Hand Made Lure 03

先週はバルサボディの圧着に失敗したので

今週はしっかりと圧着させるため、手順変更・・・

e0009009_20471549.jpg

前回はバルサボディのシェイプをしてから

圧着させようとしたら

圧力不足で隙間ができてしまったため

手順を変更して再スタート。

e0009009_20471923.jpg

切り出したバルサにステンレス線で作った構造線を挟み

跡がついた部分をデザインカッターを使って溝を切る。

e0009009_20474105.jpg

その後、ウェイトを入れるスペースも

同様にして溝を切る。


こいつは3mm厚のバルサから切り出した全長45mmのミノー。

どれくらいのウェイト量を入れれば良いのかわからないから

とりあえず、バスワーム用のダングステンシンカー

1/48oz(約0.6g)をセット。

e0009009_20482042.jpg

二液性のエポキシ接着剤を混ぜ合わせる。

気温が低いため、接着剤の粘度が高い・・・


お湯を入れた計量カップを下にして

湯煎で温めながらかき混ぜて

柔らかくなったところで接着剤を塗布。

e0009009_20483603.jpg

平たいままの状態でクランプに挟み

隙間が出来ていないか確認しながら

ギュッと締めこんで数時間の圧着タイム。

e0009009_20485516.jpg

クランプに挟んだまま一晩寝かせたバルサブランクを

ナイフで荒削りしたら、耐水ペーパーを使って

ボディシェイプ。


こちらは4mm厚のバルサから切り出した

全長50mmのブランク。

45mmと同様のタングステンシンカーで

重さは1/32oz(約0.9g)を使用してみた。


次はセルロースセメントを使って

コーティングをしていく予定。


さて、上手くできるかなぁ。



トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/26156202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2017-11-05 20:51 | ⭐︎ Hand Made Lure | Trackback | Comments(0)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30