ルーツ

ボクがフライフィッシングを始めたキッカケ。
それはある年の秋。とある山上の管理釣り場での事。

e0009009_0135723.jpg
その当時はルアーでのバスフィッシングと
管理釣り場のトラウトフィッシングに熱を上げていた。

ある日、会社の先輩に誘われ、山上の管理釣り場へ同行させてもらう。
そこは農業用の溜め池を利用しているのだが、岸釣り、桟橋、ボートと
釣りをする上でいろんなアプローチができる。当然ボートでの釣りが有利となる。
ところがその日は、ボクがちょっとだけ寝坊をしてしまい出発が遅れてしまう。
ボートは先着順のため出遅れてしまうと、岸か桟橋での釣りを強いられてしまう。

釣り場に到着。
当然のように桟橋にはボートはもう無い。
仕方なく一番奥の桟橋が空いているいたので、ソコへ先輩とお邪魔させていただく。
この桟橋で先に釣っていたのはフライフィッシャー。
足下にはもう既に数尾の釣果がネットの中に収まっている。

大きなものは50cmは超えているようだ。
ボクはまだトラウトフィッシングを始めたばかりで
その釣果に興味津々。失礼してネットの中を見せてもらう。
その中には、初めてみるサカナがいた。

ブラウントラウト。

当時はまだレインボートラウトしか釣り上げたことがなかったから
ブラウントラウトを見た時、相当な衝撃を受けた。
ボクも釣ってみたい、そう思いながらスプーンをキャスト!
しかし釣れてくるのはレインボーばかり。
となりのフライフィッシャーはその後もブラウンを追加している。

それだけではなく、優雅なキャスティングでキレイなループをつくりシュート。
そしてストライク!その後もヒットを連発。
一方のボクは隣で完全に大振りして三振の山。完封負け。

隣でこれだけフライフィッシャーが釣っていると
ルアーではもう釣れる気がしない。
その時にボクは心に誓った。
次の給料日にはフライフィッシングを始めるために
タックルを揃えよう!

今思うと、隣の家の芝は青く見えただけだったかもしれない。

しかし、いざフライフィッシングを始めようと思ってはみたものの
タックルはやたらと高価で、妙に敷居は高そう。
それから数ヶ月の間、小遣いをせっせと貯めた。
故西山徹さんの入門書を読み、キャスティングを練習。
フライフィッシングのデビューをする頃には桜が咲いていた。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/70920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by d-yun5-fly-elise at 2005-06-28 22:46
terryさん、こんばんは。そうですか、terryさんがフライフィッシングを始めるきっかけは、ブラウンなんですね。
僕は、道北の朱鞠内湖というダム湖でルアー釣りをやっていました。湖沼型のサクラマスやイトウ、アメマスなどが釣れます。プラチナシルバーのサクラマスは本当に美しく、触れるのが躊躇われるぐらいでした。何とかあのサクラマスをフライで釣りたくて、フライラインを通じてサクラマスの当たりをダイレクトの感じたくて始めたのが僕のきっかけです。何とかフライで釣るまでに1年かかったのを思い出しました。
Commented by taros_magazine at 2005-06-28 23:04
そうですよねー…普通しますよね、キャスティング練習(笑)

管理釣り場とか湖での釣りの経験がないビギナー歴10年の自分には
たまにエキスパートの方が書いている「(特定の)魚種を狙う」という釣りに
「何でそんなコトができるんだぁ?」とただただ感心してしまいます

でも、「ま、とにかく楽しく釣りができればイイか」と開き直って
3メートルほどのレンジでチビッコアマゴに遊んでもらってますが…
ほかのFFマンが近くにいると、やっぱり恥ずかしいんで
少しくらいはキャスティング練習してみようかな…なんて反省する今日このごろです




Commented by tokyo_terry at 2005-06-29 00:11
d-yun5-fly-eliseさん、こんばんは。
きっかけは様々、人それぞれですよね。

文中ではブラウントラウトとなってますが
あの頃見たときのようなブラウンには、未だ出逢ってません(悲)
管理釣り場とはいえ、ソコに棲む鱒たちはとてもキレイで
パワフルなヤツらが多いんです。

でもホントは、隣のフライフィッシャーが
とてもカッコ良く見えた事に触発されただけかも。

d-yun5-fly-eliseさんは一年かけて、その憧れを手に入れたんですね。
ボクにはブラウンの魚影はまだまだ見えてません。
Commented by tokyo_terry at 2005-06-29 00:12
taroさん、こんばんは。
フライフィッシングを始めようと決心した頃に
久しく会ってなかった高校時代の友人と釣りに行ったんです。
そしたらその友人はなんとフライフィッシングをやってたんです。
その友人と故西山徹さんの本を教科書にして
キャスティングを一生懸命頑張ったんです。
その友人には今も感謝デス。

ぜんぜん下手クソなボクが言うのもなんですが
キャスティングの練習は一人だと面白みに欠けるコトがありますが
釣友たちと集まって練習すれば、一緒に上達できますよ。

某岡崎のプロショップ・オーナー
兄弟でフライフィッシャーという方の兄貴のスクールに
二度ほど参加したコトありますが
なかなか楽しいモンですよ。
チャンスがあれば一度参加してみては?

世界が違って見えるかも。
Commented by para-miyuki at 2005-06-29 00:40 x
ふむふむ、ひとそれぞれFFに入ったきっかけは違いますね。
私はもともとは餌からテンカラでした。テンカラも良かったんですが、取り
込みが合理的ではなく、FFのランディングフィニッシュの美しさに惹かれ
てFFの世界に入りました。

ところで、私もヤフーを引き払うことにしました。サブログの方へ本社移転
しますので、こんごともよろしくです。
お手数ですが、リンクの変更のほうもよろしくお願いします。ではでは。
Commented by tokyo_terry at 2005-06-29 01:00
miyukiさんはテンカラ→フライなんですね。
確かにテンカラは馬素の長さが竿よりも長いから
両手使ったりしますもんね。
でも最近見かけたテンカラ師は
ボクの目の前で対岸の岩盤スレスレに毛鉤を打ち込み
見事にヤマメを釣りあげ、そっとそのサカナをリリースしてました。
その姿はまた、フライフィッシャーとは違う風格が漂っていて
とてもカッコ良かったです。

しかしヤフーさんのブログは、ソロソロ考えないといけませんよね。
Commented by char3buti at 2005-06-29 01:21 x
terryさんこんばんは~「トラウト釣り好き」のcharです、こちらの方に遊びに来ました、また、ゆっくり覗き来ますね。今後もよろしくお願いし鱒。相変わらず、良い写真ですね!
Commented by かにさん at 2005-06-29 02:00 x
おしっこし、おめでとうございます。ん~コッチのほうが写真もさらに美しく見えるような…
Commented by tokyo_terry at 2005-06-29 07:49
charさん、かにさん、どもデス!
ご来店ありがとうございマス。
ご足労おかけしまして、大変恐縮しておりマス!
こちらからも遊びに行きますんで
今後ともよろしくお願いしますネ!!!
Commented by light_cahill at 2005-06-29 14:10
こんにちはlight_cahillです。私もリンクさせてもらいましたので、ときどき見させてもらいます。よろしくお願いします。
Commented by tokyo_terry at 2005-06-30 00:45
light_cahillさん、どうもご来店ありがとうございマス。
見事なイワナでしたね!
今後ともよろしくお願いしマス。
Commented by FC工房です。 at 2005-07-04 12:35 x
訪問ありがとうございます。リンクまでしていただいて仕事が速い!
今後とも良きお付き合いを!
Commented by tokyo_terry at 2005-07-04 23:14
FC工房さん、こちらこそ!どうぞよろしくお願いしますネ!
今回の九州ヤマメ、イイですね〜。
あんなの釣ったら、ボクもお願いしたいデス!
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2005-06-28 00:15 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(13)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31