HEAD WATER < 06.10 >

“グォン、グォン”と大型魚特有の首振りの感触がロッドから伝わる。
毛鉤を咥えたソイツは、流れに逆らい上流へと向かおうとしている。

e0009009_20551049.jpg
日曜の朝、クルマの中でシュラフに包まって寝ていたけど
温泉で温めた身体は、すっかり冷えてしまった。
近くにある自販機の甘ったるい缶コーヒーで少しだけ暖かさを取り戻し、
車載TVでNHKの天気予報を確認する。
“気圧の谷間に入っているため、大気は不安定で
所により、雷の伴う激しい雨が降る・・・”などとアナウンサーが言っている。
しかし唯一の救いは、一日中雨に降られる心配が無いコト。
金曜日の天気予報よりも降水確率が低くなっていた。
午前と午後の降水確率は20%/50%。

しかし、この日の目的地は標高1000mを超える谿。
天気予報通りなのか、それとも・・・どうなるかは判らない。

栃木の友人、miyukiさんとクルマを走らせ急勾配の上り坂を登りきると
サイドウィンドウから目的の谿が見えた。
上流部は比較的穏やかな渓相、下流部はダイナミックな渓相の
何とも変わった谿だ。

e0009009_20553327.jpg
釣り場に着くと既に何人かの釣り人がロッドを振っていた。
少しだけ釣り上がってみると、すぐにmiyukiさんがイワナをキャッチする。
そしてボクも・・・と思っていたが初っ端からのバラシ・・・
腕が悪いのか、“ウン”がないのか・・・
もしかしたら、釣り始める前に現場でキジウチをしたから
一緒に“ウン”を落としてしまったかもしれない。

その後は釣り人が入ったばかりなのか、全く反応が無い。
上流部を諦め、朽ち果てた林道(鹿の踏み跡がたくさん)を友人と歩きながら
人の少ない下流部へと移動する。
かなりの距離を下ってきたが、途中で脱渓できそうな場所は皆無。
一度入渓したら、上流部までは釣り上がるしかない。
どうやら一日コースになりそうだ。
水分も食料も、口にすることができるものを
何も持って来ていないコトに少し後悔した。

e0009009_2056321.jpg
入渓してすぐに先行させてもらい、しばらく釣り上がる。
ここは大物狙いに照準を絞り、#10のアダムスの一本勝負。
すると浅い流れに乗せた毛鉤が、音も無く吸い込まれるように水面から消える。
左手でラインのスラックを取りながら、右手のロッドを立てると
ビシッとフライラインが水面に突き刺さった。

e0009009_20562681.jpg
“グォン、グォン”と大型魚特有の首振りの感触がロッドから伝わる。
昨日までは#3のスティッフなファストアクションロッドを使っていたが
この日は、しなやかでソフトな#2ロッド。
柔らかなロッドでも首振りの感触がしっかりと伝わってくるから
大物の期待が膨らむ。

手前の岩に潜られないようにロッドを高く上げて
障害物をクリアしながら、イワナの引きに耐えていると
毛鉤を咥えたイワナは、流れに逆らい上流へと向かおうとしている。
ラインを手繰りながら、イワナよりも先に上流に回り込む。
サカナを下流へと誘導すれば、水の抵抗も手伝って、テンションが緩むことが無い。
ネットイン直前のバラシも減らすコトができるのだ。

よっしゃー!思わず興奮して、声を上げる。
“ウン”よくネットに収まったイワナは尺には足らないが、充分迫力のある面構え。
この一尾で“ウン”には見放されていないような気がして
気分よく釣り上がれるようになった。
もちろん、リリース後のタバコも美味しい。

e0009009_2057337.jpg
その後も、miyukiさんと交互に釣り上がる。
それにしてもこの谿のイワナは、スレているのだろうか。
素早い動作で毛鉤にアタックしてくるからしっかりと毛鉤を咥えない。
そして、まるでアマゴのように二度目のアタックがないのだ。
全てが一発勝負の釣りなのである。

今日は、かなり手強いイワナ釣りだ。

e0009009_20575569.jpg
一尾の魚に出会うと、次のサカナに出会うまでは
相当の距離を歩き回わらねばならない。
大淵に高巻きなど、かなりタフなポイントもある。
しかし#10のアダムスが効いたのか
狙い通りに8寸〜9寸のイワナを無事ランディング。

釣れるイワナはどれもコンディションの良い魚体ばかりだった。
北陸系イワナのような、やや色白の肌にオレンジの斑紋が美しい魚体だ。
フッキングミスは数度あったが、きっと捕食のヘタなイワナなんだろう・・・
と、思いたい。

e0009009_20581793.jpg
しかし、夕方近くになると
ハッチや水生昆虫の目立った流下はなかったが
徐々に薄暗くなると警戒心が和らいだのか
イワナたちも昼間よりも毛鉤に出てくれるようになって来た。
交互に釣っているmiyukiさんと、イワナを釣り上げてはニッコリ。
アワセ損ねては、苦笑い。
楽しい時間が過ぎていく。

釣れない時間帯は首をひねるコトもあったけど
結局は大した雨にも降られず、型の揃ったイワナたちにふたりとも出会えた。
帰り道のコトを考えると、早めに切り上げるつもりだったけど
結局は暗くなる直前までついつい釣りをしてしまった。
ボクもmiyukiさんも、やっぱり欲深い釣り人なんだ。
いや、欲深いのはきっと釣り人全般にいえるコトだろう。

川原で“また一緒に釣りましょう”と約束の握手をして
急な峠道を下り、ボクは右へ、miyukiさんは左へステアリングを回して
それぞれの岐路に着いた。


my trip mater 464.5km
total 3463.7km
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/5887761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by para-miyuki at 2007-06-13 22:01 x
やっと見られましたぁ!\(-o-)/
昨日からエキサイトがキエサイトになってましたねぇ~!(笑)

え~、ところで、河畔で四股踏んでるのは誰でしょう?
これは雲竜型ですな!(爆)

賢いイワナに翻弄されましたが、緑の深い谿に清らかな水・・・
喉を潤す安心して飲める沢水・・・
今年はもう一度行きたいです。
Commented by Rolly at 2007-06-13 23:48 x
おつかれです!!!!

Miyukiさんがおっしゃるとおり、エキサイトがエキサイトしてますね~(^^)ついでに、こんな厳つい♂イワナの写真見せてもらったら僕までエキサイトしてきちゃいました・・・・。

ああ・・・釣りにいきたいっ。明日から?恵みの梅雨入り。安全には十分注意しなくちゃいけないけど、一番燃える季節の到来ですからね~~(^^)
また、行きましょ!!!
Commented by xyzkurocop2002 at 2007-06-14 08:37
こんちは~。
う~ん・・・しつこい?(笑)
羨ましい釣りをなさってますね~。、#10のアダムスの一本勝負でイワナがバコバコ・・・羨ましいとしか言えないっす。

>アワセ損ねては、苦笑い
全部が釣れたら、これまたツマラナイでしょ~? たまにはこういう事も必要かと・・・コレも欲深い証拠ですかね~(笑)
Commented by shikada at 2007-06-14 11:22 x
今度、連れてって!!
Commented by dadlife at 2007-06-14 14:24 x
terryさん、こんにちわ。(^^)
ここぞの1尾、頭に描いたイメージでドンって出ると気持ちいいですよねー。
miyukiさんの雲竜型、コレがイワナを釣る秘訣なんでしょうか・・・・。
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-06-14 17:43 x
>#10のアダムスの一本勝負・・・・
最盛期のイワナ釣りっていう感じですねー!

そのころ私は、町内会の一斉清掃で、
排水溝のヘドロを集めてました・・・・・・

えらいちゃいや~!!
Commented by at 2007-06-14 20:27 x
terryさん、こんばんは♪
一枚目の写真、すごいっ。
こんなショット、その辺の釣り雑誌でもなかなか見れないです!
イワナの目が「次は絶対釣られないからなっ」って言ってますね(笑)
Commented by daikyu at 2007-06-14 21:24 x
今度釣れてって!2(笑)イワナ特有の渋い魚体の雰囲気が
出てますね・・・10番のフライは気持ちいいねー潔いと言うか
これででなけりゃどうだーって感じで!アダムスファミリーな
ら安心ね。ウンした後の方がウンが良いdaikyuでした!
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 21:51
miyukiiさん♪こんばんわ!!
エキサイト、この数日は動きませんでしたね〜全然ダメでしたね。そんな時に限って画像が多いボクです。ほんと、ウンが悪い(爆)
緑も深く、動物の気配漂う雰囲気でしたが、水もキレイ、実際に沢の水も美味しかったですね。今度はしっかりと水分と食料を持って行きましょう。
シーズン中、もう一度?じゃ、また足並み揃えて一緒に釣り上がりましょう。今度はテレストリアル一本勝負ですね(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 21:56
Rollyさん♪みゃ〜〜〜〜どッ!!
エキサイト、どうしちゃったんでしょうね。とりあえずメンテ後は何とか動いてるようなので安心してますが・・・。
どうやら梅雨入りしたようですね。今日くらいのシトシト雨なら、何処の渓もイイ釣りが出来そうですね。平日休みの人たちは燃えているかもしれませんね。
そういえば、Rollyさんとは何度もお会いしているけど(釣り場やショップ*笑)今年はまだ一緒に釣り上がってませんね(笑)何処かで一緒に遊びましょう!!
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:00
くろやんさん♪こんばんわ!!
パコパコではありませんよ。バコッ・・・バコッ・・・・ってトコロでしょうか(笑)次のサカナまではかなりの時間と距離を要しましたから。
仲間との釣り上がりは楽しいですね。お互いの釣果に喜んだり、バラしたり、掛け損ねたり、枝を釣ったり・・・(笑)一人だと、なぜかイライラしちゃうことが楽しく感じるんですからね。
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:01
shikadaさん♪こんばんわ!!
いいですよ。コチラへお越しの際はご一報ください。
ご一緒しましょう!!ノースのバックパックにたくさん食料を詰め込んで来てくださいね〜(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:05
dadlifeさん♪こんばんわ!!
雲竜型・・・ボクも真似すれば、初めの一尾をバラさなかったかもしれませんッ(自爆)
イメージ通りの釣りが出来たときは、本当に嬉しいですね。今思い出してもニヤニヤしちゃいます。そんなエントリーもイイな。こんど書いてみよう(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:09
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
この時期ならではかもしれませんが、ボクの場合はこんなコトも多い気がします。一瞬マドラーセッジのさらに大きな毛鉤を結びましたが、さすがに#2ラインでは投げられず、すぐに#10のアダムスに戻しました(笑)
町内会も大変ですが、頑張ってください。きっとご褒美が待ってますよ。
またココへもご一緒しましょうね!!
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:13
洋さん♪こんばんわ!!
大きな♂イワナは、お口も大きくなるので、意識して撮影してみたら迫力が出ました。
ちなみに元はヨコイチの写真なんですけどね。トリミングしてみると面白いですね。
次はゼッタイに釣られないって思ってるかなぁ〜。次にこのサカナを釣るコトが出来れば、確実に本尺超えなんですけどね〜(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 22:20
daikyuさん♪こんばんわ!!
世田谷のチョイ悪オヤジも行きたいようなので、お二人連れ合ってお越し下さい(笑)
#10くらいの毛鉤だと、ティペットも太くできるし、潔く釣りが出来ますね。サイズの小さなイワナは捕食が難しいのか、それともボクの腕が悪いのか(確実に後者*笑)釣れるイワナは型揃いでしたよ。ただ、道が険しいので、通うにはちょっと覚悟が必要ですけど(笑)
ウンは、出来ればコンビニか道の駅で済ませておきたい。と、いつも思うんですけど・・・なぜか現場に着くと・・・
事件は現場で起こるんです(笑)
Commented by kom2002 at 2007-06-14 22:47
こんばんは〜
エキサイトの不具合で写真が見られなかったので、今日はじっくり見る事が出来ました。やっぱ素敵な文章には素敵な写真ですね♪ お揃いのネットも見る事できたし。。。そう、今日無事入魂してきました。超楽しかったです。明日は始発で大阪に向います。。。釣りじゃ無くて仕事です(爆
Commented by tokyo_terry at 2007-06-14 23:10
komさん♪こんばんわ!!
エキサイト、調子が悪いっすね。ずいぶんと改善されたようですけど。
入魂の模様、拝見しましたよ。
もうダメです・・・湯川、こんばん夢見そうです(笑)
大阪出張ですか、仕事の後、まさか・・・ナゴヤ寄ってきます?(爆)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-06-13 21:05 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(18)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30