Go Riding!

キャンプ二日目は高原ライド!

でも、トラブル発生でビーナスラインは断念・・・

e0009009_20543697.jpg

高原キャンプの朝は早い。


スマホのアラームは鳴らないようにしてあっても

寝過ごしてしまうようなコトはない。


高原の森に住まう小鳥たちが

朝がやってきたコトを教えてくれるから。

e0009009_20544894.jpg

ヌクヌクのシュラフから意を決して抜け出し

テントから外に出てみると、見事な青空。

そして、キーンと冷えた冬のような空気だった。

e0009009_20545374.jpg

もう五月だと言うのに、地面には霜柱が立ち

テーブルの上に置いてあったコッヘルの底には

残っていた水が見事に凍っていた。


午前5時の気温・・・マイナス2度・・・思わず笑ってしまう(笑)

e0009009_20591564.jpg

焚き火で暖を取り、日差しが差すのを待ちながら

コーヒーを沸かし、朝食の準備をした。


この日はシンプルイズベストなメニュー。

ご飯と味噌汁、目玉焼き。

友人が鍋で炊く白飯はいつも美味い。

e0009009_20593454.jpg

朝から腹一杯に飯を食い、日差しが溢れてきたところで

空気圧のチェックとチェーンに注油をして

いよいよ高原ライドの準備。

e0009009_20594638.jpg

今回は蓼科高原からビーナスラインを登り

白樺湖を目指すプランのヒルクライム。

あわよくば車山高原まで行けたらイイな。

e0009009_21000906.jpg

と思っていたけど

蓼科高原から白樺湖までのビーナスラインの舗装路は

その優雅な名称とは裏腹に、かなりの悪路だった。


クルマで走っている時はあまり気にならなかったけど

路肩部分はヒビ割れしている区間が多く

酷いトコロは所々に穴が空いている。


そして、GWというコトもあり

交通量がとんでもなく多い。


そして、キャンプ地を出発して

すぐに現れた斜度10%を超える激坂。

ウォーミングアップ無しで

いきなり現れたラスボスとの戦いのような坂で

足が削り取られていく。


そして、たった4キロを登ったトコロで・・・

左足を攣ってしまった。

e0009009_21002354.jpg

先を走っていた友人がその異変に気がついたのか

少し先でバイクを降りて待っている。

なんとか友人が待つ場所まで走り、左足のコトを伝えると

この路面状況と交通量の多さにボクと同様に閉口しており

さらに左足のコトも加味すると、ライドを中止するか

コースを変更する提案が。

e0009009_21003116.jpg

いくらヒルクライムがヘタレなボクでも

ここまで来てライドを中止するのは、友人にも悪いし

なんのために来たのかもわからなくなる。


でも、左足のコトも考えると・・・

友人の提案したコース変更で

無理をしないで走れるような道で

さらには交通量の少ない林道を探して走るコトにした。


いったんキャンプ地に戻り

ちょっと休憩して、エネルギーチャージ。

気を取り直して、キャンプ地近くの林道に向けて再出発。

e0009009_21005544.jpg

高原の広大な景色は望めないが

春を迎えたばかりの林道ならではの景色を見ながら

バイクを走らせた。

e0009009_21011193.jpg

左足のコトも考えると

ガシガシ踏んでガムシャラに、ストイックに走るよりも

いつものように気ままに立ち止まり

カメラを取り出しながら走るのほうがイイ感じだ。


と言っても、さすがに左足に若干の違和感はあるのだけど。

e0009009_21012484.jpg

平地よりもひと月ほど遅い高原の春。

満開の桜を発見したり

e0009009_21013336.jpg

春なのに、綺麗に紅葉している楓を見つけたり

e0009009_21022645.jpg

芽吹き始めた木々が作る木陰の中を走るのは

とても気持ちが良かった。

e0009009_21015239.jpg

普段はソロライドをしているから

久しぶりに友人と一緒に走るのも楽しかった。

e0009009_21041581.jpg

さぁ、そろそろお腹も空いたコトだし

キャンプ地に戻って昼飯でも食べよう!

e0009009_21043977.jpg

ハードなヒルクライムをせず、ゆるい林道ライドだったから

カロリー消費はほとんどしていないけど・・・


マルタイ棒ラーメン九州とんこつ味に

ニラともやしを茹でて、チャーシューを投入すると

ラーメン屋さんのラーメンみたいに!

美味しゅうございました


前日とは打って変わり、強い風はなくポカポカ陽気に

お昼の休憩を長く取りすぎてしまったため

午後のライドは取りやめて、近くの温泉に向かい

左足を入念にマッサージ。


その後はキャンプ地に戻って、二日目の夕食の準備を。

e0009009_21044716.jpg

晩ご飯はもちろん、炊飯マスターの友人が担当し・・・

e0009009_21051164.jpg

ボクは失敗のないカレーを担当。

と言いながら、二年ぶりに作ったカレー。

少しだけ焦がしちゃったけど(笑)

e0009009_21052565.jpg

この日も焚き火を囲み

飲めないお酒をちょっとだけ楽しみながら

友人とどうでもイイ話で盛り上がった。

e0009009_21053361.jpg

8時半には近くで花火が上がり

たった5分程度だけど、今年初めて見る花火に興奮して

e0009009_21061693.jpg

また焚き火で暖を取りながらまったりと過ごした。

二日目の夜は雲が多く星空を楽しむコトができなかったけど

その分、気温の下がり方も緩やかで過ごしやすい夜だった。

コチラもどうぞ→terry's Photo Lounge





トラックバックURL : http://terryffb.exblog.jp/tb/24348949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pcblue at 2016-05-03 15:47
terryさん、こんにちは!
高原のヒルクライム、羨ましい〜。蓼科湖や白樺湖界隈は、まさに憧れのエリアです。足攣りは残念でしたが、交通量の多い道路を避けて雰囲気の良い林道をのんびり走れたので、結果オーライですね^_^
Commented by tokyo_terry at 2016-05-03 21:34
pcblueさん♪こんばんわ!
ナメてました、蓼科高原・・・特に蓼科湖前後には急勾配が多く
ビギナーには過酷過ぎて、アッと言う間に足を攣ってしまい
友人にも迷惑を掛けてしまいました(反省)
でも周辺の林道は気持ち良く走れたので、楽しかったです。
普段通り、写真を撮りながら走るのが、ボクには合ってる感じですね(笑)
白樺湖の先の車山高原〜霧ヶ峰は景色も素晴らしいので
いつの日かまたチャレンジしてみたいなぁ〜(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by tokyo_terry | 2016-05-02 21:28 | ☆Road Bike | Trackback | Comments(2)

大好きなフライフィッシングにまつわるハナシ。気になる音楽、食事、ジテンシャ遊びやキャンプなど。アウトドアの話をサカナに、ゆったり寛ぎながら酒でも飲みながら語り合いましょうか。でもボクは下戸です(^ ^;


by tokyo_terry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31