50mm Blanks

50mmサイズのルアーを再製作するため

バルサから切り出し、接着、整形を進める。

e0009009_17171429.jpg

先日作ったバルサミノーの50mmサイズが

個人的にいい感じだったので再製作に入る。


3mm厚のバルサ材から

50mmの型を使って切り出す。

e0009009_17171778.jpg

それに合わせてステンレス鋼を曲げて

構造線を作る。


もちろん、スレッドを巻いて補強をする。

こうすると、構造線の接着面積も増え

接着強度も高まりそうだし

何より、ステンレス鋼をがまとまって

作業もしやすい。


e0009009_17172098.jpg

今回は圧着させる際に使う接着剤を

エポキシから木工用ボンドに変更。

100均で入手できて低コスト。


混ぜ合わせの作業もないから実にスムース。

ただ、強度はエポキシ接着剤の方が上だろうなぁ。


e0009009_17173581.jpg

目玉クリップに当て木で挟み込み圧着。

寒い日が続いているから、念のために2日以上乾燥させた。


e0009009_17174691.jpg

その後はざっくりとナイフで荒削りした後

#240→#320→#400と目を細かくしながら

サンドペーパーでシェイピング。


この作業がルアーを作っている感じがする

イチバン楽しい工程だ。


さて、この後はセルロースセメントに漬け込んで

乾燥→やすりがけ→ディッピングを繰り返し

下地コートの工程が続く。


次はどんなカラーリングにしようかなぁ。




トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/27037640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きん at 2018-02-15 23:19 x
はじめまして!
とくいちさんのところからやってきました。
丁寧な作り込みで、とても綺麗なハンドメイドルアーですね!
僕もソルト用のごっついダイビングペンシル作ってるのですが、
なかなか思ったものが出来ず、四苦八苦しています(汗!)
しかし渓流用は華がありますね!
ウォブリング系ですか?

Commented by tokyo_terry at 2018-02-16 08:09
きんさん♪terry's River Side Barへようこそ!
呑めない店主がキリモリする閑古鳥が鳴いてるBarへのご来店ありがとうございます(^^;;
とくいちさんのブログでは、そのお名前と行動力はお伺いさせていただいてます(^^)
初めて作ってるルアーなんで、どんな風に動くのか・・・全くの未知数です(汗)
まぁ楽しみながら作って、キレイな渓魚が釣れたら良いなぁと思ってます。
またのご来店、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2018-02-12 17:21 | ⭐︎ Hand Made Lure | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28