Tight loop

川面に覆い被さる木々の隙間。
きっとあの下の流れには、ブルックトラウトたちが居るに違いない。

e0009009_22354853.jpg
その日の午前中は、2ヵ月前とは全く違い“一体何処へ行ってしまったのだろう”
と思うほどブルックトラウトたちの魚影が見えず、水面を流す毛鉤への反応も悪い。
そのかわりに、流芯からはホンマスやレインボーたちが
ボクの毛鉤に食い付き、鋭角的で躍動感のある引きでロッドを曲げてくれる。

ここ日光湯川は、何処も彼処も午後になれば
ほとんどのポイントに釣り人が一度は入っているだろうから
見えているサカナに的を絞って釣るサイトフィッシングか
釣り難い場所に的を絞り込み、しつこいほど毛鉤を流す作戦の
どちらかで釣りを展開しようと考えた。

そんなコトを考えながら木道を歩いていると
小滝の上流に木々の枝葉が川面を覆っている流れを見つけた。
川面との隙間は50〜60cmほど空いており、その奥、幅にして2mほどに
適度な水深と底石で水面に変化が起きている。
幅2mほどの流れには、しっかりとした流れが3本入っている。
その中に確実にブルックトラウトがいるはずだ。

しかし、自分の背後と真上にはブッシュが迫り出して
非常にキャスティングが厄介なポイントだった。

徐々に奥へと毛鉤を押し込むようにキャストを繰り返す。
右手に持つロッドを水面と平行に振りながら
上下左右の木々の隙間でフォルスキャスト。
もちろんタイトループを意識しながらのキャスティングだ。

川面と枝葉の隙間目掛けて
シュート時に一気にリストを閉じ、同時に左側上流にリーチを強く入れる。
すると先に着水したリーダーから、さらに奥に毛鉤がターンオーバーするのだ。

手前の流れは速いので、大きく、小刻みにメンディングを入れて
毛鉤をナチュラルドリフトするようにフライラインを操る。

何度も何度も繰り返していると、徐々に毛鉤をさらに奥へと入れるコツが掴めてきた。
よく見れば、メイフライのスピナーも張り出した枝葉の下で乱舞し始めた。
コレはチャンスかもしれない。

e0009009_2236224.jpg
何度目かのプレゼンで奥の流れに毛鉤が流れた時
枝葉に隠れた薄暗い水面が、ブルックの起こす水飛沫で
キラキラと輝いて見えた。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/3870917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Niseko bowgr.. at 2006-07-25 10:34
タイトル : 組曲『マエストロの資格/昆布川』
日曜日の昼下がり仲間が訪れ釣り竿を手にした。 実は週末に川に出向くのは今年はじめてであった。 彼は分水嶺を隔てた太平洋側の水系域の管理に携わる 河川管理業者の軸となる人物である。 日頃、川が仕事場であるにも関わらず 自然のままの河川が河畔林が森が保たれている 僕の住む町へとやってくる。 互いに河川工学と自然環境学のプロだから 釣り上がりながらの会話は常人に理解出来ないような 専門用語ばかりでの禅問答である。 最近の自然災害の問題と国土交通省の予算配分的なことを ...... more
Commented by flymagic at 2006-07-24 23:50
terryさん、まいどっ!
難易度A級のポイントを見事に攻略したようですね!サスガです。
僕もフロートでこのように、木下や枝が覆いかぶさる直下を狙いますが
最近はスランプです(笑)。難しいポイントを攻略した充実感は最高ですよね!
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 06:38
akaさん♪まいどッ!!
久し振りにの狙い通りの釣りが出来ました。こういうのが気持ちイイッ!!
最高の気分になりますね!!
akaさんの場合はフロートからなんですね。上半身だけしか自由が利かないから、キャスティングが難しそう〜。でも迫力は凄くありそうですね!
Commented by heboheboy at 2006-07-25 07:49
先週、ここの場所で粘って粘って、やっと出たのはホンマスでした、でもやっぱり嬉しかったですよ、ここは少し上と下にもポイントが続いていて好きな場所です!!それにしても良い面構えのブルックですね!!要
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 08:03
要さん♪おはよ〜ございます!
そうですね、このポイントの上下もとてもイイ雰囲気でした。このポイントでホンマスが釣れましたか?ボクも先日の湯川では、ホンマス(大きくないっすけどね:笑)を初めて釣りました。なんと表現して良いのかわかりませんが、ヤマメとアマゴともまた違った雰囲気のあるサカナなんですね。
Commented by dadlife at 2006-07-25 09:19
terryさん、おはようございます。(^^)
相変わらずそんな狭い場所にキャストするとは・・。前にご一緒した時も自分には考えられないポイントにフライを入れてましたよね。やっぱ凄いなーと思いました(後でゆっくり教えて下さい)。
ブルックってイワナの親戚ですよねー(表現が変・笑)。写真のクネリはそれを物語っているようです。レインボーは一度もお逢いしてない自分です。
Commented by godzilla2004 at 2006-07-25 09:55
terryさん、おはようございます♪
湯川もterryさんも雰囲気ありますね~。カッコ良過ぎ!(笑)。田代法之さんのようにディープウェーディングして、ヘビーウェイトのスイミング・ニンフを障害物の隙間からブルックの鼻先に送り込んで…ってのに憧れてましたヨ。機会がないので、スイミング・ニンフのフックが余っちゃって…。戯れにそれでホッパー巻いてみたらフッキング最悪でした((笑))。
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-07-25 10:40 x
ブルックか~。
Commented by masamid1021 at 2006-07-25 11:24
こんにちは、terryさん!ピンポイントにシュートして、狙った通りに釣り上げる・・・最高じゃないですか!!やっぱりキャスティング大事ですね〜。今日は久しぶりに名古屋晴れてます!仕事の合間に公園で練習します!!
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 20:20
dadlifeさん♪こんばんわ!!
何だかね〜、そう言った場所なら大きなブルックが出てきそうな気がしたんですよ。でも、ブッシュにも相当毛鉤を引っ掛けましたよ(笑)そのお陰でこのポイントで3尾のブルックに出会えました。あ、釣りを終えてから枝に絡まった毛鉤とティペットはちゃんと回収もさせていただきました!
ブルックはイワナの親戚のようですね。それにしても口がデカイっすよね!
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 20:24
godzillaさん♪おばんでやんす!
湯川もなかなかイイ雰囲気の渓デスね。ブルックも綺麗なのが多いので、釣ってても楽しいですね。今回はニンフには頼りませんでしたが、メイフライの季節なら、きっと田代さんのニンフって効くんじゃないかな〜。
スイミングニンフって、フックが変わったカタチをしたヤツでしょうか。それにホッパーか〜。イロイロと楽しい修行してますね!(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 20:25
西洋毛鉤さん♪こんばんわ!!
そうっす、ブルックですよ〜♪
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 20:28
ドイザラスさん♪こんばんわ!!
ごく稀にあるんですね〜、こういった狙い通りの釣りが出来る時って(笑)普段はなかなか出来ませんけどね。キャスティングは大事ですよ。公園での練習も上達への近道だと思いますが、やっぱりフィールドに出て、釣りをするのがイチバンですよ!
あれ!?仕事の合間に・・・会社にフライロッド持って行ってるの???(謎)
Commented by かぶと虫 at 2006-07-25 21:37 x
terryさん、こんばんわ~!
私は湯川ではブッシュマスターというグラスのシュートロッドを使ってなるべく人が釣らないポイントを攻めるようにしています。いい魚は結構そういうポイントに隠れているようです。その代わりフライとティペットの消耗も激しいですが・・・。
Commented by Rolly at 2006-07-25 22:09 x
Terryさん、みゃ~どっ!!
好きですよ~こんなシチュエーション(^^)石徹白でも中流より上で釣るときは、こんな感じでフライを入れ難い場所にこそサカナが着いてて・・・つい遡行リズムが狂うというか何度も何度も流れにフライを入れようと試みてしまいます、でも大抵あそこの場合は1回か2回でチャンスは潰れちゃいますが・・(^^;

それにしても、ブルックの表情、たまらなくソソラレマスね(^^;
Commented by kom2002 at 2006-07-25 22:20
こんばんは〜♪
狙った通りにキャスティングが出来て、狙った所でバシッ!!! これがFFの醍醐味ですよね。自分の場合キャスティングがヘボなので確率が低くなりますが、稀にこう言う釣りが出来る時があります。。なのでハマってしまうんでしょうね。terryさんやochiさん見てると神業の様に感じます。マジで来年こそスクールに入って一から出直ししようかなぁ〜なんて考えています。
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 23:24
かぶと虫さん♪こんばんわ!!
ブッシュマスターですか。湯川では使いやすそうですね。ボクはショートロッドは持ってないので、腰を屈めたりして姿勢を低くしながら釣ってマス。でもほんと、難しい場所にサカナって隠れてるんですよね。お陰で、ボクも毛鉤のロストはかなりしましたよ。
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 23:30
Rollyさん♪みゃ〜どッ!!
やっぱりぃ〜。(笑)Rollyさんも、好きなんだ!こういった場所からサカナを引きづり出すのって楽しいっすよね!あの渓には神経質なアマゴなんかもいて、一発で決めないとすぐにスプークされちゃうんだろうな。でもイワナも相当に神経質な奴もいたりするんですよね。下手すると、アマゴよりも相当ナーバスな奴が。
そんなのにハマると、もう大変ッ!それがまたデカかったりするとね(笑)
ブルックの表情、イイでしょ?この後、さらにイイ感じのブルックの表情の写真を出しますよ!!(笑)
Commented by tokyo_terry at 2006-07-25 23:33
komさん♪こんばんわ!!
そうそう、醍醐味ッ!!でもね、ボクもkomさんと同じですよ。何度も枝や背後の木に毛鉤を取られたり、テーリングしてフォルスキャストでライン絡めたり・・・。今度チャンスがあれば、ochiさんの師匠のスクールに一緒に参加しますか(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2006-07-24 22:46 | ♤ Fly Fishing | Trackback(1) | Comments(18)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31