stream trail

朝から晩まで、ミッチリと釣りを楽しんだ一日。
木曽の流れで過ごす夏の休日。

e0009009_2032124.jpg

なぁterry、今度の週末は何処へ行く?
う〜ん、木曽の渓を新規開拓しようかと思うんだけど。
じゃ、明日の朝迎えに行くよ。
はい、お願いします。

e0009009_20353154.jpg
メチャメチャ水が奇麗ですね、この流れ。
ホントだ。オレ、こういう流れ好きだなぁ。
標高が高いから、朝からじゃ時間的にまだ早いかもしれないけど
とりあえず釣ってみましょうか。


・・・く、熊の足跡がある・・・あぁ、ヒゲおやじ先輩、もうあんな所まで・・・
まぁ、イイか。とりあえず付いて行こう。

e0009009_20385416.jpg
前日、友人が釣っていた木曽の水量はやや少なめと
水況情報をいただいていたけど
初めて入ったこの流れは、豊富な水量に
透き通るようなエメラルドグリーンの水で満たされていた。

同じ木曽エリアと言っても、渇水気味の渓もあれば
豊富な水量を誇る渓もある。
様々な水源となる山を持つ木曽のフィールドは本当に広い。

e0009009_20393126.jpg
おっと、ヒゲおやじ先輩のロッドが曲がってる!!
ランディングネットを出した。
どうやらイワナをヒットさせたようだ。

ボクもこの流れに入ってスグにイワナをキャッチしたのだけど
とても小さくて、すぐにリリースしたのだけど
先輩のイワナはなかなかの良型のようだ。
ボクも頑張って、丹念に石周りを重点的に攻めて行こう。
イワナは石を釣れって格言があるくらいだからね。

e0009009_2040074.jpg
でも、この流れのイワナも相当にプレッシャーが掛かっているのか
それとも水量が多くて上手く毛鉤を食べきれないのか
石周りを重点的に釣ってみるけど、なかなかヒットにまで結びつかない。
何度か毛鉤には出てくれるのだけど。

そこで、釣り難い対岸の巻き返しに重点を置く。
すると、何箇所目かの小さな巻き返しに置いた毛鉤が
小さな水飛沫とともに水中へと消えた。
ロッドを立てて、ラインの弛みを取るようにしてアワセを入れると
背中にエメラルドグリーンの水色を映し込んだようなキレイなグリーンバックの
ヤマトイワナがボクのランディングネットに吸い込まれた。

e0009009_20403151.jpg
お昼近くまでをヒゲオヤジ先輩とのんびりと釣り上がると
大きな堰堤に行き詰まった。
お腹も空いて来たし、陽射しも強くてとても暑い。
高巻きも厳しそうだから、ココで一度脱渓して渓を変えよう。

清冽なる水とダイナミックな渓相。
グリーンバックのヤマトイワナと夏の青い空。
夏の釣りにピッタリの気持ちの良い流れを見つけたコトに満足して
標高1000mを越す流れを後にし、森の中を流れる渓へと移動した。




ココなら、夏の暑い陽射しを避けて気持ちよく釣りが出来そうだ。

e0009009_20411442.jpg
木陰にクルマを停めて、先輩とランチタイム。
早起きした先輩は、ランチでお腹がいっぱいになり
眠気がやって来たというコトで、そのまま木陰でお昼寝タイム。

夏の真っ昼間は厳しい釣りになりそうだから
ボクも昼寝を・・・と思ったけど、今日は先輩がクルマを出してくれたからか
運転疲れもないし、全く眠気もない・・・
というか、釣る気が満々の絶好釣。

e0009009_20414677.jpg
そこで、先輩が昼寝をしている間に夏の強い陽射しを避け
森の中を流れる渓でマイナスイオンと森のフィトンチッドを浴びながら
美形のタナビラと戯れる。

夏の栄養素となる陸生昆虫をしっかりと飽食しているためか
タナビラのコンディションは抜群にイイ。
この渓のもう一人の住人のイワナよりもひと回りサイズもイイ。

一人だけ“良い思い”をするのはどうかと思い
昼寝中の先輩のケータイに入電して、夢うつつの先輩を叩き起こす。
なかなかの高反応で面白いから、寝てる場合じゃないですよ!!

e0009009_20423172.jpg
先輩がやって来るまでの時間は、しばしの休憩。
木陰の石の上に座っていると、陽の当たっていない石は
ヒンヤリとして心地イイ。
フィッシングバックに忍ばせたドリンクを流れに浸して、タバコをプカリ。
ティペットの交換や毛鉤のチェック。

すると、林道から熊鈴の音が聞こえた。
先輩が近くまでやって来たようだ。

先輩、ボクはココですよ!!

e0009009_2043682.jpg
さて、ココからは先輩と一緒に交互に釣り上がりだ。

暑い中で一人で釣りを続けていると
休憩など取らずひたすらロッドを振り続けてしまいがちになるから
適度に交代したりして休憩をしながら釣りをすれば
体力の消耗も極力抑えられるし、集中力も持続させるコトができる。

e0009009_20434353.jpg
流芯から落ち込み直前の肩の部分でタナビラを狙い
巻き返しや石周り、ブッシュの下などをタイトに攻めてイワナを狙う。
穏やかに流れる渓で、掛けては笑い、バラしたら苦笑い。

e0009009_20442012.jpg
夕暮れ間近まで森の中の渓で釣りを楽しんでいると
小さな渓ではなかなか出逢うコトが珍しいサイズのタナビラも。
背中の盛り上がった完璧なボディラインに、凄みすら感じさせられる濃い体色。

粛々とこの渓で暮らしていたのだろう。
そして、この夏を越して来たるべき秋には沢山の卵を産んで
次世代への命の架け橋となって欲しい。
そう願いながら流れに還す。

e0009009_20485483.jpg
夕暮れは昼間に比べれば幾分涼しくなった。
先ほど釣ったタナビラを上回る大きなアマゴを
ヒゲおやじ先輩に狙ってもらおうと
今シーズンから通っている流れの“とあるプール”へ。

そのプール下流から入渓して、ヒゲおやじさんに先行して釣り上がってもらう。
ボクは今日の釣りは満足していたと思っていたけど
後ろから付いて行く途中、小さなタマリでイワナの魚影を見つけた。

コチラの存在には気が付いていないから
そっと毛鉤を落としてみると、パクッと・・・
アワセを入れてフッキングすると同時に首をフラレてバレてしまった。
が、そのイワナはそのまま何事もなかったように
先ほどの定位置に戻る。

あれ?・・・おかしいな。
と思いつつ、もう一度毛鉤をイワナの目の前に落としてみると
もう一度同じ毛鉤を何の疑いもなくパクッと・・・

愛嬌のあるヤマトイワナだった。

e0009009_20492792.jpg
そしてとあるプールではライズが始まった。
プールでは前回このポイントに来たときと同様に
数尾のアマゴがライズをしている。

ヒゲおやじさんにこのポイントを攻めてもらい
毛鉤の交換時にはボクも手を出してみたのだけど
いつもこのプールでは結果がなかなか出せない。

いや、ヒットさせたコトは出来たのだから
一歩くらいは前進したかな。
キャッチに至るまでの道のりは、まだまだ長そうだけど。


今日は朝から晩までと、久し振りに釣りをしたなぁ。
そうですね、ボクもこんなにミッチリと釣りをしたのは久し振りですよ。
おっと、木曽福島の街から花火が上がったぞ。
おぉ、キレイですね〜。

この週末から夏休みなんだな。

トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/8341961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山猿 at 2008-07-21 21:50 x
terryさん、みゃ~~~どっ!!

おっと~ 夏らしい釣りですな。
実はわたしも本日木曽の源流に行ってまいりました。
3連休の最終日、叩かれてすれすれなのか食いが浅くて3本もばらしてしまいましたよ。 でも、暑い地元を離れて清清しい釣りが出来ました。

堰堤前でドでかいイワナのライズを発見、フライを替え替え狙いましたが
取れたのは20cmくらいのイワナばかりでしたわ。
あっちもこっちも、宿題ばかり残しておりますぜ。
Commented by Lt_cahill at 2008-07-21 22:10
terryさん、こんばんは。
夏の木曽の釣を楽しまれたようですね。
水もクリアだし木陰を吹き抜ける風も涼しそうで
PCの前で体感温度が下がりました(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-07-21 22:31
山猿さん♪みゃ〜〜〜〜〜〜どッ!!
おっと、今日もお出掛けでしたか。さすがですね。お休みをしっかりと釣りに当ててますね〜。
こちらも、夕方のライズには翻弄されっ放しです。とあるプールではいつもライズがあるのだけど、なかなか手強い相手で、いつも厳しい釣りを強いられています。宿題の提出をしようと思って三度目のチャレンジでしたが、またも玉砕。デカイ相手は、なかなか相手にしてもらえませんね。そんなトコロもM体質のフライフィッシャーの楽しみだったりするんですけどね(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-07-21 22:35
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
様々なタイプの流れがあるので、木曽だけでも一日に色々な場所で楽しめます。クリアな水色の流れは、如何にも冷たそうって感じがこの季節にはイイですね。ただこの区間は頭上が開けているので、標高の高さもあって、随分と陽射しが強いのが堪えました(笑)
Commented by ふくちゃん at 2008-07-21 23:23 x
terryさん、こんばんは。
なんかニアミスってますね?林道でバックしてた時
登ってくるドライバーに見覚えのある顔?
ひょっとして?

イヴニングは橋の袂に車停めてませんでした?

西洋毛鉤さんも来てたようで・・・(笑)
Commented by iwanao65 at 2008-07-21 23:26 x
terryさん、こんばんは。
またまた、良い渓を発見したようですね。ワタシたちも、状況は今ひとつの中、2泊の陸奥ツアー堪能してきました。来月は、木曽で反省会ですよ。その時は今回の渓も案内してくださいね!!
Commented by ヒゲおやじ at 2008-07-22 00:22 x
おつかれさまでした!
年のせいか、翌日は節々が痛い。情けなな~。
次回は、イブニングでのあのライズ絶対取りまっせ!
新作フライ研究中です!
Commented by mi-stream at 2008-07-22 08:40 x
terryさん、おはようございます。
いやあ、素晴らしいですね、木曽。
深い森があるところは、いいサカナが育ちますね、ホント。
木曽の反省会に行かないと(笑)
Commented by para-miyuki at 2008-07-22 13:22 x
どこもかしこも釣れたエントリーばかしやなぁ・・・!

私を癒してくれるエントリーはないんかい?!

惨敗・玉砕・返り討ち・・・

ボ・バレ・フックアウト・ブチッ・・・

こんな心休まる文字を使っているエントリーは・・・!笑!

アッ!おった!・・・・・!!

kazuシャ~~~ン♪^^;
Commented by Rolly@一時帰宅 at 2008-07-22 18:20 x
Terryさん、みゃ~~~~どです。

青い空、迸る水しぶき、イワナ・・・これぞ由緒正しき夏の釣りって
感じですね~!文章も超りある。Terryさんとヒゲ親父先輩と3人で
釣りしてる気分になります。お二人の表情が浮かびますよ。

こちらは、どっこい小雨まじりで肌寒くて上着がほしいくらいの天候のところで釣りしてました。まだまだ「春」の装いでしたよ。

でもでも、下流のイブは二日間ともコテンパンでした、、、とほほ・・・・。
あのスプラッシュライズは何?

いまだに予想もつかんです。
Commented by TAKA-Qizm at 2008-07-22 21:23
こんばんわ~。
なかなかいい釣りができたようで何よりです。
しかしいつも綺麗な写真、感心しますね~。
いずれにしてもプーさんには充分ご注意くださいませ~(ぷ)。
Commented by gonza_66 at 2008-07-22 22:37
terryさん、まいどぉ〜こんばんわ!!
いやぁ〜涼しげな渓流ですねぇ〜、暑かったの?画像ではとても涼しげに見えます。
水量も豊富でとても良い感じですねぇ〜
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 22:47
ふくちゃん♪こんばんわ!!
ニアミス?ふくちゃんも木曽に来てましたか。
>イヴニングは橋の袂に車停めてませんでした?
たぶん、ボクたちではなく、別のクルマでしょう。
イヴはとある広場の駐車場でしたから。
ボクたちは日曜、西洋毛鉤さんは土曜でした。
コチラへお越しの際はご一報を(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 22:55
shikadaさん♪こんばんわ!!
岩手よりご帰還されたようですね〜,お帰りなさい。
ジンギスカンの写真、入魂画像と今回も内容が盛り沢山の釣行になったみたいですね。行きテーなぁ、トーホク。
木曽の反省会、来月開催ですか。またスケジュールが決まったらアナウンスしてくださいね。調節せねばッ(汗)
今回、新規開拓してきた午前中の渓は、まだまだ未開拓区間が多いですが、夏にはピッタリの渓かもしれません。ちなみに午後からの渓はshikada夫妻がご存知の渓です(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:01
ヒゲおやじさん♪こんばんわ!!
会社でお会いしましたが・・・お疲れさまで〜す(笑)
節々の痛み、翌日なら良いじゃないですか。翌々日に来ちゃうよりも(笑)ちなみにボクは翌日の爆睡で、しっかり通常モードですよ。ピンピンしてます!!
あのプールのライズにはいつも歯が立ちません。こんどはアトラクラー系ニンフでも沈めてみようか・・・なんて(笑)またあのプールのライズ攻略しましょうね!!あ、来月木曽で反省会らしいっすよ(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:06
mi-streamさん♪こんばんわ!!
木曽には10年も通っているのに、まだまだ未開拓の渓がいっぱいあります。今シーズンは木曽のフィールドをアッチコッチと回ってますが、大外しした渓は一本だけです。先行者に気がつかず、釣れなかったのはありますけど。タイミングというか、ツキがあるというか・・・でもそのうちに大外ししちゃうかも(笑)
>木曽の反省会に行かないと(笑)
来月開催予定のようですよ〜☆
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:10
miyukiさん♪こんばんわ!!
>どこもかしこも釣れたエントリーばかしやなぁ・・・!
じゃ、リクエストに応えて次エントリーは、今回割愛た部分のバラしたハナシをちょいと書いてみますかね(笑)癒されるかな(笑)
というか、miyukiさんが惨敗・玉砕・返り討ちそんなコトがあるの???今回の岩手はそんなにきびしかったんですか〜。ozさんはどうだったんだろう〜。
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:15
Rollyさん♪みゃ〜〜〜〜〜〜どッ!!
夏らしい天気の中、キャップを被っていたので顔の丈夫は白いままで下半分は日焼けしております。しばらくは仕事でお客さんの前には立ちたくありません(笑)
ところで“春”のようなって・・・ドコで釣りしてるの?(笑)
また面白そうなトコロで遊んでますね〜。コチラも同様にイヴニングはコテンパンでした。なんとか口を使わせるトコロまではできたのですが、きっと毛鉤がマッチしていなかったんでしょうね。
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:18
TAKA-Qさん♪こんばんわ!!
イヴの釣りは苦汁を飲まされましたが、それ以外は楽しくて満足の釣りでした。ただ、朝イチに入った場所でプーさんの足跡が沢山あって、かなりビビりながらの釣りになりましたけどね。帰り道の林道はウルサイくらいピーピーと笛を吹きまくってました。
さて,夏真っ盛りです。夏の釣りを目一杯楽しんで、イッパイ写真を撮ってくるぞ〜ッ!!
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:23
gonzaさん♪こんばんわ!!
朝イチの渓は初めての場所でしたが、山が変わると,随分と水量も水色も違っていてなかなか楽しかったですよ。それに朝7時過ぎに標高が1000mを越えた場所はとっても涼しくって、半袖では寒いくらいでした・・・が太陽が燦々と輝き出すと、汗が噴き出すほど暑かったです(笑)
渓相もダイナミックなのは良いけど、水量のあるときは釣り上がりはちょっとキツイっす(笑)
 
Commented by kom2002 at 2008-07-22 23:51
こんばんは〜♪
東北で木曽の話が結構出てましたよ。
話聞いてたら、行きたくて仕方なくなってしまいました(笑
8月の木曽反省会に休みが取れたらおじゃましようかと画策しています。先ずは明日、仕事に行って調整出来るかどうか見てみます。因みに今週末はシャロムで夏祭りの予定です♪
Commented by tokyo_terry at 2008-07-22 23:59
komさん♪こんばんわ!!
あらら、そうですか。トーホクで木曽の話ですか。木曽でトーホクの話も出るコトも多いですよ(笑)来月の反省会、上手く日程が合うとイイですね、久し振りにkomさんともお会いして、一緒に釣りもしたいし・・・で、反省会はいつ頃の予定なんだろ(笑)明日、ozさんに電話してみようかなぁ〜☆
Commented by ふぃっしゅくらふと at 2008-07-23 12:31 x
terrさん、こんちわ~
午前中の渓はまたお願いします。でっかい熊鈴ありますので!
それとparaさんのコメントで・・
>こんな心休まる文字を使っているエントリーは・・・!笑!
アッ!おった!・・・・・!!kazuシャ~~~ン♪^^;

これって私のこと???
Commented by tokyo_terry at 2008-07-23 22:39
ふぃっしゅくらふとさん♪こんばんわ!!
午前中の渓、行きます??まだまだ未開拓区間がイッパイありますが、冷たい冷たい川のヤマトとは色合いなどが違いましたよ。また師匠とご一緒に!!
>>こんな心休まる文字を使っているエントリーは・・・!笑!
>>アッ!おった!・・・・・!!kazuシャ~~~ン♪^^;
>これって私のこと???
あえて何も言いません(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2008-07-21 21:01 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(24)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30