの中、キャスティングをするのは気持ちが良い。
キレイなループを作り、思い通りのシュートが決まれば、さらに気持ちが良い。

e0009009_20573617.jpg渓での釣りがクローズドしたら、湖や海、管理釣り場などで遊ぶのもイイけど、ボクはやはりキャスティングの練習が良い。この数年は、オフシーズンになると、素晴らしいキャスティングテクニックを持つ山猿さんがキャスティング練習に誘ってくれるから、秋晴れの休日を一緒に過ごすと翌日はいつも筋肉痛となる。いつも筋肉痛になるのは、ダブルホール時にラインを引く左手だ。

今日は陽射しがメチャクチャ強かったから、タープを持ち込んで陽射しを遮るスペースを作ってみたけど、キャスティングに夢中になっていたら日焼けをして顔が真っ赤になっちゃった。日焼け止めを塗っておけば良かったかな。

ちなみにこのカラフルな的は、山猿さんがお孫さんから借りてきたフラフープ。きっとお孫さんはおじいちゃんが公園で友だちとフラフープで遊んでいると勘違いしているコトだろう(^ ^)

山猿さんとその友人たちが公園でフラフープで遊んでいる写真はコチラでご覧になれます(笑)
↓↓↓
フライフィッシャーの運動会。
by tokyo_terry | 2010-10-11 20:59 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(20)

Looking back this season

9月最後の釣行を・・・と思っていたけど
先週末は体調を崩してしまい、今週末はすでに10月・・・渓はクローズド。

e0009009_21434921.jpg今シーズンを振り返ってみると、ここ数年に比べると極端にフィールドに向かった回数は少なかった。例年の半分以下・・・三分の一くらいだろうか。とにかく、今シーズンはあまりフィールドに向かうコトができなかった。仕事のスケジュールも過密だったから、自宅でのんびりする日もあったけど、作品展を友人から誘われて行なったり、釣行の目的や内容などの嗜好が以前と違ってきたのが大きな理由かもしれない。もちろん、美しい渓魚との出会いや逞しく野性的な渓魚との出会いをしたいと思う気持ちは変わらないのだけど。

初めての渓で出会ったアマゴにドキドキしたり、桜の花咲く渓で友人とアマゴを釣ったり、友人に誂えてもらった竹竿で高原のイワナを釣ったりもした。木曽では、いつもお世話になってる遊びの達人たちと渓で高笑いをしたり、遠くから来た友人にアマゴを釣ってもらうためにアッチコッチ走り回ったりもしたっけ。回数は少ないながらも、楽しい渓流シーズンだったコトに間違いはない。

さて、来シーズンはどんなフライフィッシングになるのだろう。今シーズンは遠征が出来なかったから、来シーズンはもっと色んな場所でフライフィッシングを楽しみたいなぁ。
by tokyo_terry | 2010-10-02 21:45 | ∇ Fishing Talk | Trackback | Comments(10)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30