GW <C&R AREA 2 my fishing Story>

狙った一尾を、手にするまでのプロセスを楽しむ。
そうすることで一尾の価値がグッと高まり、随分と楽しい釣行になるのだ。

e0009009_2155396.jpg先輩と渓に沿った農道を下流に向って歩いていた。ふと覗くと、茂みの奥にはいかにもイワナが好んで着きそうな石の配置。イワナの隠れ家としては最高のポイントだ。水面と農道の高さは自分の背丈ほどで、ポイントまでの推定距離は3メートルほど。茂みの奥へと水の流れもある。1メートルほど前方に毛鉤を落とせば、その茂みの中に毛鉤は流れていきそうだ。

ティペットの先にはそれまで使っていたBWOの#18のパラシュート。とりあえず様子を見てみようと毛鉤を茂みに投げ込んでみる。一投目は手前の流れ乗ってしまった。もう一度キャストすると、上手く茂みの奥へと流れ込むレーンに毛鉤が落ちた。すると、奥の石にぶつかって水が盛り上がっている場所へ毛鉤が入ると、同時にイワナが浮上してきた。

イワナが口を開けた瞬間、ドラッグがかかったようで、毛鉤が水面で急停止。イワナもそのまま水底へと消える。しかしそのイワナの捕食動作は、食い気のあるような気がしたので、もう一度毛鉤を投げ入れてみる。するともう一度、水面にその身体を浮上させた。しかしフックアップには至らない。

そのイワナは上流を向いていた。流れ下る毛鉤を自然な姿勢で捕食する体勢を取っていた。ヤル気はまだありそうだ。C&Rエリアで相当なプレッシャーが掛かっているはずだが、きっと水棲昆虫の流下で活性が高まっているのだろう。

もう一度、茂みの奥に流れ下るレーンに毛鉤をキャストすると、飛び出している枝にティペットが絡んでしまった。ゆっくりとラインを引きながら、場荒れしないようにティペットを切る。そして新しいティペットと毛鉤に付け替え、もう一度キャスト。しかし小さなポイントなので、なかなか流れに毛鉤を乗せるのが難しい。何度が上手く水面に毛鉤を落とすと、イワナは浮上する。しかし、毛鉤がマッチしていないのか、がっぷりと毛鉤を飲み込んでくれない。

e0009009_21554323.jpg昼間に流下の始まったマダラカゲロウを意識した毛鉤にチェンジ。何度もキャストを繰り替えしていたお陰で、新しい毛鉤は一発でイワナのフィーディングレーンに乗った。すると先ほどまでとは違う、ゆったりとした姿勢でイワナが毛鉤を飲み込んだ。
水面から高い位置でその様子を見ているので、しっかりとイワナが水面に戻ったところでアワセを入れる。そうしなければ、アワセの角度と立ち位置の条件などですっぽ抜けしてしまい、飛び出た枝に毛鉤とティペットを絡めてしまう恐れがあるからだ。

e0009009_21582347.jpgロッドにイワナの躍動を感じたとき、近くにいた先輩に思わず大きな声で“キターッ!”と叫んでしまった。すると高い足場だったため、先輩が駆け寄りランディングを手伝ってくれた。ストマックを見てみようとポンプを使い胃内容物を吸い上げると、まさに今結んだ毛鉤のサイズと色が一致していた。シャーレの中には、アブドメンが茶褐色のダンが数尾入っていた。ボクが選んだ毛鉤もマダラを意識した毛鉤。こういった答えが出るととても嬉しい。しかも粘りに粘った甲斐のある、9寸ほどのイイ型のイワナだ。もう何もいらない。

e0009009_21591628.jpgこの日のボクはたった一尾の釣果だったが、このイワナを釣り上げたことで、充分ココロ満たされた。
5月5日の釣行。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/3398076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flymagic at 2006-05-09 22:44
terryさん、まいどっ!究極のマッチ・ザ・ハッチで仕留めた最高のイワナですね!ホントにおめでとうございます。
ライズの状況を把握してフィーディングレーンをトレースを落ち着いて
流せるのは、ベテランの領域ですね!僕の場合は適当に流して運を天に任せる釣り方では、そちらのシビアな鱒達は出てくれないでしょうね・・・苦笑。 それにしても、いいイワナですね。今度会った時は思いっきり自慢話を聞かせてくださいね。楽しみにしてますよ(笑)。
Commented by tokyo_terry at 2006-05-10 00:30
akaさん♪まいどッ!!
究極のマッチ・ザ・ハッチ・・・ちょっと大げさですよ(汗)たまたま予想通りの展開になっただけですから。それにサカナが居るコトが前提の釣り場ですからね。このイワナはホントにイイ引きをしてくれました。でも次のアマゴのほうがもっと凄かったんですよ(軽く自慢:笑)
また明日エントリーしますね〜☆
Commented by dadlife at 2006-05-10 04:26 x
terryさん、おっはー。(マジ早いでしょう・笑)
凄く深いですねー。いやー臨場感たっぷり。その場のシーンが目に浮かんで、勉強になります。
あっ、でも自分まだ、実釣経験値が低いので、はっきりとはつかめない為、これからLv1ぐらい、上げてきますね。(爆)
Commented by heboheboy at 2006-05-10 12:38 x
私もこんな釣りが大好きです!!ちょっと難しいちいさなスポット、魚との駆け引き!釣れたときの喜びは最高ですね!!も~行きたい!明日も休んじゃおうかな!!要
Commented by tokyo_terry at 2006-05-10 12:54
dadlifeさん♪ちわっす!!
マヂ、朝早いッ!ということは、今頃はどこかの水辺に立っているのでしょうか。
blog内ヴァーチャルフィッシングもイイのですが、とにかく実釣しましょう!!
本日のレポ、楽しみです。
Commented by tokyo_terry at 2006-05-10 12:56
要さん♪ちわっす!!
大好きな釣りのスタイルですよね“しげみちゃん”(笑)
狙ったポイントからサカナがご挨拶をしてくれると、こちらも自然と笑顔になれます。明後日から湯川ですよね?明日も休んじゃうんですか〜?何だかGWのようになっちゃいますね。そんなに焦らなくても、湯川のサカナが待ってますよ〜♪
Commented at 2006-05-10 13:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Lt_cahill at 2006-05-10 15:29
terryさん、こんにちは。
狙ったイワナを仕留める文章のくだりには臨場感がありハラハラしましたよ(笑)。ストマックで出てきた補食物と答え合わせしてぴったしなんて、akaさんも言ってましたがベテランの領域ですね。
Commented by tokyo_terry at 2006-05-10 19:30
Lt_cahillさん♪こんばんわ!!
あははは、相手がヤル気のあるイワナだったのが幸いして、上手く釣れただけかもしれませんね。これがゆったりと流れるプールのヤマメだったら・・・多分、撃沈してましたね。多分というよりも、ほぼ確実に撃沈です(汗)
Commented by Rolly at 2006-05-10 22:14 x
この、おっきな胸鰭!!胸鰭フェチのボクにはタマリマセン(^^)
こんなサカナがいてくれるからこそ、石徹白が好きなんです!!

また、行きましょう!今度は夏ごろでしょうか?また違った一面を見せてくれるC&R区間と、源流のイワナ釣りの二本立てをご用意してお待ちしてます!!
Commented by tokyo_terry at 2006-05-11 19:51
Rollyさん♪みゃ〜どッ!!
尺にはちょっと足りませんでしたが、こんな大きなヒレを持つサカナに出会えると嬉しいですね。たまには数釣りもイイのですが、自分の思い通りに、しかもこんな野性味あるサカナに出会える釣り場は大切にしていきたいですよね。Rollyさんが惚れ込む気持ちがよく分かりますよ。
また楽しい釣行に行きたいですね。源流のイワナも楽しそうですが、その前にやっぱりカレー屋かな(爆)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2006-05-09 22:19 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(11)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31