Damnation

午後からは各地の仲間たちと一緒に、木曽の渓を釣るはずだった。
でも、フライロッドを持ったら、ガイドすることをすっかり・・・

e0009009_20351939.jpg
各地の仲間たちと合流するのは、土曜の午後。
それまでは、ヒゲおやじさんと一緒に
木曽の渓を新規開拓するコトにした。

木曽川本流を渡り、渓に沿った小径を走り
適当な場所にクルマを停めて、釣りの支度をする。
小渓流だけど、なかなかの美渓。
スッキリと透き通った水が、健全な渓を想像させる。
そんな渓に棲む渓魚は、美しいに違いない。

初めての流れを見ながらであれば、釣りの準備をするのはアッという間だ。
ヒゲおやじさんとふたりで、ワクワクしながら入渓地点へと向かう。

二人でテンポよく交互に釣り上がりながら
毛鉤をポイントに打ち込みながら、流れをトレースしていく。
肩、開き、流芯、巻き返しなど一通り毛鉤を流して反応をみるが
全くサカナからの反応が返ってこない。

そんなときは、わざと大きな水飛沫を上げながら
ザブザブッと水の中に入って歩いてみよう。
サカナが居れば、きっとビックリして流れの中を泳ぎ去って行くはずだ。
そんな風にして、サカナの付き場を探すのも朝イチの流れでは効果的。
その代わり、そのポイントはしばらくは釣りにならなくなるけど。

e0009009_2036538.jpg
この渓では比較的大きなプールに出会う。
右側の緩い流れに毛鉤を落とすと、待ってました!!と言わんばかりに
イワナが水面を割ってガップリと毛鉤を飲み込んだ。

初めての渓で出会ったこの日初めての渓魚はなんだか嬉しい。
少々小振りではあるけど、ひと安心というか、変なプレッシャーも無くなり
その後の釣りもリラックスしながら楽しめるから。

e0009009_2037564.jpg
今度は、対岸の巻き返し。
左岸側から右岸側へとアプローチアングルを変えて
慎重にキャスト&プレゼンテーション。
毛鉤がゆっくりと波間に揺れ、岩盤寄りに流れたトコロで
ゴプンッと毛鉤が飲み込まれた。
こいつも期待していたサイズではないけど。

それまで、#16のパラシュートを使って釣り上がっていたのだけど
上手くフッキングまで持ち込めなかったり、ドリフトが上手できなかったから
視認性とコントロールを重視して、サイズを#12まで上げてみると
イワナの反応も良くなって来た。

もしかしたら、毛鉤のサイズを上げたことで
毛鉤をアピールする効果もあったのかもしれない。




一度脱渓して、いつもの高原に向かおう。

e0009009_2039358.jpg
仲間たちと合流した昼間はかなり高反応だった・・・らしい。
ボクは入る場所、入る場所、ベイトフィッシャーが上流から釣り下ってくるから
全く釣りにならなかったのだ。

その代わり、昼間に釣りをしなかった分
この日のイブニングまで体力と集中力を持続するコトができた。
いつもの高原の川では、17時のチャイムが村に鳴り響く。
同時に、ゆったりと流れるプールにライズリング。
プライムタイムのはじまりだ。

手前の開きでのライズ、流芯でのライズ、流芯奥のシャローでのライズ。
様々な場所でアマゴたちがライズを繰り返している。
手前の開きのライズはクルージングをしているのか
ライズの場所が安定していない。

e0009009_20393291.jpg
狙いは流芯でのライズ。
#16のCDCガガンボをティペットに結ぶ。
少々毛鉤が大きかったのか、ドリフトが問題なのか
一度毛鉤の直下まで出てくるが毛鉤を見切られてしまった。

#20のカディスパターンにして、もう一度流芯に毛鉤を流すと水面が割れた。
ダウンクロスに流した毛鉤がアマゴと共に水中に消えたのを確認して
そっとロッドを立てると、アマゴが水面を騒がしく音を立てながら踊っていた。

ネットインしたアマゴを撮影してからヒゲおやじさんを見ると
下流の流れでアマゴのライズと対峙している。
聞くと、ガガンボパターンに高反応を示しているとのコト。
どうやら、先ほど見切られたのは毛鉤のマッチングではなく
ドリフトのようだ。

e0009009_20401426.jpg
次は流芯奥のライズを狙おう。
もう一度ガガンボパターンに毛鉤をチェンジして。

立ち位置を先ほどよりもやや上流に移動する。
毛鉤をナチュラルドリフトさせるのも
アプローチアングルを変えるだけで、随分と違いが出るのだ。

シュートと同時に大きくリーチを掛けて、毛鉤を水面にプレゼンして数秒。
ポコンッと鼻っつらだけを出すようなライズとともに毛鉤が水面から消えた。
よしッ!と声を出して、ロッドを立てると
先ほど釣ったアマゴよりも随分と力強いローリングファイト。
この日イチバンのアマゴだ。
ロッドが弓なりに曲がっている。

慎重に、慎重に。
なるべく水面にアマゴを出さないようにしてやり取りを行う。
よし、背中のランディングネットを取ろう。
左手を背中に回そうとすると・・・

e0009009_20405864.jpg
曲がっていたロッドに掛かっていた負荷が突然消えた。

あぁ〜。バレたッ!!
思わず、大きな声を出して、のけ反るようにして天を仰ぐ。
・・・そして、ライズもそのまま消えてなくなってしまった。

午後からは各地の仲間たちと一緒に、木曽の渓を釣るはずだった。
でも、フライロッドを持ったら、ガイドすることをすっかり忘れてしまっていた。
きっと、天罰が下ったのだろう。

あ〜ぁ。逃がしたサカナは大きかった・・・。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/7969514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seiyoukebari at 2008-05-19 20:59
人に買い物を任せて釣っているから
きっと、天罰が下ったのだろう。。。。。
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 21:11
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
はい、きっとそうです。コレを反省しなくっちゃいけませんね。
夜の反省会で(笑)
Commented by para-miyuki at 2008-05-19 21:55 x
ハイ、スミマセン!
焼肉を一人前+一匹前食ったのは・・・ワタシ、達、です!^^;

でも、2日目ムフフだったでしょ~!?
Commented by iwanao65 at 2008-05-19 21:58
terryさん、こんばんは。
週末は、ありがとうございました。
土曜の方が、人が多かったんですね。
日曜は結構いい思いしたようなので、楽しみにしてますよ。
ワタシとmiyukiさんも、そこそこ楽しめました。バラシの方が多かったのはいつものことですが・・・。また行きましょう!
Commented by TAKA-Qizm at 2008-05-19 22:05
逃がした渓魚は大きかったようですが・・・。
いつみても心打たれる写真ですなぁ~。
僕も見習わないと・・・。
Commented by ヒゲおやじ at 2008-05-19 22:22 x
ここからでしたね、バラシ癖が顔をのぞかせてきたのは…
そう、これが恐怖の序章のはじまりだった…(笑)
Commented by 練馬の住人 at 2008-05-19 22:27 x
先程はどもでした(w
悔やんでも悔やみきれない週末を都内で過ごしておりました。
サービス業のサラリーマン辛し…デス(泣)
Commented by 山猿 at 2008-05-19 22:32 x
terryさん、みゃ~~どっ!!

奇遇ですな~~ わたしも日曜に木曽に行っておりました。
でもって、バラすはバラすはで・・・

天気も良くて高原のこの時期の景色や空気は気持ち良いですよね~
魚は小さかったけどヒレピンのタナビラも出ましたし、帰りのアイスクリームも最高で。

次は木曽で私とご一緒して下さいよ~~~~~~
Commented by heboheboy at 2008-05-19 22:43
terryさんお疲れ様でした!!逃がした魚は…私もでっかいのはバラシて小さいのだけかけておりました、マッいつものことなんですけどね!!(笑)ピントぴいですね!!要
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 22:58
miyukiさん♪こんばんわ!!
お疲れさまでした。今回も有り余るほどの焼肉でしたね(笑)西洋師匠の“かったい・かったい肉”も美味しかったですね〜。アーク、お腹PPになってませんでした?ボクは翌日、釣りの途中でキジウチしておりました(爆)
>でも、2日目ムフフだったでしょ~!?
はい、ムフフでございました〜☆
Commented by akiranspey at 2008-05-19 23:02
terryさん、こんばんは。
どこかのどかな流れでいいですね~。
僕もそろそろ今年初の3番ロッドを片手に山岳渓流を歩いてみようかと思ってます!!
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:02
shikadaさん♪こんばんわ!!
遠路遥々、ちょいと寄り道しての木曽入り、お疲れさまでした。日曜はしっかりと夕方まで釣りを楽しまれたようですね!!日曜は釣り人が全般的に少ないのは木曽の特長です。やっぱり高速からのアクセスがね〜、あまり良くないからでしょうかね。
日曜はボクもバラシはヒドかったですよ。イワナなんて、相当な数を掛けたけど、7割くらいキャッチせずリリースでしたから(笑)
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:05
TAKA-Qizmさん♪こんばんわ!!
もうね〜、オービスロッドがギンギンに曲がって、ムチャクチャ楽しかったんですが・・・大型のアマゴを釣りなれていないから・・・修行は果てしないです(笑)
写真、こんなふうに見えたらいいなぁ〜って思って手を入れてますから、写真というよりも画像って感じになってます。
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:09
ヒゲおやじさん♪こんばんわ!!
一発目に入った渓からバラシまくってましたからね(笑)それに、約束の時間の直前まで釣りしてちゃ、天罰が当たって当然ですね(汗)ここら辺、次回の反省点ですね(爆)
翌日もさらにですから、ほんと、恐怖の序章がココだったんですね。
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:14
練馬の住人さん♪こんばんわ!!
う〜ん、サラリーマンはツライですね。でもフライフィッシャーマンは幸せですよ。ロッド片手に旅をすると、キレイな渓魚に出会えたり、美味しい食べ物や気持ちのイイ温泉なんかも味わえますから!!また木曽へお越しくださいね!!
メール、ありがとうございました!!
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:18
山猿さん♪みゃ〜〜〜〜〜〜〜どッ!!
気持ちに良い天気に恵まれて、釣りをするには最高の季節ですね。今は台風の影響でしょうか、雨が降ってますけど(笑)
>帰りのアイスクリームも最高で
あぁ、そういえば、今回は食べてないッ。三月に行った時には、カップアイスを10種類ほど大人買いしてたんですけどね(笑)そうっすね、次回の木曽は一緒にアイス食べましょう(爆)
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:22
要さん♪こんばんわ!!
木曽での撮影・釣行・反省会お疲れさまでした。デッカイのはなかなか難しいですね。ボクもD氏のように腕の立つ釣り人になるには、まだまだ時間が掛かりそうですが、自分のペースで楽しもうと思ってます。また一緒に釣りや食事、楽しい会話を楽しみましょう。
え〜と、日光湯川にも行きたいと思ってますから、よろしくです!!
Commented by tokyo_terry at 2008-05-19 23:25
akiranさん♪こんばんわ!!
高原の渓は、民家もすぐ近くに建っていて、田畑や牧場なんかもあって、仰る通りのどかな流れなんですよ。湧き水もあって、とっても素敵な流れです。少々全体的に浅く変化には乏しいんですけど(笑)
渓流も気持ちの良いシーズンになってきましたよ。軽いラインで軽快に釣り歩くととっても気持ちがイイですよ!!
Commented by kom2002 at 2008-05-19 23:44
こんばんは〜
tokyo_terryさんの叫び声
あぁ〜。バレたッ!! って聞こえて来そうです(笑
木曽かぁ〜 行きたいなぁ〜♪
明日は休みなんですが台風の影響で嵐らしい。。。
諦めの悪いkomでした(笑
Commented by tokyo_terry at 2008-05-20 00:06
komさん♪こんばんわ!!
霊峰・御岳山に登頂すれば、ボクの大声、栃木まで届くかも(爆)
明日はお休みなんですね。今週くらいは実釣はお休みして、毛鉤を巻くのも良いかもしれませんよ。あんだけ出掛けてたら、弾数も不足しちゃいませんか?(笑)
木曽は今がイチバンアツい季節のようですよ。どうっすか?来年はこの季節に木曽に来られる予定を組んでみては?(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2008-05-19 20:49 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(20)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31