2016年 06月 05日 ( 1 )

#1609 Morning Rise

今日は日の出とともに出走♪

ドマーネではなく、フォレスターで。

e0009009_11343772.jpg

午後から下り坂の天気予報だったため

今日は雨が降る前にアマゴを狙いに出かけた。


釣り自体はピーカンよりも曇ってたほうが良かったり

アマゴと言う名前からも

雨後のほうが良かったりするコトもあるのだけど

こちら側の都合からすると

やっぱり雨降り<曇り<晴れのほうが良い。

e0009009_11345177.jpg

雨中の釣りはレインジャケットを着るのも億劫だし

ドライフライもなかなか乾かず沈みやすくなるし

色鮮やかな写真も撮れないし

防水性能のないカメラしか持っていないから

写真も撮れない。


それに、今季は雨後の増水している状況での釣りが多いから

もうちょっと楽に釣りが楽しみたいと思ったから。

e0009009_11350323.jpg

川へと到着すると、渇水とまではいかないまでも少々水が少ない。

重い流れと格闘しなくても良いのだけど

やはりアマゴを狙うには少々難しそうな感じだ。


川縁でフライラインをガイドに通し

リーダー&ティペットを結束していると

視界の隅で水飛沫が上がったように見えた。

e0009009_11351715.jpg

しばらく様子を見ていると

対岸のヒラキでライズするアマゴと

流心脇の緩流帯に魚影を確認できた。


ボディハックルを省略した#16のカディスパターンを

ティペットに結び、対岸のヒラキは後回しにして

手前のポイントとなる流心脇の緩流帯へと毛鉤を投じてみると

サイズは小さいけどキレイなアマゴが毛鉤を咥えた。

e0009009_11353030.jpg

朝イチでキレイなアマゴに出会えるのは嬉しい。

ササッと写真を撮らせてもらい、優しくリリースして

次は対岸のヒラキ・・・


距離を測るために、一度手前に着水させた毛鉤にライズ!

でも今釣ったアマゴよりも明らかに小さい新子サイズ。

対岸のライズもどうやら小さなアマゴのようだ。

e0009009_11354343.jpg

浅く緩い流れはおチビさんが入っているようなので

水深があり、しっかりとした流れにポイントを絞って釣り上ると

ぷりっぷりのアマゴに出会えた。


これくらいのサイズになると

水面でパシャパシャと水飛沫を上げて踊るようなファイトではなく

水中で激しくローリングファイトするから

スリルがあってとても楽しい。

e0009009_11355654.jpg

その後も、美しい魚体のアマゴに出会えた。

優しい顔つきの割に、激しいファイトで

竹竿を絞り込むパワーに少々圧倒されたものの

ロッドを右へ左へと倒したりしてやり取りができるのがとても楽しい。

e0009009_11412243.jpg

体高があり、パワフルな抵抗で

ネットインするまで、何度もヒヤヒヤさせられたアマゴ。

e0009009_11413346.jpg

どのアマゴも写真を数枚撮らせてもらったら

優しくリリースして、岩の上に腰掛けてちょっと休憩を。

お腹が空いたから、パックポケットからあんパンを取り出し

良い手応えだったなぁ・・・

なんて先ほど釣ったアマゴを思い出しながら、頬張った。

e0009009_11414094.jpg

木陰の岩の上に腰を下ろして休憩してると

寝不足もあってか、ちょっとした疲労感が。

考えてみれば、今日は早起きして早朝から釣りしてるからなぁ。

脱渓ポイントもすぐそこだから

今日はもう良いかな。

e0009009_11420156.jpg

あんまり欲張っても

そんなに釣果は変わらないだろうし。


晴れ間の広がっている時間帯に

良い釣りができたのだから。




by tokyo_terry | 2016-06-05 11:45 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30