Slow shine

それこそ星の数だけフライパターンはある。
その中で何がイイのか、それはサカナだけが知っている。

e0009009_23344297.jpg
色んなフックデザインがある。
鳥の羽から、獣毛など様々なマテリアルがある。
もちろん化学繊維やワイヤーなどの金属も。

中でも歴史の古いウェットフライのパターンは
カラーバリエーションの違いでも名前が付いているものもあるから
星の数ほどのフライパターンがあるような気がする。

しかし、微妙な違いはあるもの
その形状は基本的な違いはない。
テール、ボディ、ウィング、スロート。
シンプルな形状だからこそ、様々なバリエーションが増えたのだろう。

今はドライフライを使った釣りばかりしているけど
もう少しウェットフライを巻き貯めたら
いつもと違った釣りをしてみよう。

フィールドでフライボックスを開けて
ハッチを意識したり、水況を見てみたり
もしかしたら、そのときの気分で毛鉤を選ぶかもしれない。

そんなときは、トラディショナルなパターンもイイけど
ちょっとだけ変わった素材を使った毛鉤をフライボックスから
つまみ出すのがイイかもしれない。

地味な色合いのマテリアルの中に
ちょっとだけスパイスを効かせた差し色を入れて巻いた毛鉤。
友人が考え出したセミトラVフィルムなんかも
ウェットフライのボディに巻くと
グラデーションがなんとも艶っぽい。

アンダーラップのゴールドティンセルが
鈍く反射するから、サカナたちへのアピールもイイかもしれない。
むしろ、水面に浮かぶドライフライよりも効果的かも。
と、イロイロと考えていても、何がイイのかは
サカナだけが知っているコトだ。

さて、今夜も少しだけウェットフライを巻いてみよう。
もちろん、今度は違った色合いのオリジナルウェットフライだ。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/5762355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by xyzkurocop2002 at 2007-05-29 08:49
terryさん、こんちは~。

>それこそ星の数だけフライパターンはある。
その内、オイラがタイイング出来るパターンは片手で数えて、なお余る数である・・・(爆)

>その中で何がイイのか、それはサカナだけが知っている。
それは、実際に結ばれたフライとは大抵真逆である・・・(爆×2)
しかもそれに気づくのは散々流して、教育した後である(爆×3)

フライフィッシングって深い・・・。
Commented by inax at 2007-05-29 09:26 x
terryさん

おはようございます。どれも妖艶なフライ達ですね。
個人的にもマーチブラウン系のパターンが、一番親近感がある…というか、違和感がない…というか(笑)
自分のような“マッチ・ザ・ハッチ馬鹿”が見ても、ググッとソソられるモノがありますね。
terryさんの巻いたこんなウェットフライ達を、どんな魚達が待ち受けているのでしょうね。
楽しみにしてますよ。
Commented by Lt_cahill at 2007-05-29 11:38
terryさん、こんにちは。
フライの種類はたくさん巻いてボックスに詰め込んでありますが、川を目の前にするとこれだ!というフライが見つからないことばかりです。釣れていないとついつい過去に釣れたフライに手が延びますが、魚にしてみればそんなにシビアな感じもなかったりして(笑)そんな試行錯誤が楽しいのがドライとまたちがったウエットの良い所です(笑)
Commented by dadlife at 2007-05-29 11:52
terryさん、こんちわー。(^^)
「今のパターンって昔のパターンと変わらない、変わったのはフックとマテリアル。だから基本は同じだよ・笑」とは地元のオッサンの言です。
「釣りって遊びだから自分が満足する様に巻けばいいの・笑」これまた同上。
その域まで行ってないから悩むんですけどねー(爆)。
セミトラVもその域まで突き詰めた結果の産物。名前がゴジドラV(godziさんとドラゴンズのV)でも良かったかなーって最近思うのは自分だけかな(核爆)。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 20:27
くろやんさん♪こんばんわ!!
痛たたたたッ。くろやんさんのコメント、耳が痛いっす(笑)
大抵真逆で、散々流した後・・・よくあるパターンですね。
深〜いからコソ面白いんだけど、深過ぎて溺れそうです。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 20:34
inaxさん♪こんばんわ!!
セミトラVフィルムの色合いがイイですね〜。フィルムの下に光る素材をいれると、何だかいい感じになります。一度お試しアレ!!シルバーやゴールドのボディのマーチブラウンに巻けば、写真のようになりますね。
セッジを意識したパターンもこれからは外せませんね。想像しながら毛鉤を巻くのは楽しいです!!
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 20:37
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
フライの種類といえば、ボクはその反対で、あまり手持ちがありません。ドライもウェットも。どちらかといえば、お気に入りの毛鉤ばかりになってます。でも、そう言った毛鉤がサカナを誘うような気もします。魂のこもった毛鉤で一発大物を狙いたいですね!
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 20:45
dadlifeさん♪こんばんみー!!
昔から伝わるパターンは、みんな良いパターンばかりですね。
それを上回るようなモノは、ボクのような凡人にはなかなか出来ません。でも仰る通り、自分が満足できれば、それでイイと思います。いや、思いたいなぁ〜(笑)
あ、ゴジドラVって名前は面白いけど、濁点が多いので、コトバのヒビキが良くないかも(笑)繊細なパターンが巻けなそうなので、セミトラのほうがやっぱりイイかも(笑)
Commented by godzilla2004 at 2007-05-29 21:42
terryさん、おばんだす~ぅ。先ほどはメール有難うございました。
セミトラVフィルム、ウェットフライに使っていただけるのはとっても嬉しいですよ。何たって消耗量が多いし(笑)。ってのは冗談ですが、水面下で妖しく光るボディはオサカナに対する誘目効果抜群だと思っております。
で、早速今週末に使ってくださいね~。何だか本流アマゴが飛びつきそうな予感アリアリですよ!!
Commented by SHU at 2007-05-29 22:16 x
terryさんこんばんは!
新鮮なボディーのWetですね。つれそうなオーラが出ています。
ドライもWetも上手にまきますね~!流石!!
僕はよくあるパターンばかりです(汗)
Commented by daikyu at 2007-05-29 22:51 x
terryさんこんばんは!・・・ウェットのバランス良い感じ
ですね。トラディショナルなものも、オリジナルなものも
色んな事が出来るのがタイイングの世界ですね。
魂のこもった毛鉤で一発・・・・そうそう僕もまさしくそう
思います。巻くときにあの渓であの流れで、あんな魚
をと考えた毛鉤はオーラが違いますね。ビビッと来た
コメントでした!
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 23:55
godzillaさん♪おばんで〜す!!
こちらこそ、お手間取らせてしまって・・・ありがとうございました!!
改めて、ウェットフライにも巻いてみるとなかなかイイ感じですね。とくにドライフライよりもボディをやや長めに巻くので、グラデーションがしっかりと出て、面白い毛鉤になります。今週末、本流のアマゴがこの毛鉤を咥えてくれるとイイんですけどね〜。その前にキャストが・・・(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-29 23:58
SHUさん♪こんばんわ!!
面白いでしょ?こんなボディも。シール状のビニール系素材なので、透過性もあり伸びる素材なので、タイイングも楽チンです。しかも様々な色合いがあるので、カラーバリエーションも豊富に毛鉤が巻けます。
プリンターがあれば、市販のプリンター用のシートでも自分でも作れちゃいますよ〜。ちなみにボクはプリンターは持ってません(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-30 00:05
daikyuさん♪こんばんわ!!
魂のこもった毛鉤で秋田の大イワナを釣り上げたようですね!!
カッコイイ姿のイワナでしたね。daikyuさんの毛鉤には、大物に好かれるような“何か”があるんでしょうね。ボクなんかの毛鉤だと、チビッコにしか好かれない“何か”が入ってるかもしれません(汗)
でも、タイイングのときは、頭の中で大物と格闘してる自分をイメージして巻いてるんですけどね(笑)
Commented by taros_magazine at 2007-05-30 07:40
terryさん、おはようございます!
ただでさえタイイングが苦手な自分ですので、ウェットというと100円均一で売ってたモノを実戦投入した”前科”がある程度なもので…(苦笑)
でも、「セミトラVでウェット」…コレは良さそうですね!
自分でも巻けそうな気がしてきました!が、はたして実戦投入できる日は来るのか…
Commented by para-miyuki at 2007-05-30 22:54 x
とうとうあっちの世界に行っちゃったんですね・・・(笑

しかたがない、こっちの世界に引き戻してあげましょう!
ってなわけで、日程決まりましたのでUPしました。(爆
Commented by tokyo_terry at 2007-05-30 23:07
taroさん♪こんばんわ!!
まずは、ソフトハックルアタリから巻いてみてはイカガでしょうか?。セミトラでボディを巻いて、パートリッジをパラリ。たった二つのマテリアルで簡単に巻けますよ。明るい色のスレッドか、モノフィラのスレッドを使うコトも忘れずに(笑)
シノビノとか、イシテツシラカワ、オフの管釣りシーズンなど使えそうな所はいっぱいありますよ〜♪

Commented by tokyo_terry at 2007-05-30 23:09
miyukiさん♪こんばんわ!!
あっちの世界・・・アッチもコッチも基本的にはフライフィッシングですよ〜。ちょいと釣り方が違うだけで、基本的には同じサカナ釣りです。あ、例の件ですか?そういえば、メールしようと思ってて、すっかり忘れてた〜ッ!!(滝汗)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-05-28 23:42 | ♧ Tying Talk | Trackback | Comments(18)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31