MICHINOKU Big Fish ! <Epilogue>

前日の尺ヤマメの連発で、メンバー全員の狙いは本流の大物に絞られた。
そして厳しい条件の中、仲間の一人に釣りの女神が微笑んだ。

朝、シュラフから這い出ると、テントの外は雨。ちょっとだけ肌寒さを感じる、東北の9月。雨露に濡れたテントやタープを仲間たちと一斉に片付けて、テン場から撤収する。目指すは秋の一発大物狙い、本流の釣りだ。

e0009009_23193159.jpg

入渓点を見定め、2人ずつ3組に別れて昨日よりも増水している本流に入る。今日、ボクとコンビを組むのはshikadaさんだ。ボクは左岸に、shikadaさんは右岸に別れて、幅広い流れの本流を二人で釣り上がるのだ。そして入渓してすぐに、あるポイントが目に入った。そこは、下流から遡上してきた大型ヤマメが休憩するには、絶好のポイントだ。数百メートルの長く続く瀬の中に、岸際がややえぐれ水深があり、流速もヤマメの好みそうなポイント。しかも岸からはやや背の高い木が多い被さっている。

増水している流れの中で、新しいリーダーをフライラインに結束し、ティペットに結んだ10番のアダムス・パラシュートをダウンクロスにポイント目掛けキャストする。必ず、ここにヤマメは居る。そう思いながら、二度目のキャストでティペットにスラックを多めに掛けてプレゼンすると、流芯に乗った毛鉤にヤマメが水面を割って出るのが見えた。その時は、まるでスローモーションで再生された映像のようだった。瞬時に右手に持つロッドを煽り、フックセット!グンッとサカナの上顎にフックが刺さる感触を感じた刹那、ラインのテンションが無くなり、ヤマメとは反対方向へ毛鉤が中を舞う。フッキングのタイミングがコンマ数秒早かったのか、それとも強過ぎたのか。身切れを起こしてしまいジ・エンド。思わず、ため息の混じった力の無い声を発してしまう。こういったワンチャンスを逃すと、もう次のチャンスはなかなか訪れない。

その後、この日コンビを組んだshikadaさんと一緒に釣り上がっている途中、長く大きなプールでヤマメのライズを発見。ふたりで右岸の土手に登り、目線を高くしてライズの様子をしばらく観察していると、スカムラインに流れて来た大きな黄色い落ち葉に向ってヤマメがライズをした。大きな蛾にでも見えたのだろうか。2・3度と落ち葉に向って追い食いするようなライズだった。そのヤマメの魚体を見て、二人は絶句。優に尺を越え、40センチをも越えるような大きなシルエットだったのだ。そう、あれは確実に40センチを越えていた。その後、しばらく様子を見ていたが、どうも定位している様子は無く、ゆったりと流れるプールをクルージングしているようだった。

e0009009_23185827.jpg

“terryさん、どうぞ釣ってください”shikadaさんにそう言われ、取りあえずそれまで使っていた#10のアダムスにフロータントを施し、スカムラインの左側の緩い流れの水面に距離を図るためのキャストをする。すると、着水したアダムスの下から黒い大きな影がゆっくりと現れた。あの大ヤマメだ!流れる毛鉤と同じ速度でゆっくりと毛鉤を凝視しながら移動しているのが見える。心の中で“食えッ!食えッ!”と叫んでみるが、この毛鉤ではそのヤマメの捕食トリガーを引くことが出来ないようだ。プールの奥へとその大ヤマメは姿を消した。セオリー通りに考えると、毛鉤を小さくしてみるのが正解かもしれないが、大きな落ち葉にライズし、しかもクルージングをしているとなると、大きな毛鉤のアピール度、また水面をもがく動きがトリガーになるような気がしてならない。フライボックスの中で一番大きな毛鉤を探すと、#8のフックに巻いたスティミュレーターがあった。この毛鉤をティペットに結び直し、再度キャストをしてみる。しかし大ヤマメのクルージングしているルートが判らない。無闇にキャストするよりもライズの進路を見定めたほうが懸命だ。しかし、そう易々とライズは起こらない。しばらく水面を凝視してサカナを探すが、深場を泳いでいるのか、やはりライズはない。

一本タバコを取り出し、雨に煙る景色を見ながら大きく息を吐くと、目の前3メートルほどの距離にあるブッシュの脇でライズが起こった。やはり、相手は相当でかい。ボディーの沈むビートルパターンやホッパーなどスカムラインに合わせて、ある程度の間隔を置きながらキャストをするが、やはりそのヤマメは姿を見せない。ふと時計を覗くと、あと20分ほどで仲間たちと合流する時間になる。ここは一度諦め、上流を目指そう。脱渓ポイントの吊り橋まで、本流の太い流れに逆らいながら、あの大ヤマメのライズシーンを思い浮かべながら歩いた。

吊り橋で待つ3人の仲間と合流して、おにぎりを頬張りながら上流に向った仲間2人を待つ。しばらくして戻って来た仲間に状況を聞いてみると、頬を緩めながら良い型を釣ったと言う。前日もそうだったが、この本流でヤマメが出ると、サイズは揃ったように尺クラス。どうやらまたも本流の尺ヤマメに出会ったようだ。デジカメで撮影された写真を見せてもらうと、もう溜め息しか出ない。均整のとれた筋肉質の魚体に大きなヒレ。それを見るだけで、水量の増えた本流での引きは相当なものだったコトが想像出来る。本流育ちの33cm 本物の尺ヤマメだ。やはり、この男、タダ者ではない。実力を持つ者にだけ微笑む釣りの女神に好かれているのだろう。

e0009009_23202212.jpg

秋の本流にて、大物狙いの一発勝負。この釣りはとても難しい。気象条件にも左右されるコトも多いかもしれないが、やはりサカナを見つける能力や大物とのやり取りをするテクニックも持っていなくてはならない。そして何より、忍耐力と集中力が必要なのだ。そんな実力を持った者にだけ女神が微笑むのだろう。それにしてもこのヤマメ、どうしてこうも悲しい表情をしているのだろう。まるで泣いているようだ。・・・これじゃ本当の泣き尺ヤマメになってしまう。

それにしても、あの長く大きなプールでライズをした大ヤマメ。ボクの瞼の裏には、あのサカナのシルエットが今もくっきりと焼き付いている。来季もここで同じようにライズをしてくれるのだろうか。季節はもう秋。釣りの女神様が、ボクにあのヤマメを釣らせなかった理由が今、判った。そう、次世代の命を繋ぐためのヤマメだったのだ。そう、あのヤマメを釣ってしまえば、もしかして数年後はこの渓に棲むヤマメの数は少なくなってしまう。きっとそうに違いない。そう思えば、来季もここで釣りを楽しめる。こんなコトを書くと、ちょっと負け惜しみのような気もするけど。

東北の渓は本当に素晴らしい。今シーズンを振り返ると、東北で5日間を過ごしたけど、いつも何かに驚かされる。また来季も何度か足を運ぼう。その時もきっと驚くような出来事があるかもしれない。楽しい仲間たちとともに。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/4190092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lt_cahill at 2006-09-22 00:08
terryさん、こんばんは。
大きなヤマメとの駆け引きもうちょっとでしたね。釣り人の心技体と運が揃わないと大物はそう簡単に釣れない。だから釣りは止められませんね。
来年の楽しみが増えたと思って再挑戦してください。それにしてもこのヤマメ涙を流してるようにみえますね。
Commented by flymagic at 2006-09-22 00:10
terryさん、まいどっ!
東北の渓は北の大地に住む僕から見ても魅力的で文章を読んでるとロッドを振りたくなってきます(笑)。
今年は禁漁目前ですが、来年も再来年もずぅ~っとフライフィッシングの
旅は続きます、いろんな角度からお互い楽しみましょうね!
Commented by Rolly at 2006-09-22 00:16 x
Terryさん、こんばんみ。
臨場感たっぷり!クルージングを待つ、状況を分析する、で、ライズの
主の大きさからこみ上げる緊張感。まるで自分がそこで釣りしてるかのような錯覚に陥りそうでした。

それはそうと土曜日は宜しくです。色々話したいことありますしね♪
Commented by masuonoyakata at 2006-09-22 01:30
terryさん、鱒夫です。
魅力的な文章と、素晴らしい写真いつもありがとうございます。
来年も楽しみな場所ですね。
Commented by dadlife at 2006-09-22 08:29
terryさん、おはようございます。(^^)
同じ様なシーンを秋田の渓で味わった自分としては懐かしいような、残念なような・・。切り替えに一服するのも同じだし(爆)。
ヤマメ、悔し涙でしょうかね。
釣り人もヤマメも、釣れなくても、釣られちゃっても、きっと悔しさは同じなんですかね。
Commented by shikada at 2006-09-22 11:07 x
terryさん、おはようございます。
それにしても、例のプールの大ヤマメ、未だに脳裏から離れませんよ!
来年も東北の渓を、あちこちと釣り歩きたいですなあ~。
週末は天気も良さそうです。良い釣りしてきてください。
Commented by dadlife at 2006-09-22 11:23 x
terryさん、度々でーす。(^^)
第1回ブログコンテスト、堂々の『銀賞』おめでとうございます(パチパチ・・)。何故か自分も嬉しいです。
やっぱ、作家は違う(エッ?そこから間違ってる?笑)。
あっ、商品が#4ロッド。そう言えばこの間#4ビルディングしましたよねー。そんなにいっぱいあってもねー・・・(独り言です・核爆)。
本当に、おめでとうございましたー。(^^)
Commented by abu-z4 at 2006-09-22 12:31
terryさん、こんにちは!
お久しぶりです。
本当に涙を流しているようにみえますね、このヤマメ。
東北の旅は、terryさんの釣りのスタイルをとてもよく表現されていたと思います。
来月の北海道では、どんな釣りを見せていただけるのか、とても楽しみです。
Commented by ochi at 2006-09-22 12:52 x
terryさんこんにちは~!
ただ者です(笑)。大きい魚のライズはドキドキしますよね~!見たかったなー・・・。自分未熟物ですのでterryさんのように観察してからキャストなんて出来ないからすぐさま投げていたと思います。・・・そして逃げられる・・・ 来年の秋にもう一度御一緒して狙いましょうね!

これ↑釣った時はそれこそ心臓バクバクでdaikyuさんに足元に絡まっているラインを処理してもらって・・・って自分ひとりじゃどうなっていたか。
ランディング後、この日の苦労が報われて思わずdaikyuさんに「ありがとう!」って抱きついちゃいました(照)。

本尺なのに本当に泣き尺ですね。。お互いに・・
Commented by Lt_cahill at 2006-09-22 13:45
ブログ大賞銀賞おめでとうございます!これからアクセス多くなってコメント大変になりそうですね?書き込んでも返事がもらえなくなるのではないかと心配です(笑)
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-09-22 14:31 x
terryさん、ブログ大賞銀賞だったんですか!
凄いですね。
商品が#4ロッド?
いいな~。
Commented by kom2002 at 2006-09-22 14:45
terryさん ブログ大賞銀賞受賞おめでとう!!
まだ雑誌は見てないけど!!
写真や文章のセンスはピカイチですもんね。これでファンもたくさん増えるでしょう。そろそろ支店も出すようですね(笑 
40cmを超えるようなヤマメはまたの機会に見せて下さいね♪
Commented by heboheboy at 2006-09-22 15:36
バンブーだなんて言ってしまってスイマセンでした、夕べ寝ぼけ眼?酔い眼で、雑誌を見ておりました、(汗‘‘要
Commented at 2006-09-22 18:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by flymagic at 2006-09-22 19:29
terryさん、まいどっ!
ブログ大賞銀賞受賞、やったね!おめでとうございま~す!
商品は何かな?今度見せてくださいね(笑)。
Commented by para-miyuki at 2006-09-22 21:02 x
オメデトウゴザイマス~~~~!
って、喜んで良いやら・・・また、お客が減った!

画像のすばらしさ、卓越した表現力、なによりも、開店からずっと守り続けてきた、横文字のエントリー等のポリシー!
どれをとっても納得の受賞ですね。
って~と、金賞は私?じゃないですよね。絶対!(爆)
Commented by mkt0605_jp at 2006-09-23 14:50
terryさん、こんにちわです♪
ブログ大賞銀賞、おめでとうございます!!
このエントリーの大ヤマメは残念でしたけど、釣れなくても読む側をドキドキさせてくれるエントリーは流石です♪
これからも楽しみにさせた頂きます。
Commented by daikyu at 2006-09-24 22:15 x
terryさんこんばんは。今頃岐阜の釣りからの帰りでしょうか?僕もきのこ&FF企画からの帰りですが渋滞しているようなので、高速のSAで一休みしています。

まさにochiくんにしてやられて泣いてますね、このヤマメ。昨年の借りを返すんだっーという気合が彼に入っていて、掛けた後のやり取りもとても落ち着いていました。このアングルといい、メタリックな色合いと言いとても素敵です。

魚が水中で頭を振るたびに鈍い光が放たれて、大きいというよりやべーって感じがその時の素直な感想です。間違いなく今年イチのファイトでしたね。来年は6月頃また行ってみたいですね・・・

FR誌のブログコンテストおめでとうございます。yunさんとのW受賞で、お二人をはじめリンク先の皆さんのブログの素晴らしさを改めて感じました。これからも楽しくブログと釣りをしましょうね!



Commented at 2006-09-25 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yokoin at 2006-09-25 21:33 x
昨日は、貴重なお時間をありがとうございました。
教えていただいたとおり検索して、
なんとか、たどり着けましたョ。
そして。ウワサどおり、いいブログですね。
愛のある写真や文章にキュンとなりました。

では、また遊びにきます。
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 22:42
Lt_cahillさん♪こんばんわ!
心・技・体ですか。そうですね〜、なかなかバランスよく鍛錬するのは難しいっすね〜。しかも運に関しては、ここのトコロ、ボクはそれほど良くないからな〜(笑)確かに来年への楽しみは増えましたね。前向き思考で再挑戦しますよ!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 22:46
akaさん♪こんばんわ!
そうですか、北の大地のakaさんでも東北の渓が魅力的に感じるんですね。いつか機会を作って、本州の渓で一緒に釣り上がりしたり、ライズを狙ったりするのもイイですね〜。ボクは東北も北海道も同じくらい魅力的に感じます(笑)来季は北の渓のシーズンに一度行ってみたいな〜。
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 22:51
Rollyさん♪みゃ〜〜どッ!
先日はお疲れさまでした!もっと時間があると良かったですね〜。だるまやの後も盛り上がったのでしょうか?(笑)今度は車中泊に参加して、渓の畔でもっといろんなお話が出来るとイイですね!来季は、中部・関東・東北といろんな場所でご一緒しましょうね!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 22:56
鱒夫さん♪こんばんわ!
いつもお褒めくださり恐縮です。友人に大きな鱒が釣れると嬉しいものですが、自分にもいつかチャンスが訪れるはず!と信じて、来季も出掛けてみたいな〜、と思っていマス。
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 22:59
dadlifeさん♪こんばんわ!
切替えの一服、多過ぎやしないか?と思われるかもしれませんね(笑)釣れてるときは、意外と少なくなるんですが、難しい状況や釣れていないときは、一服が多くなりますね。この三日目なんて、前日の疲労が溜まっていたのか、橋の下で30分ほど爆睡しちゃいましたよ。最近、マジメに釣りしてないな〜(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:03
shikadaさん♪こんばんわ!!
きのこどうでした?楽しめましたか??(笑)
例のプールのヤマメ・・・マジでデカかったですよね〜。自分の投げた毛鉤の真下まで出て来た時は、凄く興奮しました。その光景はやっぱり今も脳裏から離れません。残念だったな〜。でもまた来季の楽しみが増えた気がします。また色んな場所で遊びましょうね!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:09
dadlifeさん♪度々のご来店、ありがとうございます!!
ブログコンテストの件も、ありがとうございます!!正直、嬉しいものですね。推薦されてのコンテストへの参加でしたが、審査員の方達からの嬉しい言葉に、ちょっと興奮してます。#4ロッド・・・たしかに、最近ビルドディングしたばかり・・・(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:14
ABUさん♪こんばんわ!
こちらこそ、お久しぶりです!このヤマメの写真、そう見えますよね。釣り人&撮影はochiさんです。グッドルッキングなヤマメと素敵な写真ですよね。最近、ご一緒させていただいている仲間が増えて、いつも皆さんの釣りのスタイルに感心してる自分です。ボクのスタイルってのは・・・行き当たりばったりの釣りのスタイルですから、来月の北海道でも、ちょっとユル〜い感じの釣りになりそうです(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:19
タダ者ではないochiさん♪こんばんわ!
観察といっても、どこでライズをしてたかを確認したくらいですよ。それよりも、ochiさんがこの本流の尺ヤマメを釣り上げるシーンを見てみたかった!できれば、その後daikyuさんと抱き合うシーンも(爆)完全なるスクープ写真を激写したかったな〜(核爆)
来年、また行きましょう!!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:21
Lt_cahillさん♪ありがとうございます!!
雑誌発売から数日が経ちましたが、意外に書き込みは無いものですね(爆)
返事はきちんと返すつもりでいますからご安心を!!ちなみにアクセス数もあまり変わってませんよ(汗)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:23
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
銀賞のようです。金賞じゃないところがボクらしい?(笑)
いつも大きなサカナには逃げられてますからね(爆)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:27
komさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます!!まさか受賞するとは!って感じです。
っていうか、そろそろ雑誌見ました〜?(爆)
雑誌に自分のブログが載るって、凄く新鮮でした。
もう一冊、保存版で雑誌を買ってこようかな(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:29
要さん♪こんばんわ!!
バンブー・・・じゃなかったみたいですね(笑)
でも嬉しいものですよ。同じようなスペックの#4ロッドを自分で組み立てたばかりですけど(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:32
鍵コメさん、何度もメールしてすみませんでした。よろしくお願いします。
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:36
akaさん♪まいどッ!!
やったぜ、akaさん!ありがとうございます!!
賞品はロッドのようです。賞品目当ての参加じゃないので、何を貰っても嬉しいものですが、憧れの佐藤成史さんや増沢信二さんからのコメントが恐れ多くッて(笑)でもそれがイチバン嬉しかったかもしれませんッ!!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:39
miyukiさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます!そろそろ横文字エントリーがツラくなってきました(爆)
イロイロとホメていただけると嬉しいのですが、もうちょっと釣りの腕があれば・・・でも下手な釣りが共感してもらえる部分かもしれません(汗)写真や文章の勉強もしたいですが、来季は釣りの腕をもうちょっと磨きたいですね!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:45
mktさん♪こんばんわ!!
ありがとうございます!!
読み手がドキドキしてるなら、上手く書けたってコトかな。自分でも読み返していると、ドキドキしてます(笑)釣り逃したサカナって、いつもデカイんですよね〜。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!!
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:52
daikyuさん♪こんばんわ!!
岐阜から帰って、翌日はイロイロなイベントに参加。さらに買い物してたら、結構夜遅くなり、トーキョーの部屋へ戻った途端になんだか眠気が・・・皆さんへのレスがちょっと遅くなってしまいました<m(_ _)m>
ochiさんのこのやり取り、その後の抱擁シーン、見たかったな〜(笑)昨シーズンの話もochiさん本人から聞いていたので、この時の集合場所で見せてもらったこのヤマメの写真には興奮しました。きっとその現場に立ち会っていたdaikyuさんはもっとハラハラドキドキしたんでしょうね。来季、また遊びに行きましょう!!例の尾張藩の若人とともに。
FR誌のコンテスト、ありがとうございます!!Yunさんと並んで受賞出来たことは、とても光栄に思います。何しろ憧れのブロガーですからね。それにdaikyuさんを含め、審査員の方々からのあのコメント・・・金曜の夜に雑誌を見ながら床に就いたのですが、なかなか寝付けませんでした(笑)daikyuさんの言う通り、これからも楽しくフライフィッシングとブログを楽しみましょうね!今後ともよろしくお願いします<m(_ _)m>
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:54
鍵コメさん、メールしておきました。よろしくお願いします。
Commented by tokyo_terry at 2006-09-25 23:56
yokoinさん♪いらっしゃいませ!!
terry's FlyFishing barへようこそッ!!
こちらこそ、昨日は僅かな時間でしたが、久し振りに楽しい時間でしたね。でも少し心残りが・・・yokoinさんの胸を打ち抜くことが出来なかったことが、ちょっと残念です(笑)
また機会作って、ああいったまったり系の時間を過ごしましょう!今度は是非二人きりでッ(爆)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2006-09-21 23:32 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(40)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30