Complexity

同じ釣り場でも、季節や天候と水況、人的プレッシャーなど
様々な要因が複雑に絡み合う。

e0009009_0581934.jpg
イベント前日の西野川では、イブニングの2時間フライロッドを振ってみた。
手始めにアダムス・パラシュートの#12をティペットの先に結ぶ。
肩、ヒラキ、流芯と一つのポイントに順序よく毛鉤を落としていくと
流芯から、アマゴが出る。

ほとんどが尺前後の大きなアマゴだ。
流れにメリハリのあるポイントにいるアマゴは
毛鉤をしっかりとドラッグフリーで流せば
何のためらいも無くボクのアダムスに飛び出してくる。
時折、ヒラキに落とした毛鉤に出てくるのは、イワナだったりする。
それにしても、さすがに平日とあってプレッシャーが低いのか
アマゴの活性が高いのか、いや、ボクの活性が高いのか。
気がつけば、ボクは先輩とともに夕暮れまでロッドを振っていた。

明けて、イベント初日。
この日は、ボランティアスタッフとして
イベントオリジナルTシャツの販売係をしていたから
西野川での釣りはしなかったけど
(といっても、実は前日のイブニングで転んで右足を負傷
 普通に歩けなくなってしまった・・・てのが本当の理由)
多くの釣り人で賑わう流れの彼方此方でロッドが曲がっていた。

e0009009_0585297.jpg
もちろん、デモンストレーションで
エキスパートの皆さんも次々とロッドを曲げてはニッコリ。
また、一般の釣り人も初めて釣りをする人も
笑顔で釣りを楽しむことが出来たようだ。

しかし、全般的には午後から夕方までは
多くの釣り人が入ったからか、かなりシビアな釣りになったようだ。

そして、西野川で三日目。
前日までの足の痛みも無くなり
ボランティアスタッフの仕事も少なくなったため
要さん、komさんとフライロッドを振ることにした。

プールでライズを繰り返すアマゴ。
朝というコトもあり、リラックスした姿勢でのシンプルなライズが多いが
時折、背中と尾ビレを水面に出す魅力的なライズフォームのアマゴもいる。
流れ込み付近から要さん、komさんと並び
ボクはフラットなプール下流でライズを狙う。

e0009009_0593181.jpg
小さなメイフライをイメージした#18の毛鉤を
頻繁にライズを繰り返すアマゴのフィーディングレーンに乗せる。
スレているのか、本物とニセモノの区別をしっかりとしているのか
定かではないが、ライズのタイミングが合わないと
ナチュラルに流した毛鉤にアマゴは素直に出てくれない。

クロスダウンにキャスト、上流側にメンディング。
多めにスラックを作ったティペットがほどけるまでは
ナチュラルドリフト。

何度目だろう・・・ライズのタイミングを見計らい
毛鉤をレーンに乗せると、その毛鉤を押さえ込むようにアマゴが水面を割る。
よし、乗ったッ。
そのアマゴが上流に向かって疾走する。
アマゴのパワーを感じると同時に、毛鉤が弾かれてしまう。
バラしてしまった。

側にいたkomさんと苦笑い。
その後も違うライズを狙うが、次こそはと
しっかりと毛鉤が水面から消えたコトを確認してからロッドを立てるが
サカナの感触を感じると同時に、毛鉤が弾かれるように外れる。
そして、三度目も同じだ・・・。

おとといは絶好釣だったけど、
同じ釣り場でも、季節や天候と水況、人的プレッシャーなど
様々な要因が複雑に絡み合って、この日の釣りは非常に厳しかった。
そしてイベント終了後、トーキョーの友人Lt_caillさんと
アウトドア料理の鉄人shikadaさんと木曽の別の川へと向かうが
ここは完全に不発に終わる。

場所選びも、釣りの技術も・・・単に修行が足らないだけなんだろうか。

my trip mater 290.8km
total 2543.5km
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/5681319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iwanao65 at 2007-05-17 02:18
terryさん、こんばんは。
先日は、ガイドさんじゃなくて、釣り人(ワタシね!)の、腕のせいですから!S川の、上流は、夏にやってみたいですね。上松は、ニンフを流したら、少しは反応があったのかなあ?なんて、思ってます。臨機応変、色々試せば、結果も違うんだろうけどね!(横着はいけませんな)
Commented by dadlife at 2007-05-17 08:27
terryさん、おっはー。(^^)
フムフム・・・、条件によってはterryさんでも難しいんですねー。じゃあ、自分は撃沈っすね(笑)。
乗ったと思ったら弾かれるのは自分も何度かあります。あれはガッカリしますねー、ついでに頭に来ます(笑)。
そんな時ほど大物に見えるのは気のせいなんでしょうかねー(爆)。
Commented by kom2002 at 2007-05-17 12:08
おはようございます♪
みんなのブログを廻っているとあの時の光景が目に浮かんできてニヤニヤしてしまいます(笑 そうそ、あの時は朝とは全然違う魚の反応に翻弄されっぱなしでした。まっ!! 自分の場合、ブラインドでないとなかなか釣れないって事、再確認したような半日でした(爆
Commented by Lt_cahill at 2007-05-17 16:53
先日はガイドありがとうございました。
きっと僕たちが帰ってから15分後にライズが始まってたのではと…。
色々な要素が揃わないとFFも難しいですよね。
川をのぞけば魚は一杯いるのに(先日見てびっくりですわ)
ドライにこだわらずニンフを試すほどの余裕も無かった自分です(笑)
また一緒に釣り上がりましょう!
Commented by daikyu at 2007-05-17 19:53 x
こんばんは。西野のあのプールは魚のストックは凄いです
がかなり苛められてるので、フライへの反応もそれなりの
スレ方ですよね・・・一雨来て少しリセットしてくれるとまた、
違う活性にもなりそうですね・・・

上松好きなterryさんの案内でLt-cahillさんのあの写真に
なったんですよね。僕の高校時代からのカーティスポイント
だったあの渓は清冽な流れは今でも健在ですが、所々河川
改修で護岸が増えてます。

日曜にもう一度スレ具合を確認することになったのですが(ぷっ)
Commented by para-miyuki at 2007-05-17 20:25 x
6月以降の西野の難しさは格別です。今回のように5月のGW翌週が良いというのは毎年西野関係のレポで知っていましたが、あれほどとは・・・オソルベシ!
と、言いながら、一匹テリって終わったのは・・・ハイ!ワタシで~す!(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:21
shikadaさん♪こんばんわ!!
案内した川、本命のポイントに釣り人が居たので・・・ちょっと残念でした。渓に入った時間もハッチの始まる前ってのも厳しかったですね。タイミングってヤツがちょっと悪かったかもしれません。これに懲りず、また木曽へ来てくださいね!っつうか、ochiさんやdaikyuさんのハナシを聞いてると、トーホク行きてー!!(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:25
dadlifeさん♪こんばんわ!!
逃したサカナってのは、いつもデカイっすよ(笑)ボクも同じです。なかなかそう簡単には釣れません。だから面白いんですねー。
あ、そうそう、さっきgodzillaさんからお話をお聴きしましたよ〜。面白い企画をしてるそうな。楽しんで来てくださいねー!!
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:29
komさん♪こんばんわ!!
みんなで並んで釣りをするのって、やっぱり楽しいですね。秋の荒雄でのニンフフィッシングを思い出しました。あのときも順番にレインボーを釣り上げたりしてね。楽しかったなぁ〜。
それにしても、あのプールは一体どれだけのサカナがストックされていたんでしょうね。時間の流れとともに流下も変わるんですね。
komさんの髪型も変わったみたいに(笑)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:33
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
ガイドのくせに、一緒に釣り上がったときに先行しちゃってすみません。川選びをする前に、ガイドは釣りをしちゃいけませんね、考えてみたら(汗)
あの流れなら、ニンフの釣りも良かったかもしれませんが、帰り道の時間的な面を考えると、ドライフライで正解だったかもしれませんよ。
また遊びましょうね〜。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:41
daikyuさん♪こんばんわ!!
ほんと、あのプールのストックは凄いです。
ライズの数も相当なものでしたから。きっとこれからのイブニングは相当楽しめそうです。また遊びに行かなきゃ(笑)これからはカディスのパターンが良さそうですね。
上松、あの水のキレイな流れで釣れるタナビラを、トーキョーの皆さんにも一尾でいいので釣ってもらいたいと思って案内したんですが、なかなか上手くコトは運びませんね。daikyuさんにポイント聞いときゃよかった(爆)
Commented by tokyo_terry at 2007-05-18 23:46
miyukiさん♪こんばんわ!!
そうっすね。今の時期があの川はイチバンかもしれません。梅雨の頃までは、面白い釣りが出来ると思います。でもその後の夏場の渇水期を迎えると・・・かなり手強くなって、ボクには手も足もでません。一尾テリるどころか、一尾も掛けれなくなりそうですよ。夏場はホントに厳しーっす。
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2007-05-17 01:02 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(12)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31