カテゴリ:∴ Essay( 3 )

Memories of Rainy day <Part 3>

その日最後に入った踝ほどしかない浅瀬で、ゆっくりと毛鉤を呑み込んだイワナ。
ボクらはそいつを雷イワナと呼んだ。


e0009009_1212974.jpg五月晴れの朝、窓を全開にして清々しい風を受けながらクルマを走らせる。BGMはふたりともお気に入りのクラプトンだ。釣友の“Mr.N”とは久しぶりの釣行だった。最近は本流のニジマスに魅入られてるので、もっぱらウェットフライでの釣りを楽しんでるようだが、煩わしい事が苦手な彼はいつもドライフライの釣りだ。もちろんボクの師匠でもあるから、弟子のボクも師匠に合わせてドライフライの釣りだ。

ボクがフライを始めてから、いつもふたりでいろんな渓へとフライフィッシングの旅をしていた“Mr.N”。心配性なボクとは違い、彼のボックスはいつもスカスカ。それでも手持ちの少ない毛鉤でサカナを巧く掛ける。そして一尾のサカナに出会うことが出来れば、それでいい。ボクと違って、彼はガツガツしていないのだ。

そんな“Mr.N”と今日の目的地である初めての渓に到着。早速釣りの準備に取りかかる。この渓の林道には、途中に何台かの釣り人らしきクルマが至る所に停めてあった。渓への降り口は、釣り人の多い渓らしく踏み後がしっかりと付いているので、初めての場所でも入渓点は簡単に見つかった。“Mr.N”は珍しく、今日はニンフで沈めて釣ると言う。だから、ボクにドライフライで先行してもイイよと言った。じゃ、遠慮なく行かせていただきます。

水量と水の色はとてもイイ。コンディションは良さそうだ。しかし周りをよく見てみると、陽の当たらない北側の斜面には五月だというのに、雪がまだ残っていた。そんな渓での今回の相手はイワナ。入渓して間もなくドライフライで難なく一尾をキャッチすることができた。まだ冷たい流れにイワナを還し後ろを振り返ると、ちょうど“Mr.N”もロッドを曲げていた。駆け寄るとボクの釣り上げたイワナよりも大きく綺麗な魚体だった。何だか、ちょっとだけ悔しい。そのイワナのストマックを見てみるというので、一緒に見せてもらった。胃の中身をポンプで吸い上げ、シャーレに移し出してみると、メイフライの姿はほとんど無く、黒い甲虫などのテレストリアルで充たされていた。

そう、この日はそれまでとは違い、初夏を思わせるように日差しが強く、気温も高かったのだ。

その後スグにボクはイワナをもう一尾追加できたものの、お昼をまわる頃には照りつける太陽のお陰で、ふたりともヘロヘロになっていた。もちろんイワナは釣ることが出来なかった。まるで、この渓からイワナが消えたんじゃないかと思える程反応が無くなっていた。

気分転換する意味も兼ねて、蕎麦でも食べに行こうという事になった。朝、入漁券を買った店の軒先で、蕎麦の文字が見えたのを憶えていた。一皿500円のリーズナブルな蕎麦。付け合わせの大根おろしが非常に辛い蕎麦だった。そばをふたりですすっていると、一目見てそれと分かる格好の登山客の夫婦が一組こちらにやって来た。これから山を登るんだという。午後から?帰りはどうするつもりなんだろう。少し気にはなるが、もしかして宿がこの上にもあるのかな。

昼食を済ませた後、人間満腹になると眠くなる。少し休憩を入れてから釣りを再開する事になった。

休憩場所から林道を少し登った場所から、イブには少し早いけど“Mr.N”と再度釣り上がる。空を見上げると夏を思わせるような入道雲が出ていた。どうにか午前中に釣り上げたイワナよりも、いいサイズのサカナに出会いたい。そう考えながらも午前中は先行させてもらっていたので、“Mr.N”に午後からは先を譲る。するとあっけなく落ち込みから“Mr.N”のドライフライをイワナが呑み込んだ。

ボクらには、交互に釣り上がるときは先行者がサカナを釣り上げたら交代するという
暗黙のルールのようなモノがあった。まだ釣り始めたばかりなので、“Mr.N”がそのまま釣りを続けても別に良かったのに、交代しようということでソコから先はボクが先行する事になった。

しかし、上流に進めどサカナの反応がない。すぐ後ろを釣る“Mr.N”の事も考えれば、すべてのポイントを潰す訳にもいかないから、手前の釣りやすいポイントだけを叩きながら上流へと向かう。空からは遠くを飛ぶ飛行機のゴォォーッという音が聞こえていた。

しばらくイワナからの魚信のないまま釣り上がり、周りを見渡すと渓に沿っていた林道も見えなくなっていた。辺りは鬱蒼とした雰囲気で人工物は見当たらない。雰囲気はイイ。でも帰りは少し大変そうだな。なんて考えていると、また飛行機のゴォォーッという音が聞こえてきた。今日はたくさんの飛行機が飛んでるなぁ。

ふと前を見ると15m程先には右からの流れが岩盤にブツかり、深くえぐれて淵になっているポイントが見えた。その淵には枝が張り出し、イワナがいかにも着いていそうな雰囲気があった。あのポイントまで釣り上がったら、釣れても、釣れなくても“Mr.N”と交代しよう。そう思いながら手前の浅い流れにチョコンと頭を出した石の横へ毛鉤を投げ入れた。

e0009009_1215135.jpgすると水面から三角形のカタチをしたイワナの口が現れた。そしてそのままゆっくりとした動きで流れ落ちる毛鉤を呑み込んだ。イワナの姿が水中に消えるのを確認してから左手で余ったラインを引き、ロッドを持つ右手を跳ね上げた。ロッドが90度よりも手前の位置で、ドスンッと止まる。重量感たっぷりのイワナの感触。と同時に浅瀬に大きな水飛沫が上がった。

パンッと張ったサンライズカラーのフライラインが上流に向かう。慌ててボクもイワナの動きに合わせて上流へ移動し、イワナの動きを止める。するとイワナは急反転して下流に向かう。バットまで曲がるロッドなので、なかなかイワナの動きをうまく止める事が出来ない。そんなやり取りをしていると上空からまた飛行機の音。

ゴォォーッという音がすぐ近くで聞こえる。さっき聞こえた音よりも数倍大きい音だった。頭から足先まで、体中に響くような大きな音だった。その音にビックリしながらも、イワナを引き寄せ、ネットへと導く。尺には足らないが、ふっくらと太った優しい顔つきのメスのイワナだった。

“Mr.N”とふたりで、今釣り上げたばかりのイワナを見ていたら、急に雨が降り出した。それも普通の振り方ではない。いきなりの土砂降りだ。慌ててイワナを流れにもどし、“Mr.N”と薮の中へ駆け込んだ。空を見上げると、先ほどまでの晴れ間はいつの間にか無くなり、辺りは真っ暗になっている。そして・・・

ピシャーンッ!!

甲高く地面が揺れるような大きな音と、目の前が真っ白になるような光。
雷が近くに落ちたのだ。

ふたりとも慌ててロッドをたたみ、姿勢を低くしながら薮の中をかき分けて林道に出た。雷はまだ近くで鳴っているが、徐々に東の方向へと移動しているようだ。雨脚も少しだけ弱くなっている。ふたりで顔を見合わせて、今日はこれで上がろうと言い。クルマの止めてある場所までを歩いた。帰り道、車中では行きにも聴いていたクラプトンのCDを掛けながら、イロイロと話しをしていた。もちろん話題は最後に釣ったあの大きなイワナ。

ボクたちはあのイワナの事を雷イワナと名付けた。
by tokyo_terry | 2005-12-03 12:30 | ∴ Essay | Trackback | Comments(18)

Memories of Rainy day <Part 2>

土砂降りの雨の中、家路へと急ぐクルマの中で
先ほどまでの事を興奮して話しているボクがいた。


禁漁間近の九月の日曜、会社の先輩とボクのお気に入りの渓へと出掛けた。
夕方のひとときを楽しむためだ。

禁漁間近とはいえ、気温の高さと水温の高さで日中は釣りにならないほど暑い。木々が覆い被さる上流に行けば、サカナの居る、居ないは別として何とか釣りをする事はできる。でも、ボクはこのお気に入りの渓は下流部の開けた渓相が好きなのだ。至る所に護岸や堰堤などもあり、それほどサカナの数も多くないのは分かっている。でも、フライフィッシングを始めてからずっと通い詰めているからか、それともたまに姿を見せてくれるキレイなアマゴに魅せられているのか。自分でもその理由はよく分からない。

e0009009_2143171.jpg夕方になり太陽の光が傾き始めて、水面に映る影が長く伸び始める頃、脱渓ポイントにクルマを停めてソコから下流へと向かう。先輩とは別々に入渓した。先輩の入渓地点からさらにボクは下流を目指し200m程歩いたトコロからスタートする。

ふたりでの釣り上がりもできるが、この渓はあまり広くはない。どちらかと言えば、一人の方が釣りはしやすい。しかも仲間内ではボクの釣り上がりのスピードはとても早いといつもいわれる。じっくりと釣り上がるスタイルの先輩とは対象的に、活性が高く、食い気のありそうなサカナが付くはずと経験上で感じるスポットに、2度3度と毛鉤を流し込んで反応が無ければ、次々とサカナの着いていそうなポイントだけを叩き上がるスタイルのためだ。だから、取りこぼしも多いのは事実。

毛鉤はいつものアダムスパラシュート。グリズリーとやや赤みの濃いコーチマンブラウンのハックルを使って巻き上げたボクの定番。こいつをアマゴが好みそうな、やや早い流れに乗せて各ポイントを叩き上がる。しかし反応が無いまま、釣り上がって行くと、手前の流れから、肩、ヒラキ、流芯の脇、巻き返し、落ち込みと毛鉤を流すポイントが徐々に増えていく。しかし、この日はまったくアマゴの反応がない。

まだ時間的に早かったか?と考えながら空を見上げると、メイフライが舞っているのが見えた。種類は何か分からないが、これからプライムタイムになるはずと信じ、火を着けたタバコを吸い終えてからまた叩き上がった。

先輩が入渓したはずのポイントを通過した。ココから先は先輩がすでに主立ったポイントを叩いているので、今日はもうダメかな。そう思いながらもドンドンと釣り上がっていくが、今日は先輩も釣り上がりのスピードが早いようだ。いつもなら姿が見えるはずだが、全く見えない。もしかしてボクと同じように全く反応が無く、すでに脱渓してしまったのだろうか。そう考えると、先輩を待たせるのも申し訳ないと思い、今日の釣りは諦めて脱渓ポイントまでロッドは振らずに歩いていた。

先輩のクルマが見えるところまで来た時、既に何の意味も無い壊れかけの小さな堰堤の上で、水飛沫が上がったように見えた。よく観察していると、さらにその奥や対岸のブッシュの下、さらには手前のヒラキでもライズが起こっている。

ライズの場所は脱渓ポイントの手前。このポイントは先ほど先輩が歩いて行ったはず。しかもココは水中徒歩をしなければ脱渓する事が出来ないはずなのに、アマゴが狂ったようにライズしている。まさに狂喜乱舞。エサとなる水生昆虫が大量に流れ始め、このポイントに集まっていたアマゴたちを狂わせている。釣り上げるには絶好のチャンスだ。そう、まさにプライムタイムの始まりだ。

e0009009_2142682.jpg今まで使っていたアダムスパラシュートも、ハッチしているメイフライと同サイズのようだ。手前のライズから慎重に狙いを定めてキャストをする。毛鉤がライズのあったスポットを通過しようとした時、水面に小さな盛り上がりが現れ毛鉤が消えた。右手を立てるとアマゴの動きが伝わってきた。

23・4cmののアマゴだ。まだ暗くなっていないから、そのまま毛鉤にフロータントを施し、続けてアマゴのライズを狙う。左岸からのアップクロスなので毛鉤もコントロールがしやすい。すぐさま、同寸のアマゴをキャッチ。流れにアマゴを還して立ち上がったところで、対岸の土手の上に先輩の姿が見えた。すでに着替えも終えているようだ。でも目の前には数尾のアマゴがまだライズを続けている。先輩には悪いが、このまま釣りを続けさせてもらう。

その後流芯でライズするアマゴをキャッチして、さらに対岸のブッシュの奥のライズを狙うが、そいつだけは手強い。通常なら暗くなってきた時は、ヒラキなどの光量が多く、サカナからもエサの見やすい場所でライズをするものだと考えていたので、もしかしたらブッシュの下に隠れているヤツは、ハッチとは関係のないライズをしているかもしれない。もしくは対岸は緩い流れのブッシュの下だから、ボクには見えないだけでカディスなどのハッチがあったのかもしれない。

すでにこのポイントで数尾のアマゴをキャッチしていたので、手強いアマゴだけを残して、先輩の待つ脱渓ポイントへ向かった。

今、すぐソコでたくさんのライズがあり、イイ思いをしてきた事を先輩に報告しながら、釣り道具を片付けてクルマに乗り込む。すでに辺りの景色は夕闇に包まれ、帰りのワインディングロードは対向車のヘッドランプが眩しく感じるほどだ。すると雨がフロントガラスを叩き始めた。アッという間に土砂降りの雨となった。

走るクルマに叩き付ける雨音は、激しく大きな音となっていたが、興奮して話すボクの声は、もっと大きく車内に響いていたような気がする。
by tokyo_terry | 2005-11-15 22:07 | ∴ Essay | Trackback | Comments(18)

Memories of Rainy day <Part 1>

寒さで目が覚めテントから這い出ると、空は今にも泣き出しそうな雲行きだった。

e0009009_22125918.jpg釣友“Mr.H”とふたりで木曽の渓を暗くなるまで楽しんだ後、そのままクルマでキャンプ場を目指す。しばらく走ると山の中にあるキャンプ場にたどり着いた。キャンプ場の管理人に利用許可をもらい、適当な場所にテントを張り暗がりの中夕食の準備を始めた。

“Mr.H”はボクと違い、野営の経験が何度もあるので、テントを張ったりする手際がとても良かった。ランタンの柔らかな灯りに照らされながら、その日の釣果や渓の事、翌日の目的地の話をしながら、簡単な夕食を空腹の胃袋に詰め込んだ。

そして、明日の予定を決めたところで寝袋に滑り込み、キャンプ場の横を流れる沢の水の音を聴きながら夢の中へと入っていった。

翌朝、6月も後半だというのに寒さで目が覚めた。キャンプ場の空気は辺りの森の呼吸でとてもヒンヤリとしていた。眠い目を擦りながら空を見上げると、森の木々の切れ間からは今にも泣き出しそうな灰色の雲が流れていた。

キャンプ場の水場で顔を洗うと、とても冷たい水だった。沢から引いている水で一気に目が覚めた。 コンロでお湯を沸かして、コンビニで調達したインスタントのスープで朝食を摂る。“Mr.H”と雨が降り出す前に野営を撤収しようと、急いでテントや寝袋などを片付けて、昨夜ふたりで計画していた目的の渓へとクルマを走らせた。

キャンプ場から少し走って目的の渓に到着する。すぐさまロッドを継ぎ、「雨が降る事はもう確実だね。」なんて言いながら、レインジャケットを羽織り“Mr.H”と渓へと駆け下りた。ボクが上流に入り、“Mr.H”は20mほど離れた下流へと向かう。

渓の水は梅雨時ということもあり、水量はやや多め。
今日は先行者もいないからスグにイワナの反応もあるはず。
そう思い、飛んでいる虫は辺りには見えないが、取り合えず手前の流れからドライフライを流してみる。ポイントを叩くとイワナは毛鉤のすぐ近くまで見に来るが、入渓しやすい場所だけにシビアになっているようだ。毛鉤をガップリとは飲み込んでくれない。

しばらくすると雨がシトシトと降り始めた。

それまで使っていた#16のパラシュートでは、雨に当たると沈みやすくなってきたので、こちらの都合に合わせて#12に毛鉤をサイズアップ。すると、途端にイワナの反応が今までとは打って変わり、流れる毛鉤を鋭い追尾でガップリとくわえるようになってきた。中には着水と同時に毛鉤に出てくるイワナもいた。

こんなにもサカナがいたの?ってくらい反応が急に良くなった。

e0009009_22404659.jpg本来ならストマックポンプを使って、釣り上げたイワナの胃内容物を確認するところだが、ワンキャスト、ワンヒットの状態ではこちらも興奮し過ぎて、それどころではない。

見えていないが、流下を始めた水性昆虫に毛鉤がマッチしたのか、単純に降り出した雨によりイワナの警戒心が薄れたのかは分からないが、とにかくたくさんのイワナをその時は釣り上げる事ができた。大型のイワナは少なかったが、型はそこそこ揃っていた。

ふと前を見ると、三人の釣り師が50mほど上流にある堰堤付近で釣りを始めようとしていた。その時点でボクたちはたくさんのイワナたちと出会っていたので、「今日はもういいか」と“Mr.H”とふたりでロッドをたたみ、雨でグショグショに濡れながらも楽しんだイワナ釣りをそこで終了した。

雨に濡れて冷えた身体を、温泉で温めて帰ろう。という“Mr.H”の提案で、帰り道の途中に露天風呂のある温泉宿に立ち寄った。先ほどまでのエキサイティングな釣りを振り返りながら、雨でしっとりと濡れた木曽路の景色を露天風呂から眺め、帰路に着いた。
by tokyo_terry | 2005-11-10 22:53 | ∴ Essay | Trackback | Comments(16)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30