It's difficult.

始めて訪れた蒲田川の釣りはとても難しかった。
長い一日の始まり。

e0009009_0204086.jpg深夜、約束時間の1:00amに仲間のクルマに乗り込み、ハイウェイを駆け抜ける。今回の釣行は、なかなか変わったメンバー。久し振りに会うその仲間は、プロのバンブーロッドビルダー。とてもキレイな仕上がりのバンブーロッドを栃木で製作している。もう一人の仲間は滋賀の仲間だ。こちらもプロではないが自製のバンブーロッドを使い、いつも釣りを楽しんでいる。栃木・滋賀の仲間と東京に住むボクの三人での釣行なのだ。

今回の奥飛騨温泉郷を流れる蒲田川への釣行は、栃木・滋賀・東京のメンバーが岐阜県に集まり、釣りを楽しむ。blogを通じて知り合った仲間で釣りを楽しむ。なんて画期的で楽しい趣味なんだろう。先週の千曲川釣行や、先月の荒雄川釣行一月の北海道釣行など、改めてblogのチカラで最近ますますフライフィッシングが楽しくなってきた。しかも今回も初めての渓。仲間との出会いに少々緊張しつつ、初めての渓へ大いに期待しての釣行。ドキドキとワクワクの深夜のドライヴ。

蒲田川は、温泉の流入と地熱の影響で水温が高く、豪雪地帯にもかかわらず解禁時からメイフライへのライズを楽しむコトが出来る。そんな特徴のある渓だったが、地元の愛知に住んでいた頃でも一度も釣った事がない渓だった。
雪の中を流れるイメージしか無かった蒲田だが、早朝に到着して川を見渡すと、周りの山々には残雪はあるものの河原には雪もなく、天気は曇っているがそれが水生昆虫のハッチを促しそうな雰囲気。

現地に到着してすぐに滋賀からの仲間と合流し、近くの雑貨店で入漁券を購入して釣りを開始する。それにしても早朝からたくさんの釣り人がすでにロッドを各所で振っている。エサ釣り、ルアーフィッシング、そしてフライフィッシングと様々だ。

e0009009_022264.jpgまずは超有名ポイントのアルプス広場からスタート。それにしても前日の雨の影響か、水量が多い。なかなかドライフライを流せそうな水面が見当たらない。しばらく釣り上がるが、反応が全く見られない。そこで川を見渡すと、どうやらココは流れが二つに別れている。仲間と別れてそちらを釣ってみるコトにしたが、サカナの着いていそうな流れなのだがこちらも反応がない。
仲間たちにも反応が無かったようで、ポイントの移動をするコトに。

メガネ堰堤を右手に見ながら、上流を目指す。三人で少しずつ間隔をとり、渓に散り釣りを再開する。先ほど釣った場所よりもやや山岳渓流のような流れになっているが、やはりココも水量が多く流速も早いためになかなか釣りが難しい。早朝は全く水生昆虫のハッチが見られない状態だったが、気温とともに水温も上がったのか少量のハッチは見られる。前日にハッチしたのか、中型のメイフライの姿も見られるようになった。しかしサカナからの反応はココでも無かった。
しかしボクより下流で釣っていた栃木の仲間は、何とかこのポイントでイワナを釣ったという。
サカナは居る。どうやら、フライの選択とポイントの選択がキーワードになりそうだ。

簡単な昼食を済ませた後、クルマを停めていた場所より上流を釣る。が、ココにきて身体に疲労が溜まっているのだろうか、渓を歩くと足元がフラつく。どうやら金曜の夜10時過ぎまで仕事をして、そのまま徹夜で渓を釣っているからのようだ。

しばらく仲間の釣りを見ながら少し休憩をする。すると目の前で仲間の一人がイワナを釣り上げた。そんな状況を見ていたら、徐々にモチベーションが上がってきた。しかし、釣りを再開刷るも集中力が足らない為か、まだ葉の付いていない木々や石などに毛鉤やティペットを絡めたりしてしまう。流れる毛鉤に飛び出すイワナのイメージを膨らませるが、どうも集中力がなかなか持続しない。

この時点でノーフィッシュを覚悟して、一度脱渓して今夜の宿へチェックインをした。その後すぐにこの日の最後チャンス、イブニングに賭けてもう一度渓に立つ。この日はどうやら放流日だたらしく、放流されたサカナが居る場所にはたくさんの釣り人がいた。ボクはそういった込み入った場所を避けて、釣り人のいないポイントに仲間と別れて入ってみた。

e0009009_02309.jpgどうせイブニングは最後のチャンス。できるならキレイなサカナに出会いたい。蒲田の水に慣れ、少し野生を取り戻したワイルドなサカナに出会いたい。そう思い、仲間と別れてひとり下流へ向かう。この時点でハッチをしているはユスリカ。昼間は何匹かのクロカワゲラとメイフライの姿を見ていた。さて、夕方はどんなハッチが起こるのだろう。エルモンなどがハッチするのだろうか。それともカディスか。そんなコトを考えていると、水面を飛ぶ小鳥たちが騒がしく水面近くを低空飛行する姿が増えてきた。

いよいよ始まるのか。

すると、目の前の左側のバンク際でライズが起こったような気がした。わずかに水面にライズリングの跡が下流へ流されながら消えていく。しばらく様子を見ていると、またバング際でライズが起こった。時計を見ると17:40。徐々にサカナの活性が上がっているようだ。しかし、もう少し様子を見ておこう。焦って毛鉤を流して、ライズを止めるような事はしたくない。もう少しライズの頻度が多くなってから手を出そう。

タバコに火を着け、気分の高揚を抑える。そう、今日はこの夕刻までに一度毛鉤に反応があっただけ。ライズを見て興奮しない訳がない。すると、バンク際のライズが起こった場所から右へ1.5m付近の流れでもライズが起こった。どうやらこのポイントには最低でも2尾のサカナがいるようだ。

毛鉤を投げていれば、もしかしてこのライズは起こらなかったかもしれない。そのライズの主もどうやら定位しているようで、1・2分置きにライズを繰り返している。ライズが安定したところで毛鉤にフロータントを施し、まずはバンク際のライズに的を絞り、キャストをする。水面に変化は起こらず、そのまま毛鉤は流れていく。3度目のキャストで水飛沫が上がった。

イワナだ。

今日初めてのサカナとの対面。 早朝からロッドを振り続け、すでに10時間以上が経過している。単純に嬉しい出会いだ。その後、ライズを繰り返していた右側へも毛鉤を投じると、今度は気持ち良く一発でイワナが飛び出してくれた。この時すでに18:00を回っていた。
サカナに出会うまで、とても長い時間を費やした一日となった。

その後は仲間と合流して宿へ戻った。
夕飯に舌鼓を打ち、風呂に入った後、全員バタンキューとなったのは言うまでもない。
トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/3241074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daikyu at 2006-04-17 01:10 x
terryさん良かったねー!釣れると釣れないじゃ夜の宴会が違いますよね・・・良いイワナに拍手です。僕も今九州から帰りました。

ウレシイお知らせがFAXで届きました。昨年のFF誌での取材が別冊で本になるそうです。津留崎さんの北から南の渓を撮った写真集だそうです。

6月上旬に発売の大作のようです・・・またブログでも書きますね・・・
同じくバタンキューになりそうです。
Commented by dadlife at 2006-04-17 07:57 x
terryさん、お疲れ様ーっ!(^^)
ラストで出ましたねー。ライズを捕るって、気分は最高ですね!10時間の疲れが一気に吹っ飛んだのでは?
さすがにバタンキューは頷けます。いい顔のイワナですよー。(^^)
Commented by heboheboy at 2006-04-17 08:15
どうせ釣れるなら、早い段階で釣れてくれると気分もぐっと楽なんですが、ラストチャンスに読み道理のドンピシャってのも、ドラマチックでいいですね!!疲れも心地よいものになったんじゃないでしょうか、今年はイワナずいてますか?要
Commented by 西洋毛鉤 at 2006-04-17 09:16 x
私には、結構キビシかったです。
釣れるイメージで行きましたので・・・・甘かった・・・です。
ヒョウイと投げて、バッシの予定が、
ヒョロヒョロで、バテバテです。

でも今回の釣行は、
はじめてお会いしたterryさんとの釣りにparaさんとの再会。
それに久しぶりの釣宿を使っての釣行などなど、
いろいろ新鮮で楽しい釣りでした。

これに懲りず、また声をかけてください。

それにしても、paraさん、釣りますね~!
悔しい~~。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 09:38
daikyuさん♪おはよ〜ございますッ!
九州出張お疲れさまです。おかえりなさ〜いッ!今回は夜の宴会・・・マジで全員バタンキューでした(笑)何とかイブで釣果が残せてよかったっす。ココ最近は遠征でデコってばかりなので、焦りました。今回もかな〜って(笑)
別冊の本が出るんですか?それはまた楽しみですね。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 09:43
dadlifeさん♪おはよ〜ございますッ!
いや〜、疲れました。でも楽しかった(笑)サカナの顔を拝むと、少々の疲れなら吹っ飛びますね。でもやっぱり、徹夜して釣りをするのはよくありませんね。何度もコケそうになったり、身体がフラフラになってしまい危ないです。今後気をつけねばッ!ってトコロです。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 09:46
要さん♪おはよ〜ございますッ!
サカナは明るい時間帯に釣りたいですね。光量が足らなくて、ボケボケのブレブレの写真ばかりになりました(汗)イブの撮影はストロボ撮影の技術を知らないので、とても難しいです。次回はアマゴ狙いの釣りに行きたいですね〜。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 09:51
西洋毛鉤さん♪おはよ〜ございますッ!
土曜・日曜はお疲れさまでしたッ!!ボクももっとたくさんのハッチ&ライズを期待していました、もちろんバシャッ!ギュ〜〜ンッ!!とかね(笑)なかなか思い通りにいかないコトが次回の釣りに繋がりますからね。今度はもう少し、ドライにバシャッ!と出るような渓に機会作ってまたご一緒しましょうね。それにしてもmiyukiさんは流石でしたね。ボクたちももっと粘りが必要だったようですね(笑)
Commented by Lt_cahill at 2006-04-17 10:52
terryさん、こんにちは。
解禁して一月半、やっと水温も上がってライズが見られるようになったんですね。初めて行った渓流でライズを2尾仕留めるなんて、流石ですね。今日の夜あたり、翌日の後半戦の模様も楽しみに待ってます。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 12:05
Lt_cahillさん♪こんちわッ!!
今回、日中の明るい時間帯にはライズは全く見られませんでした。それが唯一残念でした。予想よりも水生昆虫のハッチが少なかったんですよね。イブニングでやっと見つけたライズは嬉しかったですね〜。何とかキャッチ出来たコトは嬉しかったんですが、まったくハッチの予想も立たなかったし、何がハッチしていたのかもよく分かりませんでした。ちなみに翌日の釣りは、さらに厳しい釣りとなりました(笑)
Commented by para-miyuki at 2006-04-17 13:05 x
今日はゆっくり休養して下さいね。(笑)
私も会社の前の公衆電話から「風邪引きました」って電話入れたことがあります。
来年はいつもの蒲田川になると思いますので、リベンジ行きましょうね。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 19:13
miyukiさん♪こんばんわ!!
昨日はお疲れさまでした!“休みを取るのは勿体無い”なんて車内で話をしてましたが、今日はダメですね。疲れがどうやら溜まってしまったようです。リベンジしましょう。今年よりも来年のほうが水生昆虫のハッチは多そうですからね。来年も西洋毛鉤さんは来てくれるかな〜(笑)
Commented by flymagic at 2006-04-17 19:56
terryさん、まいどっ!
またしても、一睡もしないでの釣りですか!流石に次の日は爆睡したようで良かったです(笑)。1匹に出会うのに10時間以上とはスゴイ集中力ですね、その半分を僕に下さい!
初めて訪れる土地での釣りは難しいですね。1匹釣れれば気持ちにも
余裕が出てまた、違った感覚でフライを流す事ができますね!
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 20:22
akaさん、まいどッ!!
そうなんですよ。またやっちゃいました。徹夜でそのままフィッシング。
お陰で今日は廃人のようになってます(笑)
ほんと、初めての渓では特に春先の釣りは難しいです。でもこういった経験を積めば、次に繋がる気がするので、メゲませんよ〜☆すでにリベンジの誓いをしましたからね!
Commented by at 2006-04-17 20:27 x
terryさん、こんばんは♪
おぉ、僕の今年のガマタでの展開と良く似てるなぁ~。
最後の最後で出る1尾ってホント記憶に残りますよね。
最初に1尾出るのとラストでの1尾なら間違いなく後者を選びます。
釣りの最中は、とにかく早くでろーってことしか考えてませんが(笑)
Commented by taros_magazine at 2006-04-17 21:33
いやー、お疲れサマでした!
自分も少し前までは、深夜2時に家を出て飛騨のとある渓で早朝から始め
そのままイブニングどころか8時頃(おっと、遊魚規則違反かも…)まで振り続け
帰りに近くの温泉に入って、そのまま家に直行…なんていう強行軍でやってましたが…さすがに寄る年波には勝てません
terryさんのゼツリンぶり(笑)がうらやましい今日このごろです
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 21:51
洋さん♪こんばんわ!!
そうです、そうです!その日ラストでサカナの顔を拝めると嬉しいですね。もちろん最初の一尾も嬉しいけど、最後に釣れたサカナは記憶に残りますね。ボクも洋さん同様に釣りしてる最中は早く出ろ〜ッて考えてます。でも、イメージ通りの釣りはなかなか出来ませんね。フライフィッシングはほんとに難しい。でも楽しい〜♪
Commented by tokyo_terry at 2006-04-17 21:54
taroさん♪こんばんわ!!
ゼツリンとはッ!(笑)いや〜、午前中は体力的にも何ともなかったけど、午後からはかなり疲れが出ました。もうこんな釣りの仕方はムリかもしれません。河原で何度コケそうになったコトか。疲労が蓄積して足が上がんなくなるんですよね。釣りと温泉はイイですね。以前はそのまま家まで直行してましたが、最近は温泉に寄ってから帰りたくなりました。あ、歳くったかも(笑)
Commented by kita at 2006-04-17 22:32 x
お帰りなさい
元気なら僕も参加したかったな。
きっと楽しかっただろうな。
もう少しリハビリしたら遊んでくださいませ。
運動不足なのに300グラムは・・・・・・・。
昔は400食ってました。(意味不明)
Commented by SHU at 2006-04-17 23:40 x
terryさんこんばんは!
またまた釣ってますねー。流石!今回も良い魚ですね。
ねばったかいがありましたね!

最近デザインが頻繁にかわってますね。
僕も少しはいじってみようかな?
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-04-18 00:56
terryさん、こんばんは。
一番上の写真、良い感じですね。何かとても幻想的です。
SHUさんも仰っていますが、最近blogのデザインが変わってきましたね。面白そうです。ちなみにheaderと言うんでしょうか、TOPに写真を入れるのってどうやるんですか?
Commented by tokyo_terry at 2006-04-19 00:01
kitaさん♪こんばんわ!!
そうですね、参加してほしかったな〜。でも仕方ありませんね。体調が良くなってからでイイので、今度はご一緒しましょうね!!ボクは人の事はあまり言えませんが、食べ過ぎには気をつけましょうね〜(汗)
Commented by tokyo_terry at 2006-04-19 00:05
SHUさん♪こんばんわ!!
いやいや、丸ッと一日釣ってイワナ二尾ですからね。でも粘った甲斐はありましたね。さすがにかなりの距離を走って釣りをしましたからね。
デザインは・・・そろそろ元に戻そうかと考えてます(笑)SHUさんのヘッダー、あれカッコイイっすよね。今度真似して自分の写真を入れてみようかな。
Commented by tokyo_terry at 2006-04-19 00:12
Yunさん♪こんばんわ!!
イイすか?写真。Yunさんにそういってもらえると嬉しいっす!!もっと頑張って写真を撮らねばッ!!(笑)
Yunさんもblogのカスタマイズしてみますか?ではではメールしておきますね。でも今日はちょっと深夜になってしまったので、しばしお待ちください。今週中にはメールしますからね。
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2006-04-17 00:35 | ♤ Fly Fishing | Trackback | Comments(24)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30