LAKE KUSSHARO < One scene in storm 3 >

厳しい自然の中で生き抜いている鱒は
ボクの想像を遥かに越えた、素晴らしいターゲットだった。

e0009009_0222310.jpg
目覚めると、窓の外から風の音が聞こえる。
前日よりも一段と風の強さが増しているのが
窓の外に見える阿寒の湖畔林の揺れからもわかる。

前日同様にタフな一日になりそうだ。

林道を走ると、強風で倒された木々が次々と現れる。
まるで屈斜路湖がボクたち四人の進入を拒絶しているかのようだ。
倒木が現れる度にクルマが通れるようにと
雨の降る中、倒木を脇ヘと寄せて目的地へと向かった。

前日から全く治まる様子のない雨と風。
せめて、風だけでも・・・と風裏になっている北西側の湖岸を走っていたのだ。
そして、前日同様に流入河川の近くにて、屈斜路湖のレインボーを狙う。

e0009009_023368.jpg
そして、今日もイチバン最初にロッドを曲げたのは、タフガイのYunさん。
14feetのダブルハンドロッドを絞り込むのは、もちろん屈斜路湖のレインボー。
この風雨の中、レインボーの顎をカメムシパターンの毛鉤で貫通させたのだ。

湖に流れ込む森からの流れに、様々な陸生昆虫などが混じり
食欲旺盛で活性の高いサカナたちが集まっているのかもしれない。

Type IIのシューティングヘッドをフローティングに換えて
2Xのリーダーの先に3Xのティペットを継ぎ足し、ボクもドライフライを結ぶ。
先日からの雨で、森からオーバーフローした流れ込みなどが無いかと
湖岸を数百メートルほど歩き探してみたが、生憎そういった流れは無い。

やはり仲間の居る場所へと戻ろう。
ゆっくりと雨の屈斜路湖を岸づたいに歩きながら
雨に濡れないようにタバコに火を着ける。
大きく息を吐き、タバコで一服を済ませると
急に視界が開けた。

e0009009_0233745.jpg
目の前に激しい雨に煙り、無彩色のように見える湖が広がっている。
でも足元には、色付き始めた広葉樹の落ち葉たちが水面を彩っていた。
まだ、ボクは北の大地の鱒たちとの出会いがないけど
自分の足元に広がる小さい秋を見つけると、気持ちが徐々に和らいでいく。

仲間たちがロッドを振っている場所へ戻り
ABUさんに状況を聞くと、レインボーとウグイのヒットがあったと言う。
レインボーはやや深めの駆け上がり。
ウグイは手前の浅い底でのヒットだったそうだ。

e0009009_026033.jpg
その時もYunさんとakaさんは、寒さに負けず頑張ってロッドを振っている。
それに比べ、ボクは相変わらずのんびりとしている。
すると、akaさんとYunさんが
“terryさん、ココで・・・”とポイントを譲ってくれた。
先ほどカメムシフライでヒットしていた場所だ。

よし、釣れるか釣れないかはわからないけど
とにかくレインボーが居ると思われる場所だ。
何とかして、毛鉤をレインボーの鼻先に漂わせて
ヒットに繋げよう。

しかし、ボクにはドライフライでは釣れる気がしない。
流入河川の流れに漂う陸生昆虫のイメージと
ABUさんとの会話でヒントになったレインボーの泳層。
ここはニンフでレインボーを誘惑してみよう。

それまでティペットに結んでいたドライフライからニンフへと交換する。
そんな時は、ヘアズ・イヤーのようにメイフライをイメージするようなものではなく
何を模しているのかわからないようなパターンがイイ。
ボクにとってのラッキーフライ、ビーズヘッドのプリンスニンフに交換だ。

流入河川から出来た流れと、水の動きの止まった場所へと
プリンスニンフをキャストする。

レインボーの泳層をしっかりとキープしたいから
この時はティペットにオレンジのインジケーターを付けたルースニング。
毛鉤が着水し、湖水の中へとビーズヘッドの重みで馴染んでいく。
表水面には、わずかだが左へと流れが出来ている。

軽くメンディングを入れる。
すると、オレンジのインジケーターが“スッ”と引き込まれた。

e0009009_026437.jpg
来た!
屈斜路湖のレインボーがボクの毛鉤を咥えたのだ。
#8のダブルハンドロッドから伝わる、屈斜路湖のレインボーの躍動。
いつもなら近くに仲間がいると、大きな声を上げてしまうはずなのに
何故だかこの日は、声が出ない。

予想以上の引きに耐えながら
レインボーとのやり取りをしていると、akaさんが駆けつけてくれた。
そう、この日はランディングネットを持っていなかったのだ。

何度かの強烈な水中への突進に耐えて、水面にレインボーの顔を出すと
akaさんが勢いよく、そのシルバーメタリックをネットに掬った。
やったッ。遂に北の大地のレインボーを釣り上げることが出来たのだ。

思わずその場で、akaさんと握手をする。
もちろん、笑顔で。

近くにいたYunさんとABUさんにも笑顔で握手をした。
メチャクチャ嬉しかった。本当に嬉しかった。
この3人の仲間の協力無しでは、決して釣り上げることが出来なかったであろう
屈斜路湖のシルバーメタリック。

ありがとうございます。

この言葉しかボクには見つからなかった。

e0009009_0272925.jpg
初めて自分が釣った北の大地のレインボー。

厳しい自然の中で生き抜いている鱒たちは
ボクの想像を遥かに越えた、素晴らしいターゲットだった。

全てのヒレが大きくピンッと尖り
それらを支える筋肉質なボディ。
抜群のプロポーション。
品格のある顔つき。

今、思い出しても思わずニヤリとしてしまう。

道東・屈斜路湖。
またいつか訪れてみたいフィールドのひとつになった気がする。
もちろんその時は、北の大地の仲間たちも一緒だ。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/4307550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from slow fishing at 2006-10-11 09:52
タイトル : a form-stinkbug in a storm・・..
目覚まし代わりの携帯のアラームがなる。底の見えない深淵のような眠りの海から、僕の意識が少しずつ覚醒し始めると、ホテルの窓の外の物凄い風の音が耳に入ってきた。 エメラルドのエレベーターから見える阿寒湖はタイムスリップして地球創生期にでも迷い込んだんじゃないかと思えるぐらい荒れ狂っていたし、そんな場所で釣り人がロッドを振るなんてことはとても想像する事なんて出来なかった。 とにかく行ってみないと分からない。行って見事にダメなら諦めもつくさ。 いつしか、それが僕らの暗黙の了解になっていたように思...... more
Tracked from 気ままにキャスト .. at 2006-10-11 18:15
タイトル : 屈斜路湖2006 vol.2
ゴォーゴォーと平常ではない騒々しい窓の外の音に胸騒ぎを覚え目が覚めた ホテルの部屋から廊下に出て、窓から外を見ると街路樹が弓なりに曲がり 雨が真横に降り窓をバタバタと叩きまくっている光景であった 24時間も降り続いた豪雨は屈斜路湖にそそぐ河川を埋め尽くしていることであろう 僕達はホテルのロビーでウエーダーを履いてロッドを繋ぎ支度を済ませて 昨日のポイントへと車を走らせた 途中、阿寒川を車の窓から見たが信じられない程の増水であった 昨日のポイントに到着したが、屈斜路湖にそそぐこの河...... more
Tracked from カメムシ at 2006-11-06 16:57
タイトル : カメムシと格闘
カメムシと格闘の日々... more
Commented by ヒゲおやじ at 2006-10-11 01:03 x
やったね!おめでとう!ついでに羨ましい!天気がかなり悪そうだったのでちょっと心配してたけど、さすがテリーだね。おなじみのプリンスで釣るとこなんかあなたらしいね。いつか一緒に北の大地でロッドを振りたいね!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 01:15
ヒゲおやじさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます!念願が叶いましたよ。北の大地のレインボー。
何故かボクの中では、レインボー=プリンスニンフという図式があるんですよ(笑)昨年、ヒゲおやじさんと一緒に釣った天竜でのコトが、この時に思い出されました。
ほんと、いつか一緒に北の大地へ行きたいですね!!
一緒に積立貯金します?(笑)
Commented by masuonoyakata at 2006-10-11 01:46
こんにちわ、鱒夫です。
悪天候で非常に厳しい中、大変御苦労さまです。
しかし、良い仲間と釣りが出来て本当に良いですね。
助け合い、笑い合い。
忘れる事の無い釣りに見えましたよ。
Commented by shikada at 2006-10-11 02:48 x
お見事!
Commented by kom2002 at 2006-10-11 05:51
おめでと〜う!!! やっぱterryさん 魅せてくれましたねぇ〜
ほれぼれする流線型のボディに感動です。
そしてまた仲間に感謝するterryさんの人柄に拍手です♪
来年の北海道を夢に見るエントリーで、こんどこそ屈斜路湖レインボーに会いたいです。
Commented by dadlife at 2006-10-11 06:41
terryさん、おっはー&おめでとうございます。v(^^)
一服が切り替えスイッチになったんですかね。水面に浮かぶ落ち葉もステキです。
待望のレインボー、こりゃまたナイスプロポーション&グッドサイズで、terryさんの喜ぶ顔が目に浮かびました。
嵐の中で頑張った正直者のterryさん、湖から聞こえませんでしたか?
「あなたの釣りたい魚はレインボーですか?」って。
Commented by heboheboy at 2006-10-11 07:02
昨日のウグイも気分を消沈させてしまった冷たい雨も、全てこの時のためのイントロに過ぎなかったわけですね!厳しい条件で掴んだ1尾はいろんな意味で価値のある1尾でしたね!!おめでとうございます!!おこぼれを頂戴しに週末から行ってきます、要
Commented by para-miyuki at 2006-10-11 07:26 x
すべてが報われた瞬間ですね。
全ての状況がこの瞬間の喜びを増幅させる要素になったわけで、雨も風も全てが味方になった賜のレインボー、見事な体躯です。
次は安楽な管釣りで余韻に浸りましょうね。
Commented by kazu at 2006-10-11 08:30 x
terryさん、やったね!!おめでとう!!
たった1尾の出会いがそれまでの苦労を全て吹き飛ばしてくれる時ってありますよね!しかも、魚だけじゃなく、景色や出るまでのプロセスや仲間達などなど、全てに感謝したくなる瞬間ですよね!
また更に1歩、深みに嵌った事でしょう(笑)

さぁ、次は宮城のレインボーが待ってますよ!若干ヒレは丸いですが(汗)
Commented by xyzkurocop2002 at 2006-10-11 08:36
terryさん、お見事っ!!
手のひらのようなデッカイ尾鰭にシルバーに輝くボディ・・・う~ん、ビュ~ティホぅ~!!
オイラもこんなレインボーを手にしたいな~。

>2Xのリーダーの先に3Xのティペット
オイラが用意していたのは4Xのリーダーに5Xのティペットでした。北の大地のレインボーを甘く見すぎてますね・・・。
Commented by daisaku613 at 2006-10-11 09:21
素晴らしい!
魚も素晴らしいが、みんなのつながりも素晴らしい!
いいもの見させてもらいました。
Commented by Lt_cahill at 2006-10-11 11:22
terryさん、おめでとう!
過酷な状況の中、北海道の暖かい仲間達のおかげで釣れたシルバーに輝くレインボーの思い出は、一生記憶に残りそうですね。これがきっかけで毎年、通う事になるんじゃないですか(笑)
Commented by mkt0605_jp at 2006-10-11 14:54
terryさん、おめでとうです♪
雨の中、頑張った甲斐がありましたねっ。
寒いのがキライなボクは北海道に釣りに行こうという発想が出てきませんが、こんなレインボーを見せられると行きたくなっちゃいますね。

でも、ダブルハンドのロッドなんて振ったコトがない(汗)
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-10-11 19:21
terryさん、こんばんは。
まさか屈斜路湖でルースニングとは!正直私もterryさんがレインボーに出会ったシステムを聞いた時は目が点になってしまいました(笑)。
レインボーのリリースを終えて、林道に停めた車まで戻るまでのterryさんの足取りの軽さ、それがすべてを物語っていたように思えて、私もつい嬉しくなってしまいました。
また、いつの日か一緒にこの湖を訪れてみたいですよね。
Commented by Rolly at 2006-10-11 19:39 x
みゃ~~~~~どっ!Terryさんっ!
湖の釣りって、中部じゃ殆ど馴染み薄い中、川での釣りのアイデアをちゃんと応用して結果に結びつけるあたり、さすがですね!!
相性の良いラッキーフライというのは、こういう事の繰り返しでどんどん相性が良くなっていくと言うか育っていくのでしょうね。

ぜひ今度は西のテイルウォーターでもラッキーフライで釣っちゃってくださいね!!
Commented by flymagic at 2006-10-11 21:02
terryさん、まいどっ!
感激の1シーンですね(笑)。ほんとに良かったです!
terryさんの根性の賜物です、改めておめでとうございます!
赤のマーカーが見えたときは、これはナンだ~?と一瞬何が付いてるのか分かりませんでした(笑)。トーキョー流のやり方で仕留めたのには
我々道産子組も脱帽ですよ!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:17
鱒夫さん♪こんばんわ!!
そうそう、鱒夫さんにも大変お世話になりましたね。ありがとうございました。ご挨拶が遅くなり申し訳ありませんでした。鱒夫さんからの情報を頼りに、今回の釣りを仲間たちと楽しめることができたんですよ。ボクを含め、北のブロガーのみんなも初めての屈斜路湖。気象条件は厳しかったけど、すっかり屈斜路湖のファンになりました。
またそちらにお邪魔する際には、ご一緒できるとイイですね。
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:20
shikadaさん♪こんばんわ!!
秒殺コメントありがとうございます(笑)
見事な体躯に、もの凄いパワー。これ、一度味わうと、病み付きになりそうです。
いや、すでに病み付きになってます(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:22
komさん♪こんばんわ!!
メリハリのある流線型のボディは、遊泳スピードと爆発的パワーを持つ証拠でしょうか。たった一尾でしたが、ほんとにホレボレしちゃう見事なレインボーでしたよ。
屈斜路湖のレインボー、次回はいつ行くのかわかりませんが、また会いたくなるような・・・いや、また会いたいレインボーです(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:29
dadlifeさん♪こんばんわ!!
切替えスイッチになるタバコは、偶然とはいえ綺麗な景色を見る事の出来る余裕を生むモノになりますね。そんな余裕を失ってしまうほどの悪天候だったから、この一尾を釣り上げた時は、きっと顔面がクシャクシャになってたと思います(笑)
もちろん、ボクの釣り上げたいのは、キレイなおねーちゃんですッ!!って答えます(核爆)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:33
要さん♪こんばんわ!!
この一尾のための長〜いイントロもイイのですが、もうちょっと本編を長く楽しみたいですね。楽しくて興奮しちゃうクライマックスほど、短く感じるものなんでしょうか(笑)
今回のキーワードは流入河川とサカナの永層。ウグイの居るポイントにもレインボーはしっかりと泳いでましたから、ウグイが釣れたら、その上層を狙ってみてくださいッ!グッドサイズが飛び出すかもしれませんよ。
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:37
miyukiさん♪こんばんわ!!
イワナやヤマメとはまた違う、強烈なパワーを生み出す全身筋肉の体。引きも素晴らしかったっすよ〜!!状況が状況だけに嬉しい一尾になりました。
次回の管釣りはいつ頃でしょうか?今年も例の管釣りバトルでもやりますか!!そんな遊びもたまにはしないとね。毎回ハードな釣りばかりじゃ、体がもたないッ(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:42
kazuさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます!嬉しかったな〜。前日までの苦労は確かに吹っ飛びました!!帰り道の足取りが異常に軽くなってたよ!って同行した皆さんから、からかわれました(笑)こんなレインボーに会わせてくれた皆さんに感謝しなきゃ、バチが当りますからね。
さてさて、宮城のレインボーも楽しみですね。3月のリベンジが出来るかな?その前に天気が良ければイイんだけど・・・(汗)
Commented by abu-z4 at 2006-10-11 21:47
terryさん、こんばんは!
思い出してみても、全てが夢のような2日間でしたね。
今までの釣からは想像を絶するような悪天候も、最後にterryさんが釣った虹鱒も、とてもドラマチックでした。
これからも、こんな釣が続けられるといいなぁ。
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:48
くろやんさん♪こんばんわ!!
発達した尾ビレに綺麗な胸ビレのレインボーでしたよ。シルバーメタリックのボディには、萌えますね(笑)中禅寺湖にもこんな綺麗なレインボーが居るんでしょうか。来シーズンは、もう少し湖の釣りをしてみたいと思います。中禅寺湖ならレイクトラウト狙いかな。湖の釣りは渓流とは違って、大きな鱒に出会うかもしれないので、あまり細い仕掛けはオススメできませんよ。週末、楽しみですね!!頑張ってシルバーメタリックを釣り上げて来てくださいね!!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 21:54
daisakuさん♪こんばんわ!ご無沙汰してます。
皆さんのつながり・・・今回の旅はその言葉に尽きます。
よかったら、TB先のエントリーや、リンクしてる北の皆さんのblogもご覧になってみてください。北海道の魅力と仲間との友情に満ち溢れてますよ!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:00
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます。初めての北の大地のレインボーにはとても感動してます。初めて釣った北海道のサカナとなると、前日の大きなウグイでしたけど(笑)
この釣行は残りますね〜。忘れる事がないでしょうね。ココまで悪天候の釣りも初めてだったし。もちろん、北海道への釣りの旅は、毎年のスケジュールに組み込まれるでしょうね。北の皆さんにまた来ます!って約束してきましたからね。
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:05
mktさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます。ボクなりに頑張ってるつもりでしたが、同行した仲間たちのほうが、さらに頑張ってました(笑)寒いのはボクも苦手ですよ。ただ、雨と風のどちらかなら、何とかなるかも。いっそ、雪のほうが風雨のときよりも暖かく感じるかもしれませんね。
ロッドもシングルで充分釣りになりますよ。むしろ、慣れていないのなら、ボクみたいに無理してダブルハンド振らずに、慣れたシングルハンドのほうが釣りがラクかもしれません(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:16
Yunさん♪こんばんわ!!
フフフ。戦略の勝利ッ!っていうとカッコイイけど、あの状況でボクが自信を持って屈斜路湖のレインボーを釣るには、このシステムしかないッ!と感じたので、ルースニングをしてみました。リトリーブするには距離が無いし、ドライでは釣れない気もしてたし(でもYunさんは、ドライで釣ってるんですよね~。凄いッ)。
もしかして屈斜路湖で、しかもダブルハンドロッドを使ってルースニングをしたのは、ボクが初めてかもしれませんね(笑)歴史的瞬間だったかもしれません(爆)
いつの日か一緒にこの湖・・・もちろんですよ。次は例の“Diana”を狙いましょう。その時は一体どんな釣りになるのかな。楽しみであり、不安(もちろん天気のコト)だったりします。
足取りが軽かった・・・わかりやすい性格ですね、ボク(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:23
Rollyさんみゃ~~~~~どッ!
その気になれば出来るかもしれないけど、中部ではなかなか湖の釣りは難しいですね。でもボクは欲深いから、渓流以外の釣りも憶えたいんですよ。本当は北のブロガーのみんなのように、うりゃ~~~ッ!!ってロングキャストして、ラインをリトリーブ。
ガツンッ!とアタリを感じたらラインを引いて、ロッドを立てる・・・みたいな。
まだまだ修行は続きます(笑)
ラッキーフライ=自信ある信頼の毛鉤を持っていると、たまに何かが起こりそうでワクワクします。逆にそれがダメなら、釣りも諦める事が出来る・・・かな(笑)
例のテールウォーターでも活躍するとイイな~。でもちっこい毛鉤も巻いときます!
Commented by daikyu at 2006-10-11 22:32 x
今日は賑やかな屈斜路湖に来た感じです(笑)しかしピンピンのピンですね。おめでとうございます!ごま塩ふったみたいな斑点も綺麗です。好きなタイプのレインボーで、ムショウに行きたい病が出てしまいました(笑)

仲間が居るとやっぱり記憶に残って忘れられないですね。天気もかえって写真に雰囲気が出てエー感じですよ。現地ではそれどころでは無かったのかもですが・・・・

リリースした時にヒレが名残惜しく手に当たる感じとか、何してもうれしくなっちまいますね!かーっイキテー
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:33
akaさん♪まいどッ!!
ありがとうございました!!ボクの根性と言うよりも、akaさんたちに釣らせてもらったレインボーですよ。あ、でも四人で割ると、ジャスト10cmになっちゃうな〜(笑)ワカサギサイズになってしまう〜(汗)いや〜、それにしてもマジで嬉しかったです。
本当はロングキャストをバシッと決めて釣りたかったんですけど、自分の自信のある釣り方で結果が出せるとイイな〜。まずは一尾を。って考えてのルースニングでした。レインボーと格闘してるとき、ボクの背後でマーカーを見たYunさんの“terryさん、反則だよ〜ッ”って声が印象に残ってます。ボクも湖でルースニングをしたのは初めてです(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:40
ABUさん♪こんばんわ!!
そうですね、共に悔しがったり、一緒に喜んだり、みんなで帰り道にコンビニスイーツを楽しんだり(笑)とても楽しい二日間でしたね。最後にレインボーを釣り上げることができたのは、ほんとうに皆さんのお陰ですよ。特にABUさんから聞いたニジマスとウグイのヒットした場所の話、あれが大きかったと思います。目先を変えた釣り方が出来たのは、ABUさんの話がキッカケですからね。
ほんと、これからも今回のように楽しいサカナ釣りが続けられるとイイですね!!
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:47
daikyuさん♪こんばんわ!!
メールした通りでしょ!!銀ピカヒレピンッ!!!大きな尾ビレと筋肉の付き方といったら、そこらでは見れない逞しさ。こんなスゴいレインボーは見たコトがないって言っても過言ではないですよ。あ、それはあくまで個人的にですよ(笑)今もこの写真を見るだけで、もう一度、今スグにでもイキテーって感じです。(笑)
仲間と一緒に釣り上げた一尾の価値は何事にも代え難いですね。
さて、そろそろdaikyuさんも更新したのかな???
Commented by 山猿 at 2006-10-11 22:47 x
terryさん、みゃ~~どっ!!
ついに出ましたな、この記事を待っていました。
なんともたまらんセクシープロポーション、しびれますね~~~
今回の北の大地は大荒れであったようですが、次回また行く楽しみができましたね。 う~~ん、私も来年辺り 行きたいな~~~
Commented by tokyo_terry at 2006-10-11 22:53
山猿さん♪みゃ〜〜どっ!!
シビレちゃいましたよ〜〜。このレインボーとあまりの寒さに(笑)
北の大地のワイルドトラウトは、ちょっと気まぐれかもしれませんが、その姿を見ると、もう病み付きですッ!!パッと行って、ポンッと釣れないのがイイのかもしれませんね(笑)ボクもまだまだこれからも北の大地へは行くつもりです。でも、次回の旅は、もうちょっと天候に恵まれたいですね〜(笑)
Commented by at 2006-10-12 00:11 x
terryさん、やりましたねー、スゴイ!
マサにレインボーと呼ぶのに相応しい素晴らしい体躯ですね。
それに、トリオのterryさんが声が出なかったってのが、またスゴイ(笑)
ファイトの充実さを物語ってますネ^^
北の大地のシルバーメタリック、いつか僕も釣ってみたいっ!!

Commented by tokyo_terry at 2006-10-12 22:57
洋さん♪こんばんわ!!
北の大地、上陸二回目にして待望のレインボーに出会うことが出来ました!メチャクチャ嬉しかったんだけど、あまりの嬉しさと、極度の緊張(バラしたりしないか?)で、全く声が出ませんでした。・・・というのと、実はもしかしたら前日同様、デッかいウグイだったら・・・ってのもあって、声が出なかったんですよ(笑)
東北や北海道、とても素晴らしい鱒たちが泳いでマス。もちろん中部にも素晴らしい鱒は棲んでいますが、周りの環境、いつもと違う場所、色んな出来事のある旅。忙しいとは思いますが、一度機会を作って旅してみてください。タイミングがあえば、ボクもお供しますよ!!(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2006-10-11 00:31 | ♤ Fly Fishing | Trackback(3) | Comments(38)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30