Chance and timing

チャンスとタイミング。
これらを逃さなければ、とても楽しい釣りが出来る。

e0009009_2011181.jpg
赤いベストのおっさんとクルマを走らせ、向かう先は友人のホームリバー。
すでにその友人は釣りを始めているという。
待ち合わせ時間を少し過ぎた頃、朝イチの釣りを済ませ
数尾のアマゴを釣り上げたという彼が現れた。
数カ月振りの再会だ。

彼の名は洋さん

久し振りとはいえ、午後には渓を出て
自宅に戻らねばならないとのコトだったから
午前中だけの短い時間だが、彼のホームリバーで
三人で一緒にフライロッドを振るのだ。
ボクにとっては始めての流れだから、とてもワクワクする。

e0009009_2013392.jpg
数年間通い続けているだけあって、各ポイントを熟知している彼は
前日の雨で増水した流れでも、釣りが出来そうなポイントを知っている。
何とか釣りが出来る場所に入り、三人で交互にロッドを振る。

しかし、この三人が集まると、とにかくウルサイ。

まずは赤いベストのおっさん。
日陰の中にある沈み石の上に毛鉤を投じると、イワナが出てきた。
しかし、ロッドをビシッ!と立て過ぎて、ゴジる®

そして、次はボクが譲ってもらったポイントで
いつものアダムスが流れの中でスポッと消えたトコロで
柔らかくロッドを立てるが、サカナの首振りと同時にテリる®

その後、とあるプールの開きでライズを繰り返すアマゴを
赤いベストのおっさんが見つけ、今度は洋さんがチャレンジする。
あぁでもない、こうでもない。
とギャラリーであるボクと赤いベストのおっさんは
アドバイスをしているのか、それとも邪魔をしているのか
普通の釣り人なら、ウルサイッ!と怒鳴りそうなほど、よく喋る。

しかし、そんなプレッシャーをモノともせず、洋さんは見事にライズを仕留めた。
アワセ切れしては騒ぎ、バラしては騒ぎ、釣り上げればさらに騒ぐ。
この三人が集まると、いつもこんな調子で釣りをしているから
きっとあまりのウルサさに、釣れるサカナの半分くらいは逃げられているような気もする。

それにしても、洋さんが釣り上げたアマゴは
小振りでもとびきりな魚体だったなぁ。
あの渓で育まれたアマゴは
可憐な雰囲気を持ち合わせた美形アマゴだった。

e0009009_20141845.jpg
午後、洋さんが自宅に戻ってからは
赤いベストのおっさんと二人で、洋さんのホームリバー周辺の渓を
クルマで彼方此方と走りながら、流れを探るがなかなか
サカナたちには出会えない。

午前中、チャンスをお互いに逃してしまっているから
こうなると、狂った歯車はなかなか噛み合なくなってしまうのだろう。

e0009009_201451100.jpg
グルグルといくつかの峠道を走り回りながら
二箇所ほどの流れを探るが、釣果はイマイチぱっとしない。
何度か小さなイワナが毛鉤を突つくだけ。
流れはとてもキレイなんだけど。

e0009009_20152915.jpg
夕方、洋さんから午前中に聞いていた里川で
イブニングを楽しもうと上流部の流れを下る。

メイフライ・ストーンフライ・カディス。
増水しているが、様々な水生昆虫が川面を飛んでいる。
ツバメやセキレイもパタパタと宙を舞うメイフライを狙っているのか
活発に飛び回っている。

何だか期待出来そうだ。
今日一日のラストチャンス。
このチャンスを逃さぬよう、慎重な釣りを心掛けよう。

すると、結果はすぐに出た。
増水した流れの石裏のフラットで、イワナがとび出してくれたのだ。
大きなサイズではないけど、サイズの割には楽しませてもらえた。
水が多いと、サカナの引きもよく感じる。
何よりもとてもキレイな魚体にウットリする。

e0009009_20271625.jpg

開けた里川のイブニングは、逆光のせいで毛鉤が見にくい。
アップストリームでの釣り上がりでは何処に毛鉤が着水したのがが判らない。
しかし、アプローチの角度にちょっとした変化つければ
水面の照り返しを避けることが出来るから
何とか毛鉤は見える。

先行していた赤いベストのおっさんを追うように、瀬を釣り上がると
ガンガンと流れる瀬の中でライズを見つけた。
しかし、何度か毛鉤をトレースしてみるが、このライズには歯が立たない。
毛鉤をチェンジして、腰を据えてライズと対峙するのもイイが
増水したガンガン流れる瀬の中でイブニングを過ごすには
帰りのコトを考えると、ちょっと・・・。

瀬の中のライズは諦め、脱渓点近くのプールに移動する。
プールにいた赤いベストのおっさんに声を掛けると
グッドサイズのイワナを釣り上げた様子。
少し上ずった声で興奮しているのがよく判る。

ボクもプールでのライズを狙おうと、対岸に渡る。
しかし、プールではまだライズは始まっていない。
とりあえず、プールに流れ込む流芯に毛鉤を落とすと
ユラユラと揺れる毛鉤が水飛沫とともに消えた。

e0009009_2016543.jpg
今日イチバンの強烈な引きだ。
立てたロッドから伝わるのは、イワナの引きとは随分と違う。
ボクの毛鉤を咥え、激しいローリングファイトをしているのはアマゴだ。
増水した流れに乗ったそのアマゴは、ボクのロッドを半月のように曲げる。

一緒に流れを下り、背中のランディングネットを外して
なんとかネットインすると、体高も立派な
パッツンパッツンに太ったグラマラスボディのアマゴだった。
顔には幼さがまだ残っているものの
増水した流れで流下するエサが多いのか
お腹もプックリと膨れていて、コンディション抜群。

それにしても、こんなプロポーションのアマゴは久し振りだ。
この流れで育った魚体は各ヒレもしっかりと大きく発達していて
体色もすごぶる良い。

こんなサカナに出会えることができれば、とても嬉しい。
朝から一日中フライロッドを振っていたのに
昼間は全く釣れずに少々凹んでいたけど
こんなキレイでパワフルなアマゴに出会えれば、すっかり気分は上々。
帰り道のアクセルも、気分が良くてついつい踏み込んでしまう。

釣りを楽しむには、季節や天候などの要因や
ハッチなど様々な条件が重なり合う。
そのときに訪れたチャンスとタイミングが上手く重なると
とっても楽しい釣りができる。
このチャンスを逃すわけにはいかない。

e0009009_20164746.jpg
それにしても、睡眠不足の身体で
一日中増水した流れを歩くのはとてもキツい。
翌日の今日は、軽く全身筋肉痛になってしまった。

今度の釣りはしっかりと睡眠を取って釣りに出掛けよう。

my trip mater 234.6km
total 2778.1km
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/5752068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 空色ライフ at 2007-05-27 21:08
タイトル : My HomeRiver in Early-Summer!
新緑の中、プールを攻めるterryさんと後ろで見守るgodzillaさん  お... more
Commented by at 2007-05-27 21:06 x
terryさん、土曜日はお疲れ様でした!
迷ガイドに半日お付き合いいただき有難うございました。
それにしてもやっぱりウルサイ釣りになりましたね。
ウルサくてサカナの半分が逃げているかも…、ってとこで苦笑してしまいましたが
まぁ、とにかく楽しいのでそれもまたヨシですよね(笑)

イブニングは楽しまれたようでホッとすると同時に羨ましいなぁと。
こんないいアマゴがあの流れにいるなんて驚きです。
次回はイブニングまで丸一日お付き合いさせて頂きますので
ヨロシクです^^
Commented by flymagic at 2007-05-27 21:33
TERRYさん、まいどっ!
文章を読んでいて自分も釣りをしてる気分になれました(笑)。
北の大地ももう少しで渓流のドライを楽しめる季節がやってきます!
僕も来週末からは寝不足の日々が続きそうです。
Commented by xyzkurocop2002 at 2007-05-27 22:20
>ゴジる®
>テリる®
®が超ウケました!! 商標登録済みっすね?(笑)

>軽く全身筋肉痛になってしまった
痛いのは辛いけど、筋肉痛が消えるまではグッドなアマゴの余韻にドップリと浸れるワケですよね~。あ~羨ましい・・・。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-27 22:21
洋さん♪こんばんわ!!
こちらこそ、ありがとうございました。
迷ガイドなんて、とんでもない。イブニングでは楽しい思いをさせてもらいましたからね。アドバイス通りの場所で弾けちゃいました(笑)今度はボクのお気に入りの渓を案内させてくださいね。キレイなアマゴとイワナがいますよ!!魚影はそれほどでもないけど(汗)
大体いつもあんな感じなので、ウルサくないと逆に気を遣っちゃったりしてね。また楽しいオシャベリしながら釣りに行きましょう!!
Commented by para-miyuki at 2007-05-27 22:24 x
中でもterryさんの声が一番大きかったんでしょうね~!
昨日は、珍しくゴリもテリもありませんでしたが、K氏はデカイのテリっておりましたよ。
イブが終わって脱渓するとき、急勾配を登った私は、なにせユイ®でクロ®でパラ®なもんで(笑)、もうヒイヒイ、ゼーゼー、心臓バクバクでした。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-27 22:24
akaさん♪まいどッ!!
今週末は渓流のドライフライの前に、阿寒でドライワカサギを浮かべるんでしょうか?(笑)寝不足は意外とこういった釣りもで危険が隣り合わせになっていたりするので、気をつけましょうね。
というか、akaさんの場合は、深酒に気を付けてくださいね(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-27 22:29
くろやんさん♪こんばんわ!!
そうですよ〜、商標登録されております(爆
筋肉痛って、痛いんだけどちょっと気持ち良く感じるコトありません?それって、ボクの体質がM体質ってコトなんでしょうか(笑
Commented by tokyo_terry at 2007-05-27 22:32
miyukiさん♪こんばんわ!!
ワハハハッ!!ユイ®・クロ®・パラ®ってッのは面白いッ!!
でも熊のようなイビキをかくときはユイ®がイイかもしれませんね。
あ、イビキならシカダ®ってのもアリかも(笑)
Commented by akiranspey at 2007-05-27 23:20
terryさん、こんばんは!
すご~く楽しそうな一日だったようですねっ。
そして最後に釣り上げたアマゴ、とびっきりの美人です。
人間だったら惚れちゃうかも・・・です(笑)
Commented by dadlife at 2007-05-27 23:47
terryさん、こんばんみー。(^^)
やっべー、くろやんさんに先を越された(ナイスアイディア・笑)。
楽しく交互に竿を出せるっていいっすね、純粋に皆でFFを楽しもうって姿勢の成せる業っす。
暫く釣りに行く予定がないので、こういうエントリーが・・羨ましーっ(笑)。
Commented by godzilla2004 at 2007-05-28 19:26
terryさん、おばんだす~ぅ!!先日はお疲れさまでした&いろいろお世話になり有難うございました。
最後の写真、折角のアマゴの横にイワナを滑り込ませてしまってすみません。でも、キレイに撮れてますんで、ちょっとホノボノしていて良かったかも(笑)。とは言いつつ、オサカナが並ぶと何となく食材に見えてしまうのでマズイかな(^^ゞ。
とにかく、喋って、歩いて、下って、登ってと忙しい一日でしたが、しっかりと楽しめましたので良しとしましょう。ところで、あのイブニングの場所、もう一度訪れたくなってきませんか?(笑)。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-28 22:55
akiranさん♪こんばんわ!!
すご~く楽しかったですよ。特にイブニングは。まるっと一日釣りをしましたが、午前中はバラしや掛け損ね。昼間は全くの無反応で厳しい釣りでしたからね。地元のキレイな美人アマゴにも出会えたし。
あ、ボクはすでにこの流れのアマゴに惚れちゃってます(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-28 22:58
dadさん♪こんばんみー!!
このアイデア、godzillaさんがはじまりです。ボクの名前が入っているので、真似して入れてみました(笑)
交互に釣りをするのは、イイですね。一人だとずっとロッドを振り続けるコトになるので、疲労も少なくなりますから。効率面では、釣りのチャンスが少なくなりますけどね(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-28 23:03
godzillaさん♪おばんで〜す!!
いやいやコチラこそ、久し振りの同行ありがとうございました。ついでに日曜も(笑)楽しいひと時でした。
アマゴの撮影中に突然イワナが飛び込んで来たときはビックリしましたよ〜(笑)つぅか、あのポイントで釣り過ぎですよ〜。釣り過ぎは身体に毒ですよ。また寝不足でも釣りに行きたくなりますから(笑)
それにしても、確かにサカナが並ぶと食材に見えちゃいますね。アングルかえるとか、ちょっと立たせて撮るとか、工夫が必要ですね。背景に緑があるから、一層そう見えてしまってますね(汗)
今度は木曽にも行きましょッ!!
Commented by 西洋毛鉤 at 2007-05-28 23:12 x
愛知県の川って、私たち(関西圏の釣り人)には
あまり知られていないと思うのですが、
結構いいところがあるんですね。

terryさんとgodzillaさん、想像するだけで、魚が逃げそう・・・・
私と福永さんも人のこと言えませんが。

イワナに、
「お前ら、もうちょっと小さい声でしゃべってくれるか~」
なんて言われてるんでしょうね、きっと。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-28 23:30
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
あ、ネタを振っちゃいましたね〜。でも、さすがに“イワナのつぶやき”だけはパクれません(笑)
あ、石徹白で西洋毛鉤さんと福永さんをボクとgodzillaさんで出迎えたら・・・想像するだけで恐ろしい・・・四人揃うと・・・
最後まで言うのは止めときます(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-05-27 20:34 | ♤ Fly Fishing | Trackback(1) | Comments(16)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31